軽減税率 いつまで。 消費税の軽減税率制度の実施について|国税庁

軽減税率の抜け道?イートイン脱税は法的に問題アリなの?

軽減税率 いつまで

もくじ• 軽減税率はいつまで続くの? 2019年10月からスタート。 いつまで続くのかは未定 軽減税率の制度が変わるのは、消費税に関する法律が改正される時で、それまでは継続されます。 軽減税率対象の商品とは お酒以外の飲食料品と新聞が軽減税率の対象。 軽減税率の目的 所得が少ない人の負担を減らすために実施されると言われています。 普段の日常生活では、食品は所得が多い少ないにかかわらずお金を使わずには生きていけないもの。 そのため低所得者は、所得に対して食品にかかる支出の割合が高くなってしまいます。 なんでだろう…。 — み ら い miraing84 お店によって、またスタッフさんによって対応がまちまち……ということも少なからずあるようです。 例えば• お店のトレイを使っている人• 持ち帰りの袋から取り出したものを食べている人 この2人が同じ場所で食事をしていたら、支払っている税率が違うということが一目でわかってしまいます。 お客さん同士でのトラブルにならないことを祈ります。 キャッシュレスポイント還元事業は6月まで 軽減税率の期限と混同されることがあるのが、 2020年6月まで実施されている「キャッシュレスポイント還元事業」です。 2019年10月1日からの増税と同時にスタートしたこの施策は• キャッシュレス普及• 利便性の向上•

次の

軽減税率がいつ終わるか今のところ未定!対象商品や例外もわかりやすく解説!

軽減税率 いつまで

知ってはいても食料品は実は10%なんじゃないかって、10月1日の朝のコンビニでビクビクしたのを覚えています。 笑 数分後には8%で安心したわけですが、、軽減税率って嬉しい反面、少しややこしいですよね。。 今回初めて取り入れられた「 軽減税率制度」、日本では食料品が主な対象ですが実は海外でも軽減税率は既に行われています。 イギリスのように電力や燃料を軽減税率の対象としたり、アメリカでは州によって軽減税率が違うので大きな買い物は軽減税率の安い州に行くって家庭も多いとか。。 そんな軽減税率、 日本では増税後でも主に食料品が8%のまま購入できる制度ですが、いつまで続くのでしょうか? 実は 終了するタイミングは未定で決まっていない のです。 つまり来年終わるかもしれないですし、5年後まで続く可能性だってあるのです。 政府のことなので、よほどのことがない限りすぐに終了するってことはないと思いますが、終了したら食料品も一律10%になってしまう可能性あるということです。 スポンサーリンク 軽減税率とは?そもそもなぜするのか? 「軽減税率」とはある特定の商品の税率を下げることで、増税などによる税負担が重荷になってしまう人の負担を軽くしようとする制度のことです。 今回の軽減税率は特に低所得者への増税による負担を考慮して行われています。 国としては消費額の多い高所得者を中心に今まで以上に税金を納めてもらい、誰もが購入する「食料品」を軽減税率の対象とすることで低所得者を守ろうとする目的があります。 しかしながら、「軽減税率」に関して賛否両論さまざまな意見が出ており「本当に低所得者の為になっているのか?」っといった議論も多く出ています。 消費税が10%以上になる可能性も高い今後の日本のことを考えると本当に軽減しなくてはいけない人のことを考えて制度化して欲しいですね。 スポンサーリンク 軽減税率の対象商品、対象にならないものをもう一度確認しよう! より引用 軽減税率で対象となるのは「 食料品」、「 定期購読している新聞(週2回以上発行されている)」の主に2つです。 外食する際にテイクアウトだと軽減税率が適用され8%ですが、イートインだと対象外で10%と大きな違いがあります。 「1%以上のアルコールを含むお酒類」も軽減税率の対象外で10%の消費税がかかるので注意したいところです。 実は軽減税率の対象になるケース 他にも実は軽減税率の対象になるものがあります。 先ほどの「食料品」や「定期購読している新聞」とは少し違い、特定の人や場合を対象としています。 学校給食や有料老人ホームで提供される食事代 義務教育の学校給食(小学校や中学校)や有料老人ホームで提供される食事も軽減税率の対象になり8%のままになります。 軽減税率が適用される学校給食の条件は「 全生徒を対象に提供された場合のみ」になり、生徒に食べるか食べないかの選択権がある自由な学校の場合は対象外になります。 近いものだと他にも 夜間の高等学校、特別支援学校、幼稚園も対象施設に当たります。 有料老人ホームやサービス付きの高齢者住宅での食事も軽減税率の対象になるのですが、「1食あたり必ず640円(税抜)以下で1日の食事代の合計が1920円以下」といった条件が付きます。 こちらを満たしていれば軽減税率の対象になります。 ホテルや旅館の客室に備え付けてある冷蔵庫内の飲料 ホテルや旅館などの客室にある小さな冷蔵庫に飲料って有料ですが入っていますよね。 そちらも軽減税率の対象となり8%のまま購入できます。 ホテルや旅館がサービスとして飲料を食事の際などに提供した場合は対象外で10%になるのですが、客室で冷蔵庫から飲料を購入した場合は、単に飲料を購入した扱いなるため軽減税率が適用されるのです。 もちろん、冷蔵庫内にある1%以上のアルコールを含むお酒を購入した場合は対象外になるので注意してください。 釣り堀や果物狩りで収穫した食材 釣り堀や果物狩りで獲得した食材を購入する場合は、もちろん軽減税率が適用されます。 ただし、入園中の飲食に関しては「飲食設備のある場所において飲食サービスを提供した場合」に当たるため軽減税率の対象外になります。 入園中の食事ってすごく楽しいことですが、税率だけを考えると獲得した食材をそのまま購入した方がお得になります。 軽減税率における疑問 軽減税率について考えると、適用されるのか微妙な事例を思い浮かべると思います。 そういった疑問点に答えます。 社員食堂や大学の学食などの食事代は軽減税率の対象になりますか? いいえ、対象外ですので10%の税率がかかります。 「飲食設備のある場所において飲食サービスを提供した場合」は軽減税率の対象になりません。 コンビニのイートインコーナはどうなりますか? こちらも対象外です。 同じく「飲食設備のある場所において飲食サービスを提供した場合」に当たります。 ネットで購入した食料品は対象になりますか? 対象になります。 面と向かって食料品を購入していなくても、「飲食料品の譲渡」に該当すれば軽減税率は適用されます。 ペットフードや家畜の餌は対象になりますか? 対象になりません。 軽減税率の対象になる「食料品」は人の食用、飲用に当たるもので、人以外の動物を対象としている場合は適用されません。

次の

キャッシュレス還元と軽減税率の違いは?期間や対象電子マネーの一覧も!|もちっとぷらす

軽減税率 いつまで

「よくわかる消費税軽減税率制度」(令和元年7月版)を作成しました。 内容については国税庁ホームページをご覧ください。 軽減税率はいつからいつまで? 軽減税率制度は増税と同じ 2019年10月1日からスタート。 特に期限は決められておらず、現状は終了時期は未定です。 軽減税率はその 増税によって消費者の日々の生活の負担が大きくなることを防ぐための制度です。 事業者は軽減税率に対して対応が必要 消費者よりも事業者の方に対して大きな負担がかかります。 仕入れ・売上・申告などにおいて、2019年10月1日までに混在する標準税率と軽減税率に対応できる状態にする必要があるからです。 新しいレジや受発注・請求書管理などのシステムの導入などが必要となるでしょう。 このような必要な対応にかかる費用のサポートを目的とした、軽減税率対策補助金の制度も利用できます。 軽減税率に関するサポートについては、以下を参考にしてください。 参考サイト: は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。 テックキャンプは、 オンラインでプログラミング学習が可能。 「 徹底したサポート」と「 やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。 転職成功率は 99. 学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率 キャリアに悩んだら、テックキャンプの を受けてみませんか? あなただけのキャリアプランが作れます。 は簡単なので、ぜひご利用ください。 軽減税率の対象品目について 出典元: 軽減税率の対象品目と対象外の品目について以下で解説します。 軽減税率の対象品目 軽減税率は対象品目に対して適用されます。 対象品目は 飲食料品と新聞のみです。 飲食料品にはテイクアウトや宅配も含まれます。 また、一部の一体資産も対象となります。 一体資産とは食品と食品以外がセットになったもの。 新聞が含まれることに違和感を感じる方もいるでしょう。 これに対して日本新聞協会は以下の見解を示しています。 ニュースや知識を得るための負担を減らすためだ。 新聞界は購読料金に対して軽減税率を求めている。 読者の負担を軽くすることは、活字文化の維持、普及にとって不可欠だと考えている。 引用元: 軽減税率の対象外の品目 軽減税率の対象外となるのは、 飲食料品の中の酒類・外食などです。 医薬品や医薬部外品なども対象外として国税庁の資料に記載されています。 飲食料品と新聞以外はすべて対象外の品目です。 生活必需品という観点で考えれば、おむつや生理用品が含まれていないことに違和感を感じるという意見もあります。 しかし、残念ながら「生活必需品に対して適応する」という記載は政府の発表には特にありません。 以下の2つが記載されているのみです。

次の