大島康徳 欠陥住宅 細田工務店。 大腸がんの大島康徳がTBSに抗議!欠陥住宅のハウスメーカーは?裁判や慰謝料は?

大島康徳の病院はどこ?今現在ステージは?なんj?自宅が欠陥住宅?

大島康徳 欠陥住宅 細田工務店

「冬はの足元がひどく冷たく、ストーブが欠かせない。 地下のでヒートショックを起こすほど寒い、人間が生活できるような家ではない」と言うのは、プロ野球解説者の大島康徳氏だ。 大島氏といえば、現役時代は中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)で活躍し、現在はNHKのプロ野球解説を務めている。 1983年にホームラン王のタイトルを獲得、現役通算2204安打を記録した、40~50代の元野球少年にとってはプロ野球史に残るまぶしいスター選手のひとりだ。 大島氏が1993年に建てた注文住宅が欠陥住宅問題の渦中にあると聞き、東京・杉並区のご自宅に伺った。 この自宅は、そもそも夫人の実家の近くだったという。 「大島は現役時代、年間半分以上家にいなかった。 子どもは2歳と4歳で実家に世話になることも多かったので、家を建てるならば実家の近くがいいと考えて土地を探した結果、親戚と先代の社長が知り合いだった地場のハウスメーカーHに建築を頼んだのです」(大島氏夫人) 90年8月に通算2000本安打を達成した大島氏は、93年当時も40歳を過ぎたものの現役で活躍していた時期だ。 親戚と共にHの先代社長に面談し「安心して任せてください」と担当する「右腕」建築部長を紹介され、建築がスタートした。 「要望としては、私が東京に出てきたときに地震が多いと感じたので、『地震に強い家』をつくってほしいということ。 台所の食器棚は壁面で、安全性第一。 職業柄、防音、断熱は欠かせないなどというお願いをしました」(大島氏) 32坪の土地の上に、半地下もある地上3階建てで、価格は5000万円超。 引渡しが済み、引越しした大島氏は翌94年に引退し、95年からはプロ野球解説者として駆け回っている。 その後、2000年から02年まで本拠地が東京ドームだった頃の日本ハムファイターズの監督も務めた。 「プロ野球解説のも順調で、当時は頭の中は野球のことばかりで、『欠陥ではないか』という妻の声をさほど重大だとは思いませんでした。 住宅を組んだ人はみんなそうだと思いますが、数千万円のローンもあったため、当時は返済するのに必死でしたしね」(大島氏) だが家を守る夫人は、家の不具合に気づき始めていた。 「それまではあまり病院にかかっていなかったのに、この家に住み始めるとめまい、頭痛、動悸と体調が悪くなったのです。 今になってみれば、部屋が若干傾いていることが原因だと思います。 断熱をしていないので夏は暑い、冬は寒い、すきま風がすごいという有様で、風の強い日は風圧を感じるほど窓がしなり、和室の障子が一晩中バサバサと音を立て、引き戸はガタガタと揺れます。 屋根はペラペラなので雨が降れば雨音でテレビの音も聞こえなくなるほどです」(夫人) 地震に強い家のはずが、洗濯機を回せば家全体が揺れる。 さらにに悩まされている。 「エアコンの排水管をコンクリートの壁に埋めているが、壁の内部で水がたまり、あるときエアコンから水があふれだしてきたのです。 排水工事で対応しましたが、壁の中に残っていた水分が地下の壁全体を腐らせ、そこからカビが発生しました。 玄関の天井も雨漏りでカビだらけになりました。 だが、その欠陥以上に驚くべきは建築したHの対応だ。 Hに大島氏が欠陥を指摘すると、クレイマー扱いされたという。 02年、大島氏が監督を退任し、家にいる時間が多くなり家の不具合にも正面から向き合うようになった。 「毎日家にいるようになると、不具合だらけだと気がつくようになりました。 台所、トイレの排水に傾斜がなく、よく詰まりました。 なぜこんなに詰まるのかと、ことあるごとにHに連絡するのですが、こちらが費用負担する工事には積極的に動くが、欠陥が原因のH負担の修理となると対応が悪くなるのです。 もっともひどかったのは、雨漏りを指摘した時に『応急処置だ』と言ってその部分にティッシュを詰めて、1年半もほったらかしにされました。 こうした不誠実な対応が重なったため、何度も催促せざるを得なかったのですが、それでクレイマー扱いされていました」(大島氏) そして11年3月、東日本大震災が発生する。 幸いにして夫妻は家にいなかったが、家は激しいひび割れが目立っていた。 「急いで帰宅すると、家の中にいた犬が外に飛び出してきました。 その後の余震でも身の危険を感じるほど、ものすごく恐いです。 その夏にテレビで日本建築検査研究所の岩山健一さんを知り、連絡を取りました」(夫人) 専門家の調査によると、16カ所もの大きな欠陥が見つかったという。 (文=椎名民生) あわせて読みたい•

次の

大島康徳が欠陥住宅被害に!工務店の名前が判明!?

大島康徳 欠陥住宅 細田工務店

元プロ野球選手・監督で野球解説者でもある「大島康徳」さん。 プライベートでは5000万円を超える自宅を建て、1994年に引っ越していますが、この新居が欠陥住宅であることを告白しています。 では、そんな欠陥住宅とされる大島さんの自宅はどのような状況だったのでしょうか。 また、大島さんの自宅はどこのハウスメーカー・建設会社が建築してものだったのでしょうか。 名前:大島康徳(おおしまやすのり) 生年月日:1950年10月16日(68歳) 職業:元プロ野球選手・監督、野球解説者 出身:大分県中津市 学歴:大分県立中津工業高等学校 Sponsored Links 大島康徳さんの新居建設は1993年に、親戚と一緒にハウスメーカーHの先代社長に面談し、「安心して任せてください」と先代社長の右腕とされる建築部長を紹介されたことがきっかけで始まりました。 大島さんの要望としては地震に強い家であること、台所の食器棚は壁面収納で安全第一であること、防音・断熱であることをお願いしたと言います。 場所は大島さんの妻の実家が近い方が何かと都合が良いことから、東京都杉並区の阿佐ヶ谷を選びました。 土地の広さは32坪、半地下もある地上3階建てで、価格は5000万円を超えました。 自宅の建設はスムーズに進み、1994年に引渡しが終わります。 当時の大島さんはちょうど現役を引退した頃、これからのプロ野球解説の仕事や家のローンのことで頭がいっぱいで、妻の「(新居が)欠陥住宅ではないか?」という意見も、それほど重要視していませんでした。 しかし、徐々に大島さんも自宅の異変に気がつきます。 2002年に大島さんが監督を退任し、家にいる時間が多くなってからは、さらに家が不具合だらけであることに気がつきます。 一例をあげるのこのようなものでした。 ・断熱材が無い ・すきま風がすごい ・設計図を無視している ・蛍光灯を接着剤で固定している ・洗濯機で家が揺れる ・車庫が浸水する ・雨音でテレビの音も聞こえない ・エアコンから水があふれ出した etc 専門家の調査によると、16ヵ所もの大きな欠陥が見つかったとのことでした。 また、ハウスメーカーに自宅の欠陥に対して修繕の依頼をしても、こちらが費用を負担するケース以外は積極的に動いてくれなかったと言います。 酷い時には雨漏りを指摘すると、応急処置だと言ってその部分にティッシュを詰めて、1年半もほったらかしにされたと大島さんは語っていました。 こうしたハウスメーカーの不誠実な対応が重なったため、何度も催促せざるを得なかったのですが、その行為がクレイマーだとされてしまいます。 そこで大島さんは、建築ジャーナリストの岩山健一さんに家の検査を依頼し、その検査結果を持って会社に対応を求めたのですが、それでもなかなか回答を出てきませんでした。 そうして2ヵ月が過ぎたある日、突然裁判所から調停の書類がと届いたのです。 つまり、ハウスメーカー側が大島さんを訴えたのです。 その訴状には大島さんの人格を否定するような表現があったとのことで、到底納得できない事態に弁護士に相談して裁判をすることになりました。 ここから5年半も続く裁判が始まったのです。 持病を抱える大島さんにとって、この裁判はまさに命がけでした。 では、大島さんと裁判をすることになったこの「ハウスメーカーH」とはどんな会社だったのでしょうか? 杉並区阿佐ヶ谷でハウスメーカーを検索してみると「細田工務店」(株式会社細田工務店)という建設会社があがってきました。 細田工務店はイニシャ儿はHで、Wikipediaで「杉並区」を調べてみると、主な企業としても紹介されている地場のハウスメーカであることがわかります。 また、インターネット上でもいくつか大島さんが裁判をしていた建設会社が細田工務店だという記載もありました。 もちろん、推測の域を出ませんが、かなり可能性は高いのではないでしょうか。 裁判結果は到底納得のいくものではなかったという大島さん… 現在、大島さん一家はマンションに引っ越して、大人4人とペット1匹で2LDKの部屋で暮らしています。 杉並区の自宅は別の建設会社・秀光ビルド(株式会社秀光ビルド)に依頼しました。 大島さんは秀光ビルドの社長と直接会い、今回裁判に至ってしまった経緯や将来への不安などについて話したところ、誠意をもって対応してくれたとのことです。 長かった裁判も終わり、今度こそ大島さんが望むような自宅に家族みんなが安心して過ごせるようになればと願うばかりです。 Sponsored Links.

次の

細田工務店の口コミと評判|ハウスメーカー比較ランキング

大島康徳 欠陥住宅 細田工務店

「冬はの足元がひどく冷たく、ストーブが欠かせない。 地下のでヒートショックを起こすほど寒い、人間が生活できるような家ではない」と言うのは、プロ野球解説者の大島康徳氏だ。 大島氏といえば、現役時代は中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)で活躍し、現在はNHKのプロ野球解説を務めている。 1983年にホームラン王のタイトルを獲得、現役通算2204安打を記録した、40~50代の元野球少年にとってはプロ野球史に残るまぶしいスター選手のひとりだ。 大島氏が1993年に建てた注文住宅が欠陥住宅問題の渦中にあると聞き、東京・杉並区のご自宅に伺った。 この自宅は、そもそも夫人の実家の近くだったという。 「大島は現役時代、年間半分以上家にいなかった。 子どもは2歳と4歳で実家に世話になることも多かったので、家を建てるならば実家の近くがいいと考えて土地を探した結果、親戚と先代の社長が知り合いだった地場のハウスメーカーHに建築を頼んだのです」(大島氏夫人) 90年8月に通算2000本安打を達成した大島氏は、93年当時も40歳を過ぎたものの現役で活躍していた時期だ。 親戚と共にHの先代社長に面談し「安心して任せてください」と担当する「右腕」建築部長を紹介され、建築がスタートした。 「要望としては、私が東京に出てきたときに地震が多いと感じたので、『地震に強い家』をつくってほしいということ。 台所の食器棚は壁面で、安全性第一。 職業柄、防音、断熱は欠かせないなどというお願いをしました」(大島氏) 32坪の土地の上に、半地下もある地上3階建てで、価格は5000万円超。 引渡しが済み、引越しした大島氏は翌94年に引退し、95年からはプロ野球解説者として駆け回っている。 その後、2000年から02年まで本拠地が東京ドームだった頃の日本ハムファイターズの監督も務めた。 「プロ野球解説のも順調で、当時は頭の中は野球のことばかりで、『欠陥ではないか』という妻の声をさほど重大だとは思いませんでした。 住宅を組んだ人はみんなそうだと思いますが、数千万円のローンもあったため、当時は返済するのに必死でしたしね」(大島氏) だが家を守る夫人は、家の不具合に気づき始めていた。 「それまではあまり病院にかかっていなかったのに、この家に住み始めるとめまい、頭痛、動悸と体調が悪くなったのです。 今になってみれば、部屋が若干傾いていることが原因だと思います。 断熱をしていないので夏は暑い、冬は寒い、すきま風がすごいという有様で、風の強い日は風圧を感じるほど窓がしなり、和室の障子が一晩中バサバサと音を立て、引き戸はガタガタと揺れます。 屋根はペラペラなので雨が降れば雨音でテレビの音も聞こえなくなるほどです」(夫人) 地震に強い家のはずが、洗濯機を回せば家全体が揺れる。 さらにに悩まされている。 「エアコンの排水管をコンクリートの壁に埋めているが、壁の内部で水がたまり、あるときエアコンから水があふれだしてきたのです。 排水工事で対応しましたが、壁の中に残っていた水分が地下の壁全体を腐らせ、そこからカビが発生しました。 玄関の天井も雨漏りでカビだらけになりました。 だが、その欠陥以上に驚くべきは建築したHの対応だ。 Hに大島氏が欠陥を指摘すると、クレイマー扱いされたという。 02年、大島氏が監督を退任し、家にいる時間が多くなり家の不具合にも正面から向き合うようになった。 「毎日家にいるようになると、不具合だらけだと気がつくようになりました。 台所、トイレの排水に傾斜がなく、よく詰まりました。 なぜこんなに詰まるのかと、ことあるごとにHに連絡するのですが、こちらが費用負担する工事には積極的に動くが、欠陥が原因のH負担の修理となると対応が悪くなるのです。 もっともひどかったのは、雨漏りを指摘した時に『応急処置だ』と言ってその部分にティッシュを詰めて、1年半もほったらかしにされました。 こうした不誠実な対応が重なったため、何度も催促せざるを得なかったのですが、それでクレイマー扱いされていました」(大島氏) そして11年3月、東日本大震災が発生する。 幸いにして夫妻は家にいなかったが、家は激しいひび割れが目立っていた。 「急いで帰宅すると、家の中にいた犬が外に飛び出してきました。 その後の余震でも身の危険を感じるほど、ものすごく恐いです。 その夏にテレビで日本建築検査研究所の岩山健一さんを知り、連絡を取りました」(夫人) 専門家の調査によると、16カ所もの大きな欠陥が見つかったという。 (文=椎名民生) あわせて読みたい•

次の