柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 技法。 【秋の俳句30選】有名な秋の俳句一覧 名作俳句の作者・季語・意味とは?

法隆寺

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 技法

奈良・法隆寺 Nara Houryuji の良い所・お気に入りの場所の写真集 画像クリックで拡大します。 関西・奈良の世界遺産 World Heritage. ・法隆寺(Horyu-ji Temple)と中宮寺の良い所やお気に入りの場所を旅行写真(Travel Picture)と切手 Stamp でご案内します。 法隆寺や中宮寺は奈良県生駒郡斑鳩町に有ります。 法隆寺は、聖徳太子こと厩戸王ゆかりの寺院。 創建は同じく聖徳太子ゆかりの寺院である大阪の四天王寺より約20年後の607年とされるが、確証はない。 金堂、木造塔として世界最古の五重塔などがある西院伽藍(7世紀後半 - 8世紀初の建立)と、夢殿などのある東院伽藍(聖徳太子一族の住居であった斑鳩宮の跡に、天平10年(738年)頃、行信僧都が斑鳩宮の旧地に太子をしのんで建立)に分かれる。 西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。 法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。 現在、法隆寺の大講堂は修理中です。 大宝蔵院には数多の国宝が収納されていました。 奈良の法隆寺は世界遺産だけでなく、日本の広報の宝庫です。 切手以外は殆ど拡大あり。 撮影は2010年2月。 法隆寺も強力なパワースポット。 The Spirit of 'Wa', the soul of the Japanese people. 最下段には法隆寺関連のニュース ご注意)画像の無断転用はお断りします。 別名を斑鳩寺(いかるがでら)という。 聖徳太子こと厩戸王ゆかりの寺院である。 創建は同じく聖徳太子ゆかりの寺院である大阪の四天王寺より約20年後の607年とされるが、確証はない。 (別の説では、西暦586年(用明天皇元年)聖徳太子と額田部皇女(推古天皇)が、用明天皇の病気を癒す為に薬師仏と共に造立を発案して立てられました。 ) 金堂、五重塔などがある西院と、夢殿などのある東院に分かれる。 西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。 法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。 土塀は長年の風雨で少し崩れかけています。 インド・アジャンター石窟群の壁画、敦煌莫高窟(とんこうばっこうくつ)の壁画などとともに、アジアの古代仏教絵画を代表する作品の1つであったが、1949年の火災で焼損した。 現在は復元され、美しいご尊顔が見れます。 ただし上層に部屋等がある訳ではなく、屋根を二重にしたのは外観を立派にするためである。 金堂に見られる組物(軒の出を支える建築部材)は、雲斗、雲肘木などと呼ばれ、曲線を多用した独特のものである。 日本の国宝に指定されている(指定名称は「木造観音菩薩立像(百済観音)1躯」)。 日本における木造仏像彫刻の古例として貴重であるとともに、大正時代以降、和辻哲郎の『古寺巡礼』、亀井勝一郎の『大和古寺風物誌』などの書物で紹介され著名になった。 像高は、210. 9cm(『特別展百済観音』図録等による。 「209. 4cm」とする資料もある)。 また、近世から明治時代まで、法隆寺ではこの像を観音ではなく「虚空蔵菩薩」と呼んでいた。 これは虚空蔵菩薩を聖徳太子の本地とする信仰に基づくものと思われる。 宗派は聖徳宗に属す。 山号を法興山と称し、本尊は如意輪観音、開基(創立者)は聖徳太子または間人皇后とされている。 国宝の木造菩薩半跏像 が本尊。 飛鳥時代の作。 広隆寺の弥勒菩薩半跏像とよく比較される。 寺伝では如意輪観音だが、これは平安時代以降の名称で、当初は弥勒菩薩像として造立されたものと思われる。 中宮寺独自の創立縁起は伝わらず、『日本書紀』にも中宮寺創建に関する記載はない。 下は灯篭の絵模様 江戸時代?) 弥勒菩薩・半跏思惟像(中宮寺、国宝) 像高132. 0cm(左脚を除く坐高は87. 元禄7年と書いてあり、葵の御紋があるので江戸時代のものでしょう。 初重から五重までの屋根の逓減率(大きさの減少する率)が高いことがこの塔の特色で、五重の屋根の一辺は初重屋根の約半分である。 初重内陣には東面・西面・南面・北面それぞれに塔本四面具(国宝)と呼ばれる塑造の群像を安置する(計80点の塑像が国宝)。 薬師三尊像(平安時代、国宝)と四天王像(重文)を安置する。 堂内に聖徳太子の等身像とされる救世観音像を安置する。 観音菩薩立像(救世観音)(国宝)、 行信僧都坐像(国宝)、奈良時代の乾漆像。 道詮律師坐像(国宝) 平安時代初期の作。 角堂の夢殿を中心とする東院伽藍は、天平10年(738年)頃、行信僧都が斑鳩宮の旧地に太子をしのんで建立したものである。 聖徳太子が2歳の春に、合掌した際に掌中から出現したとされる仏舎利を安置しています。 絵殿と一体となった建物(桁行7間、梁間3間、一重、切妻造、本瓦葺)です。 夢殿の近く、東院伽藍で裏が中宮寺です。 絵殿には、摂津国(現在の大阪府)の絵師である秦致貞(はたのちてい、はたのむねさだ)が延久元年(1069年)に描いた「聖徳太子絵伝」の障子絵(国宝)が飾られていた。 The Spirit of 'Wa', the soul of the Japanese people. しかし実際は、東大寺裏の宿で食べた柿と斑鳩の風景を結びつけた作とも言われています。 日本の寺院の門は正面の柱間が奇数(3間、5間、7間等)になるのが普通だが、この門は正面柱間が4間で、真中に柱が立つ点が特異である。 門内の左右に塑造金剛力士立像を安置する。 日本最古(8世紀初)の仁王像として貴重なものであるが、風雨にさらされる場所に安置されているため、補修が甚だしく、吽形(うんぎょう)像の体部は木造の後補に代わっている。 門は現在、出入り口としては使用されず、金堂等の拝観者は回廊の西南隅から入る。 生没年不詳。 コーリヤ族の出身とされ、釈迦族の王シュッドーダナ(浄飯王)に嫁して、紀元前566年(紀元前624年、紀元前463年とする説もある)にシッダッタを生み、シッダッタの生後7日後に没した。 シッダッタはその後、マーヤーの妹であるマハー・プラジャパティー(摩訶波闍波提)が後妻となって養育した。 切手では、口から合掌した姿の生まれたばかりの小さな王子がみられる。 周辺には約10cmの大きさの綏女(天女)が配されている。 国内初の世界遺産登録を記念して、中門前に1996年に建立された石碑「法隆寺」の文字は、平山さんによるもので、観光客が記念撮影をするスポットになっている。 装飾に玉虫の羽を使用していることからこの名がある。 宮殿部正面扉には向かい合って立つ2体の武装神将像を描き、左右扉には各2体の菩薩立像を描く。 宮殿部背面に描かれるのは霊鷲山浄土図(りょうじゅせんじょうどず)で、中央に3基の宝塔とその中に坐す仏、その下に岩窟中に坐す4体の羅漢像を描く。 これらの左右には日月、飛翔する2体の天人、2体の鳳凰などを描く。 須弥山部は、正面に「舎利供養図」、向かって左側面に「施身聞偈図」(せしんもんげず)、右側面に「捨身飼虎図」(しゃしんしこず)、背面に「須弥山世界図」を描く。 これらの絵画は朱を主体として、黄、緑を含むわずか3色で描かれている。 弥座の絵画のうち「捨身飼虎図」と「施身聞偈図」はジャータカ、つまり釈迦の前世の物語である。 「捨身飼虎図」は、薩た王子(「た」は土篇に「垂」)が飢えた虎の母子に自らの肉体を布施するという物語で、出典は『金光明経』「捨身品」。 飛鳥時代に推古天皇が拝んでいたとされる国宝指定の「玉虫厨子」。 半跏思惟の姿は高貴な気品にあふれ、柔らかな微笑みは世界三微笑の一つと称えられるアルカイックスマイル(古典的微笑)の典型として評価され、エジプトのスフィンクスやレオナルド・ダ・ヴィンチ作モナリザの微笑と同等とされています。 像の高さ167.6cm1材から造る飛鳥時代の通例とは異なり、11の部分から成る複雑な寄木の技法で樟(クス)から彫りだされています。 もと東院絵殿の本尊。 悪夢を良夢に替えてくれるという伝説からこの名がある。 もとは金堂内陣の裏側に安置されていた。 細身で九頭身の特異な像容を示す。 和辻哲郎の『古寺巡礼』をはじめ、多くの文芸作品の中で絶賛されてきた著名な像であるが、その伝来や造像の経緯などはほとんど不明である。 「百済観音」の通称は近代になってからのもので、明治初期まで寺内では「虚空蔵菩薩像」と呼ばれていた。 Hooryuu-ji 法隆寺, Temple of the Flourishing Law is a Buddhist temple in Ikaruga, Nara Prefecture, Japan. Its full name is Hooryuu Gakumonji 法隆学問寺 , or Learning Temple of the Flourishing Law, the complex serving as seminary and monastery both. The temple's pagoda is widely acknowledged to be one of the oldest wooden buildings existing in the world, underscoring Hooryuu-ji's place as one of the most celebrated temples in Japan. In 1993, Hooryuu-ji was inscribed together with Hokki-ji as a UNESCO World Heritage Site under the name Buddhist Monuments in the Hooryuu-ji Area. The Japanese government lists several of its structures, sculptures and artifacts as National Treasures. The temple was originally commissioned by Prince Shootoku; at the time it was called Ikaruga-dera 斑鳩寺 , a name that is still sometimes used. This first temple is believed to have been completed by 607. Hooryuu-ji was dedicated to Yakushi Nyorai, the Buddha of healing and in honor of the prince's father. 古くは岡本寺、池後寺(いけじりでら)とも呼ばれた。 山号は「岡本山」(ただし、奈良時代以前創建の寺院にはもともと山号はなく、後世付したものである)。 本尊は十一面観音。 聖徳太子建立七大寺の一つに数えられることもあるが、寺の完成は太子が没して数十年後のことである。 奈良県・和歌山県と石川県では作り方・形状が異なり、奈良では一口大の酢飯に鯖や鮭などの切り身と合わせ、柿の葉で包んで押しをかけたすし。 食べるに当たって柿の葉は剥がして食べる。 柿の葉は通常食べない。 場所によっては、柿の葉を巻く前に昆布を巻いてから柿の葉を巻くところもある(らしい)。 柿の葉には殺菌効果があるといわれており、包むことにより(季節などにもよるが)数日程度の保存に適するようになる。 柿の葉は、やわらかくするため、あるいは殺菌効果を高めるため、塩漬けにする場合がある。 法隆寺名物 柿うどん。 ペースト状にした柿をうどんの生地に練り込んだ鮮やかなオレンジ色の柿うどん(630円) は,山菜 ・蒲鉾 ・薄切モチがのっていて,ほんのり甘く,美味しかったです。 法隆寺南大門 の前。 法隆寺界隈で、味だけで選ぶのでしたら、【志むら】の梅うどんか、麺には梅とシソが練りこんであり、麺の色がピンク色で見た目にもきれいな梅そばです。

次の

万葉集はじめての短歌の作り方 番外編「句切れ」

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 技法

(筑摩書房『精選国語総合 現代文編 改訂版』P. 152 『国語総合 改訂版』P. 166) 有名な句です。 一見すれば何気ないことをさらっと句にしているようで、油断すれば、中七「鐘が鳴るなり」で切らずに、下五「法隆寺」と一息に流れて読んでしまいがちです。 そこに作者の感動があるのは明らかです。 では作者は、なぜ鐘が鳴ったことに感動したのでしょうか。 それは「柿くへば」という上五と関係します。 脊椎カリエスの療養後、故郷の松山から帰京の途中に訪れた奈良法隆寺。 子規の病状からすれば一時の回復であったのですが、この回復の瞬間を子規は謳歌している趣があります。 「古都奈良で、それも法隆寺で、奈良の特産の柿を頬張ったら、なんとどこからか鐘が鳴ったではないか」というこのお誂え向きのような偶然に対する素直な驚きと喜びが句全体からあふれています。 鐘の音の響く澄み渡った秋空、色ずく柿、落ち着いた古都の風情、奈良のすべてが自分を歓迎してくれているような瞬間です。 古都奈良への挨拶の句でもあるのでしょうね。 大らかで明るくて、どこかしらユーモアさえ漂っています。 この反復が、秋空に鐘が鳴り渡る、「鳴るなり」という同語反復的な余韻をもたらし、この句の大らかさや大きさを生む一因となっているとも思われます。 では、中七「鐘が鳴るなり」を「鐘の鳴りけり」とすればどうでしょうか。 文法的に考えれば、断定と詠嘆の違いです。 「けり」は、気づき・発見の「けり」とも説明されることが多いのですから、子規の心情に即せば、ここでは「けり」が成立するようにも見えます。 しかし、あえて、心情を直接表す「けり」ではなく、単なる断定で言い切るところに句のセンスが感じられます。 作者の過度の思い入れは、句の鑑賞にとっては押しつけがましさにつながりますし、むしろ読み手の句の鑑賞を狭める可能性さえもあります。 これも心情に関して説明的であるということなのでしょう。

次の

「柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺」正岡子規の代表作の一つですが、こ...

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 技法

奈良・法隆寺 Nara Houryuji の良い所・お気に入りの場所の写真集 画像クリックで拡大します。 関西・奈良の世界遺産 World Heritage. ・法隆寺(Horyu-ji Temple)と中宮寺の良い所やお気に入りの場所を旅行写真(Travel Picture)と切手 Stamp でご案内します。 法隆寺や中宮寺は奈良県生駒郡斑鳩町に有ります。 法隆寺は、聖徳太子こと厩戸王ゆかりの寺院。 創建は同じく聖徳太子ゆかりの寺院である大阪の四天王寺より約20年後の607年とされるが、確証はない。 金堂、木造塔として世界最古の五重塔などがある西院伽藍(7世紀後半 - 8世紀初の建立)と、夢殿などのある東院伽藍(聖徳太子一族の住居であった斑鳩宮の跡に、天平10年(738年)頃、行信僧都が斑鳩宮の旧地に太子をしのんで建立)に分かれる。 西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。 法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。 現在、法隆寺の大講堂は修理中です。 大宝蔵院には数多の国宝が収納されていました。 奈良の法隆寺は世界遺産だけでなく、日本の広報の宝庫です。 切手以外は殆ど拡大あり。 撮影は2010年2月。 法隆寺も強力なパワースポット。 The Spirit of 'Wa', the soul of the Japanese people. 最下段には法隆寺関連のニュース ご注意)画像の無断転用はお断りします。 別名を斑鳩寺(いかるがでら)という。 聖徳太子こと厩戸王ゆかりの寺院である。 創建は同じく聖徳太子ゆかりの寺院である大阪の四天王寺より約20年後の607年とされるが、確証はない。 (別の説では、西暦586年(用明天皇元年)聖徳太子と額田部皇女(推古天皇)が、用明天皇の病気を癒す為に薬師仏と共に造立を発案して立てられました。 ) 金堂、五重塔などがある西院と、夢殿などのある東院に分かれる。 西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。 法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。 土塀は長年の風雨で少し崩れかけています。 インド・アジャンター石窟群の壁画、敦煌莫高窟(とんこうばっこうくつ)の壁画などとともに、アジアの古代仏教絵画を代表する作品の1つであったが、1949年の火災で焼損した。 現在は復元され、美しいご尊顔が見れます。 ただし上層に部屋等がある訳ではなく、屋根を二重にしたのは外観を立派にするためである。 金堂に見られる組物(軒の出を支える建築部材)は、雲斗、雲肘木などと呼ばれ、曲線を多用した独特のものである。 日本の国宝に指定されている(指定名称は「木造観音菩薩立像(百済観音)1躯」)。 日本における木造仏像彫刻の古例として貴重であるとともに、大正時代以降、和辻哲郎の『古寺巡礼』、亀井勝一郎の『大和古寺風物誌』などの書物で紹介され著名になった。 像高は、210. 9cm(『特別展百済観音』図録等による。 「209. 4cm」とする資料もある)。 また、近世から明治時代まで、法隆寺ではこの像を観音ではなく「虚空蔵菩薩」と呼んでいた。 これは虚空蔵菩薩を聖徳太子の本地とする信仰に基づくものと思われる。 宗派は聖徳宗に属す。 山号を法興山と称し、本尊は如意輪観音、開基(創立者)は聖徳太子または間人皇后とされている。 国宝の木造菩薩半跏像 が本尊。 飛鳥時代の作。 広隆寺の弥勒菩薩半跏像とよく比較される。 寺伝では如意輪観音だが、これは平安時代以降の名称で、当初は弥勒菩薩像として造立されたものと思われる。 中宮寺独自の創立縁起は伝わらず、『日本書紀』にも中宮寺創建に関する記載はない。 下は灯篭の絵模様 江戸時代?) 弥勒菩薩・半跏思惟像(中宮寺、国宝) 像高132. 0cm(左脚を除く坐高は87. 元禄7年と書いてあり、葵の御紋があるので江戸時代のものでしょう。 初重から五重までの屋根の逓減率(大きさの減少する率)が高いことがこの塔の特色で、五重の屋根の一辺は初重屋根の約半分である。 初重内陣には東面・西面・南面・北面それぞれに塔本四面具(国宝)と呼ばれる塑造の群像を安置する(計80点の塑像が国宝)。 薬師三尊像(平安時代、国宝)と四天王像(重文)を安置する。 堂内に聖徳太子の等身像とされる救世観音像を安置する。 観音菩薩立像(救世観音)(国宝)、 行信僧都坐像(国宝)、奈良時代の乾漆像。 道詮律師坐像(国宝) 平安時代初期の作。 角堂の夢殿を中心とする東院伽藍は、天平10年(738年)頃、行信僧都が斑鳩宮の旧地に太子をしのんで建立したものである。 聖徳太子が2歳の春に、合掌した際に掌中から出現したとされる仏舎利を安置しています。 絵殿と一体となった建物(桁行7間、梁間3間、一重、切妻造、本瓦葺)です。 夢殿の近く、東院伽藍で裏が中宮寺です。 絵殿には、摂津国(現在の大阪府)の絵師である秦致貞(はたのちてい、はたのむねさだ)が延久元年(1069年)に描いた「聖徳太子絵伝」の障子絵(国宝)が飾られていた。 The Spirit of 'Wa', the soul of the Japanese people. しかし実際は、東大寺裏の宿で食べた柿と斑鳩の風景を結びつけた作とも言われています。 日本の寺院の門は正面の柱間が奇数(3間、5間、7間等)になるのが普通だが、この門は正面柱間が4間で、真中に柱が立つ点が特異である。 門内の左右に塑造金剛力士立像を安置する。 日本最古(8世紀初)の仁王像として貴重なものであるが、風雨にさらされる場所に安置されているため、補修が甚だしく、吽形(うんぎょう)像の体部は木造の後補に代わっている。 門は現在、出入り口としては使用されず、金堂等の拝観者は回廊の西南隅から入る。 生没年不詳。 コーリヤ族の出身とされ、釈迦族の王シュッドーダナ(浄飯王)に嫁して、紀元前566年(紀元前624年、紀元前463年とする説もある)にシッダッタを生み、シッダッタの生後7日後に没した。 シッダッタはその後、マーヤーの妹であるマハー・プラジャパティー(摩訶波闍波提)が後妻となって養育した。 切手では、口から合掌した姿の生まれたばかりの小さな王子がみられる。 周辺には約10cmの大きさの綏女(天女)が配されている。 国内初の世界遺産登録を記念して、中門前に1996年に建立された石碑「法隆寺」の文字は、平山さんによるもので、観光客が記念撮影をするスポットになっている。 装飾に玉虫の羽を使用していることからこの名がある。 宮殿部正面扉には向かい合って立つ2体の武装神将像を描き、左右扉には各2体の菩薩立像を描く。 宮殿部背面に描かれるのは霊鷲山浄土図(りょうじゅせんじょうどず)で、中央に3基の宝塔とその中に坐す仏、その下に岩窟中に坐す4体の羅漢像を描く。 これらの左右には日月、飛翔する2体の天人、2体の鳳凰などを描く。 須弥山部は、正面に「舎利供養図」、向かって左側面に「施身聞偈図」(せしんもんげず)、右側面に「捨身飼虎図」(しゃしんしこず)、背面に「須弥山世界図」を描く。 これらの絵画は朱を主体として、黄、緑を含むわずか3色で描かれている。 弥座の絵画のうち「捨身飼虎図」と「施身聞偈図」はジャータカ、つまり釈迦の前世の物語である。 「捨身飼虎図」は、薩た王子(「た」は土篇に「垂」)が飢えた虎の母子に自らの肉体を布施するという物語で、出典は『金光明経』「捨身品」。 飛鳥時代に推古天皇が拝んでいたとされる国宝指定の「玉虫厨子」。 半跏思惟の姿は高貴な気品にあふれ、柔らかな微笑みは世界三微笑の一つと称えられるアルカイックスマイル(古典的微笑)の典型として評価され、エジプトのスフィンクスやレオナルド・ダ・ヴィンチ作モナリザの微笑と同等とされています。 像の高さ167.6cm1材から造る飛鳥時代の通例とは異なり、11の部分から成る複雑な寄木の技法で樟(クス)から彫りだされています。 もと東院絵殿の本尊。 悪夢を良夢に替えてくれるという伝説からこの名がある。 もとは金堂内陣の裏側に安置されていた。 細身で九頭身の特異な像容を示す。 和辻哲郎の『古寺巡礼』をはじめ、多くの文芸作品の中で絶賛されてきた著名な像であるが、その伝来や造像の経緯などはほとんど不明である。 「百済観音」の通称は近代になってからのもので、明治初期まで寺内では「虚空蔵菩薩像」と呼ばれていた。 Hooryuu-ji 法隆寺, Temple of the Flourishing Law is a Buddhist temple in Ikaruga, Nara Prefecture, Japan. Its full name is Hooryuu Gakumonji 法隆学問寺 , or Learning Temple of the Flourishing Law, the complex serving as seminary and monastery both. The temple's pagoda is widely acknowledged to be one of the oldest wooden buildings existing in the world, underscoring Hooryuu-ji's place as one of the most celebrated temples in Japan. In 1993, Hooryuu-ji was inscribed together with Hokki-ji as a UNESCO World Heritage Site under the name Buddhist Monuments in the Hooryuu-ji Area. The Japanese government lists several of its structures, sculptures and artifacts as National Treasures. The temple was originally commissioned by Prince Shootoku; at the time it was called Ikaruga-dera 斑鳩寺 , a name that is still sometimes used. This first temple is believed to have been completed by 607. Hooryuu-ji was dedicated to Yakushi Nyorai, the Buddha of healing and in honor of the prince's father. 古くは岡本寺、池後寺(いけじりでら)とも呼ばれた。 山号は「岡本山」(ただし、奈良時代以前創建の寺院にはもともと山号はなく、後世付したものである)。 本尊は十一面観音。 聖徳太子建立七大寺の一つに数えられることもあるが、寺の完成は太子が没して数十年後のことである。 奈良県・和歌山県と石川県では作り方・形状が異なり、奈良では一口大の酢飯に鯖や鮭などの切り身と合わせ、柿の葉で包んで押しをかけたすし。 食べるに当たって柿の葉は剥がして食べる。 柿の葉は通常食べない。 場所によっては、柿の葉を巻く前に昆布を巻いてから柿の葉を巻くところもある(らしい)。 柿の葉には殺菌効果があるといわれており、包むことにより(季節などにもよるが)数日程度の保存に適するようになる。 柿の葉は、やわらかくするため、あるいは殺菌効果を高めるため、塩漬けにする場合がある。 法隆寺名物 柿うどん。 ペースト状にした柿をうどんの生地に練り込んだ鮮やかなオレンジ色の柿うどん(630円) は,山菜 ・蒲鉾 ・薄切モチがのっていて,ほんのり甘く,美味しかったです。 法隆寺南大門 の前。 法隆寺界隈で、味だけで選ぶのでしたら、【志むら】の梅うどんか、麺には梅とシソが練りこんであり、麺の色がピンク色で見た目にもきれいな梅そばです。

次の