国民年金 満額 推移。 国民年金や厚生年金の受給額の満額、最高額はどれぐらい?主婦の場合は夫婦で強し!?

国民年金・厚生年金保険料率の改定推移。保険料はまだまだ上がる可能性大!

国民年金 満額 推移

国民年金の受給金額 国民年金の保険料を払っているが、実際のところいくらもらえるの?と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。 国民年金の受給状況 厚生労働省の平成29年の公表によると、平成27年度の国民年金の平均受給金額は、月額55,244円です。 年額にすると約663,000円となります。 自分の場合だといくら受給できるのか、という事も算出は可能です。 国民年金受給額の計算方法 国民年金の受給金額は、20歳から60歳の40年間で、「全額納付した年数」、「滞納した年数」、「免除を受けた年数」により決まります。 平成29年現在、40年間全額納付をしてきた人は老齢基礎年金として65歳以降は779,300円(年額)がもらえます。 これを基準として、以下の計算式に当てはめます。 月数で考えて一つ一つ計算していくとなかなか大変なので、早見表で確認してみましょう。 同様に早見表を見てみましょう。 受給できる金額が異なってくることがお分かりいただけたでしょうか? また、年金受給金額をシミュレーションできるサイトがありますので、ご紹介しておきます。 さて、ここまでご紹介してきましたが、現在の国民年金制度は、保険料の金額は据え置きにして、受給額を調整して運営を行っています。 あくまでも現時点での見通し、老後の計画に役立てていただければ幸いです。

次の

国民年金や厚生年金の受給額の満額、最高額はどれぐらい?主婦の場合は夫婦で強し!?

国民年金 満額 推移

スポンサーリンク 国民年金や厚生年金、一体いくらもらえるのか? 国民年金や厚生年金は実際に老後にいくらもらえるのか?気になるポイントですよね。 まずは、それぞれの年金制度における受給額の計算方法を説明します。 国民年金 加入期間に応じて受給額が変わります。 満額となるのは40年間納付した場合です。 それ未満の場合はその分少なくなります。 厚生年金に加入している期間は国民年金に加入していることになります。 厚生年金 加入期間および、当該期間中の報酬額によって変わります。 報酬が高かった人ほど、より多くの保険料(厚生年金保険料)を支払っているので、その分、年金の受給金額も大きくなります。 そのため、年金の受給金額は人によって異なります。 国民年金だけのケースでは全期間支払っていれば同額になりますが、支払っていない期間があれば受給額は下がります。 また、厚生年金の場合は現役時代の収入額によっても年金の需給金額は変わってくるわけです。 最新の国民年金、厚生年金の平均受給額 そういわれても、実際の金額を知りたい。 という方も多いかと思いますので、厚生労働省が発表している最新の国民年金と厚生年金の平均受給額(月額)を調べました。 国民年金のみ 厚生年金加入者 平成21年 54,320円(48,992円) 156,692円 平成22年 54,596円(49,371円) 153,344円 平成23年 54,682円(49,632円) 152,396円 平成24年 54,856円(49,987円) 151,374円 平成25年 54,622円(49,958円) 148,409円 ()については、厚生年金を受け取っていない1号被保険者の受給額 データ出所:厚生労働省平成25年度厚生年金保険・国民年金事業の概況について たとえば、会社員の夫(第2号被保険者)と専業主婦の妻(第3号被保険者)だとします。 平成25年なら、夫は厚生年金、妻は国民年金となりますので 148,409+54,622=203,031円が夫婦の平均受給額となるわけですね。 こうしてみると、夫がサラリーマンだった場合と、自営業だった場合などでは将来受け取れる年金額に大きな差が生じるということが分かるかと思います。 もちろん、上記の金額は「平均」です。 国民年金だけの方でも未納などがなくしっかり納めた方はもう少し受け取れますし、サラリーマンの方でも平均よりも年収が小さければ報酬比例部分が小さくなるので受け取れる年金額は小さくなります。 あくまでも現時点での受給額 また、現在の状況なので、これが将来も保証されるわけではありませ。 実際のところ今後も年金の支給は絞られる可能性の方が高いと思われますので、現時点で現役世代の方はこれ以下の受給となる可能性も高いといえます。 老後を考える上での一つの参考情報としてご活用ください。 自分の年金がいくらくらいもらえるのか?(もらえそうなのか?)というのは年1回日本年金機構から送付されてくる「」を見れば分かります。 参考データ:平成23年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況 今からでも遅くない!? 年金受給額を増やす方法 それでは、平均受給額を増やす為の方法は無いんでしょうか? 1)個人型401kに加入する 個人型401kなら、運用に回す資金が「全額所得控除」されます。 所得税を節税できるうえ、運用益も非課税。 老後の年金を作るというのであれば、イチオシの運用方法と言えるでしょう。 >> 2)繰り下げ受給を利用する 年金を受け取る時期を先延ばしにすることで受給額を増やせます。 これは国民年金、厚生年金のどちらでも利用することができます。 原則65歳からもらえる時期を後にずらすことで受け取れる年金額を増格させることができます。 1ヶ月遅らせるごとに0. 7%分年金額を増額させることができます(最大42%増)。 >> 年金対策. com 対策一覧 年金と老後の基礎知識• 国民年金・厚生年金(公的年金)• 年金以外のお得な退職金・年金• 小規模企業共済(経営者)• 中小企業倒産防止共済(経営者) 個人年金で私的年金作り• 債券投資で私的年金• 年金のお勧めマネーサービス• 年金で得をする方法• 年金の受取を後にずらして得をする• 大学生は必ず年金猶予制度を使おう• 年金が厳しい時は「免除」を活用• 専業主婦が気をつけたい年金•

次の

国民年金満額いくらもらえる?加入期間と支給要件・受給額の目安とは

国民年金 満額 推移

国民年金の受給金額 国民年金の保険料を払っているが、実際のところいくらもらえるの?と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。 国民年金の受給状況 厚生労働省の平成29年の公表によると、平成27年度の国民年金の平均受給金額は、月額55,244円です。 年額にすると約663,000円となります。 自分の場合だといくら受給できるのか、という事も算出は可能です。 国民年金受給額の計算方法 国民年金の受給金額は、20歳から60歳の40年間で、「全額納付した年数」、「滞納した年数」、「免除を受けた年数」により決まります。 平成29年現在、40年間全額納付をしてきた人は老齢基礎年金として65歳以降は779,300円(年額)がもらえます。 これを基準として、以下の計算式に当てはめます。 月数で考えて一つ一つ計算していくとなかなか大変なので、早見表で確認してみましょう。 同様に早見表を見てみましょう。 受給できる金額が異なってくることがお分かりいただけたでしょうか? また、年金受給金額をシミュレーションできるサイトがありますので、ご紹介しておきます。 さて、ここまでご紹介してきましたが、現在の国民年金制度は、保険料の金額は据え置きにして、受給額を調整して運営を行っています。 あくまでも現時点での見通し、老後の計画に役立てていただければ幸いです。

次の