鬼滅の刃涙シーン。 【鬼滅の刃】鬼殺隊で死亡したのはだれ!?涙が止まらない最期!命を落とした鬼殺隊メンバーまとめ!

『鬼滅の刃』名言&名シーンをまとめてみた!

鬼滅の刃涙シーン

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】お館様の覚悟 産屋敷耀哉 産屋敷耀哉は鬼殺隊の当主でした。 鬼殺隊の隊士からはお館様と呼ばれていました。 産屋敷家は鬼舞辻無惨と同じ一族で・・・つまり 耀哉と無惨は遠い親戚です。 無惨という者が排出されてしまったことで、産屋敷家は呪われてしまい、生まれてくる子供は病ですぐに死んでしまうようになってしまいました。 そこで代々神職の一族から妻をもらうことで、子供も亡くなりにくくなりましたが、それでも30歳を超えて生きることができない状態が続いています。 耀哉も病に侵され、死期が迫っていたようです。 産屋敷家の館の場所を特定した無惨は、耀哉の前に姿を現します。 鬼殺隊のトップである耀哉を殺しに来た無惨でしたが、それは 耀哉の作戦でもありました。 無惨を仕留めるために、耀哉は無惨もろとも自爆し死亡したのです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】信念を貫いた生き様 煉獄杏寿郎 鬼殺隊の柱の一人で炎柱を務めていた煉獄杏寿郎。 炎の呼吸は水の呼吸と同じくらい昔から存在していた呼吸で、煉獄杏寿郎は 代々炎の呼吸を伝え継いできた煉獄家の長男です。 杏寿郎は母から「 弱き人を助けることは強く生まれた人の責務です」という言葉を大切にしてきました。 その言葉の通り無限列車に乗り合わせた乗客は誰ひとりとして命を落とすことはありませんでした。 煉獄は無限列車で炭治郎たちに会うと、 下弦の壱の魘夢と戦います。 魘夢の血気術にかかってしまいますが、炭治郎たちのおかげで目覚めることができました。 炭治郎と伊之助が魘夢を倒すまで常客300人の命を守りました。 その後突然襲ってきた 上弦の参の猗窩座と対峙します。 何度も鬼にならないかと猗窩座に勧誘されますが、断った煉獄。 炭治郎たちを猗窩座から守ることはできましたが、強さは互角なのにどんどん再生していく猗窩座に勝つことはできませんでした。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】双子の兄と涙の再会 時透無一郎 鬼殺隊の柱の一人、霞柱である時透無一郎。 無一郎は柱の中でも最年少で、刀を握ってから2か月で柱まで上り詰めました。 日の呼吸の末裔であることも判明しています。 11歳で両親を失った無一郎は、双子の兄の有一郎と暮らすことになりました。 産屋敷あまねが二人を鬼殺隊に誘いますが、有一郎が何か企んでいるに決まっているといい追い返してしまいます。 ある夜寝ていたところを鬼に襲われ有一郎は致命傷を負ってしまいます。 無一郎は鬼と戦い滅多打ちし、緒には日光で消滅してしまいますが、有一郎も亡くなってしまいます。 この出来事であまりに深いショックを受けたため無一郎は記憶喪失になってしまいますが、鬼殺隊に入隊しどんどん強くなっていきました。 無一郎は無限城で 上弦の壱の黒死牟と戦います。 しかしいきなり左手を切断されてしまいます。 最期まで黒死牟と戦い、黒死亡が死んだ後に無一郎も亡くなってしまいます。 死んでしまった無一郎を迎えに来たのは有一郎でした。 有一郎は死なないで欲しかったと言い、二人は泣きながら抱き合うのでした。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】実弥が守りたかった弟 不死川玄弥 炭治郎の同期のメンバーの一人で、不死川実弥の弟である玄弥。 玄弥は全集中の呼吸を使うことができません。 鬼を喰らうことで鬼の力を得ることができるという特殊な能力があります。 兄を追って入隊しましたが、実也からは兄弟なんかではないと拒否されていました。 しかし後に それは玄弥に鬼殺隊に入ってほしくなかったからだつたことがわかりました。 不死川玄弥は、無限城の戦いで、上弦の壱と対峙しいきなり胴体を真っ二つに斬られてしまいます。 黒死牟の髪や刀を喰らってパワーアップしながら、柱たちをサポートしますが、 黒死牟に縦に真っ二つにされてしまいます。 鬼と同じように崩れていく玄弥を見て実也が取り乱します。 玄弥は実也に守ってくれてありがとう、俺も兄ちゃんを守りたかったと言いました。 静かに感謝の気持ちを伝えると、微笑みながら崩れて消えていきました。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】無惨への憎しみ届かず 珠世 珠世は過去に鬼の始祖である鬼舞辻無惨に鬼に変えられた女性です。 緒には無惨に呪いをかけられていますが、 珠世は自力で無惨の呪いを解除することに成功しているので、自立して行動することができています。 普通の鬼は無惨の名前を口にするだけで呪いによって死んでしまいますが、珠世は大丈夫です。 生命を維持するために人間を捕食することが必要でしたが、人間の血を摂取するだけで生命を維持することができるようになっています。 本来無惨以外はできない、人を鬼に変えることもできるため、愈史郎は鬼に変えられ、珠世に命を救われました。 炭治郎から禰豆子が長い間人間の肉を食べていないにもかかわらず、凶暴化もしていないという事情を聴いて炭治郎に鬼の血を取ってくるようお願いします。 それから鬼が人間に戻る薬の開発も進め、最後には産屋敷耀哉に協力することになりました。 珠世は 無惨が産屋敷邸を襲撃して来たときに登場して人間に戻る薬を注入することに成功しました。 しかし 一時的に繭のようなものに変化したものの、珠世を吸収して復活します。 珠世は無惨に吸収されて亡くなってしまいました。

次の

【鬼滅の刃】上弦の弐の童磨(どうま)の過去とは?強さや性格を詳しく紹介!

鬼滅の刃涙シーン

引用:鬼滅の刃 1巻 鬼に家族を皆殺しにされ、その上、唯一生き残った妹までも怪物になるという絶望。 これ以上にない悲劇です。 そこで炭治郎が額を雪に押し付けて 禰豆子 ねずこの命を懇願するさまを、 普通なら感慨深く眺めてしまいそうなものです。 しかし冨岡義勇には、 そうあるべきでない ・・・・・・・・・と分かっていたのでしょう。 いま立ち上がって拳を握らなければ、これから先、ずっと俯いたままで生きていくことになると。 ある意味で究極の悪役を受け持ったこのシーン。 炭治郎の生きる意味を問い、気構えを持たせ、先達として導く。 そういった彼の心が詰まった、印象深い一喝の場面なのでした。 9位:継国兄弟の対峙 引用:鬼滅の刃 20巻 無残によって鬼と化した 黒死牟 こくしぼうと、最強の剣士・ 縁壱 よりいちの再会。 分かたれた兄弟の縁が、もっとも望まぬ形の邂逅を果たしてしまいます。 始まりの剣士として呼吸を世に広めた男たちですが、その征く道はまったく異なるものとなってしまいました。 誰よりも優れた弟と、それを羨んだ兄。 非の打ち所がない人間の影となることが、苦しみにまみれたものであったことを物語っています。 対して縁壱も、決して悩みのない生涯であったとは言えません。 家族から鬼を生み出してしまうことは、鬼殺隊であるならなおのことでしょう。 それでもなお、彼の懐には、兄から貰った宝物の笛がしまい込まれていました。 たとえ鬼に転じても、彼は幼少からずっと兄を慕っていたんでしょうね。 「 お労しや 兄上」 涙を流す老剣士の姿は、心に迫るものがあります。 8位:結核の青年 引用:鬼滅の刃 17巻 かつて 鳴柱と呼ばれた男、桑島慈悟郎。 現在は引退し、今では育手として善逸、そして 獪岳 かいがくの両名を後継者とし、雷の呼吸の未来を託しました。 しかし力への歪んだ欲望をむき出しにした 獪岳 かいがくは、鬼殺隊を裏切り、鬼に転化することを決意。 上弦の末席を拝領すると、善逸の前に敵として立ちはだかりました。 自らの門弟から逆徒を排出したことに責を感じ、桑島はひとり腹を召して、この世を去りました。 それを善逸が知ったのは、一通の手紙。 彼が感じた途方もない怒りと喪失感は、筆舌に尽くし難いものがあったでしょう。 これまでは眠らないとロクに戦えなかった善逸が、自らの意思で兄弟子を葬るシーンは感慨深いものがありましたね。 6位:不死川兄弟の過去 引用:鬼滅の刃 13巻 不死川 しなずがわ兄弟が袂を分かつきっかけとなった事件。 鬼と化して家族を襲う母、それを殺した兄と、責める弟。 どう転んでも不幸せしかもたらさない、 最低最悪の鬼による被害です。 風柱・ 不死川 しなずがわは弟が鬼殺の宿命に囚われることを恐れ、「 自分に弟は居ない」と公言するように。 愛想がなく狂人ぶった無頼漢に見えて、家族を想う気持ちはこの頃から少しも変わっていなかったんですね。 これも竈門一家との対比のような一面があり、仮に 禰豆子 ねずこが人を襲う化物となっていれば、炭治郎はそれを命懸けで止める必要があったでしょう。 たまたま運良くそうならなかっただけで、悲劇的なストーリーはすぐ側にまで迫っていたということになります。 5位:煉獄の死 引用:鬼滅の刃 11巻 侍の目をかんざしで突いてしまい、報復に生きたまま焼き殺された梅。 兄の 妓夫太郎 ぎゅうたろうは神と仏を呪い、鬼と化して人の道を外れることを選んだのでした。 この物悲しいエピソードは、鬼に堕ちた者らの中でも群を抜いて目立ちます。 望まれない厄介者の兄、見目麗しくも心が貧しい妹。 鬼として彼らが犯した罪は擁護することなど出来ませんが、少なくとも人間であった頃の彼らは憐れで、同情に値する生い立ちを持っています。 作中では兄弟姉妹、そして家族の絆についての対比が、 竈門 かまど兄妹へ何度も突き付けられます。 同じような境遇に瀕していた炭治郎が、 妓夫太郎 ぎゅうたろうのような未来を辿らなかったのは 必然でしょうか? 仮にほんの少し歯車が噛み違えば、これは炭治郎と 禰豆子 ねずこの物語だったのかもしれません。 ちなみに作中で梅の名前の元となった病気というのは、『 梅毒』 当時は治療も芳しくなく亡くなることの多かった、代表的な性病です。 こんな名前を貰った彼女を不憫に感じても、それは人として誤ったことではないでしょうね。 3位:俺はお前たちと違う 引用:鬼滅の刃 15巻 「俺はお前たちとは違う」 そう言い、他の柱と距離を置いていた冨岡義勇。 一見すると誰をも見下しているようなその態度ですが、真相はまるで異なるものでした。 かつて鱗滝のもとで共に修練に励んだ同胞・ 錆兎 さびと。 誰よりも優秀な友が自身を犠牲にして、最終選別を生き残らせてくれた。 義勇の中には彼の死がいつまでもこびり付いて離れず、同時に弱い自分を責め続けることに。 水柱となった今でもなお、自分が 鬼殺の隊士に相応しくないと考えていたのです。 これまで人を寄せ付けない態度を保っていた義勇の過去が明らかになり、彼の自己への過小評価が原因であったことが判明するシーン。 冒頭1巻でも炭治郎と繋がりのあった錆兎のエピソードだけに、感極まるような一場面でしたね。 2位:おはよう 引用:鬼滅の刃 6巻 禰豆子 ねずこが人を襲わない鬼であることを示すため、鱗滝と冨岡が命を賭すシーン。 仮に彼女が人間を手にかけた時は、腹を召して詫びを入れると宣言しました。 たかが行き倒れの兄妹。 そんな彼らを元柱、そして現行の柱であるふたりもの人間が、 自らの腹を引き換えに担保するという決意表明。 その意思を目の当たりにした炭治郎は、たったひとり、涙を浮かべていました。 共に幾年かを暮らした鱗滝はまだしも、ろくすっぽ面識も無い義勇までもが命を賭すことは、さぞ炭治郎には驚きで、そして有り難いことだったでしょう。 他の柱にはなんてことない酌量の手紙でしたが、それは 竈門 かまど兄妹にとってはまるで違う意味を持つ、 何よりも暖かい 文 ふみだったのです。

次の

鬼滅の刃のアニメで泣けるシーンは何話?感動する名場面を人気順にまとめ!

鬼滅の刃涙シーン

『鬼滅の刃』泣けるシーンTOP5はコレ! 第5位 人生に絶望した青年に炭治郎がかける言葉が泣ける 無事に鬼殺隊の一員となった炭治郎が、毎夜少女が失踪しているという初の任務地で鬼と戦った末のシーンです。 そこで出会ったのは、恋人「里子」をさらわれてしまった青年「和巳」でした。 和巳はショックのあまり体はやつれ、おぼつかない足取りでフラフラと歩く、まるで抜け殻のような姿になっていました。 そんな和巳の恋人を襲ったのは、能力のある鬼しか使えない 血鬼術という技を持つ異能の鬼「沼鬼」。 若くて鮮度の良い少女を喰らう卑劣な鬼です。 無事に沼鬼を退治した炭治郎でしたが、和巳の恋人「里子」はすでに鬼に喰われていて、和巳のもとへ戻ることはなかったのです…。 その事実を突きつけられ、呆然とする和巳。 そんな和巳に向かって炭治郎は励ましの言葉をかけまます。 「失っても、失っても、生きていくしかないのです。 どんなに打ちのめされようと…」。 しかし和巳はそんな炭治郎の言葉に対して暴言を吐いてしまいます。 「お前に何がわかるんだ。 お前みたいな子どもに!」と悲しみと怒りをぶつけてしまうのです。 しかし、炭治郎の表情から辛い過去を背負っていることは一緒なのだと悟り、謝罪して感謝の念を伝えます。 最後に手を振る炭治郎の手を見て、「痛ましい硬く鍛え抜かれ分厚い、少年の手ではなかった」と何かを悟り泣き崩れる和巳。 鬼に大切な人を奪われた青年にかけた、炭治郎のどこか切なくて愛のある言葉。 人生、生きていたらたくさんの苦しみや悲しみが襲ってくることもあります。 それでも、人は生きていく…。 どんなに辛くても、懸命に生きていく。 このシーンはアニメ版 第7話で見られます。 炭治郎の鬼殺隊としての初舞台を最初から最後まで見届けるためにも、第6話とあわせて視聴することをオススメします。 第4位 善逸が炭治郎の大切なものを守る強さに涙 炭治郎が大切にしていつも身につけていた箱を善逸が 命をかけて守り続けたシーンです。 屋敷での任務の際に、屋敷の外に禰豆子が入った箱を置いていった炭治郎。 そこに、鬼の気配を感じた伊之助がやってきて、箱の中のものを始末しようとします。 しかし、そこに居合わせた善逸は「この箱には触れさせない!」と必死に箱を守ろうとするのです。 屋敷での鬼との戦いで既に傷ついているのに…。 実は誰よりも耳が良い善逸。 箱の中に鬼がいることを音で感じ取っていたのです。 にもかかわらず、 出会って間もない炭治郎のことを誰よりも優しい音を持っていると言って信じ、箱を守り抜くのです。 普段はビビリで臆病な善逸が 初めて男を見せたシーンでもあります。 伊之助は容赦なく殴ったり蹴ったり…善逸は伊之助の攻撃により大怪我をするのですが、炭治郎が帰ってくるまで決して木箱を離しません。 屋敷の外に戻ってきた炭治郎に対し、善逸はボコボコに傷ついた姿で言ったセリフがこちら。 「 炭次郎…俺…守ったよ…。 手鬼は、江戸時代に鱗滝左近次によって捕まえられ、最終選別が行われる藤襲山にて長年生き延びてきた見た目がものすごくグロい鬼。 そんな手鬼を倒してみせる炭治郎。 その時、 死んだ手鬼から悲しいニオイがしたのです。 炭治郎は鬼の手を握り、殺された他の子どもたちに「鬼は殺したから安心して」と心の中で報告するとともに、 「神様どうかこの人が生まれてくる時は鬼になんてなりませんように」と鬼にまで寄り添う優しい姿を見せるのです。 手鬼は人間だったとき、怖がりで兄にいつも手を握ってもらっていた可愛らしい無垢な少年でした。 鬼と化した手鬼は、 自らの手で大好きだったお兄ちゃんを喰らってしまうという悲しい過去の持ち主だったのです。 大好きだった兄の存在すら忘れていた手鬼ですが、炭治郎が握った暖かい手で兄のことを思い出し、消滅する寸前に大粒の涙とともに消えていきます。 炭治郎が握った手を手鬼がギュッと握り返しているシーンは、まるで人間だった頃の純粋で心の綺麗な少年を彷彿とさせ、醜く卑劣な 手鬼が背負っていた過去の切なさを知ると思わず同情してしまいます。 人を喰らい過ちを犯した鬼にさえも寄り添い、優しさを見せる炭治郎には思わず自分の消え去りたい過去まで受け入れてもらったかのような温もりが感じられます。 このシーンはアニメ版 第4話〜第5話で見られます。 第2位 十二鬼月『累』の家族の物語に号泣 2位にランクインしたのは、十二鬼月のひとりである 『累』の子供の頃の回想シーン。 累は、 家族との絆を強烈に欲し、家族それぞれの役割についてとても強い思いを持つ鬼でした。 彼が異様なまでに「家族の絆」に執着するのは、人間だった頃のある記憶と関係していたのです。 累は人間だった頃、体が弱くて歩くことさえままならない病弱な子どもでした。 そんな累のところに、同じように過去病気に苦しんだ鬼舞辻無惨が現れ、累を鬼にします。 累は鬼になったことで体は丈夫になったものの、自分の栄養を補うために人を喰うようになってしまいます。 鬼になった累に両親は絶望し、累を殺そうとします。 自分の子どもが人を喰らう鬼と化してしまったために、自らの手で子どもの命を絶たなければならなかったことは、 親としてひどく辛い決断だったと思います。 だけれど、累は自分を殺そうとする両親に対して「自分を愛してくれていない」と怒りを覚え両親を亡き者にしてしまいます。 累の目には「両親が親の役割を果たさなかった」「自分の親には本物の絆がなかった」と映っていたんです。 しかし、母親が瀕死の状態で 「丈夫な体に産んであげられなくて…ごめんね…」と累に伝えると、累はあることに気づきます。 累を刺し殺そうとした時に、父親が言った「大丈夫だ、累…。 一緒に死んでやるから…」の言葉の意味をようやく理解するのです。 累の親は、自分の子どもが人を殺した罪を背負って、累と一緒に死ぬつもりだったのです。 絶望し、後悔した時にはもう遅かったのです。 累は鬼となり、人間のときの記憶が失われていく日々の中で、 自分で切った本物の絆を修復しようとしていたんですね。 でも、 他の誰かに求めた偽りの絆ではさらに虚しくなる一方だったのです。 累の後悔の念は悲しくて見ていられませんでした。 最後、首を斬られ体が消えていく中で、「たくさんの人を殺した自分は父さんと母さんと同じ場所に行く資格はない」と反省する累。 そこに出てきた両親は、「 一緒に行くよ、地獄でも。 父さんと母さんは累と同じところに行くよ」と、とても優しく 温かい愛で累を包みます。 僕が悪かったと何度も謝る累の切なすぎるシーンでした。 このシーンは、アニメ版 第21話で見られます。 圧倒的な強さを持った『累』と当時の炭治郎との力の差は一目瞭然。 炭治郎に勝ち目なんてありませんでした。 糸を切ろうとしたところで刀が折れるというまさかの展開に、妹の禰豆子を人質に取られるという絶体絶命の大ピンチ。 炭治郎が使う水の呼吸の 最強の技「生生流転」を使っても累の血鬼術には歯が立ちません。 追い詰められ、死を覚悟した炭治郎の脳裏に、突然家族との思い出が走馬灯のようによぎります。 その瞬間、体の弱かった父親から受け継いだある記憶が炭治郎にさらなる力を与えます。 それは、 「ヒノカミ神楽」という炭治郎独自の呼吸法でした。 水の呼吸からヒノカミ神楽の呼吸に切り替え、再び累に挑む炭次郎。 この窮地に禰豆子も応え、 爆血という禰豆子初の血鬼術が披露されます。 それは己の血を燃やし、炭治郎の力を加速させるとともに鬼だけを攻撃するという驚異的な技。 血に染まった累の糸は燃やされ、炭治郎と一緒に累に攻撃を当てることに成功。 この時、炭治郎は 「俺と禰豆子の絆は!!誰にも!!切り裂けない!!」となんとも泣けるセリフを言い放ちます。 家族を恐怖心で縛りつけ、従わなければ痛めつけるという冷淡な累に、家族を大切にしてきた炭治郎は負けられません!家族を大切にする者として累に全力で挑み、窮地を逃れます。 那田蜘蛛山でのシーンは 第15話〜第21話で見られます また、1位と2位は繋がりがあるので是非一緒に見てくださいね。 いかがだったでしょうか? ここまで泣けるストーリーが豊富なアニメはなかなかないので、TOP5を選ぶのはとても難しかったです。 見れば見るほど涙腺がどんどん緩くなるかもしれませんね。 『鬼滅の刃』は一つ一つの言葉の重みと個性的なキャラクターが爆発する、大人も楽しめる作品です。 特にアニメ版では、サウンドと綺麗な映像の効果で臨場感が増し、涙を誘うシーンがたくさんあります。 今回紹介したシーンの他にも感動の泣けるシーンが盛りだくさんなので、興味がある方は動画配信サービスでチェックしてみてください。

次の