市丸 ギン。 市丸ギンとは (イチマルギンとは) [単語記事]

『BLEACH』市丸ギンの壮絶な復讐劇は涙なしで語れない!悲しい最期まで徹底解説

市丸 ギン

元・三番隊隊長の市丸ギンは、いつも張り付いたような微笑みを浮かべていて感情が読み取りにくい細い目をした人物です。 穏やかな京都弁を話しますが、真意がわからない言動をする事が多く周囲の平隊士からは怖がられていました。 休日には、瀞霊艇を散歩しながら人間観察する事が趣味でした。 しかし、周りの隊士からは、イジメの対象を探していると噂が流れていました。 黒崎一護たちが瀞霊艇に侵入して一番初めに出会った隊長で、黒崎一護をみすみす逃がしてしまったり、怪しい言動が多い事から尸魂界の混乱は当初、市丸ギンが黒幕だと思われていました。 しかし、本当の黒幕は藍染惣右介で、市丸ギンは藍染惣右介の指示通りに動いていただけでした。 そして、藍染と共に尸魂界から姿を消して虚圏ではあまり表には出てくることなく傍観する傾向にあり、たまに気まぐれを起こして戦いを面白くする悪戯をしていました。 そして、空座町決戦になった時に藍染と共に現世へと出陣して行くのでした。 登場からずっと真意の読めない市丸ギンは、空座町決戦の中盤まで動きを見せることはありませんでした。 藍染がある程度の敵を倒して、本当の空座町のある尸魂界へ藍染と二人で向かった後に行動を開始します。 忠実な藍染の補佐役だと思われていた市丸ギンの本当の目的が明らかになります。 入隊時からすべての仲間を欺いて、強大な敵である藍染に復讐することだけを目的として、藍染の懐の中へと入り込んでいたのです。 幼少期からずっと心に誓っていた復讐が果たされたと思ったのは、一瞬の事でした。 幼なじみの松本乱菊が奪われたモノは藍染の中へと溶け込み、藍染のモノになってしまい、藍染を化物へと変貌させてしまうのです。 化物のような強大なチカラを得た藍染は市丸ギンをなんの躊躇もなく殺すのでした。 常に飄々としていて、細い目のおかげで感情も読みにくいので始めはめっちゃ怖い人だと想いました。 ギンの乱菊への深い想い 幼少期に空腹で倒れていた松本乱菊に、持っていた干し柿を差し出した市丸ギンはこの日から乱菊と一緒に暮らし始めます。 二人で寄り添って平和に静かな暮らしを送っていたある日、事件が起こります。 ギンが家へ戻るとそこには、焼けて無くなった家の前に昏倒した乱菊が倒れていました。 戻る途中に見かけた死神の顔を覚えていたギンは、薪を拾いに出かけた先で同じ死神を見かけます。 すべては、復讐をして平和な日常を取り戻して乱菊とまた一緒に暮らす事を願いながら乱菊の素を離れるのでした。 乱菊は、ギンの真意がわからないまま自分も死神になりますが昔と少し違うギンとは、距離を置くようになってしまいます。 そして、謀反人として行動するギンの行動に戸惑いを感じます。 しかし、最後にはやはり昔のままの優しいギンだった事を悟りますが、時はすでに遅くギンは藍染の手によって亡くなってしまいます。 泣き叫ぶ乱菊を見ながらギンは、乱菊が昔奪われたモノを取り返せなかった事を心の中で謝り、強くなった黒崎一護に後を託して亡くなります。 ギンと乱菊の間にあった、深い愛情はギンのファンでは無い読者も涙してしまうような悲しいものでした。 市丸ギンの斬魄刀・神槍の能力は、単純明快で刀身が伸び縮みすることです。 普段の刀身の長さは脇差ほどしかないのですが、ギンの意思で伸び縮みが可能で、最大の長さが日本刀100本分であることをギンが黒崎一護に語っていました。 しかし、この斬魄刀の恐ろしさは長さでは無く、伸び縮みの速度にありました。 単純明快だからこそ、避けにくく恐ろしい能力です。 そして、この斬魄刀・神槍の卍解は「神殺槍」といい、始解よりも長く刀身が伸びるというもので、その距離は13kmで伸縮の速度は音速の500倍だと黒崎一護に解説をしていました。 しかし、後に本当の卍解の能力を披露している事から黒崎一護に説明していた卍解は、実は始解時の能力ではないかと思われます。 個人的にここまでが、始解の能力ではないのだろうかと思っています。 しかし、『BLEACH』にしてはとても地味で、あまり目立った活躍の場がないまま、持ち主の市丸ギンが亡くなってしまいました。 市丸ギンの真の卍解・「神殺槍」は、解号「死せ ころせ ~」で真のチカラを発揮します。 藍染惣右介には、ずっと真の能力の事を隠していて、黒崎一護に語ったように卍解しても伸び縮みする長さが長くなり、速度も速くなると偽っていました。 宿敵・藍染惣右介に長年隠し通してきた真の能力とは、伸び縮みの能力を使って敵の体を射抜いた後、敵の体の中に刀身の塵を残します。 実は、その刀身の塵は細胞を溶かして崩す事の出来る猛毒だったのです。 そして、体内に残した刀身の塵が解号を合図に敵の体を駆け巡って内部崩壊をさせるのです。 音速を超える神槍ならではのシンプルで効果的な卍解の能力でした。 そして、仲間を欺いて110年以上待って、やっと得た好機にギンは躊躇なく卍解し藍染惣右介に致命傷を負わせる事が出来たのです。 この卍解も始解と同様に派手さは無い技でしたが、長い間藍染に隠していた事と使った時のギンのカッコ良さから読者の中では逆に印象が強いようです。 元三番隊隊長・市丸ギンと黒崎 一護が対峙して明かされたギンの卍解は……後で嘘だった事が判明。 市丸ギンの名言 君が明日 蛇となり 人を喰らい 始めるとして 人を喰らった その口で 僕を愛すと 咆えたとして 僕は果たして 今日と同じに 君を愛すと 言えるだろうか 出典:漫画『BLEACH』47巻冒頭詩 これは冒頭詩なのですが、この詩の上部に市丸ギンの口が描かれている事とギンが以前に自分を蛇だと称していた事から語ったのがギンである事が分かります。 そして、この詩の君となっている部分を過去に自身を蛇と称していた事を考えてみると君がギン自身になります。 さらに、ギンの想い人は松本乱菊なので僕の部分が乱菊になります。 すると以下のような意味になります。 自分が獣となって人を殺し、そんな自分が乱菊を愛してると言ったとしても、人殺しの事を知っている乱菊は、それでも以前と同じように自分を愛してると言えるのだろうか?ギンの亡くなった後に読むと少し悲しい気持ちになります。 この巻の冒頭詩は、ネット上で解釈について色々考察されていました。 「決めたんや。 ボク死神になる。 死神になって変えたる。 乱菊が泣かんでも済むようにしたる。 」 出典:漫画『BLEACH』48巻416話 幼少期の市丸ギンが、復讐のために死神になると決めて乱菊が泣くようなことの無い平和な世界にして、また二人で平穏な生活にまた戻りたいと考えながら乱菊の元を去った時のセリフです。 子供ながらにも、好きな人に負わせたキズの復讐するという誓いを心に立てた瞬間でもあり、明確な目標を持った時でもありました。 この時からギンの望みは、藍染惣右介に復讐して乱菊の奪われたモノを奪い返す事のみになり自分の感情を押し殺して110年以上もの間我慢して好機を待つことになるのです。 この時、ギンのほっぺたに返り血がついていますが、これはきっと藍染惣右介に乱菊から奪ったモノを渡していた名も無き死神の血だと勝手に思っています。 こんな小さくて可愛い頃から、心の中は復讐心でいっぱいだったのですね。 なんだか、かわいそう。 「乱菊、あかんかった。 結局、乱菊がとられたもん、とり返されへんかった。 ああ、やっぱり謝っといて良かった」 出典:漫画『BLEACH』48巻416話 藍染惣右介に負けてしまい、致命傷を負って倒れた市丸ギンが心に思った言葉で、幼少期に立てた誓いを守ることが出来なかった悔しさと松本乱菊に対する申し訳なさが全面に押し出されたセリフです。 尸魂界での騒乱の時、虚圏から反膜がギンに降り注いで虚圏へ消えるときにギンは、乱菊に一言謝っています。 それは、今までの事とこれから起こる事のすべてにおいて乱菊に迷惑をかける事に対する謝罪であり、必ず奪われたモノを取り返すというギンの決意の現れでもありました。 しかし、結局は宿敵・藍染惣右介に負けてしまい、乱菊を泣かせてしまう結果になった事の謝罪の言葉に変わってしまったのです。 ギンの真意を知らないまま。 乱菊はただギンが、みんなを欺いてまでも藍染惣右介を倒そうとしていた事だけ理解することになってしまいました。

次の

【BLEACH】市丸ギンとかいう有能キャラwwwwwwwww

市丸 ギン

死神の学校である真央霊術院を一年程度で卒業し、5番隊に加入後すぐさま席官になるなど、早くから頭角を現していました。 小説『The Death Save TheStrawberry』によると、両者とも東流魂街出身で、六十二地区の花枯 かがらし で暮らしており、市丸ギンのお墓を松本が自費で立てたとなっています。 藍染の乱以降は 虚圏へと行き、黒崎一護ら尸魂界側とは敵対します。 その後、虚圏が井上織姫を拉致し、一護らが救出に向かった際は、虚圏には残らず、東仙要・藍染と一緒に空座町へ侵攻しました。 そこでは積極的に戦闘には参加せず、傍観者の立場を貫いていましたが、藍染の挑発に乗り、軽率な行動をした猿柿ひよ理には 斬魄刀の能力で致命傷を負わせます。 その後は藍染が護廷十三隊を壊滅状態にして尸魂界に侵攻しますが、ギンも同行しています。 市丸ギンの性格 5. 市丸ギン プレゼンする前にわかる。 また極端に目が細いことも、キツネといわれる理由でしょう。 京都弁を使用し、絶えず笑顔を浮かべていますが、驚いた時には目を開くという特徴があります。 また朽木ルキアから相当嫌われており、ギンも死刑直前の彼女に、「助け出してあげようか」などと甘言を弄して苦しめているので、相性が悪いということもあるでしょうが、市丸ギン元来の性格があまり良くないのかもしれません。 市丸ギンの斬魄刀 BLEACHで1番カッコイイのは市丸ギン異論は認める。 — たけのこのsato sato79415970 斬魄刀の名は神槍で、解号は「射殺せ神槍」。 解放すると刀が伸縮自在となるので、不意打ちに向いていますね。 また長さは刀100本程度とされている。 卍解の名前は神殺鎗 かみしにのやり で、始解と比較して、伸縮スピードと長さが大幅にアップしています。 また伸縮方法は、刀身を一瞬だけ塵へと変化させ、その間に長さを調整する、というものです。 伸縮スピードを生かすため、相手に切っ先を向けた神殺鎗を伸ばして攻撃し、相手が回避しても一瞬で元のサイズに戻して、さらに二撃目を放ちます。 一度目の攻撃が神殺鎗舞踏で、二度目の攻撃、すなわち連続攻撃が神殺鎗無踏連刃となっています。 市丸ギンが最後に見せた卍解 俺が思う斬魄刀お洒落No1はギンの神鎗 しんそう だと思うんだ 卍解が神殺鎗 かみしにのやり 必殺技的なのが 死せ ころせ 神殺鎗 かみしにのやり 始解の時は訓読み 卍解の時は音読み 死と殺の読みをあえて逆にしてる カッコ良すぎかよ — をーの oreijijii 藍染に対して反旗を翻した後、直前の対戦相手である一護に対して使わなかった、もう一つの技を使用します。 卍解の伸縮方法は 刀身を塵へと変えて、瞬時に長さを調整する、というものでしたが、この方法を活用して、相手を貫いた瞬間に塵へと変化させ、一部を刀身へと戻さずに体内へ潜り込ませることが可能です。 刃の内部には細胞を破壊する猛毒が仕込まれているので、相手にとっては致命傷でしょう。 「死せ神殺鎗」という解号で相手の体内に毒を回らせ、細胞を破壊することができます。 崩玉を取り込んだ藍染に対して使用しましたが、残念ながら倒すことは叶わず、そのあとギンは藍染に殺されました。 子供の頃は一緒に暮らしている時期もあった二人ですが、あることがキッカケでギンは死神を目指すことを決意しました。 そして恐らくは、乱菊もギンを追いかけて瀞霊廷を目指したのでしょう。 ギンと乱菊さんは、凄い純愛だたよね。 それは、乱菊が藍染によって魂魄の一部を奪われたからです。 崩玉の研究を進めるため、大量の魂魄を必要としていた藍染は、流魂街へと赴いて住民から魂魄を奪っていたようです。 その悪事に乱菊も巻き込まれたようですが、ギンは偶然にも黒幕の正体を掴みます。 そして、大事な存在である乱菊が奪われたものを取り返すため、死神になって藍染に近づこうとしたのでしょう。 詳しいことは何も伝えずに行動していたギン。 藍染戦の直前でギンと乱菊は会話を交わしますが、こんな時でさえ何も説明しません。 乱菊が追いかけてこないように鬼道で行動を縛り、単騎で藍染と戦い玉砕しました。 最後は藍染の手にかかり死んでしまいますが、死に際には乱菊が彼の元に駆け寄り、泣きながら言葉をかけています。 しかし致命傷を負ったギンには、乱菊が何を言っているのかは分かりません。 その時ギンが思うことは、謝っておいて良かった、でした。 これは藍染の乱で、市丸が虚圏へと向かう際に、乱菊へかけた言葉を指していると思われます。 藍染が乱菊たちを殺害しようとギンの傍へ来た時、断界で最後の月牙天衝をマスターした一護が登場します。 一護の強い眼差しを見て、任せて死ねると考えながら息絶えました。 最後に市丸ギン名言3選 裏切り者と呼ばれても、乱菊への強い思いから、藍染への復讐、乱菊が奪われたものを取り戻す機会を窺っていたギン。 そんな彼が残した名言をご紹介します。 決めたんや。 ボク死神になる。 死神になって変えたる。 乱菊が泣かんでも済むようにしたる。 第48巻 ギンが乱菊の元から去る瞬間の言葉です。 この気持ちを100年以上が経過しても持ち続け、死ぬ間際まで乱菊のことを思っていたのだから、どれほどギンが乱菊のことを愛していたのかが窺えますね。 君が明日蛇となり人を喰らい始めるとして、人を喰らったその口で僕を愛すと咆えたとして、僕は果して今日と同じに君を愛すと言えるだろうか 第47巻 裏切った後も、彼女から愛されていることに嬉しさを感じつつ、もし自分が乱菊の立場なら、同じように愛することができるだろうかと、自問している気がしますね。 ちなみに詩は表紙の人物視点で書かれていると言われています。 いつものようにギンは笑顔を浮かべていますが、心の奥では相当な決意を抱いていたのでしょう。 乱菊、あかんかった。 結局、乱菊のとられたもん、とり返されへんかった。 第48巻 藍染に敗れて乱菊が駆け寄って来た時のセリフですね。 死期を悟った故の発言ですが、100年以上も取り返すことを目指してきたのだから、どれほど無念なのかは計り知れません。 まとめ 今回は市丸ギンの最後について詳しくまとめました。 ギンはとても魅力的なキャラクターであることが分かりましたね。 原作では死亡していますし、仮に原作の続編が始まっても、彼の勇姿を見ることは難しいかもしれません。 しかし乱菊との前日譚は、媒体にかかわらず描かれる日が来ると思います。 その時が来るのを信じて待っていましょう。

次の

【BLEACH】市丸ギンとかいう有能キャラwwwwwwwww

市丸 ギン

死神の学校である真央霊術院を一年程度で卒業し、5番隊に加入後すぐさま席官になるなど、早くから頭角を現していました。 小説『The Death Save TheStrawberry』によると、両者とも東流魂街出身で、六十二地区の花枯 かがらし で暮らしており、市丸ギンのお墓を松本が自費で立てたとなっています。 藍染の乱以降は 虚圏へと行き、黒崎一護ら尸魂界側とは敵対します。 その後、虚圏が井上織姫を拉致し、一護らが救出に向かった際は、虚圏には残らず、東仙要・藍染と一緒に空座町へ侵攻しました。 そこでは積極的に戦闘には参加せず、傍観者の立場を貫いていましたが、藍染の挑発に乗り、軽率な行動をした猿柿ひよ理には 斬魄刀の能力で致命傷を負わせます。 その後は藍染が護廷十三隊を壊滅状態にして尸魂界に侵攻しますが、ギンも同行しています。 市丸ギンの性格 5. 市丸ギン プレゼンする前にわかる。 また極端に目が細いことも、キツネといわれる理由でしょう。 京都弁を使用し、絶えず笑顔を浮かべていますが、驚いた時には目を開くという特徴があります。 また朽木ルキアから相当嫌われており、ギンも死刑直前の彼女に、「助け出してあげようか」などと甘言を弄して苦しめているので、相性が悪いということもあるでしょうが、市丸ギン元来の性格があまり良くないのかもしれません。 市丸ギンの斬魄刀 BLEACHで1番カッコイイのは市丸ギン異論は認める。 — たけのこのsato sato79415970 斬魄刀の名は神槍で、解号は「射殺せ神槍」。 解放すると刀が伸縮自在となるので、不意打ちに向いていますね。 また長さは刀100本程度とされている。 卍解の名前は神殺鎗 かみしにのやり で、始解と比較して、伸縮スピードと長さが大幅にアップしています。 また伸縮方法は、刀身を一瞬だけ塵へと変化させ、その間に長さを調整する、というものです。 伸縮スピードを生かすため、相手に切っ先を向けた神殺鎗を伸ばして攻撃し、相手が回避しても一瞬で元のサイズに戻して、さらに二撃目を放ちます。 一度目の攻撃が神殺鎗舞踏で、二度目の攻撃、すなわち連続攻撃が神殺鎗無踏連刃となっています。 市丸ギンが最後に見せた卍解 俺が思う斬魄刀お洒落No1はギンの神鎗 しんそう だと思うんだ 卍解が神殺鎗 かみしにのやり 必殺技的なのが 死せ ころせ 神殺鎗 かみしにのやり 始解の時は訓読み 卍解の時は音読み 死と殺の読みをあえて逆にしてる カッコ良すぎかよ — をーの oreijijii 藍染に対して反旗を翻した後、直前の対戦相手である一護に対して使わなかった、もう一つの技を使用します。 卍解の伸縮方法は 刀身を塵へと変えて、瞬時に長さを調整する、というものでしたが、この方法を活用して、相手を貫いた瞬間に塵へと変化させ、一部を刀身へと戻さずに体内へ潜り込ませることが可能です。 刃の内部には細胞を破壊する猛毒が仕込まれているので、相手にとっては致命傷でしょう。 「死せ神殺鎗」という解号で相手の体内に毒を回らせ、細胞を破壊することができます。 崩玉を取り込んだ藍染に対して使用しましたが、残念ながら倒すことは叶わず、そのあとギンは藍染に殺されました。 子供の頃は一緒に暮らしている時期もあった二人ですが、あることがキッカケでギンは死神を目指すことを決意しました。 そして恐らくは、乱菊もギンを追いかけて瀞霊廷を目指したのでしょう。 ギンと乱菊さんは、凄い純愛だたよね。 それは、乱菊が藍染によって魂魄の一部を奪われたからです。 崩玉の研究を進めるため、大量の魂魄を必要としていた藍染は、流魂街へと赴いて住民から魂魄を奪っていたようです。 その悪事に乱菊も巻き込まれたようですが、ギンは偶然にも黒幕の正体を掴みます。 そして、大事な存在である乱菊が奪われたものを取り返すため、死神になって藍染に近づこうとしたのでしょう。 詳しいことは何も伝えずに行動していたギン。 藍染戦の直前でギンと乱菊は会話を交わしますが、こんな時でさえ何も説明しません。 乱菊が追いかけてこないように鬼道で行動を縛り、単騎で藍染と戦い玉砕しました。 最後は藍染の手にかかり死んでしまいますが、死に際には乱菊が彼の元に駆け寄り、泣きながら言葉をかけています。 しかし致命傷を負ったギンには、乱菊が何を言っているのかは分かりません。 その時ギンが思うことは、謝っておいて良かった、でした。 これは藍染の乱で、市丸が虚圏へと向かう際に、乱菊へかけた言葉を指していると思われます。 藍染が乱菊たちを殺害しようとギンの傍へ来た時、断界で最後の月牙天衝をマスターした一護が登場します。 一護の強い眼差しを見て、任せて死ねると考えながら息絶えました。 最後に市丸ギン名言3選 裏切り者と呼ばれても、乱菊への強い思いから、藍染への復讐、乱菊が奪われたものを取り戻す機会を窺っていたギン。 そんな彼が残した名言をご紹介します。 決めたんや。 ボク死神になる。 死神になって変えたる。 乱菊が泣かんでも済むようにしたる。 第48巻 ギンが乱菊の元から去る瞬間の言葉です。 この気持ちを100年以上が経過しても持ち続け、死ぬ間際まで乱菊のことを思っていたのだから、どれほどギンが乱菊のことを愛していたのかが窺えますね。 君が明日蛇となり人を喰らい始めるとして、人を喰らったその口で僕を愛すと咆えたとして、僕は果して今日と同じに君を愛すと言えるだろうか 第47巻 裏切った後も、彼女から愛されていることに嬉しさを感じつつ、もし自分が乱菊の立場なら、同じように愛することができるだろうかと、自問している気がしますね。 ちなみに詩は表紙の人物視点で書かれていると言われています。 いつものようにギンは笑顔を浮かべていますが、心の奥では相当な決意を抱いていたのでしょう。 乱菊、あかんかった。 結局、乱菊のとられたもん、とり返されへんかった。 第48巻 藍染に敗れて乱菊が駆け寄って来た時のセリフですね。 死期を悟った故の発言ですが、100年以上も取り返すことを目指してきたのだから、どれほど無念なのかは計り知れません。 まとめ 今回は市丸ギンの最後について詳しくまとめました。 ギンはとても魅力的なキャラクターであることが分かりましたね。 原作では死亡していますし、仮に原作の続編が始まっても、彼の勇姿を見ることは難しいかもしれません。 しかし乱菊との前日譚は、媒体にかかわらず描かれる日が来ると思います。 その時が来るのを信じて待っていましょう。

次の