喪中はがき 親戚。 喪中はがきは親戚にも出すのがマナー?文例と一言添える内容は?

喪中はがきは親戚にも送るの?義母が亡くなった時の文例と差出人

喪中はがき 親戚

喪中はがき親戚には出さない? 喪中はがきは親戚には出さなくていいのでしょうか? まずは喪中はがきの本来の意味から確認しましょう。 喪中はがきの意味は? 喪中はがきは、自分の近親者が亡くなりとても新年をお祝いする気分になれない。 そのため今年は年賀状を出さないということをお詫びするという意味になります。 喪中はがきは誰に出すもの? そもそも喪中はがきは誰に出すものなのでしょう。 喪中はがきは年賀欠礼状ですから日頃から年賀状のやり取りをしている相手に出します。 喪中はがきは親戚にも出す? 親戚の場合は実際付き合いの深さによっても様々だと思います。 基本的には毎年のように年賀状を出している人には喪中はがきも出します。 ただし不幸があったことや詳しい事情を知っているような近い親戚の場合には省略することもあります。 この辺の判断は各家庭や親戚同士の考え方によっても異なるでしょう。 スポンサーリンク 喪中はがき葬儀参列者には出す? 喪中はがきは一般的に葬儀参列者にも出します。 それは喪中はがきは死亡通知ではなく、新年の挨拶を控えることを伝えるためだからです。 そのため亡くなったことを知っているか、知らないかということではありません。 しかし葬儀に参列したにもかかわらず、また喪中はがきが届いたと思われる方も中にはいるかもしれません。 そのような場合には葬儀に参列頂いたことへの感謝やお礼を伝えます。 以下のような一文を入れるといいでしょう。 ・葬儀の際に賜りましたご厚情に深謝いたします ・葬儀の際には大変お世話になりありがとうございました 喪中はがき家族葬の場合にはどうする? 喪中はがきを親戚に送る場合に家族葬の場合はどうすればいいのでしょう。 家族葬であれば、喪中はがきにも故人との生前のお付き合いに感謝する旨を記載します。 以下のような一文を入れるといいでしょう。 ・故人の遺志もありまして葬儀は身内で執り行ないました 生前に賜りましたご厚情を深謝いたします ・葬儀は身内のみで執り行いましたことをお知らせいたします 生前に賜りましたご厚情をいたします.

次の

喪中はがきを出す親戚の範囲。二親等って?出す相手は誰?

喪中はがき 親戚

配偶者と自分を中心にした一親等と生計を共にする二親等 とされています。 ですので、この 二親等までの人は喪中はがきを「出す側」になり、送る相手ではないという事です。 例えば、自分の親が無くなった場合「親戚にも喪中はがきを出さなきゃ」って思いますよね。 でもその相手が、二親等以外であれば基本的には送りません。 自分から見て。 だとわかりづらいなって人は「亡くなった方から」みた関係性で見るとわかりやすいかなと思います。 なので、自分の親が亡くなった場合。 親から見て、二親等以内の人には喪中はがきは出さない。 という事になりますよね^^ 喪中はがきの二親等って誰まで?? 二親等って急に言われてもどこまでだっけ? と思う事ありますよね。 こういう事って、なんとなくわかっていても「本当に大丈夫かなぁ」ってついつい不安になってしまうポイントだったりしますので、今一度再確認しておきましょ~。 自分と配偶者を中心として考えた場合 年賀状をやり取りしていた相手 になります。 ですが、亡くなった方と面識が無かったり気を遣わせたくない相手(例えば仕事上のお付き合いなど)には、あえて喪中はがきを出さず通常の年賀状を送るという事もあります。 だって、自分の母親が亡くなったからと言って、仕事上のお付き合いで年賀状のやり取りをしている人に喪中はがきを送っても、相手はどうしていいかわからないというか、気を使うだけですよね。 なので、そういう場合は例年通り年賀状で対応したほうがいい場合もあります^^ あと、親兄弟や二親等以上でもちょこちょこ交流のある親戚には出さないことが多いです。 お互いが喪中の場合は、お相手から喪中はがきをいただいた場合、相手にも出す。 という形になります。 基本的には 「自分と配偶者から見た二親等以外で例年年賀状をやり取りしていた人」 が喪中はがきを送る相手になりますが、それをベースにして「故人と喪中はがきを送る相手の関係」というのを考慮して、必要とされる相手に送るのがいいでしょう。 おわりに 喪中はがきを出す側、送る相手ってこんがらがっちゃうこと多いですよね。 もし迷った時はぜひ参考にしてみてくださいね^^.

次の

喪中の親戚に喪中ハガキを…!どうしよう!!助けて!

喪中はがき 親戚

喪中はがきとは? 一年以内に身内に不幸があった場合、喪に服するために新年の挨拶をご遠慮することを事前に知らせる年賀欠礼状が、喪中はがきです。 つまり、「喪中であるため年賀状を送らない」ということを事前にお知らせすることが目的です。 喪中の悲しみに沈んでいるため、用件を儀礼的にお知らせする、というのが基本スタンスです。 喪中はがきのマナーとは? 喪中はがきは、歴史的にはまだ新しい風習で、はっきりと「これがルール」「これが正しい」と言い切れるものではありません。 弔事に関することですから、宗教・宗派・地域などによって異なることはいくらでもありますし、甚だしい場合は各家庭でも異なることもあります。 ここでは、一般的な大多数の方が違和感を覚えないという意味での風習を解説し、また、その歴史や関連する事項なども紹介しております。 皆様の参考になれば幸いです。 喪中はがきの書き方 喪中はがきには、普通のはがきや手紙とは異なるいくつかの約束事があります。 儀礼的な挨拶状であり、弔事に関することであるための約束事です。 これらをふまえて書けば、まず、どなたでもきちんとした喪中はがきが書けます。 その1.前文を省略 通常の手紙は前文・主文・末文の構成ですが、喪中はがきは前文を省略します。 前文とは、頭語(「拝啓」など)・結語(「敬具」など)や時候の挨拶を指しますが、「弔事」に関わる手紙では、これらは省略することになっています。 死亡通知や会葬礼状などがその代表例です。 喪中はがきも同様に、主文から始めます。 その2.句読点を入れない/行頭の1字下げを行わない 儀礼的な挨拶状・招待状などでは、これらを行わないものが多いようです。 結婚式の招待状や記念式典の招待状などが代表例です。 また、表彰状や感謝状なども同様です。 喪中はがきも同様に句読点を使わず、行頭の1字下げも行いません。 その3. 年賀欠礼以外のことは書かない 主文では、「喪中のため、年賀欠礼すること」をまず述べ、誰が、いつ、何歳で亡くなったかを書きます。 末文で、これまでの感謝と今後のおつき合いをお願いする、あるいは相手の無事を祈る言葉を添えて締めくくります。 なお、私信的な近況報告などは書きません。 近況報告(結婚・出産・引越のイベントごと)などをお知らせする場合は、喪中はがきとは別に報告のはがきを出すのが一般的です。 その4. 華美なデザインのものは避ける/文字色は薄墨色が基本/フォントは楷書体・明朝体 弔事に関するお知らせですので、華美なデザインは避けたほうが無難でしょう。 イラストは落ち着いた色を選び、色数を抑えます。 文字色は薄墨色が一般的です。 文字のフォントは、弔事関係では、楷書体・明朝体が多いようです。 その5.郵便局の通常はがきは「胡蝶蘭」、切手なら「弔事用63円普通切手花文様」を利用 通常はがき(官製はがき)は、料額印面が胡蝶蘭柄のものが喪中はがき用として定番化しているようです。 インクジェット用はがきもあります。 図柄が印刷済の市販はがき(私製はがき)に切手を貼って投函する場合は、「弔事用63円普通切手花文様」が定番です。 一般的には「」ということを考えると11月・12月となることが多いでしょう。 差出人名 住所と名前を記載します。 喪中はがきの差出人は、連名でも個人でもどちらでもかまいません。 イラスト 一般的には、献花をイメージした花のイラストが多いようです。 蓮、菊、桔梗、百合、胡蝶蘭など弔事に用いる花などを淡く優しい色合いで描いたイラストが代表的です。 献花ということで、故人の好きだった花なども選ばれます。 また、花言葉により故人をイメージさせる花を選ぶ方も見えるようです。 例えば、菊は「高潔・高貴・高尚」、桔梗は「誠実・清楚・従順」、百合は「純粋・無垢・威厳」という具合です。 喪中はがきを印刷するなら、今までご紹介した内容の文例やイラストがすべて入っているデザイントテンプレートを利用するのが、最も簡単な方法です。 年賀状プリント決定版では、多数の喪中はがきテンプレートをご用意しています。 また、喪中はがきの文例も多数ご用意しております。 喪中はがきを出す親族の範囲 故人との関わりの深さやご本人の気持ちによりますが、一般的には、二親等までの親族が亡くなった場合に出します。 最近は、一親等(両親・配偶者・子・配偶者の両親)と、二親等の兄弟姉妹までは、ほとんどの方が出すようですが、二親等の祖父母の場合は喪中はがきを出さない方が増えてきています。 故人と同居していた場合は出す、そうでない場合は出さないという判断も多々見受けます。 喪中はがきの判断を迷われた方は、年長者(この場合は父母)に相談しているようです。 さらに、二親等で悩みがちなのは、配偶者の祖父母、配偶者の兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者などのいわゆる「姻族」です。 こちらも迷われた場合は年長者(この場合は配偶者の父母)に相談されているようです。 また、東日本震災の翌年から登場した「」を利用される方も増えてきました。 「喪中はがき」は大げさなように思うが、年賀状を送るのはやはり気が引ける、という方が、慶賀の言葉を入れない「年始状」を送られているようです。 以下の表は一つの目安です 親族の範囲 喪中はがきの目安 両親・配偶者・子・兄弟姉妹・配偶者の両親 ほとんどの人は出す 祖父母・配偶者の祖父母・兄弟姉妹の配偶者・配偶者の兄弟姉妹 出す人と出さない人がいる 三親等以下(おじ・おば・いとこ等) ほとんど出さない 遠い親戚(民法規定の親族以外の関係) 出さない 喪中はがきを出す時期について 一般的には、年賀欠礼の挨拶であり、年内(年賀の挨拶を行う新年の前)に届けば問題ありません。 ただ、喪中はがきを受け取った方も年賀状を送らないという風習が確立していますので、先方が年賀状の準備にとりかかる前の、11月中旬から、遅くとも12月初旬には届くように出すのがマナーです。 年末に不幸があった場合は、喪中はがきを出しても、相手に届くのがお正月や年末ぎりぎりになってしまいます。 それでも一応形式上喪中はがきを出すという考え方と、喪中はがきは出さずに、松の内(1月7日)が明けてから「寒中見舞い」を送るという方法もあります。 寒中見舞いでは、年末に不幸があったため、新年の挨拶(年賀状)を失礼したことをお伝えします。 喪中はがきを出す相手の範囲について 一般的には、年賀欠礼の挨拶状ですから、毎年年賀状を交換している方に出します。 実際の慣習では、喪中であることを改めて報告する必要のない、いわゆる「身内」には出さない方が多いようです。 一方、公私を分けて考え、(特に姻族の喪中の場合は)仕事関係先へは例年通り年賀状を出す方が多いようです。 また、故人とまったく面識のない友人などにも、例年通り年賀状を出す方も増えてきています。 全般的な流れとしては、故人との関係が深い方には出しますが、故人と面識がない、または故人の存在を知らない方には出さない方向に徐々に変わってきているようです。 喪中はがきをもらった場合 喪中はがきをもらった相手に年賀状を出すのは控えますが、相手に自分の近況などを伝えたい場合は、松の内(1月7日)が明けてから「寒中見舞い」を送ります。 しかし、ほとんどはその年の年賀状を送らない、ということで終わらせる方が多いようです。 喪中なのに年賀状が届いた場合 喪中はがきを出した場合でも、いろいろな理由で年賀状が送られてくることがあります。 よくあるのは喪中はがきを送っていない相手から年賀状が送られた場合です。 その場合は、松の内(1月7日)が明けてから「寒中見舞い」を送ります。 また、喪中はがきを送っていない故人の知人・友人などから故人宛へ送られてくることもあります。 そのような場合も、寒中見舞いで当人が亡くなったことをお知らせします。 を参考にしてください。 「生前父が賜りましたご厚情に深く感謝致しますとともに皆様が健やかなる新年をお迎えになりますよう心よりお祈り申し上げます なお 誠に勝手ながら お心遣いは辞退させていただきますので 何とぞご了承のほどお願い申し上げます」 よこ書きで書いてもいいでしょうか? 一般論としては 儀礼的な文書ですので、たて書きのほうがいいでしょう。 実際の世間の慣習では 最近では、あえて喪中はがきらしさを消したモダンなデザインなども使われているようです。 喪中はがきは、歴史的にはまだ新しい風習ですので、これからいろいろ変わってくるのかもしれません。 また、クリスチャンの方も横書きを利用されることが多いようです。 喪中はがきを出そうとしたら、相手方からも喪中はがきが届きました。 どうしたらいいでしょうか? 一般論としては 喪中はがきは、年賀欠礼状ですので、相手の状況に関係なく出します。 実際の世間の慣習では すでに喪中はがきを準備している場合は出しますが、まだ準備していないようならば出さなくても構わないようです。 喪中はがきの歴史 今や、ほとんど当たり前のようにやり取りされている喪中はがきですが、それほど古い由来の風習ではありません。 「喪中」という言葉は、儀礼上、近親者の死を受けてそれを悲しむ者が過ごす状態(「喪」「忌」といいます)にあることを示す言葉です。 「喪」「忌」は、古代の律令にその記述があることでもわかるように昔から続いている習俗です。 年賀状の風習はいつから? 一方、「喪中はがき」は年賀欠礼の挨拶状です。 この風習は、郵便で年始の挨拶を行う「年賀状」自体が風習として定着した後に生まれたものです。 それでは、「年賀状」の風習が定着したのはいつごろでしょう。 明治14年1月3日付「中外郵便週報」の記事に「葉書をもって親戚旧故への年始の祝詞を贈る風習、年々いや増して・・・」という記述(逓信総合博物館の資料より)があります。 遅くとも明治14年には流行りの風習として認識されていました。 喪中はがきはいつ始まった? さて、それに対し「喪中はがき」(年賀欠礼挨拶状)はいつごろから始まったのでしょうか。 明治31年の英照皇太后(孝明天皇の女御・明治天皇の嫡母)の大喪に対し年賀欠礼の書状が散見されています。 これが年賀欠礼挨拶状のはじまりかと思われます。 明治天皇崩御時には、「諒闇中年賀欠礼」の葉書(図)も出ています。 また、大正4年には昭憲皇太后(大正天皇の嫡母)の大喪に対し、「諒闇中につき年賀欠礼」の挨拶状が多数送られています。 喪中はがきの普及 この時代の「喪中はがき」(年賀欠礼挨拶状)は、このように皇室の大喪に対し官吏などが出したものでした。 それが、皇室の大喪だけではなく、個人の喪中のための「喪中はがき」(年賀欠礼挨拶状)が大正年間に徐々に一部階層に広まり、昭和初期には風習として確立したようです。 そして、その契機が皇室の大喪だったため、喪中期間を一年と考える現在の「喪中はがき」(年賀欠礼挨拶状)の風習が確立しました。 その後、年賀状のはやりすたりと軌を一にして、「喪中はがき」(年賀欠礼挨拶状)の風習も広く一般家庭に普及していきます。 戦後のお年玉年賀葉書の爆発的なヒットで年賀状が一般家庭に飛躍的に広まった昭和30年代に、「喪中はがき」(年賀欠礼挨拶状)も広く普及し、現在に至っています。 喪中とは? 喪中とは、元々は神道の穢れの考えや儒教の影響などで定められた「服喪」という儀礼に、仏教の回忌の考え方なども加わり生まれた風習です。 しかし、最近では宗教的な儀礼としての意味より、故人への愛情・感謝の気持ち、また、故人を失ったことの悲しみの表現の側面が強くなってきています。 喪の考え方 日本の「喪中」の期間は「忌」と「服」に分けられます。 「忌」は、かつては神道の穢れの思想により、死の穢れが他の者に移らないように外部との接触を絶つ、という意味で、遺族が外部との接触を断つことでした。 神社にお参りできない、というのも同様の意味です。 この名残が現在の「忌引」です。 「忌引」として仕事や学業を休むことは一般的な慣習として定着しています。 一方、「服」は儒教から来ています。 基本は遺族の悲しみの表現です。 家にこもる、着飾る気がおきないので質素な衣服(喪服)を着る、そして歌舞音曲を楽しむ気にならない、まして、祝い事をする気になれない、という遺族の気持ちの表現です。 これが喪に服するということです。 この表現をすることによって、故人への愛情表現・また他の遺族への配慮を示しました。 この「服」の延長に年賀欠礼があります。 さて、他人よりは親族、親族の中でも遠い親族よりは近い親族、さらに親・兄弟、というように自分と関係が近いほど悲しみも大きい、というのは当然です。 また悲しみが癒えるまでの時間も長くなります。 そのため、儒教では自分との関係が近いか遠いかで「喪」の期間を変えています。 身内は長い期間、遠い親族は短い期間、という訳です。 この種の決め事は、古くは律令時代のころからあり、江戸期には徳川綱吉のころ、儒家や神道家が中心になり編纂され、その後何度かの改定を経て、【服忌令】(ぶっきりょう)として制度化されました。 また、明治7年には太政官布告で、武家式の服忌令の布告が出ています。 しかし、現在はどれも廃止され制度としてもほとんど残っていません。 一方、現在でも残っている制度があります。 「忌引」の特別休暇です。 「忌引」の特別休暇はいろいろなところで決められています。 国家公務員では人事院規則で、私企業では就業規則等で決められています。 身内が亡くなったから悲しい、という理由でいつまでも仕事を休まれてしまっては成り立ちません。 そのため、特別休暇の期間を決めています。 しかし、おもしろいのは、今でも「忌引」を認める親族の範囲とその期間を親族の近さに合わせて休暇日数を変えていることです。 この規則内の下線の但し書きが、喪中はがきを出す・出さないの判断に影響を与えているのかもしれません。 12 職員の 親族(別表第2の親族欄に掲げる親族に限る。 つまり、喪主になる、墓を引き継ぐ、仏壇を引き継ぐ、ということですね。 さりげなく規則にこういう言葉が入っているのがおもしろいですね。 親族の考え方 「喪中はがきの対象となる親族」で二親等と書きましたが、そもそも親族とはなんでしょうか。 現在、日本では民法725条に定義があります。 第725条 次に掲げる者は、親族とする。 一 六親等内の血族 二 配偶者 三 三親等内の姻族 血族はいわゆる血縁関係(養子縁組を含む)です。 配偶者は独立した扱いになっています。 自己と同列として扱われ、血族にも姻族にも含まれないからです。 わかりにくいのは姻族です。 血族の配偶者、または、配偶者の血族を指します。 三親等の姻族とは、三親等の血族の配偶者、または、配偶者の三親等の血族を指します。 従って、配偶者の兄弟の配偶者は、そもそも姻族には当たらず、親族には含まれません。 いわゆる「遠い親戚」です。 また、姻族は三親等まで、ということですので、例えば、いとこの配偶者は、四親等の姻族ですので、民法の規定する「親族」には含まれず、こちらも、いわゆる「遠い親戚」です。 あくまで参考程度にしてください。

次の