不労所得。 不労所得だけで月10万は実現できる?シミュレーションしてみた

不労所得でセミリタイアを目指す30代のブログ

不労所得

老後の年金不足対策として株式投資・不動産投資などの「不労所得」を得られる手段に注目が集まっています。 また、近年は個人でも気軽に始められるアフィリエイト広告収入なども話題で、貯蓄や働けなくなった時の保険として現役世代のうちから副収入の確保に取り組みたいという方も少なくないのではないでしょうか? この記事では、代表的な不労所得の種類や収入を得る仕組みをご紹介していきますので、将来安定した不労所得を手に入れたいという方は参考にしてみてください。 2-1. 2-2. 2-3. 2-4. 2-5.• 1 不労所得とは 不労所得とは、利子・配当金・家賃・地代などのように、自分自身で働くことなく得られる収入のことです。 具体的には、「預貯金の利子」「株式の配当金」「アパート・マンションの家賃収入」などが該当し、自分自身が労働しない間もお金が入ってくる仕組みを作ることを差します。 ただ、「株式の配当金」や「家賃収入」などは必ず得られるものではなく、どの株式を購入すれば良いか、どの物件を購入すれば安定した入居が期待できるか、といったことを見極めるための情報収集や知見などが必要となってきます。 また、ブログやユーチューブ動画などの配信後に得られる広告収入も不労所得に含めることができます。 インターネット上に動画などをアップロードすれば、視聴回数に応じて継続的に広告収入が得られるというものです。 しかし、配信するためにはコンテンツの制作が必要になり労力が伴うことも多いため、すでにコンテンツ資産を保有している方や作業によほど慣れていない方でないと「不労」という観点からはやや疑問が残ります。 また、広告収入も「株式の配当金」や「家賃収入」と同様に、コンテンツを配信すれば必ず収入に繋がるというわけではありません。 このように不労所得と言われている方法でも、実際に収入を得るまでにはノウハウ・知識の習得に多くの時間と労力が必要になったり、収入を得られるようになってからも仕組みの継続性を維持管理することが重要になったりするケースがあります。 さらに不労所得の種類によっては、取り組み方次第で労力や収入が変化するということを留意しておく必要があります。 特にインターネット上で紹介される不労所得の種類は多種多様であり、安易に動き始めると後悔することもあるため、慎重に考えることが大切です。 2 不労所得を得る代表的な5つの方法 不労所得を獲得する方法は様々ありますが、ここでは代表的な方法を見ていきます。 2-1 株式投資・FX投資(配当、スワップ金利など) 投資は不労所得を得られる代表的方法の1つです。 中でも株式投資やFX投資は、未経験者でも比較的手軽に始められるのが特徴です。 株式投資 株式投資は、証券取引所に上場されている株を売買することで、配当金(インカムゲイン)や売却益(キャピタルゲイン)を得ることを目的とする投資法です。 配当金とは、株式を一定期間保有することで得られるお金のことです。 配当の金額は企業によって異なりますが、東京証券取引所第一部の企業の場合、2020年2月時点の平均配当利回りは年1. 98%(単純平均)となります(参照:日本取引所グループ「」。 配当利回りとは、株価に対する年間配当金の割合のことで、預貯金の利子よりも高いのが特徴です。 例えば、株価1,200円の株式を1,000株保有し、配当利回りが2%だった場合の配当金額は24,000円になります。 ただし、企業業績が悪化すれば減配(配当が減ること)や無配(配当なし)になるなどのリスクを伴います。 また、株の売買による売却益も不労所得の一つになります。 株式投資では売却により1年間の配当金より大きなリターンを狙えるのがメリットです。 しかし、株価は上昇するとは限らず、期待する売却益が確保できるまでに多くの時間を要することもあります。 株価の値動きを常に監視する「デイトレード(日計り取引)」などでは、一日中株価ボードに張り付いて取引をしなければならないため、精神的なストレスや負担も多く、向き・不向きが分かれます(なお、手動でトレードを行う場合は不労所得とは定義されません)。 このように株式投資は少ない労力で大きな収入を得る機会もありますが、それと同じくらいの額を損することも十分にあるため、始める際は慎重に検討する必要があります。 株式投資ができる代表的なサービスとしては「」などがあります。 SBI証券では、国内の株式・ETFやREITなどに投資できることはもちろん、IPO投資の取扱銘柄数が最も多く(2019年3月通期:95社中90社)、米国株や中国株、アジアの新興国、海外ETFといった海外投資ができること、投信積立、iDeCoやつみたてNISAなどのサービスなどもあり、用途に応じて使い分けをすることが可能です。 また、国内株式の夜間取引(PTSサービス:朝8:20~夜23:59)などができることや、現物株式の約定代金が50万円までなら手数料50円(税抜き)と業界屈指の低コストで利用できることや、Tポイントで投資信託を買付けることができるなど、サービス面・機能面でも充実しています。 FX投資 FXは「Foreign Exchange」の略で、日本語では「外国為替証拠金取引」といわれる投資です。 具体的には、日本の通貨である円とドルやユーロなどの外国通貨を交換(=売買)して、その差益を得ることになります。 ただし、通貨の価格変動は株式以上に大きい場合がある上、常時監視が必要になるため、ここではFX取引でも不労所得になり得ると「スワップ金利」についてご紹介します。 スワップ金利とは、金利差をもとに各FX会社が設定している「スワップポイント」を意味するものです。 FX取引では2国間の通貨を交換することになりますが、政策金利は国ごとで異なるため、2国間の金利差による影響を受けスワップ金利が発生します。 例えば、金利の低い国の通貨(例:金利1%)で高い国の通貨(例:3%)を買った場合、スワップポイントはプラス2(3%-1%)になります。 このように、高い金利の通貨を買って安い金利の通貨を売ることで、金利差にともなう利益(=スワップポイント)を得ることができます。 ただし逆の場合は損失が発生するため注意が必要です。 2-2 不動産投資(家賃収入、売却益) 不動産投資は、建物・土地などを購入し、それらの賃貸や売却等を通じて収入を得る目的で行われます。 不動産投資での不労所得は、家賃などの賃料(インカムゲイン)と売却益(キャピタルゲイン)がメインになります。 家賃収入の種類には、建物の賃貸による賃料と、土地の賃貸(駐車場等)による賃料があります。 家賃収入は、株式投資などとは異なり、毎月一定額の賃料が見込めるため収益の見通しが立てやすいといったメリットがある一方で、入居者付け・建物の維持管理などの手間と費用がかかります。 ただし、このような物件購入後の一切の管理業務は、管理会社(物件の管理業務を専門に請け負う会社のこと)に委託できるため、働きながら副業として賃貸業を営む会社員や自営業者の方は実際に多くいます。 駐車場賃貸の場合なら、維持管理の手間はさらに少なくなります。 なお、不動産投資は物件取得にかかる費用が高額になりやすいため、銀行から融資を受けて購入した後は、家賃収入でローンを少しずつ返済しながら投資金額の回収を目指すのが基本スタイルになります。 ローンの融資金利は、都心の新築マンションでディベロッパーに豊富な実績があれば優遇金利で1. 毎月の家賃収入の中から、このローンの支払いと毎月・毎年のランニングコスト(管理費や修繕費、税金など)を支払っていき、無事にローンを完済することができれば、物件の家賃収入がすべて自分の不労所得となります。 なお、建物は時間の経過とともに劣化するという性質があるため、長期的に見ると家賃収入や物件価格は減少していきます。 一方、土地は劣化しないと考えられているため、価値が減少することはありません。 (実勢価格は変動します)都市開発や大企業の進出・工場移転があれば、その地域の土地価格が上昇することもあります。 2019年現在の国内不動産市場では、値上がりによる売却益を期待するのは難しい状況となってきていますが、老後に年金以外の収入源を確保したい方や、老後までにまとまった資産を用意しておきたいといった方に向いています。 また、ローンを借りる際に安定した給与収入などを求められることが多いため、個人事業主の方などと比べると、会社員や公務員の方は取り組みやすいと言われています。 なお、都心の新築マンションを中心に企画・開発・販売・管理などを手掛けている会社の例としては、首都圏屈指の豊富な開発実績を有するや東証1部上場のといった不動産投資会社があります。 たとえば、インヴァランスでは、東京都心を中心に23区内の駅徒歩10分以内の好立地を厳選して仕入れており、物件にはアクセルラボが提供しているスマートライフ・プラットフォーム「SpaceCore」を導入することで、スマートホーム化を実現。 最先端のIoT導入により入居者満足度の向上と物件の差別化に成功し、入居率は99. 東京都内を中心に投資用マンションブランド「CREVISTA」「LUXUDEAR」などを100棟以上開発・販売した実績があり、株式会社不動産経済研究所発表の2019年上期首都圏投資用マンション市場動向では供給実績で2位にランキングしています。 また、過去には高輪のマンションでグッドデザイン賞も受賞しているなど、クオリティ面でも非常に高い水準となっています。 空室の不安を解消するサブリースシステムなどもオプションで利用することが可能で、業界では2年更新の契約期間が標準のところ、インヴァランスは5年更新でサポートしているため、空室リスクの軽減に加えて賃料下落のリスクもカバーしています。 都心の好立地な新築マンションということで物件価格は高めですが、入居者の利便性が高く、需要が長期で見込まれる土地を選ぶことで、プロパティエージェントの管理物件の入居率は99. プロパティエージェント 不動産投資会社名 プロパティエージェント サービスサイトURL 本社所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー6F 設立年 2004年 資本金 5億9,610万円(2020年5月時点) 売上高 226億円(2020年3月期) 社員数 109名(2018年9月時点) 上場市場 東証1部上場 上場年 2015年 2-3 印税収入(書籍出版など) 本の出版などにより印税を得るという方法もあります。 印税とは本などを執筆した著作権者が、その著作権の使用の対価として出版者などから得る収入のことです。 出版物の定価や発行部数などに基づいて受け取る印税の割合が決められます。 一方、一般的な個人にとって本の出版は容易ではなく、出版社に応募しても厳しい競争を勝ち抜く必要があります。 生活を支えるだけの印税を得るには、書籍が実際に店頭に並び、何万部・何十万部という売り上げを記録するのが条件となります。 また本の執筆には文章力・専門知識・忍耐力など様々な能力が問われます。 すでに著作物を保有しているという方や仕事上でライティングなどに慣れているという場合は別ですが、これまで執筆したことがない方が急に始めるには難易度の高い作業となるでしょう。 2-4 広告収入(ブログ運営、動画配信など) 自分のブログに広告を掲載したり、Youtubeなどの動画配信サイトで動画に広告を掲載したりして広告収入を得るという方法もあります。 広告収入では、配信しているブログなどの閲覧数が多ければ多いほど広告媒体としての価値が高くなる傾向にあります。 閲覧数が多いサイトや動画に広告を出すと、より多くの消費者にその商品やサービスを認知してもらえ、購入・利用の増加が期待できるという仕組みです。 ブログや動画配信などは閲覧数が増大すれば、多くの広告料を手にすることもできますが、配信内容が魅力的だったり、SNSで話題になったりしないと閲覧数はなかなか増加しません。 また、視聴者を引きつける内容を配信するためには制作に時間が多くかかったり、毎日継続してコンテンツを作り続ける忍耐力が必要になったりします。 アクセスのあるブログや動画チャンネルをすでに持っている場合であれば収入も得やすいですが、印税収入と同様に広告収入のためにゼロから勉強して取り組む、というのはややハードルが高いと言えるでしょう。 2-5 ポイント投資 ポイント投資とは、各企業が提供しているポイントを使って投資信託などの資産運用を行えるサービスのことです。 日々の生活で貯まったポイントを投資に回すことで、運用益を狙うことができます。 代表的なサービスとしては、たとえばSBIネット証券とTポイントを提供しているCCCの合弁会社であるSBIネオモバイル証券の「」というポイント投資サービスでは、Tポイントを使って株式投資ができるという大変便利なポイント投資を実施しています。 dアカウントの取得は誰でも可能なので、ドコモユーザーに限らずdポイントを貯めて使うことができます。 購入した株式からは配当を受け取ることができ、株主優待が貰えるケースもあります。 SMBC日興証券「日興フロッギー」 サービス名 日興フロッギー URL 運営会社名 SMBC日興証券株式会社 本社所在地 東京都千代田区丸の内3-3-1 設立 2009年 代表取締役 近藤 雄一郎 資本金 100億円 手数料 注文金額100万円以下:購入手数料0% 売却手数料0. 5% 注文金額100万円超:購入手数料1% 売却手数料1%(2020年6月時点) 最低投資金額 100円(dポイント100pt) 特定口座(源泉徴収あり) 選択可能(確定申告不要) 主な投資対象 株式など dポイントでは、所有しているポイントを「運用ポイント」に交換し、投資に使うことができるサービス「ポイント投資」も利用することができます。 また、運用ポイントはいつでもdポイントに交換することも可能です。 dポイントは店舗での利用でもらえるだけでなく、ロボアドバイザー「」への投資により資産額に応じてdポイントをもらうことができたり、NTT株を長期保有することでdポイントを受け取ることもできます。 100円から買い付けることができ、現金とポイントを組み合わせての注文も可能です。 一定量のポイント投資でさらにポイントがもらえるといったメリットもあります。 ポイント投資は、これまで株式投資などに興味があるものの、リスクなどから自己資金では踏み切れなかった方でも、サービスで貯まったポイントを利用すれば投資を始めやすいのが特徴です。 一方、貯まったポイントのみで運用する場合、運用額や利益は少額にとどまる点や稼いだポイントの利用範囲が限られている点などがデメリットと言えます。 しかし損失が出た場合でも少額で済むため、ポイント投資は不労所得の中でも「ローリスク・ローリターン」な手法と言えます。 不労所得に取り組む手始めとしては検討しやすいでしょう。 4 まとめ 不労所得を得る方法には、株式投資・FX投資、不動産投資、書籍の出版、ブログ・動画の配信、ポイント投資など多様な方法が存在します。 各々の方法の特徴を上手く利用すれば毎月お小遣い程額からまとまった金額の収入まで得ることも十分可能です。 しかし、いずれの不労所得を得る場合でも「専門性(知見)」や「継続性」などがその成否に大きく影響します。 また、株式投資やFX投資、不動産投資では、「資本」も必要となります。 不労所得を長期的に得続けるのは、「不労」の言葉のイメージほど「簡単で楽なことではない」ということに留意し、ご自身の好みや相性にあった方法を検討してみてください。

次の

サラリーマンでも手軽に始められる「プチ不労所得」の作り方(石川 貴康)

不労所得

世の中には、自分が労働せずに入ってくる不労所得だけで楽しく暮らしている人がいることをご存知でしょうか? 「そんな生活を夢見て不労所得を作りたいけれど、まず何からするのが正解なのかわからない」この記事では、そんな初心者の方に向けて不労所得の作り方をランキングで紹介していきます。 筆者は、サラリーマンをやりながら約5年間で月20万円の不労所得をゼロから作ることができた経験者です。 最初は失敗も多く、10種類以上の投資やビジネスにチャレンジしては失敗と成功を繰り返してきました。 そんな筆者が選んだランキングなので信頼性は高いはず。 「不労所得を作るチャンスはどんな方にもある」と断言できます。 ご自身がこのランキングを参考に一歩踏み出すきっかけにして頂ければ幸いです。 不労所得とは 不労所得とは、自分が働かなくても自動的にお金が入ってくる収入のことを言います。 例えば、• 不動産投資をしてアパートを貸し出し家賃をもらう方法• 株式投資で会社に投資をすることにより利益の一部を分配してもらい配当金を得る方法 などがあります。 近年では、インターネットの普及により資金が少なくても個人で投資をすることで不労所得を作りやすくなってきました。 【体験談】不労所得を作りセミリタイヤするまで 筆者は、会社員として勤めながら休日を利用して不労所得を作り、約5年という短期間で「毎月20万円の不労所得を得る」ことを達成することができました。 普通の法人営業マンとして働いていた筆者は営業以外の特殊なスキルも投資の知識もない状態からスタートし、結果的にサラリーマンとしてもらえる月収と同じくらいの不労所得を得ることができたためセミリタイアを決心しました。 では、なぜスキルも貯金もない自分がセミリタイアを達成できたのか? その理由は、少額でも良いので毎月必ず入ってくる収入をコツコツ作ろうと決意したことです。 まずは、自分のブログからの広告収入や投資信託での配当金、FXでの金利から不労所得を増やしていくことからがスタートでした。 不労所得が少しずつ貯まってきたところで、リターンが大きめである「仮想通貨」や「ソーシャルレンディング」などに投資し始め、資産を拡大していきました。 会社員の最大のメリットは、次の2点です。 簡単にはクビにはならないこと• 給料が毎月安定してもらえること つまり、死ぬことはないため余った資金はすべて不労所得を作るために注ぎ込むことができます。 そのメリットを理解して分散投資してきたことがセミリタイアへの近道となりました。 不労所得を作る前に知っておくべき「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の違い 不労所得を作る前に、まず知っておかなければならない知識が「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の違いです。 この2種類の収入の種類を知っているのと知っていないのとで、今後の不労所得の作り方が大きく変わってきます。 まずは、この2つの所得の違いについて理解していきましょう。 インカムゲイン インカムゲインとは、資産運用の配当金などにより 定期的に入ってくる収入のことです。 売買取引や労働をすることなく、運用したり所有をしているだけで入ってくる収入なので、不労所得とも呼ばれます。 売買利益と比べて利回りは少ない傾向がありますが、毎月安定的に入ってくるという特徴があります。 具体例としては、定期預金の利息やFXでの金利などがあり、株式を所有することで得られる配当金などもインカムゲインです。 キャピタルゲイン キャピタルゲインとは、買ったときと売ったときの 価格差によって得られる売買利益のことです。 安く買って高く売るという方法が一般的なキャピタルゲインでの利益です。 買った時点からの未来の価格を予測する必要があるので、経済の知識と市場を読む力が必須です。 インカムゲインに比べると継続的で安定した収入はありませんが、一時的に大きく利益を増やすことが可能である特徴があります。 そのぶん、投資初心者にとっては失敗するリスクが高くなります。 具体例としては、買ったときよりも高い値段でマンションを売るなどの不動産売却や、株式トレードによる利益などが当てはまります。 不労所得おすすめランキングTOP10 筆者の知識と経験を元に、初心者が最初にはじめるのにおすすめな不労所得をランキング形式で10種類紹介していきます。 それぞれのメリットとデメリット、向いている人と向いていない人などの目線を含めてを紹介していきます。 自分に合った不労所得はどれかを考えながら読み進めていただきたいです。 第10位:国債 国債とは、国に対して個人がお金を貸し出すことでリターン(利息)を受け取ることができる投資商品です。 得られる利益はインカムゲインです。 個人が購入することができる個人向け国債では、満期期間が3年、5年、10年の3種類を選択することができます。 国債の最大のメリットは、元本保証が約束されていることです。 国が破綻する可能性は非常に低いため、コツコツ確実に増やしたいという資産には国債が最も優れた投資方法です。 しかし、満期を待たずに途中解約してしまうと中途解約手数料が発生するため注意が必要です。 国債で得られる想定利回りは個人向け10年国債で約0. 05パーセントとなっており、銀行預金として預けておくよりは利回りが高くなっています。 利回りからもわかるように、国債で不労所得を作ろうと思うとかなり多額の元手資金が必要になります。 国債は、もともと多くの資産を持っている方が着実に増やしていきたいという場合には向いている方法ですが、 不労所得で今の生活を変えたいと考えている方にとっては不向きな方法でしょう。 筆者は、利回りが低い不労所得は避けてきたため、国債には投資したことがありません。 今後現金資産が増えた際には将来に向けての安全資産として利用していこうと考えているため、ランキング第10位に入れました。 第9位:仮想通貨(暗号資産) 仮想通貨(暗号資産)とは、インターネット上で利用することができるデジタルな金融資産のことです。 インターネット上の通貨なので現金のように実物はありませんが、仮想通貨も株のようにネット上で売買することができます。 株やFXとは異なり、仮想通貨の取引は平日・土日関係なく24時間取引することが可能なので、帰宅後や土日に取引したい会社員にはおすすめの方法です。 仮想通貨には、価格の変動(ボラティリティ)が大きいため買ったときと売るときの差が大きくなる傾向があります。 利益も大きくなりやすいのがメリットですが、予想と逆に価格が動いてしまった場合は損失が膨らみやすいというデメリットもあります。 2018年の仮想通貨バブルによって億り人と呼ばれる億万長者が何百人も出たように、時代の波に乗ることができれば短期間で一気に資産を増やすことも可能です。 しかし、今後仮想通貨の市場がどう変化していくのかは予想することは難しく、ギャンブルに近い投資商品と言われています。 ギャンブルだと割り切って投資できる方には向いている投資商品でしょう。 仮想通貨には金利や配当金がないため、利益は売買益のみでキャピタルゲインでです。 毎月入ってくるインカムゲインがないので不労所得とは言いにくいのですが、急騰により短期的な資産増加が見込めるためランキング第9位に入れました。 筆者は、仮想通貨バブルの真っ只中にビットコインに投資してしまったために、1ヶ月で20万円ほど損をしたという苦い経験があります。 しかし、今後の仮想通貨にはまだまだ期待しているため今も毎月積み立て投資を行っています。 第8位:不動産投資 不動産投資とは、マンションやアパート、一戸建てを購入して売買したり賃貸として貸し出すことで利益を得る投資方法です。 不労所得を得るためには、売買するよりも賃貸として家賃収入(インカムゲイン)を得ることを目的にすることをおすすめします。 不動産は、物件に入居者がつくと頻繁に入れ替わることは少ないため、長期に渡って安定した不労所得を得ることが可能です。 しかし、住民トラブルなどにより空室が続く可能性があるデメリットや建物が損傷した際の修理代やリフォーム代が急に必要となるというリスクがあります。 不動産購入から家賃収入を得るまでの期間は、半年から一年が目安です。 元手資金が豊富にある場合は管理会社に手数料を払うことで、さらに収益化までのスピードを早めることができるかもしれません。 不動産投資での不労所得の金額は利回り6パーセントから10パーセントほどを目指すことをおすすめします。 購入する地域や新築、中古によって利回りが大きく異なります。 不動産販売の広告に記載されている利回りには、管理費用などが入っていない表面利回りでの記載が多く、実際は利回りが下がるという物件が多いため注意が必要です。 筆者は、中古アパート投資を民泊として利用することによって不労所得を作ってきたため、今後もおすすめしたい投資方法です。 しかし、始めるためには最低でも100万円以上の元手資金を用意するか、借金をして(ローンを組んで)購入する必要があるため、初心者にはハードルが高い方法です。 不動産投資は非常に安定したインカムゲインとなりますが、サラリーマンの副業や投資初心者にとっての参入の難しさを考えランキング第8位としました。 第7位:株式投資 株式投資とは、企業が発行するの株式を購入することで、利益額に応じて配当金を受け取ったり売買差益を得ることができる投資です。 株式投資は、次の2種類の方法で収入を得ることができるメリットがあります。 一度買ったら放置していてもで配当金を受け取れるインカムゲイン• 売買による差益で利益を出せるキャピタルゲイン 配当金を目当てに投資をした場合に、株価の値下がりによって受け取る配当金よりも損失の方が大きくなってしまう可能性があるというデメリットもあるため注意が必要です。 株式投資での最大のリスクは、会社が倒産すると資産価値がゼロ円の「紙切れ」になってしまうことです。 株式上場している企業なので倒産する可能性は低いですが、リスクとして事前に知っておきましょう。 株式投資で期待できる利回りは、高配当と呼ばれる銘柄で5パーセントから10パーセントです。 高配当株は、不労所得を得るにはぴったりの投資方法ですが、株式運用のプロが多い世界なので、安易に手を出すと初心者が食い物にされやすい傾向にあります。 まずは少額から試すことをおすすめします。 株式投資が初心者にとっておすすめな理由は、自分の身近な企業や好きな業界に投資することができるという部分です。 いつも使っている日用品、家電やゲームなど、好きなものに関わる企業に投資していると思うと単純に嬉しい気持ちになるはずです。 リスクはありますが、好きなものへの投資をきっかけに経済ニュースや市場の動向に興味を持つきっかけになることがあるという前向きな利点を含めてランキング第7位に入れました。 第6位:FX FX(外国為替証拠金取引)は、外国の通貨を売買して利益を得たり金利差によって利益を得る投資方法です。 収入の仕組みは外貨預金と同じですが、FXでは「レバレッジ(てこの原理)」という仕組みを利用することによって自分が持っている取引金額よりも多くの資金で運用をすることができるため、少ない資金で大きな金額の取引が可能となっています。 外国為替市場は平日は24時間変動し続けているため、スマホでいつでも取引ができる方にとってはメリットが大きいです。 しかし、寝ている間にも為替が動いているので、急激な価格変動により損失が膨らんでしまうというリスクがあります。 損失が一定額に達すると「ロスカット」という強制決済システムで自動で決済されてしまうため、使った資金以上の借金を背負う心配はありません。 しかし、資金が一気にゼロ円になってしまうというリスクがあります。 ロスカットの仕組みが初心者にはわかりにくくできていることもデメリットの一つです。 F Xで不労所得を作るためには、売買取引での利益を狙うよりも高金利の通貨を買うことによってもらえる金利を貯めていく方法が効率が良いです。 金利を受け取る方法を選べば、一度購入してあとは放置しておくだけでもチャリンチャリンと金利が増えていきます。 もちろん為替の変動リスクがあるので、大きく価格が下落してしまうともらえる金利よりも変動による損失が増える可能性もあります。 高金利通貨を選べば高利回り10パーセントから20パーセントを狙うことが可能で、買ったその日から金利をもらうことがあるという手軽さは魅力なFXです。 しかし、そんなにうまい話ばかりではないので、急落したときには資金がなくなるという事前の覚悟を持つことが必要です。 そんなハイリスクハイリターンな部分を考慮した上でランキング第6位に入れました。 筆者は、高金利通貨の一つであるトルコリラという通貨に日本円で50万円の投資をし、毎月約3万円分の金利を不労所得として得ています。 高金利な通貨は価格が不安定なことが多いため、急激に値下がりした場合は資産がゼロになるというリスクを理解した上での投資方法です。 筆者のようなハイリスクを取る方法以外にも、購入金額を少なくすることでリスクを減らしていくことは可能です。 余剰資金を少しずつ増やしてみたいという方は試してみることをおすすめします。 第5位:YouTuber YouTuber(ユーチューバー)とは、動画配信サイト「YouTube」に自分のオリジナル動画をアップロードして広告収入を得る方法です。 YouTuberは、スマホ一つで誰でもすぐに始められることがメリットであり「好きなことで生きていく」というキャッチフレーズで有名になるほど自由な発信ができる場所となっています。 収入を得るまでには、まず自分の動画の再生回数とチャンネル登録者数(あなたのファン)を増やしていく必要があります。 人気の動画を作成することができれば寝ている間も世界中で動画が再生され、広告収入が入ってきます。 とはいえ、一本の動画だけがいつまでも再生され続けることは少ないため、継続して動画を制作し続ける必要があります。 ライバルが多いため、相当なセンスやスキルがないと結果が出るまで時間がかかることが多いことがデメリットです。 そして、選ぶジャンルによっては、動画編集や高画質カメラなど高度な技術と機材が必要なこともあるため、始める前にどのくらいの環境を用意するべきかを考えておきましょう。 不労所得としての利回りは未知数です。 収入を作るまでの期間も半年から数年ほどと長めの期間を見据えた継続が必要となります。 非常に先が長く感じますが、投資に使えるお金が少ないけれど、どうにかして不労所得を作りたいという方や誰にも負けないと言えるような趣味や特技がある方にはぴったりの夢のある仕事であるため、ランキング第5位に入れました。 うまくいけば自分の趣味だけを発信して不労所得生活をすることができてしまうかもしれません。 第4位:ブログ・アフィエイト ブログ・アフィリエイトとは、自分で作成したブログ内に広告を貼り、広告主から収入を得る方法です。 ブログに貼り付ける広告には2種類があります。 クリックされるだけで報酬がもらえる自動広告(クリック報酬型)• ブログのリンク先から商品やサービスが売れることによるアフィリエイト広告(成功報酬型) ブログを始めるための初期投資は、数百円から数千円の少額からスタートすることができることがメリットです。 自分の得意な内容の記事を書くことができるため、スタートするための精神的ハードルも低いと言えるでしょう。 デメリットは、ブログを開始してからアクセスが集まるまで最低でも3ヶ月から6ヶ月ほどの継続が必要という点です。 ブログ・アフィリエイトはYouTubeに似た不労所得ですが、動画のように機材や編集などの特殊なスキルが必要なく、文章を書くことだけで始められるというメリットが大きいためランキング第4位に入れました。 筆者は、ブログで不労所得を得るまでに約2年間という長い期間がかかってしまいましたが、現在では何もしなくても月に2万円から3万円の不労所得を得ることができるようになっています。 文章を書くことが好きな人や、書くための時間がある主婦の方などは特におすすめです。 まずは自分の趣味を発信するブログから作成してみると良いでしょう。 第3位:ソーシャルレンディング ソーシャルレンディングとは、「お金を借りたい企業(借り手)」と「お金を貸したい人(投資家)」をインターネット上で結びつけるサービスです。 クラウドファンディングの一種であり、「貸付型クラウドファンディング」とも呼ばれています。 ソーシャルレンディングは、企業に融資した金額の上乗せした金利が収入として入ってくるため、投資した時点で毎月どのくらいの収入が入るのかが決まっているという特徴があります。 利回りは平均して5パーセントから10パーセントと高めで、投資すればあとは放置しておけるというメリットがあります。 ソーシャルレンディングは、投資ではなく「融資」という形となります。 そのため、「貸し倒れ」や「元本割れ」となる可能性があり、途中解約ができないというリスクもあるため、一つの案件ではなく複数に分散して投資していくことが必要です。 放置ができて利回りも高いソーシャルレンディングはメリットが多い投資方法です。 融資する事業についての概要を読み自分の納得いく事業に融資をするだけなので、FXなどの投資とは違い幅広く勉強をする必要がありません。 このソーシャルレンディングなら時間がない方でも手間がかけずに運用でき、ミドルリスク・ハイリターンも目指すことができるため、ランキング第3位にランクインしました。 特に投資をやったことがない初心者やサラリーマンの副業におすすめです。 第2位:iDeCo iDeCoとは、「個人型確定拠出年金」とも呼ばれています。 老後資金を資産運用によって効率良く貯めておくことができる制度です。 メリットは、投資した金額を毎年の所得から控除でき節税になるという点です。 年間上限金額は職業により変動がありますが、会社員で年間27万6,000円が掛け金上限となっています。 上限まで投資した場合、「所得税」と「住民税」が控除となり、年間約5万円分の税負担が少なくなります。 元本を確保したい方は、定期預金や保険を選び。 資産を増やしておきたいという方は元本割れリスクはあるが投資信託を運用するというように、自分のプランに合わせた好みの商品に投資することができます。 一方で、iDeCoの最大のデメリットは60歳まで引き出すことができないという点です。 iDeCoを使えば、節税をしながら確実に老後の資産を増やすことができるため「老後の生活に不安だ」という方には最適な方法です。 60歳になるまで待てないという方や、もっと早く不労所得を作りたいという方には不向きな方法です。 投資するメリットは大きいですが、人によっては時間という大きなデメリットがあるためランキング第2位としました。 第1位:投資信託 投資信託とは、金融機関が運用している投資ファンドにお金を預けて、自分の代わりに資産運用をしてもらうという投資方法です。 投資信託に投資をする最大のメリットは「投資の専門家が自分の代わりに資産運用をしてくれる」ということです。 自分でおおまかな投資先を決めて投資をすれば、あとはプロに任せておくだけでお任せで運用してくれます。 デメリットとしては、利回りが5パーセント以下と低めなことに加えて、運用を任せることによる手数料が高いということです。 投資信託は利回りは3パーセントから5パーセントほどと言われており低い傾向にあります。 しかし、初心者がいきなり株式投資などに知識が必要な投資を始めて大きな損をしてしまうリスクを考えると、プロに運用してもらうことでリスクを抑えて確実な不労所得を作っていくことができるため、高すぎる手数料とは言えないでしょう。 投資信託は、最低100円の低資金から始められて、投資後は放置していても配当金が入ってくるため、初めての不労所得には最適です。 月100円ならどんな人でも始めることができるはずですし、投資の基礎を学ぶことができるため、投資信託がランキング第1位にしました。 初心者の方は、投資信託を少額で始めながら他の投資や方法と合わせて不労所得を作っていくことをおすすめしています。 初心者が不労所得を得るまでの3ステップ ここからは、投資や不労所得を得る経験が浅い投資初心者向けに、不労所得を得るまでの3ステップを解説していきましょう。 不労所得を得るために行動することで利益が出ますが、同時にリスクが伴うため、始めるのが怖いという方も多いと思います。 しかし、自分の投資できる範囲を理解して知識をつけてから始めることができれば初心者でもその分リスクを下げて行うことが可能です。 筆者の経験をもとに、おすすめの3ステップを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 投資に使える金額を把握する• 不労所得の目標額を決める• 投資に失敗する人によくあるパターンとして、使える金額からはみ出した生活費まで投資に使ってしまうことがあります。 大きなリターンを得るためにはそれなりに大きな金額が必要になりますが、焦らずまずは生活が維持できる範囲の余剰資金ではじめることを徹底してください。 サラリーマンの方は、自分の給料から生活費を引いた後にどのくらいの金額が余るのかを計算することも忘れずに行いましょう。 実は、このステップを行うと残る金額が少ない現実に直面し、心が痛む可能性があります。 それでも現実をそのまま受け入れ、変えていく力に変えていきましょう。 金額はできる限り具体的な金額を意識して、「月2万円」や「月10万円」というように決めることをおすすめします。 目標額が決まっていないと投資する商品や方法を選べなくなってしまうため、事前に決めておく必要があります。 「半年後」「1年後」「3年後」などと期間に分けて具体的な目標を決めていくことがおすすめです。 ランキングの中から気になる不労所得を選び、必要な資金を準備します。 使える資金に応じてどのくらいのリターンが返ってくるのかをそれぞれ計算してみましょう。 選び方のコツとしては、複数の投資先に分散投資することです。 1つの種類に全額投資せず、2つ以上は試してみるようにしましょう。 副業としておすすめの不労所得の選び方 会社員の方の副業としておすすめな不労所得の選び方には、ポイントが3つあります。 放置できる方法を優先する• 分散投資• 悩みすぎない 実は、投資を始めることは簡単ですが、自分に合った商品選びをできている人は少ないのが現状です。 自分がどんな人生を歩みたいのかを見つめ直すきっかけになればと思っています。 では、それぞれを詳しく解説していきます。 サラリーマンの副業として不労所得を作るためには、限られた少ない時間で作り上げる必要があります。 そのため、じっくりと勉強したり毎日取引している時間はありません。 したがって、「キャピタルゲイン」よりは「インカムゲイン」でコツコツと入ってくる収入を意識しましょう。 分散投資とは、一つの方法に全ての資金を使わなずに分散させる方法です。 初心者のうちは、まず2つ以上の方法を試してみましょう。 もし手元に20万円の資金があるのなら、10万円ずつを別々の投資に使ってみることをおすすめします。 悩みすぎないことは、シンプルに見えて実は投資の成功に重要なポイントです。 使える金額と目標が決定し、投資する商品をを2つ以上に分散することが決まれば、あとは行動するだけです。 早めに投資を始めればその分だけの利回りが増えていくため、悩んでいる時間を減らし1日も早く始めることをおすすめします。 投資することで自分の知識も豊富になっていき成功確率も上がっていくはずです。 まとめ 不労所得を作ったことがない初心者に向けて、ランキング形式で不労所得を作る方法と自分に合った選び方を紹介しました。 以前まで、不労所得を作るためには多額の投資資金を用意してマンションを買ったり株を買ったりという限られた方法しかありませんでしたが、インターネットの普及で投資資金が少なくても作る手段が増えてきました。 元手資金がない人は、アフィリエイト・ブログやYouTubeからスタートすることがおすすめですが、資金がある方は「投資信託」と「ソーシャルレンディング」に分散投資をすることで、リスクを分散しながら利回りの高い不労所得を作っていくことがおすすめです。 本業でのお給料を使える範囲で運用することで、不労所得を少しずつ育てていきましょう。

次の

不労所得ランキングTOP10!まずは「月3万円」から始めるおすすめ方法

不労所得

世の中には、自分が労働せずに入ってくる不労所得だけで楽しく暮らしている人がいることをご存知でしょうか? 「そんな生活を夢見て不労所得を作りたいけれど、まず何からするのが正解なのかわからない」この記事では、そんな初心者の方に向けて不労所得の作り方をランキングで紹介していきます。 筆者は、サラリーマンをやりながら約5年間で月20万円の不労所得をゼロから作ることができた経験者です。 最初は失敗も多く、10種類以上の投資やビジネスにチャレンジしては失敗と成功を繰り返してきました。 そんな筆者が選んだランキングなので信頼性は高いはず。 「不労所得を作るチャンスはどんな方にもある」と断言できます。 ご自身がこのランキングを参考に一歩踏み出すきっかけにして頂ければ幸いです。 不労所得とは 不労所得とは、自分が働かなくても自動的にお金が入ってくる収入のことを言います。 例えば、• 不動産投資をしてアパートを貸し出し家賃をもらう方法• 株式投資で会社に投資をすることにより利益の一部を分配してもらい配当金を得る方法 などがあります。 近年では、インターネットの普及により資金が少なくても個人で投資をすることで不労所得を作りやすくなってきました。 【体験談】不労所得を作りセミリタイヤするまで 筆者は、会社員として勤めながら休日を利用して不労所得を作り、約5年という短期間で「毎月20万円の不労所得を得る」ことを達成することができました。 普通の法人営業マンとして働いていた筆者は営業以外の特殊なスキルも投資の知識もない状態からスタートし、結果的にサラリーマンとしてもらえる月収と同じくらいの不労所得を得ることができたためセミリタイアを決心しました。 では、なぜスキルも貯金もない自分がセミリタイアを達成できたのか? その理由は、少額でも良いので毎月必ず入ってくる収入をコツコツ作ろうと決意したことです。 まずは、自分のブログからの広告収入や投資信託での配当金、FXでの金利から不労所得を増やしていくことからがスタートでした。 不労所得が少しずつ貯まってきたところで、リターンが大きめである「仮想通貨」や「ソーシャルレンディング」などに投資し始め、資産を拡大していきました。 会社員の最大のメリットは、次の2点です。 簡単にはクビにはならないこと• 給料が毎月安定してもらえること つまり、死ぬことはないため余った資金はすべて不労所得を作るために注ぎ込むことができます。 そのメリットを理解して分散投資してきたことがセミリタイアへの近道となりました。 不労所得を作る前に知っておくべき「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の違い 不労所得を作る前に、まず知っておかなければならない知識が「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の違いです。 この2種類の収入の種類を知っているのと知っていないのとで、今後の不労所得の作り方が大きく変わってきます。 まずは、この2つの所得の違いについて理解していきましょう。 インカムゲイン インカムゲインとは、資産運用の配当金などにより 定期的に入ってくる収入のことです。 売買取引や労働をすることなく、運用したり所有をしているだけで入ってくる収入なので、不労所得とも呼ばれます。 売買利益と比べて利回りは少ない傾向がありますが、毎月安定的に入ってくるという特徴があります。 具体例としては、定期預金の利息やFXでの金利などがあり、株式を所有することで得られる配当金などもインカムゲインです。 キャピタルゲイン キャピタルゲインとは、買ったときと売ったときの 価格差によって得られる売買利益のことです。 安く買って高く売るという方法が一般的なキャピタルゲインでの利益です。 買った時点からの未来の価格を予測する必要があるので、経済の知識と市場を読む力が必須です。 インカムゲインに比べると継続的で安定した収入はありませんが、一時的に大きく利益を増やすことが可能である特徴があります。 そのぶん、投資初心者にとっては失敗するリスクが高くなります。 具体例としては、買ったときよりも高い値段でマンションを売るなどの不動産売却や、株式トレードによる利益などが当てはまります。 不労所得おすすめランキングTOP10 筆者の知識と経験を元に、初心者が最初にはじめるのにおすすめな不労所得をランキング形式で10種類紹介していきます。 それぞれのメリットとデメリット、向いている人と向いていない人などの目線を含めてを紹介していきます。 自分に合った不労所得はどれかを考えながら読み進めていただきたいです。 第10位:国債 国債とは、国に対して個人がお金を貸し出すことでリターン(利息)を受け取ることができる投資商品です。 得られる利益はインカムゲインです。 個人が購入することができる個人向け国債では、満期期間が3年、5年、10年の3種類を選択することができます。 国債の最大のメリットは、元本保証が約束されていることです。 国が破綻する可能性は非常に低いため、コツコツ確実に増やしたいという資産には国債が最も優れた投資方法です。 しかし、満期を待たずに途中解約してしまうと中途解約手数料が発生するため注意が必要です。 国債で得られる想定利回りは個人向け10年国債で約0. 05パーセントとなっており、銀行預金として預けておくよりは利回りが高くなっています。 利回りからもわかるように、国債で不労所得を作ろうと思うとかなり多額の元手資金が必要になります。 国債は、もともと多くの資産を持っている方が着実に増やしていきたいという場合には向いている方法ですが、 不労所得で今の生活を変えたいと考えている方にとっては不向きな方法でしょう。 筆者は、利回りが低い不労所得は避けてきたため、国債には投資したことがありません。 今後現金資産が増えた際には将来に向けての安全資産として利用していこうと考えているため、ランキング第10位に入れました。 第9位:仮想通貨(暗号資産) 仮想通貨(暗号資産)とは、インターネット上で利用することができるデジタルな金融資産のことです。 インターネット上の通貨なので現金のように実物はありませんが、仮想通貨も株のようにネット上で売買することができます。 株やFXとは異なり、仮想通貨の取引は平日・土日関係なく24時間取引することが可能なので、帰宅後や土日に取引したい会社員にはおすすめの方法です。 仮想通貨には、価格の変動(ボラティリティ)が大きいため買ったときと売るときの差が大きくなる傾向があります。 利益も大きくなりやすいのがメリットですが、予想と逆に価格が動いてしまった場合は損失が膨らみやすいというデメリットもあります。 2018年の仮想通貨バブルによって億り人と呼ばれる億万長者が何百人も出たように、時代の波に乗ることができれば短期間で一気に資産を増やすことも可能です。 しかし、今後仮想通貨の市場がどう変化していくのかは予想することは難しく、ギャンブルに近い投資商品と言われています。 ギャンブルだと割り切って投資できる方には向いている投資商品でしょう。 仮想通貨には金利や配当金がないため、利益は売買益のみでキャピタルゲインでです。 毎月入ってくるインカムゲインがないので不労所得とは言いにくいのですが、急騰により短期的な資産増加が見込めるためランキング第9位に入れました。 筆者は、仮想通貨バブルの真っ只中にビットコインに投資してしまったために、1ヶ月で20万円ほど損をしたという苦い経験があります。 しかし、今後の仮想通貨にはまだまだ期待しているため今も毎月積み立て投資を行っています。 第8位:不動産投資 不動産投資とは、マンションやアパート、一戸建てを購入して売買したり賃貸として貸し出すことで利益を得る投資方法です。 不労所得を得るためには、売買するよりも賃貸として家賃収入(インカムゲイン)を得ることを目的にすることをおすすめします。 不動産は、物件に入居者がつくと頻繁に入れ替わることは少ないため、長期に渡って安定した不労所得を得ることが可能です。 しかし、住民トラブルなどにより空室が続く可能性があるデメリットや建物が損傷した際の修理代やリフォーム代が急に必要となるというリスクがあります。 不動産購入から家賃収入を得るまでの期間は、半年から一年が目安です。 元手資金が豊富にある場合は管理会社に手数料を払うことで、さらに収益化までのスピードを早めることができるかもしれません。 不動産投資での不労所得の金額は利回り6パーセントから10パーセントほどを目指すことをおすすめします。 購入する地域や新築、中古によって利回りが大きく異なります。 不動産販売の広告に記載されている利回りには、管理費用などが入っていない表面利回りでの記載が多く、実際は利回りが下がるという物件が多いため注意が必要です。 筆者は、中古アパート投資を民泊として利用することによって不労所得を作ってきたため、今後もおすすめしたい投資方法です。 しかし、始めるためには最低でも100万円以上の元手資金を用意するか、借金をして(ローンを組んで)購入する必要があるため、初心者にはハードルが高い方法です。 不動産投資は非常に安定したインカムゲインとなりますが、サラリーマンの副業や投資初心者にとっての参入の難しさを考えランキング第8位としました。 第7位:株式投資 株式投資とは、企業が発行するの株式を購入することで、利益額に応じて配当金を受け取ったり売買差益を得ることができる投資です。 株式投資は、次の2種類の方法で収入を得ることができるメリットがあります。 一度買ったら放置していてもで配当金を受け取れるインカムゲイン• 売買による差益で利益を出せるキャピタルゲイン 配当金を目当てに投資をした場合に、株価の値下がりによって受け取る配当金よりも損失の方が大きくなってしまう可能性があるというデメリットもあるため注意が必要です。 株式投資での最大のリスクは、会社が倒産すると資産価値がゼロ円の「紙切れ」になってしまうことです。 株式上場している企業なので倒産する可能性は低いですが、リスクとして事前に知っておきましょう。 株式投資で期待できる利回りは、高配当と呼ばれる銘柄で5パーセントから10パーセントです。 高配当株は、不労所得を得るにはぴったりの投資方法ですが、株式運用のプロが多い世界なので、安易に手を出すと初心者が食い物にされやすい傾向にあります。 まずは少額から試すことをおすすめします。 株式投資が初心者にとっておすすめな理由は、自分の身近な企業や好きな業界に投資することができるという部分です。 いつも使っている日用品、家電やゲームなど、好きなものに関わる企業に投資していると思うと単純に嬉しい気持ちになるはずです。 リスクはありますが、好きなものへの投資をきっかけに経済ニュースや市場の動向に興味を持つきっかけになることがあるという前向きな利点を含めてランキング第7位に入れました。 第6位:FX FX(外国為替証拠金取引)は、外国の通貨を売買して利益を得たり金利差によって利益を得る投資方法です。 収入の仕組みは外貨預金と同じですが、FXでは「レバレッジ(てこの原理)」という仕組みを利用することによって自分が持っている取引金額よりも多くの資金で運用をすることができるため、少ない資金で大きな金額の取引が可能となっています。 外国為替市場は平日は24時間変動し続けているため、スマホでいつでも取引ができる方にとってはメリットが大きいです。 しかし、寝ている間にも為替が動いているので、急激な価格変動により損失が膨らんでしまうというリスクがあります。 損失が一定額に達すると「ロスカット」という強制決済システムで自動で決済されてしまうため、使った資金以上の借金を背負う心配はありません。 しかし、資金が一気にゼロ円になってしまうというリスクがあります。 ロスカットの仕組みが初心者にはわかりにくくできていることもデメリットの一つです。 F Xで不労所得を作るためには、売買取引での利益を狙うよりも高金利の通貨を買うことによってもらえる金利を貯めていく方法が効率が良いです。 金利を受け取る方法を選べば、一度購入してあとは放置しておくだけでもチャリンチャリンと金利が増えていきます。 もちろん為替の変動リスクがあるので、大きく価格が下落してしまうともらえる金利よりも変動による損失が増える可能性もあります。 高金利通貨を選べば高利回り10パーセントから20パーセントを狙うことが可能で、買ったその日から金利をもらうことがあるという手軽さは魅力なFXです。 しかし、そんなにうまい話ばかりではないので、急落したときには資金がなくなるという事前の覚悟を持つことが必要です。 そんなハイリスクハイリターンな部分を考慮した上でランキング第6位に入れました。 筆者は、高金利通貨の一つであるトルコリラという通貨に日本円で50万円の投資をし、毎月約3万円分の金利を不労所得として得ています。 高金利な通貨は価格が不安定なことが多いため、急激に値下がりした場合は資産がゼロになるというリスクを理解した上での投資方法です。 筆者のようなハイリスクを取る方法以外にも、購入金額を少なくすることでリスクを減らしていくことは可能です。 余剰資金を少しずつ増やしてみたいという方は試してみることをおすすめします。 第5位:YouTuber YouTuber(ユーチューバー)とは、動画配信サイト「YouTube」に自分のオリジナル動画をアップロードして広告収入を得る方法です。 YouTuberは、スマホ一つで誰でもすぐに始められることがメリットであり「好きなことで生きていく」というキャッチフレーズで有名になるほど自由な発信ができる場所となっています。 収入を得るまでには、まず自分の動画の再生回数とチャンネル登録者数(あなたのファン)を増やしていく必要があります。 人気の動画を作成することができれば寝ている間も世界中で動画が再生され、広告収入が入ってきます。 とはいえ、一本の動画だけがいつまでも再生され続けることは少ないため、継続して動画を制作し続ける必要があります。 ライバルが多いため、相当なセンスやスキルがないと結果が出るまで時間がかかることが多いことがデメリットです。 そして、選ぶジャンルによっては、動画編集や高画質カメラなど高度な技術と機材が必要なこともあるため、始める前にどのくらいの環境を用意するべきかを考えておきましょう。 不労所得としての利回りは未知数です。 収入を作るまでの期間も半年から数年ほどと長めの期間を見据えた継続が必要となります。 非常に先が長く感じますが、投資に使えるお金が少ないけれど、どうにかして不労所得を作りたいという方や誰にも負けないと言えるような趣味や特技がある方にはぴったりの夢のある仕事であるため、ランキング第5位に入れました。 うまくいけば自分の趣味だけを発信して不労所得生活をすることができてしまうかもしれません。 第4位:ブログ・アフィエイト ブログ・アフィリエイトとは、自分で作成したブログ内に広告を貼り、広告主から収入を得る方法です。 ブログに貼り付ける広告には2種類があります。 クリックされるだけで報酬がもらえる自動広告(クリック報酬型)• ブログのリンク先から商品やサービスが売れることによるアフィリエイト広告(成功報酬型) ブログを始めるための初期投資は、数百円から数千円の少額からスタートすることができることがメリットです。 自分の得意な内容の記事を書くことができるため、スタートするための精神的ハードルも低いと言えるでしょう。 デメリットは、ブログを開始してからアクセスが集まるまで最低でも3ヶ月から6ヶ月ほどの継続が必要という点です。 ブログ・アフィリエイトはYouTubeに似た不労所得ですが、動画のように機材や編集などの特殊なスキルが必要なく、文章を書くことだけで始められるというメリットが大きいためランキング第4位に入れました。 筆者は、ブログで不労所得を得るまでに約2年間という長い期間がかかってしまいましたが、現在では何もしなくても月に2万円から3万円の不労所得を得ることができるようになっています。 文章を書くことが好きな人や、書くための時間がある主婦の方などは特におすすめです。 まずは自分の趣味を発信するブログから作成してみると良いでしょう。 第3位:ソーシャルレンディング ソーシャルレンディングとは、「お金を借りたい企業(借り手)」と「お金を貸したい人(投資家)」をインターネット上で結びつけるサービスです。 クラウドファンディングの一種であり、「貸付型クラウドファンディング」とも呼ばれています。 ソーシャルレンディングは、企業に融資した金額の上乗せした金利が収入として入ってくるため、投資した時点で毎月どのくらいの収入が入るのかが決まっているという特徴があります。 利回りは平均して5パーセントから10パーセントと高めで、投資すればあとは放置しておけるというメリットがあります。 ソーシャルレンディングは、投資ではなく「融資」という形となります。 そのため、「貸し倒れ」や「元本割れ」となる可能性があり、途中解約ができないというリスクもあるため、一つの案件ではなく複数に分散して投資していくことが必要です。 放置ができて利回りも高いソーシャルレンディングはメリットが多い投資方法です。 融資する事業についての概要を読み自分の納得いく事業に融資をするだけなので、FXなどの投資とは違い幅広く勉強をする必要がありません。 このソーシャルレンディングなら時間がない方でも手間がかけずに運用でき、ミドルリスク・ハイリターンも目指すことができるため、ランキング第3位にランクインしました。 特に投資をやったことがない初心者やサラリーマンの副業におすすめです。 第2位:iDeCo iDeCoとは、「個人型確定拠出年金」とも呼ばれています。 老後資金を資産運用によって効率良く貯めておくことができる制度です。 メリットは、投資した金額を毎年の所得から控除でき節税になるという点です。 年間上限金額は職業により変動がありますが、会社員で年間27万6,000円が掛け金上限となっています。 上限まで投資した場合、「所得税」と「住民税」が控除となり、年間約5万円分の税負担が少なくなります。 元本を確保したい方は、定期預金や保険を選び。 資産を増やしておきたいという方は元本割れリスクはあるが投資信託を運用するというように、自分のプランに合わせた好みの商品に投資することができます。 一方で、iDeCoの最大のデメリットは60歳まで引き出すことができないという点です。 iDeCoを使えば、節税をしながら確実に老後の資産を増やすことができるため「老後の生活に不安だ」という方には最適な方法です。 60歳になるまで待てないという方や、もっと早く不労所得を作りたいという方には不向きな方法です。 投資するメリットは大きいですが、人によっては時間という大きなデメリットがあるためランキング第2位としました。 第1位:投資信託 投資信託とは、金融機関が運用している投資ファンドにお金を預けて、自分の代わりに資産運用をしてもらうという投資方法です。 投資信託に投資をする最大のメリットは「投資の専門家が自分の代わりに資産運用をしてくれる」ということです。 自分でおおまかな投資先を決めて投資をすれば、あとはプロに任せておくだけでお任せで運用してくれます。 デメリットとしては、利回りが5パーセント以下と低めなことに加えて、運用を任せることによる手数料が高いということです。 投資信託は利回りは3パーセントから5パーセントほどと言われており低い傾向にあります。 しかし、初心者がいきなり株式投資などに知識が必要な投資を始めて大きな損をしてしまうリスクを考えると、プロに運用してもらうことでリスクを抑えて確実な不労所得を作っていくことができるため、高すぎる手数料とは言えないでしょう。 投資信託は、最低100円の低資金から始められて、投資後は放置していても配当金が入ってくるため、初めての不労所得には最適です。 月100円ならどんな人でも始めることができるはずですし、投資の基礎を学ぶことができるため、投資信託がランキング第1位にしました。 初心者の方は、投資信託を少額で始めながら他の投資や方法と合わせて不労所得を作っていくことをおすすめしています。 初心者が不労所得を得るまでの3ステップ ここからは、投資や不労所得を得る経験が浅い投資初心者向けに、不労所得を得るまでの3ステップを解説していきましょう。 不労所得を得るために行動することで利益が出ますが、同時にリスクが伴うため、始めるのが怖いという方も多いと思います。 しかし、自分の投資できる範囲を理解して知識をつけてから始めることができれば初心者でもその分リスクを下げて行うことが可能です。 筆者の経験をもとに、おすすめの3ステップを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 投資に使える金額を把握する• 不労所得の目標額を決める• 投資に失敗する人によくあるパターンとして、使える金額からはみ出した生活費まで投資に使ってしまうことがあります。 大きなリターンを得るためにはそれなりに大きな金額が必要になりますが、焦らずまずは生活が維持できる範囲の余剰資金ではじめることを徹底してください。 サラリーマンの方は、自分の給料から生活費を引いた後にどのくらいの金額が余るのかを計算することも忘れずに行いましょう。 実は、このステップを行うと残る金額が少ない現実に直面し、心が痛む可能性があります。 それでも現実をそのまま受け入れ、変えていく力に変えていきましょう。 金額はできる限り具体的な金額を意識して、「月2万円」や「月10万円」というように決めることをおすすめします。 目標額が決まっていないと投資する商品や方法を選べなくなってしまうため、事前に決めておく必要があります。 「半年後」「1年後」「3年後」などと期間に分けて具体的な目標を決めていくことがおすすめです。 ランキングの中から気になる不労所得を選び、必要な資金を準備します。 使える資金に応じてどのくらいのリターンが返ってくるのかをそれぞれ計算してみましょう。 選び方のコツとしては、複数の投資先に分散投資することです。 1つの種類に全額投資せず、2つ以上は試してみるようにしましょう。 副業としておすすめの不労所得の選び方 会社員の方の副業としておすすめな不労所得の選び方には、ポイントが3つあります。 放置できる方法を優先する• 分散投資• 悩みすぎない 実は、投資を始めることは簡単ですが、自分に合った商品選びをできている人は少ないのが現状です。 自分がどんな人生を歩みたいのかを見つめ直すきっかけになればと思っています。 では、それぞれを詳しく解説していきます。 サラリーマンの副業として不労所得を作るためには、限られた少ない時間で作り上げる必要があります。 そのため、じっくりと勉強したり毎日取引している時間はありません。 したがって、「キャピタルゲイン」よりは「インカムゲイン」でコツコツと入ってくる収入を意識しましょう。 分散投資とは、一つの方法に全ての資金を使わなずに分散させる方法です。 初心者のうちは、まず2つ以上の方法を試してみましょう。 もし手元に20万円の資金があるのなら、10万円ずつを別々の投資に使ってみることをおすすめします。 悩みすぎないことは、シンプルに見えて実は投資の成功に重要なポイントです。 使える金額と目標が決定し、投資する商品をを2つ以上に分散することが決まれば、あとは行動するだけです。 早めに投資を始めればその分だけの利回りが増えていくため、悩んでいる時間を減らし1日も早く始めることをおすすめします。 投資することで自分の知識も豊富になっていき成功確率も上がっていくはずです。 まとめ 不労所得を作ったことがない初心者に向けて、ランキング形式で不労所得を作る方法と自分に合った選び方を紹介しました。 以前まで、不労所得を作るためには多額の投資資金を用意してマンションを買ったり株を買ったりという限られた方法しかありませんでしたが、インターネットの普及で投資資金が少なくても作る手段が増えてきました。 元手資金がない人は、アフィリエイト・ブログやYouTubeからスタートすることがおすすめですが、資金がある方は「投資信託」と「ソーシャルレンディング」に分散投資をすることで、リスクを分散しながら利回りの高い不労所得を作っていくことがおすすめです。 本業でのお給料を使える範囲で運用することで、不労所得を少しずつ育てていきましょう。

次の