いら し て ください 敬語。 敬語について

「いらっしゃって下さい」という言い方は敬語として正しいですか?何...

いら し て ください 敬語

ビジネスの環境で「捨てる」という場面にでくわしたときにはどのような言葉をお使いでしょうか。 「捨てる」の敬語の表現をご存知でしょうか。 相手に捨てる動作をしてほしいときにどのように敬語を使ってお願いすべきかご紹介します。 今後のビジネスにもぜひともご参考にしていただけましたら幸いです。 丁寧語 捨てるという言葉を丁寧な言い方に言い換えると、「お捨てになってください。 」などということができます。 とはいえ、捨てるという言葉自体そのものが下品な言い方でもないので敬語になおすことは難しいです。 少しでも相手よりへりくだった敬語の表現にするのであれば、捨てるに「お」をつけてお願いする形に直しましょう。 「捨てる」の敬語での使い方 「捨てる」を敬語に代えて使う場合、表現を変えて少し工夫すると、とても自然に捨てるという意味を伝えることができます。 「捨てる」は見るを拝見するやご覧になるというふうに変化させることができないので、敬語の表現となると戸惑いがちですが難しく考える必要はありません。 捨てるを敬語表現にすることはできます。 敬語の種類 敬語とは一般的に丁寧語・尊敬語・謙譲語などが存在します。 この使い分けが日本語の文化のすばらしい特徴でもあり、難しいところでもあります。 日本人として産まれ育った方でも丁寧語・尊敬語・謙譲語を間違えて使っていることもあります。 敬語は日本語を勉強する外国の方も頭を悩ませる日本独特の言葉使いです。 相手を敬い尊敬の意をこめる文化がある日本らしい表現方法です。 しかしながら、日本人であっても普段は話言葉を使っているので敬語を使う場合は自分よりも目上の方やビジネス面などが多く、普段から使っていない方は敬語をうまく話せない方も多いです。 使い方 捨てるという意味は他の言葉で表現の言いかえが可能です。 捨ててくださいというには敬語の表現が適していないと思う際には、別の言葉で敬意を伝えることができます。 捨てるという言い方が不適切である場合には、別の敬語の表現を知っておけばスムーズに言い換えることができます。 お捨て下さい 一般的に捨てるの敬語の表現として、「お捨てください」は会話のなかでとても自然で使いやすいです。 会話のなかでは、あまりにも固い表現であると、かえってぎこちない印象になったり、固すぎると小難しい印象となり不適切なことがあります。 「お捨てください」という言い方はちょうどよい敬語表現であるといえます。 廃棄願います 捨てるを敬語に言い換えるときには、「廃棄」という言葉を使うことがあります。 「廃棄」とは処分するという意味と同じであり、言い換えるとゴミという意味があります。 廃棄してくださいをもっと丁寧な言い方にする場合は、破棄して下さいますようにお願いいたしますといいます。 捨てるは関西ではほかす 敬語には自分をへりくだっていう場合と相手を敬って気を配る場合があります。 いずれにしても、してほしいことやお願いをする前に、一言添えることで雰囲気を和らげることができます。 捨てるという言葉に関わらず、覚えておくととても便利な言葉ばかりです。 また、これらの一言付け加える言葉は日本のビジネスの面では必須な言葉であり、あるのとないのとの場合では相手の捉え方が大きく異なります。 うまく相手とコミュニケーションをはかるためにも一言付け加えることを忘れないようにしましょう。 恐れ入りますが 恐れ入りますがという言葉はコミュニケーションのなかでもメールの文面でもたくさんでてきます。 とても万能な一言なのでとても便利です。 例えば、座ってもよいと指示されたときにも何もいわずに座るのではなく、「恐れ入ります。 」と一言添えるだけでも印象がかわります。 また、捨てるという言葉の場合に「恐れ入りますが、お捨てになってください」と言った場合には、とても恐れ多いことをお願いして恐縮ですという意味が込められています。 お手数では御座いますが 「お手数では御座いますが、お捨てになってください」と一言付け加えることによって、とても面倒をかけて申し訳ないという意味が込められます。 本来であれば自分がするべきことであるが相手にお願いする際に、お手数ではございますがと付け加えることにより、本当に申し訳ないとおもっている気持ちが伝わりやすいです。 ご迷惑をおかけしますが 「ご迷惑をおかけしますが」を一言付け加えることで、相手にとって面倒くさいことであったり、気が進まないとわかっていることを承知の上でお願いしていることをお許しくださいという意味が込められます。 こちらで捨てる場合ではなく相手にお願いする場合などに「大変、ご迷惑をおかけいたしますが、お捨ていただきますように、お願い申し上げます」などというととても丁寧に申し入れができます。 恐縮ですが 恐縮ですという言葉もよく耳にします。 恐縮ですという言葉の本来の意味は、相手に迷惑をかけて申し訳ないという謝罪の気持ちが込められた場合と、相手に対して感謝の気持ちを抱いている場合があります。 いずれにしても、相手にとっての感情の気持ちをあらわす言葉です。 自分をへりくだって申し入れするときによく使われます。 例えば、「大変、恐縮ですがお手洗いをお借りできますか。 」などと使うこともできます。

次の

「捨てる」の敬語表現・捨てるの使い方と例文・別の敬語表現例

いら し て ください 敬語

A ベストアンサー 「日本語文法大辞典」(明治書院)によると、 >明治の後半頃になると「いらした」という拗音を用いない形が生じ、昭和期初期ではかなりの勢力を得ていたらしい。 (中略)小説などでは「いらっした」「いらしった」のような促音の挿入が多いという。 >「いらっしゃった」は男の話し言葉として多く用いられるという。 すなわち、改まった場面で用いられるのに対して、女は日常的に多く「いらした」を用いる傾向があるという。 改まった場面では男女とも「いらっしゃった」を用いるのに対して、女は日常語として、促音のない「いらした」を用いたと考えられる。 >近代では明治時代の「おいでになる」の形式から「いらっしゃる」の形式への変化が見られると(後略)。 また、現代の敬語研究者は次のように述べています(「敬語」菊地康人)。 結論としては、 「いらした」は、使用に偏り(前書によれば男女差、後書によれば地域差)が見られるとはいえ、間違いというわけではない。 その前身である「いらっしゃる」自体、江戸後期に「入る+しゃる」あるいは「いらせらる」の省略によって生まれた新しい語で、上記のように明治以降に「おいでになる」に取って代わったもので、動きが多い言葉である。 「いらして」もその一バリエーションと考えることも可能である。 ただし、使用に偏りがある御であるのは確かなので、改まった場や書き言葉では「いらっしゃった」を使った方が無難である。 「日本語文法大辞典」(明治書院)によると、 >明治の後半頃になると「いらした」という拗音を用いない形が生じ、昭和期初期ではかなりの勢力を得ていたらしい。 (中略)小説などでは「いらっした」「いらしった」のような促音の挿入が多いという。 >「いらっしゃった」は男の話し言葉として多く用いられるという。 すなわち、改まった場面で用いられるのに対して、女は日常的に多く「いらした」を用いる傾向があるという。 改まった場面では男女とも「いらっしゃった」を用いるのに対して、女は日常語として、... Q 私は社会人歴7年、ひととおりのビジネスマナーはまあまあ覚えていたつもりなのですが、実は未だにちょっと分からないことがあります。 例えば、仕事上で相手の会社に電話をかける際、はじめに目的の人物以外が電話に対応する場合のはよくあることですね。 振り返って思い出してみると地元の人たちで「おられますか?」を使うのを殆ど聞いたことが無い気がします。 どちらかと言えば、他県、それも関西方面の人たちが「おられますか?」をよく使っていたような…。 私は新社会人当時、関西の言葉を話す社員が多い会社にいたので、「おられますか?」は耳に馴染んでいて、今でもその時々によって「いらっしゃいますか?」と合わせて半々に使います。 A ベストアンサー 学校文法的に言えば、 敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があります。 「おる」は謙譲語です。 したがって、これに尊敬語の助動詞「られる」をつけるのは間違いです。 ということになります。 私もそのように教えられた覚えがあります。 しかし、「おる(をる)」は元々謙譲語というより丁寧語であって、これに「られる」という助動詞をつけて尊敬の意味を表わすことは、何ら間違いではないと言う説もあります。 このことについて、説得力のある説明をしているサイトを見たことがあります。 文部省や国語審議会の言うことなど、学問的にさほど権威があるとも思えません。 ただ、学校の試験などでどう答えるか、ということが問題ならば、彼らのいうことが金科玉条ですが。。。 alc. html Q 先般、「いる(居る)」の敬語「いらっしゃる」は、「いらせらる」から転化したものであることを、このカテで教えていただきました。 つきましては、これらから派生したと思われる「社長は会議室に【いらした】」という表現について教えてください。 前提をお示ししてから質問に入ります。 1. いらせらる は、 いらせら・れ-ず いらせら・れ-て いらせら・る いらせら・るる いらせら・るれ-ば いらせら・れよ のようにラ行下二段活用する。 「いらっしゃる」よりも尊敬の度合いが高い。 ということになると思われます。 3. 「いらっしゃる」の連用形には、 「いらっしゃい(り)ます」の他に、「いらっしった」「いらっしって」「いらしった」「いらしって」があることも教えていただきました。 「社長がいらした」「社長がいらして室内は静かになった」などは時折耳にします。 ここで質問です。 「いらした」「いらして」などの連用形以外で、 「いらさない・いらす・いらす・いらせば・いらせ」などという活用も、現代人の人口に膾炙しているか否かは別にして(古語としてでも構いませんが)誤った活用ではない、ということになるのでしょうか。 ・社長は、どこにもいらさない。 (未然形) ・社長は、会議室にいらす。 (終止形) ・応接室にいらす方は、社長の父上らしい。 (連体形) ・社長がいらせば相談してみる。 (仮定形) ・そこにいらせ(給え)。 (命令形) などという表現は存在するでしょうか、ということです。 連体形としての「いらす」 仮定形としての「いらせば」 などは聞いたことがあるような気もするのですが、正否は知りません。 なお、「いらせらる」の活用をあえて提示したのは、「いらした」が「いらせらる」から直接転化した可能性が、もしかしてあるのかもしれない、と感じたからです。 「いらせられる」が転化する段階でサ行五段活用が採用され、「いらす」が出現した、などの妄想をいだいてみたわけです。 ただ、この妄想の点に関してはお付き合いいただく必要はありません。 あくまで、「いらさない・いらす・いらす・いらせば・いらせ」などという活用は正しいのか否か、について知りたいというのが質問の眼目です。 先般、「いる(居る)」の敬語「いらっしゃる」は、「いらせらる」から転化したものであることを、このカテで教えていただきました。 つきましては、これらから派生したと思われる「社長は会議室に【いらした】」という表現について教えてください。 前提をお示ししてから質問に入ります。 1. いらせらる は、 いらせら・れ-ず いらせら・れ-て いらせら・る いらせら・るる いらせら・るれ-ば いらせら・れよ のようにラ行下二段活用する。 「いらっしゃる」よりも尊敬の度合いが高い。 ということになると... …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? goo. php? …にくい。 goo. php? キーワードを変更して再度検索をしてみてください。 goo. php? A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー こんにちは。 私は社会人になってから結構長いですが、その経験をもとに回答します。 「先日は」は、1ヶ月ぐらいまでならOKです。 現在(3月)は、2月上旬から1ヶ月以上経過していますから、「先日は」は、無理に近いです。 「先日」を超えて、とっさのときに話す言葉としては、たとえば「いつぞやは」があります。 しかし今回のケースは、前回会った日付がわかっていて、しかも、落ち着いて書き言葉で書けるのですから、「いつぞやは」とするのは失礼です。 現在(3月)から2月初旬を指して、 「先月はお忙しい中・・・」 とするのが適切です。 なお、 前々月以前の場合は、何月かを具体的に書く、 年を越えたら「昨年は」とする、 です。 A ベストアンサー 「いらす」という言葉があってもよさそうに思われてしまいます。 調べると、古語で「貸す」ことを「いらす(貸す/息す)」、借りる方は「いらふ(借ふ)」と言っていたのですね。 また「入る」に尊敬の助動詞「しむ/しも」がついて「いらしむ/いらしも」という言い方があるようです。 これは「せたまふ」に起源し、「したまふ」を経て、「しまう」「しも」と変化し、更に揺れで「しむ」となったようですが、今日では失われた言い方ということでしょうか。 一方、「いらせられる」の転化である「いらっしゃる」は、動詞及び助動詞としてラ行5段活用しますが、その連用形は「いらっしゃい(マス)」「いらっしっ(タ・テ)」「いらしっ(タ・テ)」と幾通りかの変化をします。 「特に助動詞の用法では助詞「て」を介して動詞・形容詞に付き、居るの尊敬語として用いる」(前田勇編「江戸語の辞典」) 「「社長は会議室にいらし(っ)た/いらせられた」、それに古さを気にしなければ「しも」を遣って「社長は会議室にいらせたもうた/いらしも(う)た」とも言い得るものでしょうか。

次の

「ご心配なく」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現

いら し て ください 敬語

コンビニなどで「レシートは要りますか?」と聞かれた際、「大丈夫です」と答える方は多いのではないでしょうか。 「大丈夫です」は「要らない」のを優しく伝えられます。 断るときはハッキリ伝えるという方でも、「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれた際はどうでしょう。 意外にも、「大丈夫です」と間違った敬語で答えているものです。 ハッキリしない言い方なのでビジネスで使わない ポイントカードで例えると、「持っていますか?」と聞かれて「持っていない」と答えると「お作りしますか?」と聞かれる場合があります。 しかし、「大丈夫です」と答えるとそれ以上相手は踏み入れられません。 このように、「大丈夫です」は否定を和らげるだけでなく、問いを遮断するという多様性があります。 「大丈夫です」ではなく理由を答えるのが大切 ビジネスでの返答は内容をハッキリさせるのが大事です。 例えば「要らない」をやんわり伝えようとしたとき「大丈夫です」と答えては、NOなのかYESなのか分かりません。 相手も気遣いよりキッパリと「不要」と言われたいと思うものでしょう。 曖昧に答えるのではなく、何が大丈夫なのかその理由を敬語で答えるのが大切なポイントです。 NOの場合は「結構でございます」などの敬語にする メールの返信が不要な場合や、資料の添付が不要な場合など、その必要がないのを伝えるなら「お返事は送らなくとも結構でございます」「添付の必要はございません」などと言い換えられます。 営業を受けた際の断り方としては、「せっかくのお話ですが、今のところ必要ございません」という言い回しでNOを伝えましょう。 「大丈夫です」は敬語ではない 「大丈夫です」は、ハッキリしないという理由の他に、敬語ではないという点もあります。 社内同士でのフランクな関係なら許されるでしょうが、「大丈夫です」はそもそも敬語ではないので、ビジネスシーンでは使うべきではありません。 アポイントで日程の調整をするときなど、相手の提案にOKを伝えたい場合、「その日程で大丈夫です」と答えず、「その日程で問題ありません」と言う敬語に言い換えましょう。 OKで使う場合の敬語は「問題ありません」 OKの意味で使う「大丈夫です」の敬語は、ほとんどが「問題ありません」で言い換えられますが、別の言い方もできます。 それは、相手の問いに合わせるという敬語です。 「私服でも良いですか?」という質問なら「はい、私服で構いません」と答え、「今からでも申込みできますか?」なら「はい、お申込みいただけます」といった敬語にしましょう。 「大丈夫です」を敬語にする際は「結構でございます」「問題ありません」に言い換える 敬語ではない「大丈夫です」を丁寧な言い回しにしようとする際は、簡素な表現にしないことを心がけましょう。 OKでもNOの意味でも、何が大丈夫なのかを具体的に答えるようにするのです。 ビジネスではハッキリした返事と丁寧な言い回しが大切なので、「大丈夫です」を多用しているという方はすぐに使わないよう敬語の訓練をしましょう。

次の