シミ レーザー 神戸。 シミ取りレーザーのアフターケア体験記!驚きの効果が!

シミ取りレーザー/レーザートーニング|医療レーザー外来なら湘南美容クリニック【公式】

シミ レーザー 神戸

【化粧後】 肌のトーンは光の加減などもあるので、分かりにくいかもしれませんが、 全体的に肌が綺麗になっている感じがするのは伝わりますかね? 今まであまり美白ケアをしてこなかったのもあり、レーザー治療後にケアを入念に行ったことで、キレイ目なお肌を手に入れることができたような気がします!わーい というか、細かなシミはこれらの美白ケアでも大丈夫な気も(個人的な意見ですが) そんな実際のアフターケアに使ったものたちを紹介します。 外側からはアンプルールでケア 外側からのケアで 日焼け止めはもちろん毎日塗っていました。 化粧水などの美白ケアは、 を愛用。 普通の基礎化粧品をこれに変えただけでよかったので、かなり楽させてもらいました。 レーザー前にこれ使ってたらまた違ったかもと思った理由ナンバーワン。 ) あとドクターコスメ第1位。 もうこれだけで私は満足している。 もちろん肩書きだけではなくって、シミと戦う成分がすごい。 美白有用成分(ハイドロキノン)が配合。 ハイドロキノンといえば 2001年までは美白成分として皮膚科で処方してもらうものだったのに、基礎化粧品に入ってるとか令和はハイテクすぎますね・・・。 ハイドロキノンは シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えてくれる働きがあります。 しかも予防美白もできる優れもの。 ちなみにこのハイドロキノンの効果は厚生労働省お墨付き。 間違いない感がすごい。 > アンプルールは美白効果だけではなく、低刺激になってるのでシミ取りレーザーの後の肌で刺激厳禁!な時にかなり助けられました。 使用感としては化粧水はスーッと肌に浸透していくし、乳液はベタつかないのに、つけたらもっちり肌になるところも最高ですね。 シミ取りレーザーのあと「食事バランスにも気をつけるように」言われたんだけど、 食事バランスって何状態だったのでかなり助けられました。 楽してなんとかならないのか、と調べまくったら美白に特化したサプリ!!君に決めた!!で即決。 は、シミの原因となるメラニンの生成を抑える働きのあるL-システインが配合されているし、ビタミンCが驚異的な1000mgも配合されています。 ビタミンC1000mgってレモン100個分だよ。 お財布に優しい・・・。 L-システインは 肌のターンオーバーを正常化、シミ・肌荒れなどの肌トラブルを改善してくれる成分です。 シミがある層を早くターンオーバーで追い出したい私にうってつけ。 そして、 何より 【飲むだけ】でケアできるのがめちゃくちゃ楽チンで助かります。 ズボラな私が継続できているのは、この手軽さに他ならないでしょう。 笑 > シミ取りレーザー治療は、傷跡を残さず安全だということから、多くのクリニックで実施されています。 この状態のお肌に刺激をすると、メラニンを作るメラノサイトが活性化し、かえって新たなシミができる恐れがあります。 なので、 こ するなどの摩擦はNGです!かさかさにならないようにしっかり 保湿もしましょう。 また紫外線も刺激になりますので、 紫外線防止対策も必須です。 かさぶたは自然に取れるまで待つ 早くかさぶたがとれてしまうと、他の箇所よりも色素沈着が濃くなり、薄くなるまでに時間がかかる場合があります。 また、かさぶたを無理に剥がそうとすると強い刺激を与えることになり、 メラニンを作るメラノサイトが活性化し、かえって新たなシミができる恐れがあります。 かさぶたは自然に取れるまで待つことが、経過をよくすることに繋がります。 できればこの間マスクを使いたいところですが、季節や仕事によってできない人も多いんじゃないかな・・・。 と思います。 夏マスクしてたら変だもんなあ〜。 6か月間はアフターケアを行う シミ取りレーザー治療後の経過が良好な場合も、 治療後6か月くらいまでは、患部は刺激に敏感な状態です。 カウンセリング時に、高額のアフターケアを進められた シミ取りレーザーは、アフターケアが重要になることから、カウンセリング時にアフターケアの説明がされます。 ここまでは、どの医院でもあることだと思うのですが、高額のアフターケアを勧められる場合もあるようです。 そういう場合には、他の美容外科でカウンセリングを受けてみることもおすすめです。 実際に、湘南美容外科でシミ取りレーザー治療を受けた際には、照射前に、アフターケアの重要性について丁寧に説明をしていただきました。 説明を受けていなかったらおそらく、何もケアなんてしないようなズボラなので(笑)大変助かりました。 シミが濃くなるのを防ぐには シミ取りレーザー治療において、一番発生しやすいとされている副作用が治療後の 炎症性色素沈着です。 レーザーがシミを破壊する際や再上皮化する際に炎症が起こるのですが、これによって メラニン色素が濃くなったように見える状態のことを 炎症性色素沈着と言います。 炎症性色素沈着は、 強い炎症が長く続くことで起こるとされています。 これは、 戻りジミとも言われていて、 レーザー治療をする際の1番の懸念点なんじゃないでしょうか。 (私もこれが気になってなかなかシミ取りレーザー治療に踏み切れませんでしたから…。 ) 色素沈着の濃さは元のシミより濃くなる人もいるし、元のシミより薄くなったけど色が残っている…という人もいるので、様々なケースがあります。 引っ掻かない・こすらない 患部を ひっかいたり、こすったりするのは絶対にやめましょう。 レーザー治療をしてすぐは、テープやガーゼで患部を覆っておきます。 (各医院の指示に従いましょう。 そして、 テープ やガーゼを交換する際にお肌に刺激が加わらないようにゆっくり外して、優しくつけるようにしましょう。 かさぶたを無理やり剥がさない レーザー治療をおこなってから3~5日ほど経つと、シミがかさぶたになります。 かさぶたは、 むりやり剥がさないようにしましょう。 無理やり剥がそうとすると、大きな刺激が加わるため、炎症が起きたり新たなシミが発生したりしてしまいます。 かさぶたが目立ってしまうのが気になる方は、マスクで見えないように隠すのがオススメです。 大きな刺激を与えて炎症を起こさないためにも、 自然に剥がれ落ちるまで待ちましょう。 紫外線カット レーザー治療後はお肌のバリア機能が低下しています。 その状態で 紫外線を浴びると、ダメージを過剰に受けてかえってシミができる危険性があります。 なので、 レーザー治療後こそ、紫外線対策が重要です。 気をつけたいのが、 室内でも窓から入る日光を浴びる恐れがあるということ。 このことも意識して、 外に出るときだけでなく、日中はできるだけ日焼け止めを塗って過ごしましょう。 日常的に使うなら SPF30以下の日焼け止めでOKとのことでした。 飲む日焼け止めもあるので、めんどくさがりな方はこちらを利用してみるのもいいかもしれません。 (アフターケアだけでなく、治療前から日焼け止めや美白剤を使用し、 日常的にメラニンの活性をできるかぎり抑えておくことも効果的。 ) 美白ケアに関しては、レーザー治療を受けた医院にて 外側からのケアと内側からのケアのどちらもあると尚良いと聞きました。 外側からのケアは、先ほど説明した日焼け止めや美白化粧水などに該当します。 内側からのケアは、美白ケアできるサプリだったり、飲む日焼け止めなどです。 剥がれ落ちた後は、ピンク色の肌になるのですが、この肌はとっても薄く、バリア機能もまだ十分に備わっていない状態です。 乾燥してかゆみが現れることもあるので、しっかりと保湿ケアをしてあげましょう。 お肌が刺激に弱いので、 低刺激のものや敏感肌用の基礎化粧品が良いということです。 私は、 敏感肌でも使える低刺激で保湿効果の高い を使用していました。 レーザー治療後の患部の回復が遅くなってしまいますので、夜は早めに寝るようにして、十分な睡眠をとるようにしましょう。 ビタミン類の多い野菜や肌の土台となるタンパク質をしっかり摂るようにしましょう。 ビタミンCは、美白ケアサプリの に配合されているので、その点は気にせず済んで良かったです。 レーザー種類によって、 炎症後色素沈着のできやすさは異なるものの、アフターケアは入念に行うに越したことはないかな、という印象です。 念のため、レーザー種類ごとのアフターケアの重要度に関しても紹介をしていきます。 フォトシルクプラス フォトシルクプラスは、全体的な肌質改善を目的とした光治療です。 肌全体に照射をするタイプの治療方法ですね。 このフォトシルクプラスは、メラニン色素に対しては、Qスイッチルビーレーザーよりもマイルドに反応するのが特徴です。 そのため、1回で満足いく場合もあれば、複数回の治療が必要な場合もあります。 また、目立つかさぶたを作らない程度の反応となるため、 テープを貼る などの特別なアフターケアを必要とするかさぶたができることは通常はない、とのことです。 ですが、濃いしみ、細かいしみ・そばかすや色素の濃いイボに対しての治療後は、 小さなかさぶたや薄いかさぶたができる場合があります。 経過とアフターケア方法 フォトシルクプラスは、目立つかさぶたを作らない治療なので、 特別なアフターケアを必要としません。 ですが、治療後のお肌はバリア機能が低下しているため、敏感になっています。 炎症を抑える• 刺激を与えない• 紫外線予防• 美白ケア• 保湿ケア• 睡眠をよく取る• バランスの良い食事 QスイッチYAGレーザー QスイッチYAGレーザーは、シミをはじめ、毛穴の開きや肌のくすみ、イボやあざなど様々な肌トラブル改善に効果を示す医療用レーザーです。 炎症性色素沈着が起こる可能性もあり、施術後のアフターケアを怠ると、稀にシミが濃くなる場合があります。 メラニン色素の比較的薄いシミであれば、1回の施術で満足出来る場合もある一方、色素沈着が皮膚深く真皮層にも及ぶ場合には、数回の治療が必要になる場合もあります。 経過とアフターケア方法 経過やアフターケアは、Qスイッチルビーレザーと同じになります。 保護テープをするので 、当日から日焼け止めなどの紫外線対策が可能ですし、ほとんどの場合、当日からお化粧も可能です。 そのため、QスイッチYAGレーザーの術後は、お肌がとても弱くなっていて敏感なので、アフターケアがとても大事になります。 小さなイボがたくさんある場合は、テープは貼られないので、刺激を与えないように気をつけましょう。 (テープを貼る場合は、 Qスイッチルビーレーザーと同様になります。 ) 【レーザー治療後数日(テープなし)】 レーザー治療後数日は、まだかさぶたになっていません。 この状態での洗顔やメイクは、 患部に大きな負担をかける可能性があるため、刺激を与えないためにも、 できればメイクは避けた方がいいでしょう。 顔を洗うときも洗顔料も使わず、ぬるま湯で優しく流す程度が良いです。 お薬がある場合は、医院によって支持された通りに指示通りの外用・内服を行いましょう。 お薬を患部に塗布する際も優しく、優しく塗ってあげましょう。 【レーザー治療3〜5日】 かさぶたが出来始めるのでメイクはOKですが、クレンジングの時に患部を刺激しないように気をつけましょう。 【レーザー治療1週間〜10日】• 炎症を抑える• 刺激を与えない• 紫外線予防• 美白ケア• 保湿ケア• 睡眠をよく取る• バランスの良い食事 >体の中からケア! シミ取りレーザーのアフターケア体験記!注意点を解説まとめ シミ取りレーザー治療を受けてから1年ほど、 とで美白ケアをしていたら、肌がトーンアップをしたように感じます。 美白ケアは普段の使っているものと対して変わらないので、 シミ取りレーザーのアフターケアとしても気を使わなくて楽チン。 レーザー後に苦戦するメラニン抑制・ターンオーバー促進・・・と シミ取りレーザーをするにしても事前に理想的なコンディションに近づけてくれるので、治療前から使い始めておけばよかったなと思っています。 あとは、しっかりケアをすることでニキビとかが出来にくくなったような気がします。 シミ取りレーザー治療をした時の写真を見ると、ニキビ結構出来てたなぁ。。 (遠い目) 皆さんは私のように失敗しないよう万全の準備をしてくださいね!.

次の

シミ取りレーザー/レーザートーニング|医療レーザー外来なら湘南美容クリニック【公式】

シミ レーザー 神戸

神戸でシミ取りするならレーザーがおすすめ? レーザーなら1回で効果を実感できる! そもそもシミ取りといってもレーザー、光治療、ピーリング、シミ取りクリームの使用などいろいろな方法があります。 どの方法が1番いいのかは、その人のシミの濃さや大きさ、顔全体への広がり具合、費用、時期、さらにはライフスタイルなどによって異なるので一概には言えません。 どの方法にするのかを決めるには、大手クリニックでカウンセリングを受けるのが1番です。 大手クリニックなら症例もたくさんありますし、扱っているシミ取りの方法や機器の種類がたくさんあるので、さまざまなパターンの提案をもらえるからです! クリニックで初めてのシミ取り治療を受けたいと考えている方は、まずは相談から始めてみてくださいね。 自宅でできるゼオスキンヘルスにも注目 レーザー以外のシミ取り方法として、 神戸の「ほくと記念こやまクリニック」や「神戸ゆりクリニック」などが推している「ゼオスキンヘルス」というアイテムについてご紹介したいと思います。 ゼオスキンヘルスとは、アメリカの皮膚科医が20年かけて研究、開発したオバジニューダームシステムというスキンケアの後継品です。 皮膚の再生メカニズムに着目し、 肌の表面だけでなく、肌の細胞レベルから肌の改善をはかるアイテムです。 ゼオスキンヘルスを使用することにより、肌のシミやくすみの払しょくはもちろん、毛穴が縮小したりしわが改善したり、肌ツヤがよくなって透明感のある若々しい肌になれると評判です! アトピーや繰り返すニキビなどの肌荒れも根本から解消してくれます。 なので、 シミ以外の肌悩みがある人、肌全体を根本から改善したい人におすすめです。 ゼオスキンヘルスは、以下のような組合せで肌を美肌へと導きます。 皮膚のターンオーバーを促進する「トレチノイン」• シミの漂白成分といわれる「ハイドロキノン」• 古い角質などの汚れをしっかりと除去する「ピーリング」• 保湿剤による肌の保護 ゼオスキンヘルスはスキンケアアイテムなので、 自宅でケアできるところも好ポイント。 ただし、デメリットが大きく2つあります。 1つ目は副反応の症状が大きく、 使用中は肌がピリピリと炎症したような状態になって、赤みやかゆみ、腫れを伴うことがあります。 また、肌がよくなる過程でいったん肌表面のターンオーバーを無理やり促すため、 肌の皮むけも激しいです。 2つ目は時間がかかること。 神戸にはシミ取り放題をやっているクリニックがいくつかありました! なかでも値段が安くてコスパのいい病院を2つご紹介します。 まずは、神戸市灘区にあり、六甲道の駅から徒歩1分の 「うえの皮フ科」です。 土日も診療していたり、平日は夜20時まで診療しているので働いている方も通いやすい点が魅力的。 午後は16時からの診察で15時から予約システムで予約できますが、一時間しないうちにあっという間に50件を超え2時間半待ちになりました。 診察内容によっては、問診だけで患部を確認しなかったりするので、親身になって欲しい方には物足りないと思います。 患者さんが多いのでそうならざるを得ないのかも。 受付の方の対応などスタッフさんは皆さん優しかったです。 みずぐち形成外科クリニック 続いては、神戸市北区にある岡部駅からすぐの 「みずぐち形成外科クリニック」です。 こちらのシミ取り放題レーザーはスペクトラを使用し、全顔で42,300円で実施しています。 一般的なシミ、そばかすだけでなく、ADMと呼ばれるあざのような深いシミまで取ることができます。 他にも先ほど紹介したゼオスキンヘルスによる治療など幅広いシミ取り治療を行っているので要チェックなクリニックです。 院内もキレイでまるで美容専門のクリニックのよう。 ただし、 人気があって混みあうので予約ははやめにした方がよさそうです。 神戸で口コミで話題のシミ取り病院2選 劉皮膚科 続いては、シミ取り放題ではないですが口コミで話題になっている神戸のシミ取り病院を2つ紹介したいと思います。 1つ目は神戸市長田区にある 「劉皮膚科」です。 こちらは先生が外国人で少しぶっきらぼうな印象を受けるかもしれないですが、腕はたしかと評判です。 正式な料金はWEB上にのっていないのですが、 口コミによると1個あたり1000円前後でシミ取りしてくれるのだとか! シミの数がそこまで多くない人はシミ取り放題に行くよりも安くすませることができそうですね。 ただ、安いだけあって施術方法や衛生面には少し不安が残る印象です。 ここは外国人の先生で日本語があまり通じないのが難。 そしてレーザーじゃなくて液体窒素のようなものでシミを取るそうです。 シミを取ったあと、普通は絆創膏をしばらく貼るのですが、ここはなぜか何も無かったそうで、自分で対策が必要です。 湘南美容クリニック 口コミで評判のいいクリニック、つづいては 「湘南美容クリニック 神戸院」です。 三宮駅から徒歩5分と、どこからでもアクセスしやすい繁華街にあります。 湘南美容クリニックは シミの大きさに応じて明確に料金が決まっており、2mmサイズで2,680円、1㎝四方で8,100円でシミ取り可能。 そのほかにも肝斑に特化したレーザーや、IPL光治療など、さまざまな種類のレーザーが揃っています。 レーザーを照射中はピリピリとしましたが、終わったあとはほてるくらいで、痛みはありませんでした。 レーザー照射を受けると肌がきれいになります。 スタッフの方はとにかく肌が綺麗で感じの良い方ばかりなので、一度相談されてみるのをおすすめします。 シミ取りはうまくやらないと思ったような効果を得られない場合もあるので、 初心者の方はまずは湘南美容クリニックのようなしっかりとした美容クリニックでカウンセリングを受けるのがよさそうですね。 今回ご紹介した以外にもたくさんのクリニックが神戸にはありましたが、特に評判のいいクリニックをご紹介しました。

次の

シミ取りレーザー後の経過を写真で見てみよう!【かさぶたや赤みに関するQ&A】

シミ レーザー 神戸

【化粧後】 肌のトーンは光の加減などもあるので、分かりにくいかもしれませんが、 全体的に肌が綺麗になっている感じがするのは伝わりますかね? 今まであまり美白ケアをしてこなかったのもあり、レーザー治療後にケアを入念に行ったことで、キレイ目なお肌を手に入れることができたような気がします!わーい というか、細かなシミはこれらの美白ケアでも大丈夫な気も(個人的な意見ですが) そんな実際のアフターケアに使ったものたちを紹介します。 外側からはアンプルールでケア 外側からのケアで 日焼け止めはもちろん毎日塗っていました。 化粧水などの美白ケアは、 を愛用。 普通の基礎化粧品をこれに変えただけでよかったので、かなり楽させてもらいました。 レーザー前にこれ使ってたらまた違ったかもと思った理由ナンバーワン。 ) あとドクターコスメ第1位。 もうこれだけで私は満足している。 もちろん肩書きだけではなくって、シミと戦う成分がすごい。 美白有用成分(ハイドロキノン)が配合。 ハイドロキノンといえば 2001年までは美白成分として皮膚科で処方してもらうものだったのに、基礎化粧品に入ってるとか令和はハイテクすぎますね・・・。 ハイドロキノンは シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えてくれる働きがあります。 しかも予防美白もできる優れもの。 ちなみにこのハイドロキノンの効果は厚生労働省お墨付き。 間違いない感がすごい。 > アンプルールは美白効果だけではなく、低刺激になってるのでシミ取りレーザーの後の肌で刺激厳禁!な時にかなり助けられました。 使用感としては化粧水はスーッと肌に浸透していくし、乳液はベタつかないのに、つけたらもっちり肌になるところも最高ですね。 シミ取りレーザーのあと「食事バランスにも気をつけるように」言われたんだけど、 食事バランスって何状態だったのでかなり助けられました。 楽してなんとかならないのか、と調べまくったら美白に特化したサプリ!!君に決めた!!で即決。 は、シミの原因となるメラニンの生成を抑える働きのあるL-システインが配合されているし、ビタミンCが驚異的な1000mgも配合されています。 ビタミンC1000mgってレモン100個分だよ。 お財布に優しい・・・。 L-システインは 肌のターンオーバーを正常化、シミ・肌荒れなどの肌トラブルを改善してくれる成分です。 シミがある層を早くターンオーバーで追い出したい私にうってつけ。 そして、 何より 【飲むだけ】でケアできるのがめちゃくちゃ楽チンで助かります。 ズボラな私が継続できているのは、この手軽さに他ならないでしょう。 笑 > シミ取りレーザー治療は、傷跡を残さず安全だということから、多くのクリニックで実施されています。 この状態のお肌に刺激をすると、メラニンを作るメラノサイトが活性化し、かえって新たなシミができる恐れがあります。 なので、 こ するなどの摩擦はNGです!かさかさにならないようにしっかり 保湿もしましょう。 また紫外線も刺激になりますので、 紫外線防止対策も必須です。 かさぶたは自然に取れるまで待つ 早くかさぶたがとれてしまうと、他の箇所よりも色素沈着が濃くなり、薄くなるまでに時間がかかる場合があります。 また、かさぶたを無理に剥がそうとすると強い刺激を与えることになり、 メラニンを作るメラノサイトが活性化し、かえって新たなシミができる恐れがあります。 かさぶたは自然に取れるまで待つことが、経過をよくすることに繋がります。 できればこの間マスクを使いたいところですが、季節や仕事によってできない人も多いんじゃないかな・・・。 と思います。 夏マスクしてたら変だもんなあ〜。 6か月間はアフターケアを行う シミ取りレーザー治療後の経過が良好な場合も、 治療後6か月くらいまでは、患部は刺激に敏感な状態です。 カウンセリング時に、高額のアフターケアを進められた シミ取りレーザーは、アフターケアが重要になることから、カウンセリング時にアフターケアの説明がされます。 ここまでは、どの医院でもあることだと思うのですが、高額のアフターケアを勧められる場合もあるようです。 そういう場合には、他の美容外科でカウンセリングを受けてみることもおすすめです。 実際に、湘南美容外科でシミ取りレーザー治療を受けた際には、照射前に、アフターケアの重要性について丁寧に説明をしていただきました。 説明を受けていなかったらおそらく、何もケアなんてしないようなズボラなので(笑)大変助かりました。 シミが濃くなるのを防ぐには シミ取りレーザー治療において、一番発生しやすいとされている副作用が治療後の 炎症性色素沈着です。 レーザーがシミを破壊する際や再上皮化する際に炎症が起こるのですが、これによって メラニン色素が濃くなったように見える状態のことを 炎症性色素沈着と言います。 炎症性色素沈着は、 強い炎症が長く続くことで起こるとされています。 これは、 戻りジミとも言われていて、 レーザー治療をする際の1番の懸念点なんじゃないでしょうか。 (私もこれが気になってなかなかシミ取りレーザー治療に踏み切れませんでしたから…。 ) 色素沈着の濃さは元のシミより濃くなる人もいるし、元のシミより薄くなったけど色が残っている…という人もいるので、様々なケースがあります。 引っ掻かない・こすらない 患部を ひっかいたり、こすったりするのは絶対にやめましょう。 レーザー治療をしてすぐは、テープやガーゼで患部を覆っておきます。 (各医院の指示に従いましょう。 そして、 テープ やガーゼを交換する際にお肌に刺激が加わらないようにゆっくり外して、優しくつけるようにしましょう。 かさぶたを無理やり剥がさない レーザー治療をおこなってから3~5日ほど経つと、シミがかさぶたになります。 かさぶたは、 むりやり剥がさないようにしましょう。 無理やり剥がそうとすると、大きな刺激が加わるため、炎症が起きたり新たなシミが発生したりしてしまいます。 かさぶたが目立ってしまうのが気になる方は、マスクで見えないように隠すのがオススメです。 大きな刺激を与えて炎症を起こさないためにも、 自然に剥がれ落ちるまで待ちましょう。 紫外線カット レーザー治療後はお肌のバリア機能が低下しています。 その状態で 紫外線を浴びると、ダメージを過剰に受けてかえってシミができる危険性があります。 なので、 レーザー治療後こそ、紫外線対策が重要です。 気をつけたいのが、 室内でも窓から入る日光を浴びる恐れがあるということ。 このことも意識して、 外に出るときだけでなく、日中はできるだけ日焼け止めを塗って過ごしましょう。 日常的に使うなら SPF30以下の日焼け止めでOKとのことでした。 飲む日焼け止めもあるので、めんどくさがりな方はこちらを利用してみるのもいいかもしれません。 (アフターケアだけでなく、治療前から日焼け止めや美白剤を使用し、 日常的にメラニンの活性をできるかぎり抑えておくことも効果的。 ) 美白ケアに関しては、レーザー治療を受けた医院にて 外側からのケアと内側からのケアのどちらもあると尚良いと聞きました。 外側からのケアは、先ほど説明した日焼け止めや美白化粧水などに該当します。 内側からのケアは、美白ケアできるサプリだったり、飲む日焼け止めなどです。 剥がれ落ちた後は、ピンク色の肌になるのですが、この肌はとっても薄く、バリア機能もまだ十分に備わっていない状態です。 乾燥してかゆみが現れることもあるので、しっかりと保湿ケアをしてあげましょう。 お肌が刺激に弱いので、 低刺激のものや敏感肌用の基礎化粧品が良いということです。 私は、 敏感肌でも使える低刺激で保湿効果の高い を使用していました。 レーザー治療後の患部の回復が遅くなってしまいますので、夜は早めに寝るようにして、十分な睡眠をとるようにしましょう。 ビタミン類の多い野菜や肌の土台となるタンパク質をしっかり摂るようにしましょう。 ビタミンCは、美白ケアサプリの に配合されているので、その点は気にせず済んで良かったです。 レーザー種類によって、 炎症後色素沈着のできやすさは異なるものの、アフターケアは入念に行うに越したことはないかな、という印象です。 念のため、レーザー種類ごとのアフターケアの重要度に関しても紹介をしていきます。 フォトシルクプラス フォトシルクプラスは、全体的な肌質改善を目的とした光治療です。 肌全体に照射をするタイプの治療方法ですね。 このフォトシルクプラスは、メラニン色素に対しては、Qスイッチルビーレーザーよりもマイルドに反応するのが特徴です。 そのため、1回で満足いく場合もあれば、複数回の治療が必要な場合もあります。 また、目立つかさぶたを作らない程度の反応となるため、 テープを貼る などの特別なアフターケアを必要とするかさぶたができることは通常はない、とのことです。 ですが、濃いしみ、細かいしみ・そばかすや色素の濃いイボに対しての治療後は、 小さなかさぶたや薄いかさぶたができる場合があります。 経過とアフターケア方法 フォトシルクプラスは、目立つかさぶたを作らない治療なので、 特別なアフターケアを必要としません。 ですが、治療後のお肌はバリア機能が低下しているため、敏感になっています。 炎症を抑える• 刺激を与えない• 紫外線予防• 美白ケア• 保湿ケア• 睡眠をよく取る• バランスの良い食事 QスイッチYAGレーザー QスイッチYAGレーザーは、シミをはじめ、毛穴の開きや肌のくすみ、イボやあざなど様々な肌トラブル改善に効果を示す医療用レーザーです。 炎症性色素沈着が起こる可能性もあり、施術後のアフターケアを怠ると、稀にシミが濃くなる場合があります。 メラニン色素の比較的薄いシミであれば、1回の施術で満足出来る場合もある一方、色素沈着が皮膚深く真皮層にも及ぶ場合には、数回の治療が必要になる場合もあります。 経過とアフターケア方法 経過やアフターケアは、Qスイッチルビーレザーと同じになります。 保護テープをするので 、当日から日焼け止めなどの紫外線対策が可能ですし、ほとんどの場合、当日からお化粧も可能です。 そのため、QスイッチYAGレーザーの術後は、お肌がとても弱くなっていて敏感なので、アフターケアがとても大事になります。 小さなイボがたくさんある場合は、テープは貼られないので、刺激を与えないように気をつけましょう。 (テープを貼る場合は、 Qスイッチルビーレーザーと同様になります。 ) 【レーザー治療後数日(テープなし)】 レーザー治療後数日は、まだかさぶたになっていません。 この状態での洗顔やメイクは、 患部に大きな負担をかける可能性があるため、刺激を与えないためにも、 できればメイクは避けた方がいいでしょう。 顔を洗うときも洗顔料も使わず、ぬるま湯で優しく流す程度が良いです。 お薬がある場合は、医院によって支持された通りに指示通りの外用・内服を行いましょう。 お薬を患部に塗布する際も優しく、優しく塗ってあげましょう。 【レーザー治療3〜5日】 かさぶたが出来始めるのでメイクはOKですが、クレンジングの時に患部を刺激しないように気をつけましょう。 【レーザー治療1週間〜10日】• 炎症を抑える• 刺激を与えない• 紫外線予防• 美白ケア• 保湿ケア• 睡眠をよく取る• バランスの良い食事 >体の中からケア! シミ取りレーザーのアフターケア体験記!注意点を解説まとめ シミ取りレーザー治療を受けてから1年ほど、 とで美白ケアをしていたら、肌がトーンアップをしたように感じます。 美白ケアは普段の使っているものと対して変わらないので、 シミ取りレーザーのアフターケアとしても気を使わなくて楽チン。 レーザー後に苦戦するメラニン抑制・ターンオーバー促進・・・と シミ取りレーザーをするにしても事前に理想的なコンディションに近づけてくれるので、治療前から使い始めておけばよかったなと思っています。 あとは、しっかりケアをすることでニキビとかが出来にくくなったような気がします。 シミ取りレーザー治療をした時の写真を見ると、ニキビ結構出来てたなぁ。。 (遠い目) 皆さんは私のように失敗しないよう万全の準備をしてくださいね!.

次の