アズノール軟膏 陰部。 陰部がかゆい(;;)

アズノール軟膏の効果と副作用:あせもやニキビ、陰部に使える?

アズノール軟膏 陰部

1.アズノール軟膏の特徴 まずはアズノール軟膏の特徴をざっくりと紹介します。 アズノール(アズレン)軟膏は、効果も副作用も「穏やか」であることが一番の特徴です。 皮膚トラブルに対して軟膏を処方するというと、「ステロイド」が代表的です。 ストロイドは悪い薬ではありませんが、効果がしっかりとある反面、副作用も時として出てしまうこともあります。 それに対してアズノールは、効果は穏やかだけども副作用も非常に少ないという特徴があります。 アズノールは、その原料が植物性の物質であり、天然のものです。 具体的にはカミツレというヨーロッパ原産のキク科の植物に含まれるグアイアズレン(ジメチルイソプロピルアズレン)が原料となっています。 そのため、副作用はほとんどなく、ほぼ全身に使用できます(眼球などは除く)し、赤ちゃんにも使用することが可能です。 アズノールは効果も穏やかです。 アズノールには ・抗炎症作用(炎症を抑える作用) ・創傷保護作用(傷を保護する作用) ・抗アレルギー作用(アレルギーを抑える作用) がありますが、この全ての効果が弱めです。 そのため程度の重い皮膚疾患に対しては力不足であり、使用されるケースはほとんどが軽症の皮膚トラブルに限られます。 効果も穏やか、でも副作用も非常に少ない。 アズノール軟膏は端的に言えばこのような特徴を持った軟膏なのです。 【アズノール軟膏(アズレン)の特徴】 ・効果は全体的に弱め ・その分副作用も非常に少ない ・眼球などを除くほぼ全身に使用できる ・赤ちゃんにも安全に使用できる スポンサーリンク 2.アズノール軟膏はどんな疾患に用いるのか アズノール軟膏はどのような疾患に用いられるのでしょうか。 アズノール軟膏の添付文書には、次のように記載されています(2015年6月現在)。 【効能又は効果】 湿疹 熱傷・その他の疾患によるびらん及び潰瘍 かなりざっくりとした書き方ですが、臨床的には「軽度の皮膚トラブル」に用いることがほとんどです。 例えば、 ・赤ちゃんや高齢者の方のおむつかぶれ ・寝たきり患者さんの軽度の褥瘡 ・軽い熱傷 ・小さなびらん・潰瘍 などですね。 顔や唇、陰部や肛門周囲などデリケートな部分にも使えるため、アズノールは軽症の皮膚トラブルにはとても重宝します。 反対に重症度がある程度高い皮膚疾患であった場合は、アズノールでは力不足であり、ステロイドなどの別の軟膏を使うべき時もあります。 重症度が高いのにアズノールで治療してしまうと、創部がどんどんと悪化してしまうこともあるからです。 重症度の判断は、皮膚科医などの専門家が行うべきですので、医師の診察をしっかりと受け、最適な軟膏を処方してもらいましょう。 3.アズノール軟膏にはどのような作用があるのか このように主に軽症例に対して用いられるアズノール軟膏ですが、具体的にはどのような作用があるのでしょうか。 アズノールで報告されている皮膚への作用について紹介します。 アズノールには大きく分けると次の3つの作用があり、これらが皮膚症状を改善させていると考えられています。 抗炎症作用とは、炎症を抑えてくれるはたらきのことです。 炎症とは、発赤 (赤くなる)、熱感 (熱くなる)、腫脹(腫れる)、疼痛(痛みを感じる)の4つの徴候を生じる状態のことで、感染したり受傷したりすることで生じます。 またアレルギーで生じることもあります。 みなさんも身体をぶつけたり、ばい菌に感染したりして、身体がこのような状態になったことがあると思います。 これが炎症です。 皮膚に炎症が起こることを皮膚炎と呼びます。 皮膚炎も外傷でも生じるし、ばい菌に感染することでも生じるし、アレルギーでも生じます。 どのような原因であれ、炎症そのものを抑えてくれるのが抗炎症作用です。 アズノールは抗炎症作用により、発赤・熱感・腫脹・疼痛を和らげてくれます。 ちなみに抗炎症作用を持つ軟膏というとステロイド軟膏が代表的です。 ステロイドは確実な抗炎症作用を持ち、しっかりとした効果が期待できるため医療現場でもよく用いられていますが、反面で長期使用による副作用も決して軽視はできません。 皮膚の増殖を抑えることで皮膚を薄くしてしまったり、免疫系のはたらきを抑えてしまうことでばい菌に感染しやすくなってしまうこともあります。 ステロイド軟膏と比べるとアズノールの抗炎症作用は非力だと言わざるをえません。 しかしアズノールは、その分安全性に優れています。 長期使用をしても安全でありステロイドのような副作用が出ることはありません。 そのため、皮膚の炎症が生じている方で、軽症の方であったり、長期にわたる軟膏塗布が予測される方には、アズノールが用いられやすい傾向にあります。 ちなみに余談ですが、患者さんの中にはステロイドを過剰に怖がってしまう方がいますが、ステロイドは知識のしっかりある医師の元で正しく使用すれば、決して怖いものではありません。 むしろ病気を早く治してくれる頼もしい薬です。 皮膚状態に応じてアズノールを使ったりステロイドを使ったり、上手に使い分けることで早く確実に治す事が出来ます。 イメージだけで「ステロイドはイヤだ」と毛嫌いするのではなく、正しい知識を持って必要な時にはしっかりと使って頂きたいと思っております。 これは他の軟膏でも同様なのですが、アズノールを塗ることによって傷口が軟膏で覆われるため、創傷部を保護し、治癒を促す作用があります。 また、アズノール軟膏、原料であるグアイアズレンの他に「ラノリン」と「ワセリン」という物質が一緒に入っており、これらも創傷保護に一役買ってくれます。 ラノリンはヒツジの毛から取れる脂です。 ヒトの皮膚表面に存在する脂分と成分が似ているためアズノール軟膏を身体になじみやすくしてくれます。 また保湿効果があることが知られています。 ワセリンは保湿効果や撥水効果(水をはじく)があり、傷口に異物が侵入するのを防いでくれます。 アズノール軟膏は、医療現場ではよく臀部(おしり)や陰部の周囲の皮膚トラブルに用いられます。 臀部や陰部の周囲に傷が出来てしまうと、その傷が便や尿などで汚染されてしまい、そのせいでなかなか治らなくなってしまいます。 そこで撥水効果のある軟膏を使うと、便や尿をはじいてくれやすくなるため、治りやすくなるのです。 アズノール軟膏の非常に軽い抗アレルギー作用と保湿作用から、アレルギー性の皮膚疾患に対して補助的な目的として使用することはありますが、メインでアズノール軟膏を使うことはほとんどありません。 スポンサーリンク 4.アズノール軟膏の用法・用量と剤形 アズノール軟膏は、 アズノール軟膏0. 033%( ジメチルイソプロピルアズレン) 20g アズノール軟膏0. 033%( ジメチルイソプロピルア ズレン) 500g の2つがあります。 20gはチューブに入っており、500gは壺のようなプラスチック容器に入っています。 アズノール軟膏の使い方は、 通常、症状により適量を1日数回塗布する と書かれており、かなりざっくりとした使い方が指示されています。 実際は創部の状態や場所によって回数や量は異なるため、主治医の指示に従いましょう。 薬効自体は一回塗布すれば1日以上持ちますが、部位的にすぐに軟膏が落ちてしまう部位であれば、1日に何度も塗らないといけないでしょうし、そうでなければ1日1回の塗布で充分なこともあります。 5.アズノール軟膏の使用期限はどれくらい? アズノール軟膏の使用期限って、どのくらいの長さなのでしょうか。 「家に数年前に処方してもらった軟膏があるんだけど、これってまだ使えますか?」 このような質問は患者さんから時々頂きます。 これは保存状態によっても異なってきますので、一概に答えることはできませんが、製薬会社による記載では「3年」となっています。 また、アズノール軟膏の時間による経過を追っていったところ、3年6か月までは規格の濃度以上を保っていたという報告もありますので、これもひとつの目安にはなります。 なおアズノールは基本的には室温・遮光で保存するものですので、この状態で保存していたのであれば「3年」は持つと考えることができます。 反対に光などを浴びると徐々に成分が分解されることが分かっているため、暑い場所や光を浴びる場所で保存していた場合は、3年未満でも効能が失われている可能性があります。 6.アズノール軟膏が向いている人は? 以上から考えて、アズノール軟膏が向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。 アズノール軟膏の特徴をおさらいすると、 ・効果は全体的に弱め ・その分副作用も非常に少ない ・眼球などを除くほぼ全身に使用できる ・赤ちゃんにも安全に使用できる というものでした。 ここから、「軽症の皮膚疾患」であり、「安全性を優先して治療したい場合」には向いている軟膏であると言えそうです。 また副作用の少なさから、皮膚の過敏な部分(陰部、顔面など)や皮膚が敏感な方(赤ちゃんなど)に使用する場合にも使いやすいお薬だと言えます。 7.アズノール軟膏の薬価 アズノール軟膏の薬価はどれくらいなのでしょうか。 薬価は2年に1回改訂されますが、2015年5月の薬価基準収載では次のように薬価が設定されています。 アズノール軟膏0. 033% 10g 29. 50円(ジェネリック:24. 00円) 2015年6月現在 カテゴリー• 247•

次の

キンダベート軟膏|あせも・ニキビ・陰部・顔に使える?

アズノール軟膏 陰部

効能・効果 ロコイドの効能・効果です。 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、脂漏性皮膚炎を含む)、痒疹群(蕁麻疹様苔 癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症 オムツかぶれやあせもにもよく処方されます。 ロコイドは優しく赤ちゃんにも使用できる ステロイドのランクには ストロンゲスト(最も強い) ベリーストロング(とても強い) ストロング(強い) マイルド(優しい) ウィーク(弱い) と5段階に分かれるのですがロコイドの有効成分、ヒドロコルチゾン酪酸エステルは マイルドに位置づけられています。 ステロイドの中でも優しいため赤ちゃんに使われたり、顔に処方されることがあります。 赤ちゃんが舐めた・食べた場合 「手に塗ったロコイドを舐めてしまったけど大丈夫ですか?」 心配そうにお母さんから電話で相談を受けることがあります。 手や腕などに塗った程度のロコイドであれば、赤ちゃんが舐めても体に大きな問題はないと考えられます。 陰部への使用 赤ちゃんのオムツかぶれなどの炎症にロコイドが使用されることがあります。 オムツを交換するタイミングやお風呂上りなどに手や綿棒などで薄くのばして塗るのがよいでしょう。 ヘルペス・カンジダへの使用 ロコイドにはヘルペスウイルスには効果がなく、皮膚の免疫を抑えるためヘルペスを悪化させることがあります。 またカンジダや水虫など真菌が原因の場合も同様にロコイドを塗ると悪化しますので絶対に塗らないようにしましょう。 陰部の湿疹やオムツかぶれの場合は処方されることがありますが、ヘルペスやカンジダが原因の場合は陰部に使用できません。 ニキビへの使用 ニキビのように細菌による炎症にはロコイドは使用できません。 ロコイドは皮膚の免疫を抑えるためニキビが悪化することがあります。 ニキビの場合は抗生物質が入った薬などニキビ(ざ瘡)に適応のある薬が処方されますので自己判断で使用しないようにしましょう。 妊婦・授乳中の使用 妊婦さんへの使用について、製薬メーカーの説明書では下記の通りとなっています。 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては 大量又は長期にわたる広範囲の使用を避けること(動物実験で催奇形作用が報告されている) 臨床では妊婦さんに処方されることはありますがベタベタ使用せず薄くのばして使用しなければいけません。 授乳中については添付文書の注意書きがないことから、「授乳を続けてOK」と指導されるケースもあります。 副作用 ロコイド軟膏の主な副作用は 皮膚炎(0. また瞼に使用した場合、眼圧亢進、緑内障、白内障を起こすおそれがあるため注意するようにとなっています。 市販薬はある? ロコイドと同じ有効成分であるヒドロコルチゾン酪酸エステルの入った市販薬が販売されています。 ロコイダンクリーム• ロコイダン軟膏• ロバックHi• セロナクリーム• セロナソフト• セロナ軟膏 ロコイドには1g中にヒドロコルチゾン酪酸エステルが100mg入っていますが、市販薬の場合は50mgと半分の濃度になります。 カテゴリー• 4 こんにちは。 現役薬剤師Yu(ユー)です。 2006年に京都薬科大学薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得後、調剤併設ドラッグストアと調剤薬局にて勤務する現役薬剤師です。 健康食品や市販薬、内科、整形外科、皮膚科、小児科、在宅医療まで幅広く患者さんと関わってきました。 「一人の患者さんが抱える薬の疑問は、みんなが抱える疑問かもしれない」 私が薬剤師として活動する中で、患者さんに聞かれたことや、患者さんが知っておく必要があると思った情報をまとめるためにサイトを立ち上げました。 最近は患者さんだけでなく、ヘルパーさんや看護師さんなど医療従事者の方も薬の勉強のために閲覧をいただいております。 「薬に関わる疑問を少しでも解消したい。 」 そのような思いで日々サイトを磨いてまいります。 まだまだ成長過程の薬剤師ですが、一人でも多くの方がこのサイトがあってよかったと思っていただるように自分の抱える知識を発信してまいります。 スポンサーリンク.

次の

アズノール軟膏の効能と使用できる部位

アズノール軟膏 陰部

アズノール軟膏(一般名:アズレン)は、1958年から発売されている外用剤(塗り薬)です。 穏やかに炎症を抑え、傷の治りを早める作用を持つお薬で、皮膚に生じた軽度の炎症や傷・潰瘍の治療などに用いられています。 アズノールには強力な作用はないものの、安全性に非常に優れるという利点があります。 目以外であれば身体のどこに塗っても大丈夫であり、皮膚が薄くて敏感な赤ちゃんにも安全に用いる事ができます。 このような特徴から、アズノールは「痔」に対して処方される事もあります。 アズノールの適応疾患には「痔」とは書かれていませんが、果たして痔に対してアズノールは効果があるのでしょうか。 またその際に注意すべき点はあるのでしょうか。 ここではアズノール軟膏を痔に用いる際の有効性や注意点などを紹介させていただきます。 1.アズノール軟膏は痔に対して有効なのか アズノール軟膏は、痔に対して有効なのでしょうか。 結論から言ってしまうと、「軽症の痔であれば有効である」というのが答えになります。 痔というのは「肛門の周囲に生じた疾患」を総称した用語になり、• 痔核(いわゆる「いぼ痔」)• 裂肛(いわゆる「きれ痔」) などがあります。 いずれも肛門周囲の皮膚や粘膜が障害され、表皮や粘膜上皮に炎症が生じている状態です。 アズノールには炎症を抑える作用があります。 また創部を保護する事で障害された表皮細胞・粘膜上皮細胞の治りを早める作用もあります。 そして植物由来の安全な成分ですので肛門内に塗布しても身体に害をきたすものではありません。 このような機序から、アズノールは痔の治癒を早める作用が期待でき、また肛門であっても安全に用いる事が出来るのです。 またアズノールの添付文書を見ると適応疾患として、 【効能又は効果】 湿疹 熱傷・その他の疾患によるびらん及び潰瘍 と書かれています。 ここに「痔」という疾患名は記載されていませんが、痔のいうのは肛門粘膜周辺に生じた皮膚のびらんや潰瘍だと考える事が出来ます。 そのため保険適応上も痔に対してアズノールを用いて問題ないのです。 スポンサーリンク 2.アズノールの作用 アズノールは痔に対して有効であるという事が分かりました。 ではここからはより詳しく、「なぜアズノールが痔に有効なのか」を医学的に考えていきましょう。 そのためにはまず、アズノールがどのような作用を持つお薬なのかを知らなくてはいけません。 アズノールは植物由来の成分からなるお薬です。 そのため効果は穏やかで安全性に優れる塗り薬になります。 古来からヨーロッパでは、カミツレ(カモミール)というキク科の植物の頭花には傷を治す作用がある事が知られていました。 1900年台に入ると研究者によって、これはカミツレに含まれる「アズレン」という成分が炎症を抑える作用を持つために得られている作用だという事が発見されました。 アズノールはこの「アズレン」の類縁体である「グアイアズレン」が主成分になります。 アズレンと同じく炎症を抑えて傷の治癒を早める作用があります。 またアズレンと同じく安全性にも優れます。 アズノールの具体的な作用機序としては、炎症を引き起こす原因になる白血球が創部に過度に遊走してくるのを抑えるはたらきがあります。 また炎症を引き起こすアレルギー性細胞のはたらきも抑える作用を持ち、これらの作用によって穏やかに炎症を抑えてくれるのです。 また保湿性の高い基剤を配合している事によって創部を物理的に保護してくれる作用も期待できます。 これらの作用によってアズノールは皮膚や粘膜に生じた炎症を抑え、傷の治りを早めてくれるのです。 3.痔とはどのような疾患なのか 次に「痔」というのはどのような疾患なのかを見ていきましょう。 痔(Hemorrhoids)は「肛門の周囲に生じた疾患」の総称で、• 痔核(いわゆる「いぼ痔」)• 裂肛(いわゆる「きれ痔」) などがあります。 実は私たち人間は、肛門に圧力がかかりやすく痔になりやすい生物なのです。 その理由はいくつかあるのですが、1つは他の多くの動物と違い私たちは二足歩行で生活しており、頭部の位置に比べてお尻(肛門)の位置が低い事が挙げられます。 肛門の位置が低いという事は、重力に従って肛門側に血液が溜まりやすいという事です。 そして肛門に溜まった血液を体幹や頭部に押し返すには強い圧力をかけなくてはいけません。 すると肛門周辺の血管は腫れやすくなります。 また私たちは「座る」という動作をします。 一日の大半を座って過ごしている人も多いと思いますが、実はこの「座る」という行為も肛門に負担をかける行為なのです。 座れば肛門付近が圧迫されるため血流が障害されやすいのです。 このような理由から私たち人間は肛門周辺に疾患を発症しやすく、それらをまとめて「痔」と呼んでいます。 代表的な痔について簡単に説明します。 同部に炎症が生じる他、血管が障害されて肛門周辺から出血する事もあります。 硬い便が粘膜を傷付けて発症する事が多く、便秘が原因になります。 スポンサーリンク 4.痔にアズノールを用いる際の注意点 ここまで痔に対してアズノール軟膏の効果についてみてきました。 痔では肛門周囲に炎症が生じており、皮膚や肛門の粘膜上皮が荒れてしまっています。 ここにアズノールを塗布すれば、炎症を抑えられる他、皮膚・粘膜上皮の治りもうながすため、効果はあると考える事が出来ます。 では痔にアズノールの塗布を検討する場合、どのような事に注意すればよいでしょうか。 副作用もほとんどありませんが、炎症を抑える作用も「穏やか」です。 そのため、重度の炎症には適しておらず、あくまでも軽症の疾患が適応となります。 痔においても同じで、アズノールは基本的には軽症の痔に用いるべきです。 炎症がかなり強い場合は、他の痔の治療薬(ステロイドなど)の方が適している事もあります。 例えば軟膏をチューブから指に出して、その指で肛門に塗布するような場合、そのまま肛門を触った指でチューブを触ってしまうと、チューブ内のアズノールも汚染されてしまい、これはあまりよくありません。 痔専用のお薬というのは、このような事が起こらないように、坐薬や一回使い切りタイプの軟膏になっていたりと不潔にならない工夫がされている事も多いのですが、アズノールは痔にのみ用いるお薬ではありませんので、そのような工夫はされていません。 そのため痔にアズノールを用いる場合は、不潔にならないよう処置のやり方を正しく行う事が大切です。 しかしお薬を使う前に、痔を引き起こしやすい生活習慣になっていないかを見直し、思い当たる原因がある際はその生活習慣の改善も合わせて行う事も重要です。 例えば、痔を悪化させる生活習慣として、• 過度のアルコール• 刺激物の摂取• 長時間の座位• ストレス• 便秘・下痢 などが挙げられます。 思い当たる生活習慣がある方は、ただアズノールを塗布するだけでなく生活習慣の改善も合わせて行うようにしましょう。

次の