レンタル dvd コロナ。 外出自粛でDVDレンタル屋が混雑!新型コロナの影響でたくさんの方が来店

marshillmusic.merchline.comでお手軽DVDレンタル♪1ヶ月無料体験実施中

レンタル dvd コロナ

その中で、いま一番よく聞かれるのが コロナウイルスのレンタルスペースへの影響 です。 多くの方が気にされているのが、「今は厳しいんじゃないですか?」ということです。 それもそのはずで、イベントの自粛だったり、閑散とした観光地や飲食店などを目の当たりにすると、レンタルスペースも厳しいように思いますよね。 実際のところ、件数まではカウントしていませんが、キャンセルはどんどん相次ぎ、多くの会議やイベントが中止になっていることが見受けられます。 が、その一方で、コロナの影響で明らかに新しく生まれた需要が テレワーク、リモートワークです。 対面でも集まりを目的としたスペースの利用がキャンセルされていく一方で、 個室で通信できる仕事環境が確実に求められており、実際に次々と予約が入っています。 さらに、パーティースペースでは卒業パーティーの需要がとても多いです。 小さなお子様がいるママ会などがキャンセルとなっていく一方で、卒業式がなくなったりエネルギーの行き場を失った若者たちが、レンタルスペースでパーティーをするケースが多いようです。 不特定多数が出入りする飲食店や公共の場と違い、外出自体がリスクだらけの今だからこそ「個室空間」に価値を見出す層が、実はかなりいるのです。 そのため、私KENJIが運営するレンタルスペースでは、コロナによる打撃は今のところ大きなものではなく平常運転に近い、というのが実態です。

次の

【新型コロナウイルス】ゲオ ネット宅配DVDレンタルサービス【育児】

レンタル dvd コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、新作映画の劇場公開が軒並み延期されている。 特に、7日に出された緊急事態宣言で、対象地域では基本的に映画館は営業されていない。 そんな中、映画を自宅に居ながら楽しめる映像レンタルや動画配信サービスが注目されている。 (水沼啓子) 映画を自宅で DVDやCDのレンタル大手「TSUTAYA」(本社・東京都渋谷区)によると、これまで横ばい傾向が続いていた映像レンタルが最近、伸びてきているという。 映像レンタルは、北海道の鈴木直道知事が2月末に「緊急事態宣言」を出してから増え始めた。 新型コロナウイルス感染拡大が深刻さを増しているとの認識が、道内に限らず全国にも広がったことが背景にあるようだ。 「時間消費という点ではこれまでいろいろな選択肢があったが、新型コロナ感染拡大により家にいる時間が長くなる中、映画を自宅で見る人も増えているようだ」(広報担当者)としている。 レンタル大手「ゲオ」(本社・名古屋市)ではDVDの宅配レンタルサービスも手掛けているが、店頭貸しのレンタルと違い、人と接触せずに借りられるのがポイント。 ネット上で見たい映画を選ぶと、自宅の郵便受けにDVDが届く。 返却時も郵便ポストに投(とう)函(かん)するだけだ。 レンタルは1枚から可能で、レンタル料(旧作105円~新作396円)+送料(7枚までなら319円)と手頃だ。 ゲオの広報担当者は、新型コロナの影響かは不明と断った上で、一度に複数の作品を借りても期限内に十分視聴できるだけの時間的余裕が生まれているせいなのか「1回の注文時の枚数がやや増えている」という。

次の

外出自粛で混雑...レンタルビデオ店員のSOS 「危機感がない」客にヒヤヒヤ、働くのが「恐怖です」: J

レンタル dvd コロナ

こんな経験をした人は少なくないだろう。 そもそもDVDを借りる行為は法的にはお客とレンタルショップとの間の「動産の賃貸借契約の締結」にあたる(民法601条以下)。 DVDをレンタルする前提として会員規約に同意してレンタルショップの会員になる必要がある。 会員規約には通常、延滞料についての規定がある。 会員規約に同意した以上、「延滞料を支払う約束をしたつもりはない」と言い切るのは法律上難しい。 約束しているため、それが原則となるからだ。 ただし、その原則を修正する「消費者契約法」がある。 通常、DVDの定価は5000円前後であり、もし数十万円の延滞料を支払うとなると定価の何倍もの金額になる。 「それは納得いかない」というのはもっともな話だ。 この点「消費者契約法10条」には、消費者の権利を制限し、または消費者の義務を加重する特約で、かつ、消費者の利益を一方的に害する規定については、無効とする旨の規定がある。 したがって、延滞料の規定がこの条項に該当する場合には無効となる。 上限なく延滞料が発生すると、その金額が相当高くなり消費者、つまりレンタルショップの会員が一方的に過大な不利益を被るので、過大な損害部分については無効になると考えるのである。 延滞料金減額交渉時の考え方 つまり、延滞料の特約がなければ、レンタルショップは、そのDVDの返却が期限までになされなかったことによる通常の損害についてだけ、請求することができるに過ぎない。 レンタルショップがそのDVDをほかのお客に貸して得られるであろう利益は、積み重なった数十万円の延滞料よりも低いはず。 合理的な範囲に抑えられるべきだ。 したがって、それを超える分については、「消費者の義務を加重するもの」「消費者の利益を一方的に害するもの」として、この消費者契約法10条により、無効とされるのである。 では、レンタルショップの通常の損害というのはいくらぐらいなのか。 これはまず、同じDVDを再調達する場合の価格が1つの基準になる。 他方、そのDVDのそれまでのレンタル状況を考え、本来の返却期限までに返却されていて、ほかのお客にレンタルできた場合の儲けについて通常生ずべき損害として考えることもありうる。 例えば、あるDVDが品薄で市場に出回らないほどに人気があり、レンタルするにも常に予約待ちの状態が続いているような場合、レンタルショップはそのレンタルDVDが返却されなければほかのお客に貸し出す機会を逃してしまう。 そのために、多額な損害を被ることもありうるわけだ。 そうなると、単純に再調達価格を支払えばいいとも言えない。 これについては、レンタルショップが主張、立証する必要があるが、実際にこの手の少ない金額で裁判になったケースは見当たらない。 ここまでの話をまとめてみよう。 もしも数十万円の延滞料を請求された場合、まずは前述した理屈で「そんなに高くないはずだ」と主張したい。 その場合、アルバイトの店員ではなく、決裁権限のある責任者と交渉するべきだ。 返却期限が過ぎたためにレンタルショップに生じた損害は、そのDVD本体の価格が基準になる。 ただし具体的な事案によってはDVDのレンタル実績なども加味して調整される可能性がある。 こうしたことを総合して考えると、本体の価格は5000円程度かもしれないが、上ぶれして2万3万円になる可能性はある。 なお、「民法174条5号」には、動産の損料に係る債権は、1年間行使しないときは消滅するという定めがある。 1年以上前の延滞料は時効にかかるので、時効消滅していると主張することもできる。 ただし延滞料を1年間も払わずにいたら、二度とそのレンタルショップでDVDを借りられなくなるだろうから、これも考えものだ。

次の