そら豆 冷凍 保存。 そら豆を冷凍保存する方法は?茹でた後?皮ごと?解凍方法は?

そら豆の保存方法・冷凍保存は必見!保存期間と絶品の食べ方!

そら豆 冷凍 保存

だんだんと温かくなり、春が近づいてきましたね。 春においしい食べ物といえば、何が思い浮かびますか? いちごに、春キャベツ、そして5月ごろに旬を迎える そら豆を思い浮かべる方も多いですね。 この時期に、たくさんいただくというお宅も多いですね。 そら豆は、ゆでて塩をかけて食べてもおいしいですし、パスタなどにいれてもおいしいですよね。 でも、この大量の そら豆どうしましょう。。。 このおいしいそら豆には最大の弱点が。 それは、 鮮度なんです。 そら豆は鮮度が非常に落ちやすいんです。 できるだけ早く食べきりたいところですが、そんなにいっぱい食べきれないという方も多いですよね。 食べきれないそら豆の保存はなんといって 冷凍してしまうのが一番なんです。 そら豆は鮮度が落ちやすいので、さやからとったら、すぐにゆでるようにしてください。 その後冷凍したほうが、鮮度が持続しますよ。 また、一度ゆでてあったほうが、その後調理するのも楽なので、ぜひ、ゆでてから冷凍保存をするようにしてください。 そら豆の冷凍方法 先ほどお話しした通り、そら豆は 鮮度が落ちやすく、収穫してから3日ほどしかおいしさは持続できないんです。 でも、冷凍保存すれば、 1~2か月ほどおいしくいただけるんですよ。 これはぜひ、利用したいですよね。 冷凍する際には、いくつかポイントがあります。 それは、解凍時に破裂させないようにすることと、水っぽくならないようにすることなんです。 そら豆の冷凍方法はコチラ! 1.調理直前に、さやからそら豆を取り出す。 2.そら豆の皮に切り目を入れる(これをやらないと、電子レンジを使って解凍する際に、そら豆が破裂してしまいます。 ) 3、沸騰したたっぷりのお湯に、塩をひとつまみいれて、その中にそら豆をいれ、1分~1分半ほどゆでる。 4.ざるで水を切り、うちわなどで冷ましたら、ジップロックなどにいれ冷凍させる。 3のゆで時間ですが、すぐに食べる時よりも 短めにして固めにゆでるようにしてください。 そうすれば、再度調理のために加熱しても、水っぽくならないですよ。 我が家でも、5月ごろになると、親戚から大量のそら豆を毎年送っていただいております。 本当にありがたいのですが、鮮度が続く3日間の間に食べきれず毎年残念に思っていました。 なんとかおいしいそら豆を最後まで食べたいと思い、調べたところ、 冷凍すると鮮度が長持ちすることを知り、昨年冷凍してみました。 一か月後、解凍したそら豆をパスタにして食べたところ、おいしくいただくことができました。 ぜひとも、冷凍を利用してみてください。 スポンサードリンク どのように解凍したらいいの? それでは、冷凍したそら豆は、どのように 解凍したらいいのでしょうか。 冷凍したそら豆は、自然解凍か、2分程度軽くゆでて解凍させて使用することができます。 時間がなく、急いでいるときは、電子レンジでも解凍することができますが、すこし水っぽくなってしまうかもしれないので、できれば、 ゆでるか自然解凍のほうがいいですね。 解凍したそら豆は、冷凍する前のそら豆と同じように、塩をふって食べてもおいしいですし、パスタなどにしてもおいしいですよ。 そして、一度解凍したそら豆は鮮度が落ちやすいので、再度冷凍させたりせず、食べきるようにしてくださいね。 旬のそら豆を上手に保存して、最後までおいしくいただきましょうね。

次の

そら豆の冷凍保存できる!その仕方や解凍方法、薄皮は取るべき?

そら豆 冷凍 保存

もくじ• livedoor. しかしながら、大量にいただいた場合など、すぐに食べないこともあるかと思います。 そのような場合は、新鮮なうちに冷凍保存をすると比較的長く保存することができます。 ここでは、そら豆の保存期間(賞味期限)の目安等からご紹介します。 生のそら豆の賞味期限 生のそら豆の賞味期限は、1~3日程度! そら豆は、時間が経つと黒ずんできます。 そのまま生の状態で保存するのであれば、ビニール袋やジップ付き袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存してください。 この時注意することは、そら豆をサヤから出してしまうと急激に劣化しますので、サヤから出さずにそのまま保存することです。 また、切り込みを入れると更に劣化しやすくなるので、これにも注意してください。 茹でたそら豆の賞味期限 茹でたそら豆の賞味期限は、1~2日程度! 茹でたそら豆は、ジップ付き袋やタッパーに入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 焼いたそら豆も同様の保存方法になります。 冷凍したそら豆の賞味期限 冷凍したそら豆の賞味期限は、1~2か月程度 生のそら豆や茹でたそら豆を冷蔵庫で保存すると、長くても3日くらいで食べれなくなってしまいます。 それでは冷凍した場合は、どうなのでしょうか? 結論からいうと、冷凍したそら豆は、1か月程度は保存可能と言われています。 冷凍の方法など、詳しくは後ほどご紹介しますが、しばらく保存するのであれば、やはり冷凍したほうがよいうことになりますね。 hatena. ところで冷凍する際は、生のままで冷凍する場合と、茹でてから冷凍する場合と、どちらがよいのでしょうか? 茹でてから冷凍する場合には、解凍時に若干水っぽくなるものの、逆に調理は楽であるという違いが見つかりましたが、この程度の違いで、どちらが正解というほどの差はないようです。 どちらの方法で冷凍されるかは、お好みでいいと思います。 生のまま冷凍保存する場合1:皮をむかないパターン 特に新鮮味を残して風味よく保存したい場合は、そのまま保存しましょう。 ジップロックなどのファスナー付きの袋に入れてそのまま冷凍保存します。 この時のポイントは、袋の中の空気をしっかり抜くことです。 asahi-kasei. html 生のまま冷凍保存する場合2:皮をむくパターン コンパクトに保存したい場合は、そら豆の豆のみで保存してもOKです。 以下にそら豆の薄皮の簡単なむき方をご紹介しますので参考にしてください。 サヤを両手でひねって割るように開いてから、そら豆を出します。 続いて薄皮をむきましょう。 そら豆のお尻みたいな形の部分(ツメの部分)の方を出します。 割れ目に垂直に自分の爪を立てて上に引き上げるように薄皮をめくります。 平たい面を親指と人差し指でつまみ、ぎゅっと押しましょう。 すると簡単に中身が出てきて、傷も付けずに取り出せたと思います。 中身が取れ出せたら、前のパターンと同様に、ジップロックなどのファスナー付きの袋に入れてそのまま冷凍保存します。 ここでのポイントも同様で、しっかりと袋の中の空気を抜くようにしましょう。 asahi-kasei. html 茹でてから冷凍保存する場合 最後に茹でてから冷凍保存する場合をご紹介します。 生のまま冷凍する場合との違いは、解凍後の調理が楽という点でしょうね。 前項の1~5を参考にそら豆の薄皮をむいてください。 鍋にお湯を沸かし、1で剥いたそら豆と塩(小さじ2杯程度)を入れて塩茹でします。 あまり柔らかくなるまで茹でてしまうと、解凍したときにべちゃっとなってしまいますので注意してください。 3分程度茹でたら、ざるに取り出して水気を切り、自然に冷まします。 粗熱がとれたら、ジップロックなどのファスナー付きの袋に入れてそのまま冷凍保存しましょう。 ポイントはこれまで同様に、袋の中の空気をできるだけ抜くことです。 自然解凍・・・文字通り常温で解凍です。 電子レンジで解凍・・・電子レンジの解凍モードでお手軽に解凍できます。 柔らかくなりやすいので注意しましょう。 茹でて解凍・・・沸騰したお湯で1~2分加熱します。 柔らかくなりすぎないように、様子が見れるのでおススメです^^• グリルで焼く・・・サヤ付きのままで冷凍した場合は、そのままグリルや網で焼くこともできます。 goo. そら豆は傷むとどうなるのでしょうか?また、どうなったら食べないほうがよいのでしょうか? 最後に傷んだそら豆の見分け方等について、ご紹介します。 そら豆が黒く変色している場合 そら豆は、サヤに入っている状態でも傷むのは早い野菜です。 多少、黒く変色している程度であれば、加熱して食べることができると思いますが、確実に鮮度は落ちていますので、生で食べることは、避けたほうがいいと思います。 変色以外の変化もある場合 そら豆は、完全に傷んでしまうと、黒く変色するだけでなく、加えて異臭が発生したり、ぬめり・カビなどの変化が起きてきます。 こうなってしまったら、もう腐っている状態ですので、絶対に処分しましょう。 もったいないと思って、加熱して食べると食中毒の可能性もありますので、絶対にやめましょう。

次の

そら豆の美味しいゆで方のコツと冷凍保存の仕方

そら豆 冷凍 保存

もくじ• hatenablog. その上、サヤから外したり切れ目を入れただけでも鮮度は落ちて、賞味期限は短くなります。 そんな中で、そら豆に最適なのは、冷凍・冷蔵・常温とどの保存方法なのでしょうか? 常温保存は可能 そら豆は常温で保存する事ができます。 サヤから出したり切れ込みなどを入れた時はもちろん、収穫直後からも鮮度の低下は始まっています。 そのため、常温での保存は 長くても3日が限界です。 しかも、3日のうち1日は販売などの手続きで経過しているので、手元に届いてからは 実質2日しか賞味期限がない事になります。 賞味期限が2日しかないのは、量にもよりますが食べ切るにはどう考えても難しい期間ですよね。 何の処理もしないまま、3日以上そら豆を常温で放置すると、鮮度が落ちてそのまま腐ってしまいます。 乾燥して保存する 常温で長期期間、保存できる方法が1つだけあります。 それは、そら豆を乾燥させて保存する方法です。 乾燥して保存する場合は、以下の手順で行います。 新聞紙かザルにそら豆を並べて、カラカラになるまで天日干しにします。 そら豆の身は取り出さず、サヤのまま乾燥させます。 密封容器に乾燥剤と一緒に常温保存する。 食べる際は、水に浸けて戻したり、茹でたりして下さい。 そら豆を乾燥させる際、緑色のそら豆ではなく、サヤが黒くなり、完熟したそら豆を使用します。 保存期限は 数ヶ月程度と長めなので、すぐに食べる予定がない時に向いています。 そら豆を育てている方、完熟したそら豆を手に入れた時は是非お試し下さい。 rakuten. 今回は、大きく分けて生で冷凍する場合と茹でて冷凍する場合の2通りの冷凍方法を紹介します。 生で冷凍する場合 茹でずに保存する場合は、以下の手順で行います。 1乾燥や冷凍焼けなどを防ぐ為にジップロックなどの密封できる袋に入れて冷凍します。 場所を取りたくないならば、サヤから身を出して冷凍しても大丈夫です。 抜けるだけ空気は抜いて、しっかりと密封して下さい。 生で冷凍する場合、次の2つの事に気を付けて下さい。 サヤから取り出す場合、 薄皮は付けたままにする• そら豆の 黒い部分 お歯黒 に切れ目を入れておく 切れ目を入れないと、加熱時に破裂する恐れがあります。 サヤごと冷凍する方法でも、そら豆のみを冷凍する方法でも好みの方を選んでもらって大丈夫です。 しかし、サヤから出した瞬間、鮮度が低下するだけでなく一緒に風味も外に出ていってしまいます。 風味をなるべく閉じ込めたい方はサヤのまま冷凍するの方法をオススメします。 茹でて冷凍する場合 茹でてから冷凍する事も可能です! 茹でてから冷凍する場合は、以下のような手順で行います。 そら豆をサヤから出してお歯黒に切れ目を入れる 薄皮は付けたままで大丈夫です。 茹でる 鍋で茹でても電子レンジで茹でても大丈夫です。 茹でた後はしっかりと水分を切って、冷まして下さい。 あらかじめ、軽く味付けしておくと、更に調理時間が短縮できます。 袋に入れて冷凍する 生で冷凍する場合と同様に密封できる袋に入れて保存して下さい。 茹でて冷凍する場合は、すぐに食べる時より 少し固めに茹でて下さい。 あまり長く茹でてしまうと、解凍時に水っぽくなってしまい、食感が悪くなります。 1ヶ月は保存可能 常温だと3日しか保たないそら豆ですが、サヤつきでなくても、冷凍して保存すると 最低1ヶ月、保存環境が整っていれば 2ヶ月は保存が可能になります。 それ以上冷凍しておくと、鮮度が著しく落ちたり、冷凍焼けする可能性もあるので、 1~2ヶ月の間に食べ切って下さい。 食べる際は自然解凍か茹でる 冷凍したそら豆を解凍する時は、基本的には 自然解凍か冷凍のまま茹でて解凍して下さい。 もし時間がない場合、電子レンジで解凍しても大丈夫ですが、加熱し過ぎると水っぽくなるので、数十秒ずつ様子を見ながら解凍して下さい。 生でサヤつきのそら豆を解凍する時は、グリルなどに乗せて焼きながら解凍すると、蒸し焼き状態になって美味しいです。 一度解凍すると、鮮度の低下が著しくなるので、再度冷凍するような事はせずその時に食べ切って下さい。 hatenablog. 冷蔵保存は以下の手順で行います。 そら豆を密封袋又は容器に入れる サヤから取り出した場合は、お歯黒に切れ目を入れます。 保存する際はしっかり空気を抜いて下さい。 冷蔵庫に保存する 茹でてしまった場合でも、生のままと同じ方法で冷蔵して下さい。 数日は保存可能 冷蔵での保存期限は、何の手を加えてない状態で 3日間、切れ込みを入れたり茹でたりと手を加えた状態で 1~2日間です。 最適温度が低いそら豆は、冷蔵保存でも冷凍保存のように鮮度を保つ事が難しいです。 特に手を加えてから保存すると、品質劣化の速度が上がるので、保存期間が常温時より短くなります。 なので、冷蔵庫で保存する場合は、早めに食べ切って下さい。 skincare-univ. では、鮮度が低下したり腐ったりすると、そら豆はどう変化するのでしょうか? 保存処理をする前に、よく確かめてみて下さい! 産毛がへたって筋が茶色くなる サヤがついそら豆を買った場合、先ずはサヤを見て下さい。 新鮮なそら豆のサヤは筋が緑色で産毛があり、ハリや艶もあります。 これが劣化していると、サヤの筋が茶色になっていたり、産毛がへたっていたり抜けていたりしています。 豆の形が解る サヤを指で触って、豆の形が解る物も避けて下さい。 豆の形が解るのはいけないの?と思うかも知れませんが、あまり良くないです。 豆の形が解るという事は、弾力がなくサヤの水分が抜けている状態を示しています。 そう思うと、美味しい状態、とは考えにくいですよね。 豆の形は解らなくてもふっくらと膨らんでいて、サヤを触った時に弾力があり、持った時に重みを感じるそら豆を選んで下さい。 豆が黒くなっている そら豆は、サヤから出して酸素に触れて時間が経つと、緑色が黒く変色します。 腐っている訳ではないので、茹でれば食べられますが、鮮度は低下して美味しいとは言えないので避けて下さい。 これらの特徴が見られるそら豆は注意! 変な臭いがする、カビが生えている、ヌルヌルとぬめっている。 こんな場合は確実に腐っているので、食べるのは諦めて下さい。 これらの特徴が出てきたら、勿体ないかもしれませんが、潔く捨てて下さいね。

次の