クレアチン 腎臓。 クレアチニンとは?腎臓病のサイン!その下げる方法や上げる方法を解説します。

【腎臓病】クレアチニンを下げる漢方とその他の方法

クレアチン 腎臓

クレアチニンの異常からわかること クレアチニンが高値を示す場合、腎臓に何らかの異常が起きていることが考えられます。 急性腎臓病・慢性腎臓病・心不全などが疑われます。 (心不全が起きると、腎臓に血液が流れにくくなって、老廃物が排泄できなくなってしまいます) 特に慢性腎臓病は近年増加している病気であり、日本腎臓学会作成の「CKD診療ガイド2012」によると、日本においては1,330万人もの患者が存在するとされています。 腎臓の機能不全が慢性的に続く病気で、夜間頻尿・けん怠感・むくみ・息切れなどの症状が現れますが、自覚症状が出た際にはすでに病はかなり進行しているといえます。 予防するためには、定期的な健康診断が欠かせません。 クレアチニンの検査は腎臓の機能を調べる上でポピュラーな検査ですが、数値は筋肉の量に左右されるため男女差が大きく、また腎臓の機能が半分程度まで低下しないと高い値を示さないという欠点があります。 そのため、近年ではより精度の高い検査である推算糸球体濾過量(eGFR)の検査を追加して行うことが多くなってきました。 医師の指導を受けた上で、そのような検査を同時に行うのもよいでしょう。 おわりに 腎臓のことはあまり知られていませんが、とても大切な臓器です。 定期的なクレアチニンの検査を行い、健康に気をつけていたわってあげましょう。 この内容は医師の監修のもと制作していますが、健康に不安のある場合は、正確な診断・治療のために医療機関等を受診してください。

次の

クレアチニンの数値が高い・低い場合の原因と改善方法について

クレアチン 腎臓

筋肉運動のエネルギー源となるアミノ酸の一種クレアチンが代謝されてできた物質です。 やと同様に老廃物のひとつです。 クレアチニンは腎臓の糸球体で濾過されますが、尿素窒素とは違って尿細管ではほとんど再吸収されずに、尿中に排泄されます。 クレアチニンを調べると何がわかるのか? クレアチニンは、腎臓が正常にはたらいていれば、尿として体外に排泄されます。 つまり血液中の クレアチニンが多いということは、腎機能が障害されているということになります。 この検査は簡単なうえに、腎臓以外の影響は受けにくいので、腎機能、腎糸球体機能のスクリーニング(ふるいわけ)や経過観察のための検査として行なわれています。 クレアチニンは、筋肉の病気を調べるときにも検査されます。 筋肉内で合成されるクレアチニンの量は筋肉の量に比例するため、筋ジストロフィー症などの筋肉の萎縮する病気があるときは低値になります。 そこで診断にあたっては腎糸球体機能の変化をさらに正確に測定するクレアチニン・クリアランスを行ないます。 クレアチニンはどのように検査するのか? 血液を採取し、酵素を利用した試薬を加え、比色計で色の変化を調べます。 食事については制限などはありませんが、検査前日からは激しい運動などは控えてください。 基準値の範囲• 男性…0. 5〜1. 女性…0. 4〜0. 年齢による変動はほとんどありません。 高齢者では年齢とともに腎糸球体濾過率が低下しますが、筋肉量を減少するため、ほぼ一定になります。 検査結果の判定 血液中のクレアチニンの数値が高いのは、腎機能が低下していることを示唆し、低い場合は、筋肉に関わる異常を想定します。 日本人間ドック学会の判定基準では、男性が1. 2〜1. 9〜1. 一般に中程度の腎不全では1. 数値に異常があればなんらかの疾患が進行していることが考えられますので、すぐに原因究明を行なうことが必要です。 その意味では、 境界域でも危険な数値と考えた方がよいでしょう。 異常があったらどうするか? 異常値の原因となっている病気を確定するため、、、フィッシュバーグ濃縮試験、、、X線CT、などの検査が行なわれます。 原因となる病気の確定診断がついたなら、治療を開始します。 腎不全で老廃物が血液中にたまると、心臓麻痺、腸閉塞、昏睡などの危険性がある尿毒症を起こします。 特に急性腎不全の場合は、クレアチニン値が一定以上になると人工透析の必要性も考慮に入れなければなりませんので、迅速な対応が必要となります。 腎盂腎炎や腎臓結石の場合、治療によって利尿が進めば、クレアチニン値は間もなく回復します。 日常生活では、 塩分やタンパク質の摂取を制限する食事、適度な運動を心がけるとともに、肥満、高血圧、脱水などの憎悪因子を避けるようにしましょう。 また、慢性腎疾患ではクレアチニン値を月1〜2回測定し、さらに糸球体濾過率を推定するために、クレアチニン・クリアランスを半年ごとに調べるとよいでしょう。 異常な場合に疑われる病気• 高値…急性・慢性腎炎、腎不全、尿毒症、腎盂腎炎、腎臓結石、肝硬変、心不全など• 低値…筋疾患(筋ジストロフィー)、尿崩症など•

次の

クレアチニンっていったい何? 腎機能の状態の把握や改善に役立てよう|医療保険はソニー損保

クレアチン 腎臓

クレアチンはおもに短時間で強度の強い運動のときなどに使われるアミノ酸です。 ここでの短時間で強度の強い運動とは、スプリントや低回数のウェイトトレーニングのことを指します。 クレアチンは運動していないときに、ATPを1つ消費してクレアチンリン酸を作ります。 ATPは運動をしていると不足していき、ATPがなくなってしまうと運動が続けることが難しいので、ATPをつくることが必要になります。 そこで、クレアチンリン酸がADPと反応してATPをつくることで、ATPを確保することができます。 クレアチンを使ったATPを確保する仕組み(ホスファゲン機構)はどんな運動の際も最初に使われ、高強度の運動の持続時間を伸ばしたり、筋力を強くしたりすることができるようになる仕組みです。 この仕組みを使って、高強度の運動を持続させたり筋力を強くしたりする目的で、クレアチンは使われます。 ここでは、クレアチンと肝臓との関係性について書いていきます。 肝臓は物質の吸収・代謝や排出、解毒、体液の恒常性の維持など体内の環境を良くするための臓器です。 クレアチンはアミノ酸の一種なので、肝臓で吸収・代謝されます。 肝臓で生成されたクレアチンは血流にのって筋肉に運ばれていき、高強度のウェイトトレーニングやスプリントなどをするときなどに使われます。 肝臓の機能が低下していると、腎臓の機能低下も引き起こします。 よって、肝臓はクレアチニンを排出することにも間接的に関わっているといえます。 肝臓の機能が低下しているときは、身体にむくみがあるときなので、むくみがなかなか引かないときは検査を受けることをおすすめします。 このように、クレアチンと肝臓の間にも関係性があるといえます。 上の項でクレアチンと腎臓や肝臓との関係性を理解したところで、悪影響があるのかということについて書きたいと思います。 まずは、腎臓への悪影響についてなんですが、全くないということはいえないというのが私の見解です。 クレアチンをサプリメントとして摂取することで、ATPをつくりやすくなります。 ATPをつくる工程がクレアチンを摂取していないときにくらべて多くなるので、クレアチニンは当然多く出てきます。 このことが腎臓に全く悪影響が出ないとは私は考えません。 ただ、腎臓に負担がかかる要因は他にもいくつかあり、クレアチンのみが原因と言い切ることができるケースは研究では発見されていないので、気にしすぎることもないというのが正直なところです。 おそらく、他のサイトでも、クレアチンは腎臓に悪影響がないとはいえないが、気にする必要はないという内容になっていると思います。 それでも、すでに腎臓に疾患を持っている方は控えた方がいいことは事実です。 あまり腎臓の状態が思わしくない方がクレアチンを使うことで、腎臓の機能が悪化してしまう可能性はゼロではないので、おすすめはしません。 そもそも、腎臓の機能が低下している方はたんぱく質の制限もかけていることが多いので、クレアチンを摂ることが身体にとってプラスになるとは思えません。 結論としては、腎臓の機能が低下していない方がクレアチンを摂る分には問題はないといえます。 ただ、クレアチンを摂取しているときは健康診断などでクレアチニンの数値を気にする必要性があります。 特に、身体にむくみがあったり、頻尿のような症状があるときは検査を受けた方がいいです。 腎臓は肝臓とリンクしていることがあるので、肝臓の検査もあわせて行うことをおすすめします。 次に、肝臓に悪影響があるかどうかについて書いていきます。 クレアチンサプリメントを摂ることで、肝臓で吸収・代謝をする量が増えるので、肝臓の負担は当然増えます。 ただ、腎臓のとき同様、肝臓の負担になる要因は他にもたくさんあるので、そちらを気にした方が肝臓にとってはいいと思います。 もちろん、すでに肝臓を患っている方は控えた方がいいです。 特に肝臓の場合、肝臓の機能を低下させる要因は様々です。 食べすぎやアルコールの過剰摂取、睡眠不足、食品添加物の過剰摂取、ストレスなどの要因の方が肝臓の負担を大きくするので、こちらを気にした方がいいと思います。 結論は、腎臓のとき同様、すでに肝臓を患っている方以外は問題はありません。 上記のようなことを気をつけながら、健康診断で肝臓の数値をチェックするといいでしょう。 このときも、むくみがある方は検査を受けた方がいいと思います。 肝臓と腎臓はリンクしていることが多いので、腎臓の検査もあわせて行うことをおすすめします。 クレアチンで腎臓や肝臓を傷めないための対策のひとつに、クレアチンを摂る期間を決めるという方法があります。 クレアチンを摂らない期間を作って、腎臓や肝臓を守るという方法です。 クレアチンを使うときは、ローディング期を1週間、メンテナンス期を4週間ほど設けた後、クレアチンを摂らない期間を3週間ほど設けるといいという説が一般的です。 クレアチンに関する論文の大半がこのような提案がなされています。 こうすることによって、クレアチンを肝臓で吸収する期間を制限でき、腎臓や肝臓を守ることができるようになります。 この提案の理由として、腎臓や肝臓の保護だけではなく、クレアチンの体内での生合成が抑えられてしまう可能性があることも挙げられています。 ただ、このことも科学的に証明されたわけではありません。 クレアチンで腎臓や肝臓を傷つけないための対策として、必要以上のクレアチンを摂取しないことも挙げられます。 クレアチンはとにかくたくさん摂ればいいというものではありません。 体内に吸収できる量が限られているからです。 クレアチンを最も摂る期間であるローディング期でも1日につき体重1kgあたり0. 3gで十分といわれています。 メンテナンス期にいたっては、1日につき体重1kgあたり0. 03gほどで十分です。 クレアチンは摂取するのに適切な量があるので、それを守ることが求められます。 適切な量を守ることで腎臓や肝臓のダメージを最小限にすることができます。 反対に、必要な量以上のクレアチン摂取は体内で吸収しきれないので、腎臓や肝臓に負担をかけることにつながります。

次の