ホロライブ。 ホロライブプロダクション

【悲報】ホロライブ終わる 「いままで無許可で任天堂のゲーム配信してました」

ホロライブ

左下のページタグ一覧もご活用ください。 その他はにて。 記述漏れや編集者、運営へのご意見要望等はまでおねがいします。 2 休む際は別途告知 毎週月曜日 06:30 わためのうた わためのうたプレミア公開 毎週日曜日 10:00 あさみこサンデー あさみこサンデー 13:30 3コミ agqr 超! 、に詳細情報あり。 基本的に どなたでも編集していただける、利用者で作り上げるコンテンツです。 取り扱う内容や編集ルールは、ページ編集方法は (未経験者用)を一読ください。 当wiki内の記述は引用等及び一部有志によるものです。 当wikiに関する問合せを公式に行うことはお控えください。 > Twemoji Copyright owned by Twitter, Inc. All rights reserved.

次の

ホロライブとは (ホロライブとは) [単語記事]

ホロライブ

ARKホロライブサーバー サーバー管理者: ゲームバランスの調整: マップ:• アベレーション(以下第二代目マップ)• クリスタルアイルズ(以下第三代目マップ) MOD:アベレーション 『eco's RP Decor』『eco's Garden Decor』『Ark Steampunk Mod』『Builder's Improvements vanilla improved 』『Additional Lighting』『Super Spyglass』 MOD:クリスタルアイルズ 『Builder's Improvements vanilla improved 』 移行直後のため一部旧情報を残してあります。 桐生ココ• 何の前触れもなく、いきなり新マップの放送枠が作られて多くの視聴者が驚愕した• この配信からホロARK第3章、クリスタルアイルズが開始• ココ会長のツイートはARK公式アカウントにリツイートされており、ホロライブを含むARKのプレイ配信を歓迎する旨も公表された• さっそく新マップに乗り込んだ会長は観光しながらオベリスクに辿り着き、スピノサウルスをダウンロード• ブラッドクリスタルワイバーンの翼の上に乗ったため、上空に連れ去られたがテイムに成功、この名もない個体は砂漠にある攻撃的なワイバーンHeirの巣に突入して死亡した• さくらみこ• 新サーバーに乗り込む予定だったが、ホロARK名物「長時間アップデートが終わらない配信」になってしまった• 1時間ほど雑談していたが、「アップデートの残り予想時間:1年」という表示に絶望して配信終了• 実際には10時間を要したらしく、このアップデートでトラブルがあったせいか、みこはアベレーションのサーバーに入れなくなってしまった• 癒月ちょこ• ラグナロクのサーバーが復活したことにより、まずはそちらへ移動• かつてはホロ村の周辺から出たことはなかったが、広い世界をロックドレイクに乗って観光した• やがてクリスタルアイルズへと移動し、新マップも観光• 緑オベリスクが見える川付近に拠点を築き、大量にアップロードしていたアイテムや恐竜をそこへ移動• サーバーが開設された翌日にも関わらず、工業炉やクライオフリッジが並ぶ廃人拠点が完成した• さくらみこ• ようやくアップデートが終わったが、アベレーションに入れないためラグナロクから引き継ぎ• すでにオベリスクに辿り着いた状態から放送を開始し、事前に転送しておいたロックドレイクをダウンロードして新マップ観光• 念願の桜バイオームに足を踏み入れ、そこに拠点を築くことを決めたが、まずは緑オベリスクの下を仮拠点にした• 後半は再び観光に出発し、カワウソに噛み殺されるという撮れ高を残しつつ、エンバークリスタルワイバーンをテイム• アキ・ローゼンタール• アベレーションから移行、慣れたプレイでモスコプス、トロピカルクリスタルワイバーンをテイム• しかし、ラグナロクでは基本的に戦わなかったため、他のメンバーが経験した泥棒鳥イクチオルニスとの対空戦に悩まされる• マップに野生個体が1頭しかいない ユニコーンをテイム、殺されないようにアップデートしたはずだが、片付けが苦手なアキロゼは後日に紛失した• ブラッドクリスタルワイバーンもテイム、この配信以降、他のメンバーのためにクリスタルワイバーンを用意する場面が多くなる• さくらみこ• 桜バイオームに拠点を移しつつ観光し、ドエディクルスやプテラノドンをテイム• 6時間に及ぶ配信となったが、後半はアルゲンタヴィスをテイムして白く塗り、2代目ネトラレゲンと命名した• 天音かなた• 開始直後からスポーン地点にユタラプトルが待機、川を泳げばヒルに吸い付かれ、ピラニアにかじられて、ようやくオベリスクに辿り着いたらラプトル先輩が待っていた• 前半は散々であったが、モスコプスに乗ってオベリスクに辿り着いてからはライトニングワイバーンに乗って安定する• トロピカルクリスタルワイバーン、ブラッドクリスタルワイバーンを次々とテイム• この後、各地に放置されたかなたのワイバーンを色々なメンバーが目撃することに……• 桐生ココ さくらみこ• 新マップで行われた初めてのコラボ、この日にホロライブのトライブが作られた• 資源が豊富な場所に工場の予定地を決め、ベッドを設置した• みこはツルツルらしい• さくらみこがアベレーションに入れなくなってしまったため、助っ人として天音かなたが参戦• かなたはラグナロクでも紫咲シオンの代役としてボス戦に参加したが、開始直後に小型のディモルフォドンにキルされるという不名誉な戦死を遂げており、たった4人でアルファに挑むという点からも成功率は低いと予想されていた• しかし、初めて騎乗したギガントピテクスの操作に手こずったものの、かなたは大活躍• アキロゼとちょこ先生の入念な準備、ココ会長が大量に用意したショットガンの弾、リーパーを倒すことを目的として投入されたスピノ軍団も最大限の効果を発揮する• 幾度にも渡るロックウェルへの挑戦が終わり、長く苦しかったアベレーションの攻略が完了した• 桐生ココ• アキ・ローゼンタール• 癒月ちょこ• かなた以外のメンバーは、それぞれのチャンネルで祝勝会の放送を開始• ココ会長は自身の誕生日カウントダウン配信も兼ねていた• 桐生ココ 天音かなた• ココの配信から始まり、トリケラトプスで資材集めをしていたがバグにより攻撃不可になって全ロス• 途中からかなたが合流してトライブに参加、協力して代わりのトリケラやテリジノサウルスを捕獲した• のんびりとしたムードだったが、沼の水中に入ってしまったことからバリオニクスに襲われて2人とも全ロス• 桐生ココ• 誕生日凸待ち配信を行ったところ、ARKの世界からムキロゼが凸するという異様な光景に• ムキロゼからのプレゼントはARK5周年バースデーケーキ、そして高レベルのブラッドクリスタルワイバーン(頭ピンクマン)だった• 兎田ぺこら 宝鐘マリン• 3期生の2人がコラボで初参加• しばらく観光していたが、ムキロゼが迎えに来てトライブに勧誘• ホロ村の予定地に置いてあったバースデーケーキで遊んでいたら誤って起動させてしまい、ケーキは火花を吹いて爆散(そういう仕様だった)• また、この日をもってラグナロクサーバーは終了となった。 白銀ノエル• 最後となるラグナロクにログイン• 港あくあのアルゲンタヴィス、兎田ぺこらのバリオニクス、不知火フレアのショートフェイスベアを回収• なぜか大量の興奮剤も回収した• 天音かなた• 多大な素材を使って工業炉を制作、転送で持ち込んだちょこ先生を除けばホロメン最速の文明• 金属鉱石前の置きアンキロ&工業炉の配置が完成• その他、恐竜用ゲートなどで城の建築を進めていく• 桐生ココ• 藁の収集用にメガロケロスを捕獲• ついに浮遊ハウスが完成、ホロ村では初の本格的な家となった• 最後にかなたの拠点に立ち寄り、工業炉を発見して驚愕するココ会長• 白銀ノエル• ラグナロクから持ち帰った恐竜をフレアやぺこらに返しつつ、自身の拠点を建築• フレア拠点の下にある崖のでっぱりに住むことにしたが、高所のため転落事故で何度も死んだ• 後半はさくら神社へ行くも、寒さと水中での溺死でカワウソのテイムどころか参拝すらもままならず• アキ・ローゼンタール• ラグナロク閉鎖の20分前にサーバーへログイン• 自身のアンキロサウルスとバリオニクスを回収• ボス攻略の証であるドラゴンの頭を運び出そうとしたが、転送不可なアイテムだったため断念• 最後に太鼓を叩いてログアウトし、クリスタルアイルズにも太鼓やぐらを建設してSSSを歌いながら演奏した• アキ・ローゼンタール• 極寒のエリアにカワウソだけ首に巻いて全裸で行くという無謀な旅• ダイアウルフの群れに襲われて瞬殺され、カワウソを新たにテイムして道に迷いながら戻ったが、乗っていたロックドレイクごと敗北して全ロス• かつてコラボで出産したリーパーキングのアキ三郎も、クライオポッドに入れたままロスト• この放送の冒頭1時間で、アベレーションから転送したリーパーキングとロックドレイクを失った• 桐生ココ• クリスタルアイルズで追加された新恐竜、 トロペオグナトゥスのテイムに挑む• マップを飛び回り、やっとのことで発見するもトロペオに噛みつかれて死亡• その後は順調にチェインボーラを当ててテイム成功、ジェットサドルを作って高速飛行を楽しんだ• 〇番隊 ジャングル洞窟攻略の大型コラボにてホロライブメンバーにて編成された各部隊のこと。 ホロライブのARK実況や雑談ツイートにも使われる。 元ネタは「とまらないホロライブ」と推測される。 元ネタは漫画『メイドインアビス』の「ハローアビス」と思われる。 ラグナロク三大廃人 サーバー管理者桐生ココ有識者C氏いわく、、、のこと。 実際には彼女らと同等以上のプレー時間を誇る廃人も多数確認されているが、多くはARKの世界観に魅せられて理想の生活を目指し、延々とプレーしてしまう状況になっている。 しかしながら、三大廃人の面々は他メンバーにマウントを取ることを主眼に置き、クラフト・探検・テイム等の攻略を異常なペースでこなし、「すごい!」と言われることを目標としているため、他とは一線を画す存在となり果てている。 三期生総廃人 上記の宝鐘マリン、兎田ぺこらに続き、自力でグリフォンを捕獲するほど成長した、サーバーメンテナンスに巻き込まれて発狂した。 そこにずっとARKにログインしているが加わり、めでたく三期生全員が廃人と化した。 廃人 プレー時間が長い者の中でも、断トツの配信時間で次々と珍しい生物を捕獲している、畑と牧場の完成度で桐生ココですら驚愕させた、ホロ村から遠く離れた拠点で科学文明を発展させているなどが次元の違う廃人である。 アベレーション廃人 早期にダンジョンを攻略した、ロックドレイクの入手に成功したが攻略組の筆頭。 それ以外のメンバーは顔ぶれが変わり、毎日のようにARK放送をして数々の伝説を築いている、白銀ノエルにもらった最初の1匹がきっかけで多数のスピノサウルス軍団を率いることになった、登山ピッケルやラヴェジャーで地上へと到達したなどの活躍が目立っている。 まつりのヒモ がスカウトしてヒモにした面々。 ソロで何も分からずに困っているメンバーを誘っては、自身の城に招待して潤沢な素材を与え、高度な科学文明を使わせることで一気に進歩させている。 その結果、便利すぎる環境に浸ったメンバーは城から離れられなくなり、まつりのヒモと化して同居している者もいる。 ラグナロクサーバーでの主なメンバーは角巻わため、赤井はあと、アキ・ローゼンタール、姫森ルーナ。 アベレーションに移行してからも姫森ルーナはヒモを続けている。 ロボ子さんの弟子 からARKについて学び、秘密基地に住まわせてもらっている面々。 序盤から恐竜を借りられるため、アルゲンタヴィスの掴み空中攻撃や、アンキロサウルスの使い方を早期に覚えている。 主なメンバーは百鬼あやめ、常闇トワ。 アベレーションでもロボ子さんとトワは共に行動している。 ARK100大あるある 螺旋階段にはまって動けなくなったに桐生ココが言った台詞「それはARK100大あるあるの1つです」が元ネタ。 他にも空中でプテラノドンのスタミナが切れた、麻酔矢だと思ったら普通の攻撃になっていて殺した、変な口笛を吹いて周囲の恐竜が大集合、無抵抗にし忘れて恐竜同士のバトルが始まってしまう、出かけるつもりだったが出発の準備に1時間かかった等、100大あるあるに含まれそうなケースは事を欠かない。 桐生ココが言った「これがARK、なんですね〜」が元ネタ。 昏睡テイム 恐竜や動物を仲間にするための主要な手段。 打撃で気絶させるか、麻酔弾などで眠らせてからその個体に対応する餌を与える手法。 気絶させてから餌を与えるという見た目の乱暴さから、 昏睡以外では、手渡しと孵化、一部特殊な手法でのテイムが存在する。 蛍光ピンクなどは不自然だが、個体によっては良い感じで赤い模様が入ったりするため、非常に美しい見た目になる。 特に赤や紫のワイバーンはかっこよく、廃人にとってはポケモン色違い厳選レベルのやり込み要素。 また、イベント期間中にハートのエフェクトが出ているシーラカンスを釣ると、装備扱いのミニチュア恐竜をランダムで入手できる。 新生児の刷り込みも本来は数回必要なところを1回で完了できるため、期間中はワイバーンの孵化が盛況。 繁殖パンデミック 繁殖管理のミスから特定のペットが異常繁殖してしまう現象のこと。 ホロライブサーバーは配信向けに恐竜を入手しやすい設定にしているため、普通なら長時間かかる繁殖も30分ほどで完了する。 よって、出産のスイッチをONにしたまま放置すると産まれた子供も繁殖の連鎖を繰り返し、短時間で異常に増えてサーバーを破壊してしまう。 最初に繁殖パンデミックを起こしたのはのドードー小屋だが、早期に気付いたため自力で処理できた。 しかし、が起こしたゴリラパンデミックは手に負えず、管理人である桐生ココの手でワールドのゴリラをリセットするという事態に至った。 余談だが『パンデミック』とは医学用語で伝染病等が広域的に拡散した状態を指し、上述のような限定的なエリアでの拡散の場合は本来『エピデミック』、または『アウトブレイク』などと呼ぶ。 マップ ARKではワールドのことをマップと呼び、マップによって地形や世界感がまったく違う。 マップ間のプレイヤーや恐竜、アイテムの移動は可能(一部で飛行禁止などの制限あり)。 最初に立てられたホロライブサーバーは無料マップの『ラグナロク』であり、まさに恐竜大陸といった感じの広大な自然が特徴的。 次に移行したのは有料DLCマップの『アベレーション』で、自然環境が異常をきたしてしまった巨大洞窟という設定である。 第3サーバー『クリスタルアイルズ』は未知の要素が多い新マップ、非常に景観が美しくラグナロクよりも広大。 ムキロゼ愛のマーキング がラグナロクの各地を巡って設置しているベッド。 いわゆるセーブポイントで、誰でもリスポーン可能。 あたおか 「頭がおかしくなる」の略、アベレーションでは赤いキノコの胞子に触れてしまった瞬間に幻覚症状による酸欠と下痢を発症し、死亡の原因になってしまう。 そのトリップ具合から「生えているタイプのあさココ」などと呼ばれることも。 同種に低体温を引き起こす青いキノコがあり、こちらは体力が350削られるため大抵は死に至る。 詫び石 アベレーションにおいて不定期に起こる地震により、資材や宝石が地面から湧く現象のこと。 詫び石とはソシャゲなどのゲームで不具合があった際、運営がプレイヤーに配布するお詫びの品である。 うさ耳をつけた野生のドードーとオヴィラプトルが現れ、割るとミニペットが入手できる卵や、食べさせた恐竜に速度バフがつくキャンディなどを得られる。 バレンタインと同様に色違いの野生個体もスポーンするが、蛍光色が多めで非常に派手。 MOD Modificationの略、日本ではモッドと呼ばれる非公式なゲーム拡張プログラム。 ARKホロライブサーバーでは2020年4月20日より数種類が導入されている。 プロから素人まで様々な開発者が自由な発想力でMODを作るため、物によってはゲーム性や世界観を大幅に広げる一方、ゲームバランスやコンセプトを崩壊させる場合もあり、プレイヤーは極端なMOD中毒者とMOD嫌悪者に分かれる傾向にある。 ホロライブが使用しているMODは極めて良質。 また、ARK自体がMOD製作者を受け入れており、最初に攻略したラグナロク、第3サーバーのクリスタルアイルズも元はMOD(カスタムマップ)である。 Ark Steampunk Mod アベレーションマップに導入されている非公式MOD、ARKの世界観を壊さない程度に便利な機械文明を追加する。 蒸気機関や気球、飛空艇、テレポーター、潜水艦など、強力だが全てが1800年代のSF小説を彷彿とさせるレトロなデザインで統一されている。 およびのコンビが導入直後から共同制作を始め、それぞれの拠点に大規模な工場を完成させた。 集団妊娠 瀕死に追い込まれたリーパークイーンは、人間を捕まえて体内に卵を産み付けるというエイリアンのような特殊攻撃を行う。 やがて体を突き破って産まれた幼体がリーパーキングとなり、テイムして所有することが可能。 1体のクイーンは何度でも特殊攻撃が可能なため、生きている限り複数のプレイヤーを妊娠させることができる。 つまり、これが集団妊娠。 リーパー入手のため下層に「孕み部屋」が建設され、、、がテストで妊娠、出産した。 その後に組まれたコラボでは多数のホロライブメンバーが集団妊娠に挑戦している。 Tek(テック) 一部の恐竜は全身がメカ仕様になった姿で現れ、種別名の頭に「Tek」の文字がつく。 スポーン率は非常に低い。 最初はそのかっこよさから重宝されるが、やがて電子基板を取るために見つけ次第狩られ、「基板ちゃん」などと呼ばれる扱いに。 ちなみにメカでありながら食事や排泄もするし、卵も産む。 アルゲンタヴィス【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 中新世に生息していたとされる巨大な猛禽類。 翼長7〜8メートルと推定されている。 通称「アルゲン」または「元太(げんた)」。 飛行速度は遅いが、重いものを運べる上に中型までの生物なら掴んで飛ぶことが可能、スタミナも多くて非常にタフ。 さらには自身の体が作業台になっていて、死体を攻撃すると回復バフが付く。 その優秀さからホロメンバーの半数が所有しており、ホロ鯖で初めて交配で繁殖が行われた種でもある。 アロサウルス【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 ホロ鯖で初めて捕獲された大型肉食恐竜。 ティラノサウルスより一回り小さい中型生物に属するが、十分な貫禄を誇る。 その圧倒的な迫力でARKの世界観を見せつけ、が捕獲したことでホロライブARKブームを加速させる一因になった。 野生では常に3頭で群れをなし、リーダーは背中から燃えるようなエフェクトが出てバフを得る。 まつりいわく「ブチギレ状態」。 が初めてテイムした恐竜を襲って捕食したため、彼女から恨まれている。 イクチオサウルス【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 海に住むカジキマグロのような姿の魚竜。 通称イルカ。 どう見ても魚だが、実際には爬虫類なためイルカでも魚でもなく、ワニやウミガメの仲間。 カストロイデス【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 人間と同じくらいの大きさがあったビーバーのご先祖。 木材の採取が得意。 水辺の巣に真珠やセメントを溜め込む習性から、毎日のようにホロメンバーが巣を荒らしていき、毎日のようにブチきれて一斉に襲いかかる。 慣れたプレイヤーが相手だと空から一方的に攻撃されたり、ワイバーンのブレスで一掃されたりと可哀想な扱いに。 カプロスクス【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 スマートな体型をした古代のワニ。 素早くジャンプして飛びかかり、人間や小型生物に噛み付いて死ぬまでダメージを与え続ける危険生物。 ラグナロクでは沼や砂漠の川にしか生息しなかったため影が薄く、ほとんどのメンバーが新マップで初めて見ることになった。 クリスタルアイルズでは水がある場所なら凍土以外の全域に生息し、ユタラプトルと並ぶほどキル率の高い殺戮者となっている。 カルボミネス【ラグナロク】【アベレーション】【クリスタルアイルズ】 新生代古第三紀に生息したとされている巨大な亀。 現代に生きるゾウガメよりも大きい。 プテラノドンのサドルを作るために必要なケラチンを持っているので、空を飛ぶためにはコイツを狩らなければいけないが、亀だけになかなかしぶとい。 ちなみに、水陸両用なため船の代わりになる。 カルキノス【アベレーション】【クリスタルアイルズ】 タラバガニを巨大化させたような水生生物。 語源はギリシャ神話でヘラクレスがヒドラ退治の際に踏み潰したカニであり、十二星座の蟹座の元でもある。 アベレーションのマップには飛行生物がいないため、ジャンプ力が高くて生物をハサミで掴めるカルキノスは重要。 ラグナロクでのアルゲンタヴィスのような便利屋である。 の凸待ち配信に「Lv140カルキノス(正体は桐生ココ)」が現れたため、それ以降「Lv〜〜カルキノス」の名でスパチャを投げる視聴者を見かけるようになった。 ギガノトサウルス【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 ARKでは地上最強の肉食恐竜、ティラノサウルスを超える25メートルの巨体を誇る。 野生の個体は体力が80000(テイム後は17000に減少)もあるため、単独で挑んでもまず勝てない凶悪な強さ。 さらにはテイム後も空腹になる、あるいは怒りゲージが振り切れると騎乗者を振り落として制御不能になり、そこらじゅうにいるものを抹殺するという暴れん坊。 ホロ鯖ではが高レベルの個体を発見して鉄の罠を用意し、4人がかりで捕獲に成功した。 ……が、クリスタルアイルズのマップでは廃人と化した先生が単独でテイムし、厳選ブリーディングして軍団を作ることを目標にしている。 ギガントピテクス【ラグナロク】【アベレーション】【クリスタルアイルズ】 ホロメンバーの間でも大人気の霊長類。 太古のアジアに生息していたが、大きすぎて絶滅したといわれている。 どう見てもゴリラな外見と、人間の騎乗が肩車になることから、ネタの面、実用的な面で非常に使いやすい。 2020年2月19日、ホロ村の宅で繁殖パンデミックを起こしたため、その存在が一旦リセットされた。 生物の中では小柄で身のこなしが軽く、人間用の頭装備が付けられるため見た目よりも頑丈。 クリスタルワイバーン【クリスタルアイルズ】 後述するワイバーンの亜種。 その名のとおり体から水晶が生えた見た目が特徴的で、夜になると光る。 通常のワイバーンよりは一回り小さく攻撃力も下がったものの、一定の強さは維持している。 炎のエンバー、血のブラッド、水のトロピカルの3種が存在し、それぞれがブレス攻撃を使え、またアンバーとトロピカルはブレスとは別の能力を保有している。 通常のワイバーンとは違いこちらから攻撃しない限りは攻撃せず、水晶による手渡しテイムが可能なため、 他マップからのサバイバーの輸入が許可されたことも相まって 初日からテイムされ初日から全ロスに巻き込まれた。 ただし、Heirと名のつくクリスタルワイバーンは攻撃的でアルファ個体も出現し、高レベル個体を狙いやすいものの、通常のワイバーンのように卵を盗む必要がある。 グリフォン【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 鷲の頭と翼に獅子の体を持つ空想上の生物。 ARKではラグナロクマップとクリスタルアイルズマップにのみ生息し、テイムすることが出来ればサドルなしで二人乗りが可能で、滑空することにより高速での飛行もできる。 アルゲンタヴィスには劣るが、小型の生物なら持ち上げることも可能。 ラグナロクではレア生物だったが、クリスタルアイルズでは集団で砂漠に巣を作っているためテイムしやすい。 ケツァルコアトルス【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 史上最大の翼竜、その翼長は12〜18メートルもあったとされている。 巨体であることから背中に簡易的な建築物を乗せて飛ぶことが可能、マンモスのような大型生物でも掴み上げてしまう。 ホロ鯖ラグナロクでは何人かの廃人が出来上がったところでTek個体が発見され、4名による捕獲作戦は序盤の盛り上がりにピークを迎えさせた。 捕獲された個体(CAMP号)は、後に行われたダンジョン攻略コラボで大活躍することになる。 コンプソグナトゥス【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 人間の膝くらいしかない小さな肉食恐竜、通称「コンピー」。 人を恐れずに近付いてきて、見上げてくる姿は可愛らしい。 しかし、数匹が集まると豹変して襲いかかってくる。 このショッキングな生態は映画「ジュラシックパーク2/ロストワールド」でもお馴染み。 テイム方法が意外と難しく、大抵は昏睡させるよりも先に死んでしまい、エサも霜降り肉を好むというグルメなため、ホロ鯖で捕獲に成功している者はいない。 スピノサウルス【ラグナロク】【アベレーション】【クリスタルアイルズ】 水陸両用の大型肉食恐竜。 ワニのような顔立ちと大きな背びれが特徴で、近年になって完全な水棲ではないかという説が浮上した。 ティラノサウルスと互角か、それ以上の強者とされており、映画「ジュラシックパーク3」や「ドラえもん・新のび太の恐竜」ではティラノvsスピノの最強対決が見どころとなっている。 アベレーションでは競合するティラノサウルスやアロサウルスがいないため、貴重な火力として大活躍。 を廃人にした原因でもある。 ダエオドン【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 大型の古代イノシシ。 周囲の恐竜を回復させる能力があるため、ダンジョン攻略組の間で人気。 何でも食べるが、その食料ゲージはティラノサウルス数十頭ほどもあり、いくらエサを与えても食い尽くす。 2020年3月2日、湊あくあがパンデミックをやらかしてしまったため、ゴリラと同様に一時的な抹消が行われた。 ティラノサウルス【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 世界一有名な大型肉食恐竜。 通称T-レックス。 もはや説明の必要がないほど強大だが、ホロ鯖ではが早期に捕獲したTekレックスが代表的。 陸の王者というべき恵まれたステータスではあるものの、その巨体と空を飛べないことから持て余す者も多く、大抵は観賞用になってしまっている。 しかし、いざ最終決戦となると対ボス戦の主力となり、ボスと共に出現する大量の敵を食い止めることができる。 ディロフォサウルス【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 ジュラ紀に生息していた中型の肉食恐竜。 本来は全長6メートルだが、ゲーム内では半分以下の大きさ。 戦闘時に広げるエリマキと毒を吐くのが特徴的で、これらは映画「ジュラシックパーク」で誇張された表現。 毒を浴びると数秒ほど画面が緑色に染まって目潰し状態になる。 ホロ村周辺の海岸に現れるため初心者には脅威だが、会いやすいことからなどが飼いならしている。 ドードー【ラグナロク】【アベレーション】【クリスタルアイルズ】 人間を恐れずに近付いたことで乱獲され、現代では絶滅したといわれている鳥。 そのへんを歩いているので、テイムの手順を覚える相手としてうってつけ。 ただし、戦闘面は全く期待できない最弱の生き物なため、恐竜に襲われたらあっけなく死ぬ。 最初はみんなドードーを捕まえ、ドードーを失う。 これがARK。 トリケラトプス【ラグナロク】【アベレーション】【クリスタルアイルズ】 大型の草食恐竜。 重量感のある巨体と頭部のツノが特徴的。 歩きは遅いが丈夫で攻撃力も高いため、とりあえずコイツに乗ってしまえば序盤は安泰である。 特殊攻撃のチャージ突進も強力。 そのへんにいるせいか、ドードーや樹木を殴っている最中に間違って攻撃して踏み潰されるメンバーも多い。 バジリスク【アベレーション】【クリスタルアイルズ】 巨大な毒蛇、アベレーション上層に通常ポップする中では最大最強の生物。 ポイズンワイバーンと同様のブレスを吐き、低レベルの個体でもHPが高いため序盤で襲われたら絶対に勝てない。 アベレーションのマップでは『Portal』という地域がEasiest(最も簡単)と書いてあるが、これは罠。 Portalは建築不可の範囲が広くて水もなく、何よりバジリスクの巣窟という危険地帯である。 パラケラテリウム【ラグナロク】【アベレーション】【クリスタルアイルズ】 キリンとゾウを足したような首が長い超大型哺乳類。 こんな見た目をしているが、サイの仲間である。 ラグナロクでは砂漠の水辺にしか生息していなかったため誰もテイムしなかったが、アベレーションでは上層の全域に生息し、このマップでは唯一のプラットホーム対応生物。 がこれを使ったカルキノスのテイムに成功している。 バリオニクス【ラグナロク】【アベレーション】【クリスタルアイルズ】 水陸両用の中型魚食恐竜。 二足歩行のスマートな体と、ワニのような細長い頭をあわせ持つ。 初めてイカダで沼地を訪れたたちに襲いかかり、パーティーを全滅させた。 深海にも潜れるため優秀だが、最大の武器は範囲スタン攻撃。 くらった相手は動けなくなるので、強敵に囲まれやすいダンジョンや水中では無類の汎用性を発揮する。 が大量に繁殖させて大量に使い潰したせいか、いまだにぺこらの繁殖個体が海中に放置されている。 ヒツジ【ラグナロク】【アベレーション】【クリスタルアイルズ】 言わずとしれた草食動物。 本作では廃人にしか飼えないレア生物である。 まず生息域が非常に狭く、肉食恐竜が優先的にヒツジを襲うため、スポーンしても即座にいなくなる可能性が高い。 さらにテイムのためには野菜ケーキが必要で、野菜を作るためには畑で作物を育てなければならず、さらには樹液や腐りやすいハチミツも必要。 これらを把握した上で狙われやすいヒツジを拠点まで持ち帰る必要があり、その全てを数日でやり遂げたには、サーバー管理者の桐生ココも驚きを隠せなかった。 プテラノドン【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 世界一有名な翼竜。 大空へ飛び立つための第一歩。 そこらじゅうにいて捕まえやすく、スタミナや運べる重量は低いが、飛行速度が早いという利点を持つ。 ペゴマスタクス【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 小型の肉食恐竜。 人間に飛びついて物を盗むが、それが気に入ったものだと勝手に飼育下に入る。 自分から寄ってきたのに、優しくされたと勘違いしているように見えることから「厄介オタク」というあだ名が付いた。 メガテリウム【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 恐竜が滅んだ後に栄えていた大型の哺乳類。 ナマケモノとクマを足したような姿をしている。 顔はオッサン。 体力のステータスが高く、騎乗中に銃器を扱えることから桐生ココが率先してボス戦に導入。 モスコプス【ラグナロク】【アベレーション】【クリスタルアイルズ】 コモドオオトカゲのような姿をした小型の草食恐竜。 ベリーなどの手渡しテイムが可能で、騎乗するためのサドルも必要ないため始めたばかりでも簡単にテイム・起用できる。 移動速度は速くないものの繊維やベリー集めを得意としており、序盤で非常に重宝する他、農場を作る際のうんこ製造機としても優秀。 ホロ鯖ではの元祖相棒「おでぶちゃん」、主人を見捨て敵前逃亡した後、事も無げに復帰したの「しけこぷしゅのおじさん」など、キャラの立った長寿個体も多い。 ユウティラヌス【ラグナロク】【クリスタルアイルズ】 2012年に存在が発表された非常に新しい恐竜。 ティラノサウルスに近似するが、生息していた時代はティラノよりも6000万年前だったとされている。 全身が羽毛で覆われた雪原最強の大型肉食恐竜で、数匹のカルノタウルスと共に群れをなして狩りをする。 特殊攻撃の咆哮は味方を強化するバフと、敵を恐怖状態にするデバフを兼ね備えており、ボス攻略には欠かせないバフ要員として活躍した。 ユタラプトル【ラグナロク】【アベレーション】【クリスタルアイルズ】 ARKでも特に凶悪といわれ、ホロメンバーに対する殺害率トップを誇る中型肉食恐竜。 映画「ジュラシックパーク」に登場する近似種のヴェロキラプトルが有名。 音もなく駆け寄り、ジャンプ攻撃で組み敷いて一方的に攻撃してくる。 この攻撃は騎乗している人間ですら強制的に引きずり下ろすため、プテラノドンの羽休めなどで油断していると一瞬ですべてを失うことも。 攻撃力が高くて足が速いので優秀な恐竜だが、意外とテイムしている人が少ない。 というか、ラプトル先輩に出会ったらそんな余裕がない。 アベレーションでは序盤にテイムする面々もいたが、その多くがラヴェジャーの前に敗れ去っている。 ラヴェジャー【アベレーション】【クリスタルアイルズ】 オリジナルの生物で凶悪な顔立ちのオオカミに似た外見をしている肉食動物。 クマやカルノタウルスですら群れで襲われると負ける可能性が高く、逃げることもままならない。 そんな危険生物だが、騎乗時のスピードが早く、素材アイテムの重量半減、細い蔦やワイヤーの上を歩ける等、非常に幅広い活躍をしてくれる。 リーパーキング【アベレーション】 怪獣のような姿をしたアベレーション最強生物。 SFホラー映画『エイリアン』の怪物をモデルにしているらしく、データ上の名前は「ゼノモーフ(エイリアンの正式名称)」。 瀕死になった野生のリーパークイーンから人体に卵を産み付けられることで体内で幼体が育ち、やがて腹を突き破って出てきた子供をテイムすると仲間にできる。 桐生ココがアベレーションのマップを選択したのも、この生物を手に入れるためだったと自身の放送で語っている。 ロックドレイク【アベレーション】 鳥のような羽毛を生やした四足歩行の竜。 垂直の壁どころか天井にまで貼り付いて歩ける他、超高速の滑空、透明化して敵からの襲撃を防ぐ能力など非常に高性能。 アベレーションにおけるエンドコンテンツの1つであり、入手のためには放射能と強敵にまみれた下層に行って受精卵を持ち帰らなければいけない。 が……癒月ちょこの最強スピノ軍団に巣を支配され、彼女に100個以上の卵を持ち去られている。 ワイバーン【ラグナロク】 実在しない幻創種。 ドラゴンのような見た目のかっこよさと超火力のブレス、重い荷物にも耐え、中型以上〜大型以下までの生物を掴み上げることが可能。 炎のファイア、雷のライトニング、毒のポイズン、氷のアイスと、4種類がそれぞれのブレス攻撃を使える。 移動に戦闘にと、1匹いるだけで頼れること間違いなしのレア生物だが、その捕獲はまさに命がけ。 親のワイバーンが飛び交う危険地帯に忍び込み、卵を取ってきて孵化させる方法でしかテイムができず、さらに昏睡させたメスの野生ワイバーンからしか取れないミルクを飲んで育つ。 難易度は非常に高いが、それに見合うだけの興奮と成果を得られるため、一時期は「ワイバーンチャレンジ」と称するホロライブの放送枠が大渋滞を起こした。 他マップの近似種にクリスタルワイバーンがいる。 編集権限があるユーザーは名所一覧の編集が可能です。 編集権限がほしい方はgithubにユーザー登録をしてユーザーIDを教えてください。 ARKに詳しくないので情報の更新は名所情報をメンテナンスしている方にお任せします。 編集は名所一覧CSVファイルで行います。 名所のコメント中の改行は「 」を入れてください。 コメントはマーカーにマウスオーバーすると表示されます。 ライバーのアイコンはLIVERの列に名前を入れてください。 未入力可 複数の場合はダブルクォート "" で囲み、カンマ , で区切ってください。 ホロ村【X36、Y60】 高台にある資源が豊富な林。 赤い水晶の泉が目印。 ココ、ぺこら、マリンが滞在している他、わための仮拠点がある。 建築MODの効果を利用し、空高くにココが浮遊ハウスを建てた。 ココみこ工場【X35、Y55】 金属、水晶、黒曜石が取れる潤沢な立地。 座標が「ココみこ」なので覚えやすい。 かなた城、るしあ拠点【X30、Y54】 ホロ村から少し離れた高台。 崖が転落防止の柵で囲われ、華厳の滝などの撮影スポットもある。 かなたに連れてきてもらったるしあが付近に住み着いた。 フレアの拠点、ノエルハウス【】 こちらもホロ村から少し離れた高台。 絶景を眺められる2階建ての複雑な構造の家。 一段下の崖にノエルが拠点を構えている。 ムキロゼのゴルフ場、ジンギスカンパニー【X58、Y28】 常闇トワと共にいた初期の拠点。 ゴルフ場のような南国リゾートに立つアーチ状の岩の上。 隣の岩に角巻わためが拠点を構えた。 ムキロゼの拠点【X67、Y39】 桜バイオームの海岸、青オベリスクが立つ寒冷地に隣接している。 「サンキュー、ムーナ」と覚えると良いらしい。 さくら神社【X59、Y41】 桜バイオームの中心、赤い鳥居が立つ水上の拠点。 滞空しているワイバーンが目印。 トワ様の浮遊島【X67、Y40】 桜バイオームの東に浮かぶ美しい浮遊島の拠点。 ムキロゼ拠点が近い。 ちょこファクトリー【X34、Y47】 緑のオベリスクから東にある平野の河川敷。 ここだけ時代が未来。 初日から高度な科学文明を持ち込み、最強のスピノ軍団に守られている。 (恐竜の種別は日本語名でおねがいします。 神の竜 ロックドレイク アベレーションから転送 アンキロサウルス 鉄兄貴 アベレーションから転送 スピノサウルス 変種、アベレーションから転送 プテラノドン カワウソ トビネズミ マンモス しずちゃん アキ・ローゼンタール バジリスク イナバ物置 アベレーションから転送 ユニコーン ムキリンラガー 新マップ開始1時間後に出会ってテイムしたが、どこに収納したか分からなくなってしまった トロピカルクリスタルワイバーン 移動用と貸出用に複数テイム、初めてテイムしたホワイトラガーはロスト ブラッドクリスタルワイバーン ブラッディーメアリー ブラッドクリスタルワイバーン わがままフラミンゴ マンモス 拳でいけたのに カワウソ 秘書、ムキロゼが死ぬたびに個体が変わる バリオニクス ムキオニクス二世 繁殖個体、閉ざされる直前のラグナロクから救出 アンキロサウルス アンキロ長女 同上 白上フブキ ロールラット アベレーションで放浪していたところをココが転送 湊あくあ アルゲンタヴィス あくたんタヴィス 閉ざされる直前のラグナロクからノエルが救出した 癒月ちょこ ロックドレイク アベレーションから転送 スピノサウルス 変種、アベレーションから軍団ごと転送 リーパーキング アベレーションから転送 バジリスク アベレーションから転送 ギガノトサウルス 複数、1体はレベルが低いためグリフォンの谷に放逐して暴れさせている 兎田ぺこら ブラッドクリスタルワイバーン ムキロゼが移動用にテイムした個体 バリオニクス 繁殖個体、閉ざされる直前のラグナロクからノエルが救出した 潤羽るしあ モスコプス もすこさん 不知火フレア グリフォン ほろよいサワークリーム味 ラグナロクから転送 ライトニングワイバーン 黒銀 ラグナロクから転送 ショートフェイスベア フレアパパ 色違い繁殖個体、閉ざされる直前のラグナロクからノエルが救出した ショートフェイスベア ノエルママ 同上 アンキロサウルス 同上 ドエディクルス 同上 白銀ノエル ライトニングワイバーン ラグナロクから転送 宝鐘マリン トロピカルクリスタルワイバーン ムキロゼが移動用にテイムした個体 天音かなた ライトニングワイバーン アディダサウ ラグナロクから転送 ドエディクルス かなたそ朝までいたリスナー ラグナロクから転送、現ホロ鯖では最古参の生物 ロックドレイク ドレドレ ちょこ先生からもらった個体 トロピカルクリスタルワイバーン ナイキング ブラッドクリスタルワイバーン レッドヴァーン モスコプス もしゅ アンキロサウルス かなたその石女 ベールゼブフォ ゴケピー 桐生ココ ロックドレイク チンピラベンツ アベレーションから転送 スピノサウルス 子会長 変種、アベレーションから転送 トロピカルクリスタルワイバーン ブラッドクリスタルワイバーン あたまピンクまん ムキロゼからの誕生日プレゼント メガロケロス トナ・カイン わら伐採用のトナ貴分、だが男だ トロペオグナトゥス 角巻わため ペゴマスタクス メンバーシーフ:ぎょえマスタクス 他のメンバーシーフに、わたマスタクス、わたメイトタクス、いらい等、複数いたがぎょえ1匹を残して三連ワニにより壊滅 アルゲンタヴィス ラムちゃん ラグナロクから転送 アルゲンタヴィス はあわたのキモオタ ラグナロクから転送、突然変異個体 ブラッドクリスタルワイバーン わためいとバーン 常闇トワ トロピカルクリスタルワイバーン 俊足 ムキロゼが移動用にテイムした個体 アルゲンタヴィス.

次の

ホロライブ年表

ホロライブ

左下のページタグ一覧もご活用ください。 その他はにて。 記述漏れや編集者、運営へのご意見要望等はまでおねがいします。 2 休む際は別途告知 毎週月曜日 06:30 わためのうた わためのうたプレミア公開 毎週日曜日 10:00 あさみこサンデー あさみこサンデー 13:30 3コミ agqr 超! 、に詳細情報あり。 基本的に どなたでも編集していただける、利用者で作り上げるコンテンツです。 取り扱う内容や編集ルールは、ページ編集方法は (未経験者用)を一読ください。 当wiki内の記述は引用等及び一部有志によるものです。 当wikiに関する問合せを公式に行うことはお控えください。 > Twemoji Copyright owned by Twitter, Inc. All rights reserved.

次の