パチスロまどマギ2朝一。 【6号機】まどマギ3叛逆の物語の有利区間ランプの場所はどこ?朝イチやリセット恩恵も調べてみた!

まどマギ2 評価まとめ!感想、口コミは?

パチスロまどマギ2朝一

0 98. 0 99. 8 101. 3 104. 7 107. 3 111. 低設定域が甘く、高設定域の出玉はすこし控えめ 設定判別ポイント• 5 弱チェ・スイカ・強チェリー成立時のCZ当選率に設定差あり。 合成確率で見ると1と6で 2倍以上の差なので 大事な推測要素といえます。 単独紫七との混同に注意です。 設定差のないCZ当選率 CZ 強チェリー 高確・超高確 ボーナス 低確 ボーナス 高確・超高確 押し順ベル 超高確 さやか 19. 設定4との見極めに使える要素ですね。 スイカ・強チェリー当選時は 引いたときの状態とCZ内容に注目です。 さやか・マミは高設定期待度UP レア小役でボーナス当選時は レア小役分のCZ抽選は行われないので カウントしないように気をつけましょう。 08倍 1. 10倍 1. 13倍 設定3 1. 17倍 1. 20倍 1. 26倍 設定4 1. 35倍 1. 43倍 1. 55倍 設定5 1. 53倍 1. 64倍 1. 80倍 設定6 1. 75倍 1. 88倍 2. 昨日56確定画面がでて9000Gくらい打ったんですが 単独紫かリプ重複紫かの判別できませんでした。 通常時はいつ当たってたのかわからないし ART中はいきなり熱い演出とともにハズレからボーナスしかありませんでした。 どちらにしても設定別の単独紫の確率の欄にリプ重複のことも書いてあったほうが親切かなーと思いました。 スロマガの携帯サイトとこちらと併用して見させてもらいました! けどこっちのほうが見やすかったのでこちらを見ながら打たせてもらいました笑 自分が打ってきた2って引きも悪かったせいもあるかもですが 出玉が1000から1500といった感じでしたが 最近打った2で朝イチ600以上はまったので、据え置き確定とおもい打ち続け メニューから見れる総ゲーム数もスロット機の上にある奴とは 矛盾しており負けても良いや位の気持ちでぶんまわしましたw 朝イチ2000枚出て、20時位まで打ち続けた結果 4200枚弱出ました🎵 高設定かはイマイチ分かりませんが、謎当たり-スイカからcz 通常時のスイカからの高確移動、引き戻し連続など挙動っぽいのもあるのかと思ってますが、、自分はカチカチ君もしないし 自分の感覚だけで延びるかもと思った台はとことん打つようにしてます。。 あまり2は人気では無いですが 規制かかる前に良い思いできた今日この頃です🎵.

次の

朝一エナバブル到来中! パチスロ 朝一リセット狙い目台まとめ

パチスロまどマギ2朝一

0 98. 0 99. 8 101. 3 104. 7 107. 3 111. ボーナス込みの純増は約2. また、最近の新台の中では全体的に機械割はまだ高い方なので、設定狙いでの活躍にも期待が持てそうです。 まずは中リールにBARを狙い、中段チェリー停止時は左リールにもチェリー、中段BAR停止時は右リールに紫7を狙い、停止形に合わせて左リールを打ち分けましょう。 右リール下段に紫7が停止した場合は左リールにはチェリー、右リール中段に紫7が停止した場合は左リールには紫7を狙えばOKで、中段「紫7・BAR・紫7」と停止すれば1枚役を獲得することができます。 5 パチスロ「魔法少女まどかマギカ2」で、出現率に設定差が付けられている小役は「弱チェリー」のみ。 通常時・ART中を問わずカウントすることができるので、設定狙いの際には必ずチェックしておきましょう。 成立時の状態によって恩恵が異なるようですが、通常時であればエピソードボーナス当選に加えて上乗せ特化ゾーン突入が濃厚。 ART中であればさらに3ケタゲーム数上乗せも濃厚とのことで、通常時よりもART中に引き当てたいプレミアフラグと言えますね。 これにより、宵越し天井狙い・リセット天井狙いともにリスクなく立ち回ることができますね。 また、リセット後は高確移行抽選が行わていると思われるため、朝一の高確示唆演出をリセット判別要素として活用できそうです。 初当たりに関わるCZ突入率や、初代でも大きな設定差が付けられていたART直当たり確率は要チェックですね。 また、弱チェリー確率に関しても、初代と同じように設定差が付けられているようです。 設定示唆をしているボーナス終了画面(セリフ)も、見逃し厳禁ですね。 このことから期待値稼働で打つなら、設定狙いor天井狙いのどちらかということになりますね。 ただ、初代と同じくARTには引き戻し要素がある他、まどマギ2ではCZ潜伏もありとのことなので、特にART後の演出に注意してやめどきを見極めていきましょう。 キャラによって性能が変わりますが、ほむらであれば全役がチャンス役になるだけでなく、CZ成功時には上乗せ特化ゾーン突入も濃厚となります! また、まどマギ2にも「キュゥべえチャレンジ」が搭載されており、こちらは突入時点で ART濃厚。 さらに、演出に成功すれば 裏マギカクエスト突入と、前作の仕様を意識したCZとなっていますね。 高確示唆ステージ ・「夕方ステージ」が高確示唆ステージ。 前兆示唆ステージ ・「魔女探索ステージ」は、自力CZ「魔女の結界」の前兆示唆ステージ。 特殊ステージ ・「キュゥべえステージ」に移行すれば、キュゥべえチャレンジ確定。 内部状態移行率 ・「ハズレ・リプレイ・弱チェリー・チャンス目」成立時に状態昇格抽選が行われる。 ・高設定は「ハズレ・リプレイ・チャンス目」からの(超)高確移行率が優遇。 ・状態転落抽選は押し順ベル成立時に行われる。 ・設定変更時に関しては、設定4以上の高確移行率が優遇されている。 魔女の結界 ・ART突入を賭けた自力CZ。 ・性能が違う4つのタイプが存在する。 さやか(VSハコの魔女) ・リプレイ、レア小役がチャンス役。 ・ART期待度は約33%。 マミ(VS薔薇園の魔女) ・リプレイ、ベル、レア小役がチャンス役。 ・ART期待度は約37%。 杏子(VS鳥かごの魔女) ・全役がチャンス役。 ・ART期待度は約50%。 ほむら(VS忘却の魔女) ・全役がチャンス役&成功時は「マギカクエスト」突入も確定。 ・ART期待度は約80%。 各CZ中のART抽選 ・探索パート中は全役でART抽選が行われている。 ・レア小役、特に強レア小役を引くことができればチャンス。 ・杏子は弱小役でもART期待度は約33%、ほむらならリプレイでも約33%でART当選。 ・バトルパート中にもレア小役成立時にART抽選が行われている。 ・ART当選後のレア小役成立時には、上乗せ特化ゾーン突入抽選が行われる。 キュゥべえチャレンジ ・魔女の結界本前兆中のレア小役で昇格抽選が行われる。 ・最も昇格期待度の高い小役は強チェリーで、成立時には約20%でキュゥべえチャレンジへ昇格する。 ・突入時点でART当選濃厚。 ・さらに演出に成功すれば裏マギカクエスト確定(成功期待度は約50%)。 前作と同じようにソウルジェム役モノやミニキャラタッチ時のセリフで蓄積された穢れポイントを示唆しており、中には穢れMAX濃厚となるパターンも・・・? ミニキャラ登場時には、忘れず液晶をタッチしておくべきですね。 穢れMAX後にボーナスを引き当てた場合、ボーナスがエピソードボーナスor裏ボーナスとなりART突入が確定! また、裏マギカクエスト中にボーナスを引くことでも裏ボーナスに当選します。 裏ボーナスに突入すれば、一気にまとまったゲーム数を上乗せする大チャンスです! ビッグボーナス ・約150枚獲得できるボーナス。 ・消化中に赤7が揃えばART確定。 ・3種類の告知タイプを任意に選ぶことができる。 ・消化中は毎ゲーム上乗せが発生する。 ・平均上乗せゲーム数は約350G(最低150G保障)。 終了画面 まどマギ2のボーナス終了画面には複数のパターンが存在し、CZストックやART引き戻し、設定を示唆しているのではないかと言われています。 そして、「全員集合(制服)」だけは、ボーナス終了時に液晶をタッチしないと出現することがありません。 (液晶タッチで画面が切り替わる) 出現すれば 設定5以上が確定するため、確認できれば設定狙いで全ツッパでOKですね。 初代まどマギでは次回モード示唆要素となっていましたが、今回は設定別にセリフ選択率が異なり、「全員集合(制服)」とセットで発生する「みんなには内緒だよ」が 設定5以上確定パターンになります。 高設定を取りこぼしてしまうことのないよう、ボーナス終了時には必ず液晶をタッチするクセを付けておきましょう。 また、新たに搭載された上乗せ特化ゾーン「マギカクエスト」は、イベントマスで上手くベルorレア小役を引くことができるかどうかが鍵。 やじきた道中記乙の「あっぱれチャンス(カッパ)」や、デビルマン3のARTシステムをさらに発展させたようなゲーム性ですね。 ・ステージによって状態や前兆を示唆している。 ・「ティータイム」ステージは本前兆濃厚ステージ。 ART終了時準備中の引き戻し抽選 ・ART終了準備中のレア小役成立時には、ART引き戻し抽選が行われている。 ・弱レア小役成立時の引き戻し期待度は約25%、強レア小役やボーナスなら引き戻し確定。 (裏)マギカクエスト ・イベントマスと成立役で展開が変わる上乗せ特化ゾーン。 ・イベントマス停止時にベルorレア小役を引けば、マスの種類に合わせた恩恵(上乗せなど)を獲得できる。 ・裏マギカクエストは上乗せ性能アップ&消化中のボーナスは裏ボーナスに。 ・裏マギカクエスト後はマギカクエストに復帰。 ・裏マギカクエスト中の裏ボーナス後には、裏マギカクエストに復帰。 アイコンの種類 使い魔:マギカクエスト終了のピンチ 宝箱:5G以上の上乗せ ソウルジェム:5G以上の上乗せ キュゥべえ:成立役を問わず上乗せ ?:到達までに使い魔マス以外に変化 VSバトル:バトル勝利で次のマス以降がグリーフシードに変化 さやか:攻撃を一回耐えられる マミ:次の使い魔マスを他のマスに変換 杏子:次回上乗せが2倍&上乗せするまで無敵状態 ほむら:使い魔マスを踏んでも復活確定&復活後は上乗せするまで無敵状態 まどか:100G以上の上乗せ グリーフシード:次ゲームから裏マギカクエスト突入 マギカクエストモード ・ART中には「マギカクエストモード」なる内部モードが存在し、小役成立時にはモードに応じてマギカクエスト突入抽選が行われる。 ・マギカクエストモードは、ART初当たり時とマギカクエスト終了後に移行抽選が行われる。 ・1セット5G前後で、セット継続の度に5G以上を上乗せする。 ・前作よりも継続率が大幅アップ&最低4セット保証。 ・継続率は75~90%。 ・4の倍数セット数は上乗せゲーム数が優遇されている。 ・まどかが登場すればボーナス濃厚。

次の

まどマギ叛逆(まどマギ3) スロット新台 天井 設定判別 解析

パチスロまどマギ2朝一

この記事に書かれていることは…• blogimg. リセット(設定変更)があれば、天井までのゲーム数が短縮される恩恵があるので、ある程度浅めから狙っていくことが出来ます。 また、自分の打つ台だけでなく、周囲の台のリセット(設定変更)も据え置きも確認できると思うので、周りも見て欲しいですね。 でわ、朝一の状態における、判別要素を、少し、まとめてみたのでご覧ください。 まどマギ2の朝一リセット(設定変更)の判別。 朝一は、ガックン判別などの手段をとる人もいますが、ユニバ系の台なので、ガックンは判別しにくい可能性が高いです。 天井はリセット恩恵として、600ゲームに短縮されます。 これを、活かして、リセット判別します。 600ゲーム以上にハマリを確認してしまった時点で、その台は据え置きが、問答無用で確定してしまいます。 朝一から打って、600ゲームでレア役なしでのART当選した場合は、リセット(設定変更)濃厚です。 また、前日の最終ゲーム数が分かるお店などは、それと照らし合わせて確認できると思うので、判別要素の幅が膨らみます。 前作は、ゲーム数解除があったので、ゲーム数でのリセット(設定変更)判別が有効でした。 今作での、ゲーム数解除は、まだ現在調査中のため、今の段階では、つかえません。 ですが、A+ARTのまどマギ2は、設定示唆が鍵だと思っているので、周囲の状況を把握しつつ、据え置き台を見極めたいです。 この3つが初期判別で重要なので、参考にしてみてください。 前日からの引継ぎや、移行率の問題も考えられるので、必ずと言うことではありませんが、リセット(設定変更)後の代表的な判別要素でもあります。 前作同様に朝一に、何のレア役も引いてないのに、数ゲームで高確ステージに移行するとリセットの可能性がグンと上がります。 前作は、朝一数ゲームでほむらステージ移行が、リセット(設定変更)後の挙動の一つでした。 今作は、リセット(設定変更)か電源のオンオフの場合、必ず初期スタートが、鹿目家ステージとなります。 この状態で、数ゲームで「夕方ステージ」に移行すると、リセット(設定変更)の可能性がでてきます。 前回説明した、天井短縮の判別要素と、一緒にこちらの挙動の確認もできれば、尚よしです。 こちらは、レア役を引かずに移行ですので、数ゲームでレア役を引いてしまうと、挙動での確認が困難になります。 まどマギ2の朝一の高確モード移行率 前作同様に朝一の高確移行率に振り分けがあると思われます。 調査報告の中にも、朝一にレア役を引いてないのに、モード移行した報告例が数件ありました。 前作の移行率は、リセット(設定変更)後の20%~33パーセントで高確ステージ移行しました。 今作は、まだ調査中ではありますが、振り分けが少しでているので、ご覧ください。 でずが、この挙動が起こるという見方で考えるとリセット(設定変更)濃厚と見ても、間違いではないんですね。 「高設定」なら、高確移行率も高いです。 その後の挙動をしっかり見て、設定示唆演出などと組み合わせて見てほしいです。 まどマギ2の朝一リセット(設定変更)での恩恵は? 「超高確率」6、25%ありますね。 こちらは、薄い所ではありますが、現実的なレベルでも、あります。 設定1~6まで、同確立で「超高確率」の抽選があるので、要チェックです。 朝一、早い当たりが見れた台など、周囲観察でのリセット(設定変更)チェック要素でもあります。 恩恵の代表は、天井短縮ですが、こちらの「高確率モード抽選」というのも、1つの恩恵かと思います。 ですが、転落もしやすいので、高確率ステージばかりを、狙う打ち方はおススメできません。 あくまで、判別要素の1つです。 マックスに近い振り分けもあるので、付いてきたらラッキー程度に、思ってください。 判別要素としては、弱いです。 ですが、なにもない所で、穢れが発生したとなれば、前日の据え置きを疑えるかもしれないです。 前作では、リセット(設定変更)後99Gの間に穢れ演出が発生することは、まずありませんでした。 今回も、早い段階で出た謎穢れは、据え置きの可能性が高くなります。 (ART準備などの契機は除く) 初回のCZ(チャンスゾーン)失敗で、穢れ演出発生など、据え置きと関連付く穢れが、怪しいと思われます。 朝一のモード移行などと、組み合わせて判別してほしいです。 朝一リセット(設定変更)での穢れ判別は、まだ調査中の項目も多いので、解析が早くほしいです。 恩恵としては、振り分けがマックスあったらの話になるので、おそらく「超高確率」の振り分けより低いです。 まどマギ2の「朝一」のまとめ 設定示唆が重要視される、今作のまどマギ2は、「朝一」の状態も立派な判別要素です。 一番分かりやすい、確定判別が「600ゲーム」以上のハマリ。 「600ゲーム」以上のハマリ確認したさいには、良くも悪くも据え置きです。 狙い目としては、初当たりなしで、朝一200~300回転の台という意見もありますが、据え置きも覚悟しなくてはいけません。 600ゲーム以上になってしまうと、通常天井も追いかけなくては、いけなくなってしまうので、投資が増えてしまいます。 おまけに据え置きが確定してしまうので、前日高設定でもない限り、リスクが高いようにも感じます。 ですので、前日の設定が悪そうな台は、気を付けた方が無難だと思います。 据え置きで、600ゲーム以上のハマリともなると、穢れ恩恵の天井狙いもあるので、期待値はあるんですが、リスクも高いです。 高確率モード移行は、前日のデータを見て、上げ狙いなのか、高設定の据え置き狙いなのかをしっかり決めて、チェックです。 自分の台だけではなく、早い当たりの台や、周りの高確率具合をチェックするといいです。 朝一の穢れ演出発生は、据え置きの条件と組み合わせてチェックしてみてください。 なるべく早い穢れ発生がない方が、いいです。 ポイントは再抽選で振り分けが多いとラッキーです。 朝一に、エピソードボーナスを引いても据え置き確定ではありません。 私なら、テンション上がっちゃいますね。 今回は「朝一」のリセット(設定変更)の状態について説明しました。 朝一のリセット(設定変更)の最終判別はおおまかに3つです。 パチスロよりも勝率の高いギャンブルがあるのをご存知ですか? パチスロが規制、規制でどんどんと稼げなくなっている中、 すでにネットの一部ではパチスロよりも勝率が高いと話題になっているのですが、 それは、 「オンラインカジノ」です。 オンラインカジノの中でも、特に、「ベラジョンカジノ」で勝ちやすいのには、 3つの理由があります。 無料会員登録で、30ドル分はもらえるので、これで遊べばリスクゼロです。 勝っても負けても、損はしませんし、パチ屋の空いていない時間にもスマホで稼げてしまうのもメリットなので、試しに遊んでみてくださいね。 そうなれば、カジノの認知度は上がり、カジノのない地方に住んでいる人はオンラインカジノで遊ぶようになります。

次の