牧場 物語 つながる 新天地 レーガ。 レーガ 牧場物語 つながる新天地 攻略裏技屋

小説の中の婿候補の性格

牧場 物語 つながる 新天地 レーガ

依頼に応えたらデレた記憶アリ) 恋愛に奥手 (婚約が決まった際にハワードさんがそう言ってた) 大のネコ好き (本人は必死こいて隠していたが、幼馴染のリアや主人公にはバレバレだった件w) とにかく優しい (彼と結婚して他の相手とデートすると怒るらしい。 怒り顔は超イケメンとかなんとか) 手先が器用 (香水や花束を作ってくれる) 料理下手 (手先は器用だが、料理の腕はイマイチ。 今作では普通) くそマジメ (普段は仕事の勉強に専念している為。 ハワードさんの日記にて) …っていう印象がありますね。 今作は表情の変化が他の婿候補たちと比べると薄い印象。 ふたご村ではもうちょっと表情豊かだったような気がします。 あと、本人両親いないらしいですよ。 今作では純粋な恋愛してました。 仕事のことになるとリコリスみたいになるのがアレですが…^^; 花屋を営んでいるだけあって植物については相当詳しいです。 (花屋だから当たり前かw) 結構長い文章になってしまったけど…、本人についてはこんな感じでしょうか。 ふたご村ではディルカと結婚したので、結婚後のことは分からないです。 今作の結婚相手はカミルですが、何か物足りないんですよね…。 刺激がないというか、なんか…。 何なんでしょうか。 wikiや掲示板に情報や同じ質問が載っている場合もあります。 まず検索してみてね。 「名前」の項目で 『自分の名前 文字列』でトリップ(自分固有の文字列)を生成することができます。 荒らしを発見した場合はwiki内 にご報告ください。

次の

恋愛イベント レーガ − 牧場物語 つながる新天地 攻略Memo

牧場 物語 つながる 新天地 レーガ

依頼に応えたらデレた記憶アリ) 恋愛に奥手 (婚約が決まった際にハワードさんがそう言ってた) 大のネコ好き (本人は必死こいて隠していたが、幼馴染のリアや主人公にはバレバレだった件w) とにかく優しい (彼と結婚して他の相手とデートすると怒るらしい。 怒り顔は超イケメンとかなんとか) 手先が器用 (香水や花束を作ってくれる) 料理下手 (手先は器用だが、料理の腕はイマイチ。 今作では普通) くそマジメ (普段は仕事の勉強に専念している為。 ハワードさんの日記にて) …っていう印象がありますね。 今作は表情の変化が他の婿候補たちと比べると薄い印象。 ふたご村ではもうちょっと表情豊かだったような気がします。 あと、本人両親いないらしいですよ。 今作では純粋な恋愛してました。 仕事のことになるとリコリスみたいになるのがアレですが…^^; 花屋を営んでいるだけあって植物については相当詳しいです。 (花屋だから当たり前かw) 結構長い文章になってしまったけど…、本人についてはこんな感じでしょうか。 ふたご村ではディルカと結婚したので、結婚後のことは分からないです。 今作の結婚相手はカミルですが、何か物足りないんですよね…。 刺激がないというか、なんか…。 何なんでしょうか。 wikiや掲示板に情報や同じ質問が載っている場合もあります。 まず検索してみてね。 「名前」の項目で 『自分の名前 文字列』でトリップ(自分固有の文字列)を生成することができます。 荒らしを発見した場合はwiki内 にご報告ください。

次の

レーガ 牧場物語 つながる新天地 攻略裏技屋

牧場 物語 つながる 新天地 レーガ

牧場主の1日は忙しい。 朝早く起きて動物たちの世話をし、牧場内の植物たちに水をあげる。 軽く朝ごはんを済ませた後に隣のひだまり牧場ーーエッダから受け継いだ土地に向かう。 家も動物小屋も全て取り払われ、更地となっていたその場所には今や季節の花が咲き乱れ、様々な種類の作物が豊かに実っている。 「おばあちゃん、おはようございます!」 ひだまり牧場で水やりと日課である彼女への挨拶を済ませると、ミノリは愛馬を呼んで山の中にある各畑に向かう。 焼き芋や焼き魚を齧りながら移動して、少しでも体力を回復する。 そうして水やりをしつつ山で資材集めや虫取り、素潜り、釣りなどをしていると、街に入るころには大抵午後3時を回ってしまっていて。 そこから住民への挨拶まわり、貿易センターでの出荷や買い物を済ませ、さらにサファリへ移動し再び資材集めや採掘を行うと、ようやく牧場へ戻れる。 最後に動物たちを小屋に戻し、工房の状況の確認、回収。 そうしてやっと息をつける頃には、すっかり日は沈んでしまっているのだ。 「うー……っと」 そんな日常を今日も今日とて変わらず行い、帰宅したミノリは大きく伸びをした。 パキパキと体の様々なところから音が鳴って気持ちいい。 伸ばした腕を勢いよく降ろし、そのままソファーへとダイブした。 「疲れた……」 うつ伏せになったまま手探りでチャンネルを探し、電源ボタンを押す。 この時間特有の賑やかなバラエティー番組に、静かだった部屋が急に騒がしくなる。 寝返りを打って体の向きを変え、ぼんやりと画面を眺めながら適当にチャンネルを回すのも、いつも通りだ。 特にめぼしい番組も無く、プツリと電源を切ってチャンネルを放り投げ、クッションに顔をうずめる。 そうして静かになった家の中で考えることは、いつだって同じこと。 「……会いたい、な」 レーガさん。 ぽつりと小さく呟くと、予想よりも大きく部屋に響いて、余計に寂しさが募った。 普段服の下に隠れているネックレスを取り出す。 チェーンの先についているのは、紫の宝石が光る銀の指輪。 持ち上げてそれを眺めているだけで幸せな気分になれるのだから、我ながら単純なものだ。 ……だからといって寂しさが薄れるわけでもないけれど。 「今日も挨拶だけしかできなかったなあ」 牧場主に定休日など無いし、恋人であるレーガだって定休日は週に一度のみ。 その日だけでも牧場の仕事が早く終わればいいのだが、どんなに頑張ったところでせいぜい一緒に過ごせるのは2時間あれば良いほうで。 多忙なために彼のレストランでゆっくりと過ごすことも最近はできていない。 分かってはいるのだ。 自分は牧場の仕事に手を抜くことはできないし、そのつもりもない。 彼がどんなにあのレストランを大切に思っているのかも知ってる。 お互いそれを理解している上で付き合っているから。 だけど、それでもどうしようもなく寂しくなるときもあるわけで。 会いたくてたまらなくて、声を聞きたくて。 「レーガさんのばーか」 意味もなく悪態をついてみる。 再び寝返りを打って仰向けになり、持っていた指輪を電気にかざした。 それもこれも全部彼が悪い。 かっこよくて優しくて料理上手で話し上手で、たまに可愛くてちょっと照れ屋で、その他にも色々。 付き合い出した頃よりも、どんどんどんどん好きになっていって。 「好きすぎて死んじゃいそうです」 「そりゃ困る」 「……え」 くるくると指輪を弄くっていたミノリの手がぴたりと止まる。 同時に思考も停止した。 「ごめんな、勝手に上がって。 一応ノックして声もかけたんだけど」 寝転がるミノリを覗き込みながら苦笑しているのは、間違いなく彼で。 たった今、思い浮かべていた人物で。 「れ、れーが、さん……?」 「ん、ミノリ。 久しぶり……っていうのもおかしいかな。 昼間会ったし」 「……っ、レーガさん!?」 「うおっ」 ミノリが思い切り体を起こす。 危うくレーガの顔面に頭突きが炸裂しそうになるが、ギリギリのところで免れた。 「わああごめんなさいごめんなさい! でもなんでレーガさんがここに……っていうかお店! お店どうしたんですかまだ9時前ですよいや会えたのはもちろん嬉しいんですけどってこれ夢じゃ無いですか!?」 「ミノリ。 ミノリ落ち着いて」 混乱のあまり一気にまくし立てしまい、レーガにポンポンと両肩を叩かれた。 ぐるぐると頭が回る。 突然のことで何が何だか分からない。 未だに夢なんじゃないか、幻想なんじゃないかと思って、ミノリはぐいっと自分の頬をつねった。 「痛い……」 「こーら、だから夢じゃねえって。 ミノリ動揺しすぎ」 堪えきれないといったように笑い混じりの声で言われ、なんだかバツが悪くなって顔をそらす。 二重の意味で頬が熱い。 レーガがミノリの隣に腰掛けると、自然と肩が触れ合った。 二人掛けのソファーといえど、距離は近い。 久しぶりのこうした触れ合いにミノリの心臓は爆発寸前だ。 「店の方は、今日はもうおしまい。 この前の健康診断でマリアン先生に叱られてさ。 しばらく営業時間短縮しろって」 「ええ! 大丈夫なんですか?」 「念のためってだけだから。 俺よりあんたの方がよっぽど……そうだミノリ。 健康診断行ったか?」 痛いところをつかれてビクリとミノリの体が揺れ、レーガが「やっぱりな」と呆れた声をもらした。 ミノリの頭に先日ポストに入っていた「健康診断のお知らせ」の文字が浮かぶ。 そういえば今日アンジェラが何か言いたそうにしていたのはこのことだろうか。 急いでいたので話を聞くことができなかったのだけれど。 「ったく、その内アンジェラに強制連行されるの覚悟しとけよ」 「うう、はい……えと、それで結局レーガさんはどうしてここに?」 まさか健康診断のことを言うために来たわけでは無いだろう。 何か用事でもあったのだろうか。 「あー、うん。 特に何ってわけでもないんだけど、さ」 急に歯切れが悪くなったレーガにミノリが首を傾けると、レーガは顔を片手で覆い何やらもごもごと呟いた。 指の間から見える頬がうっすらと赤い。 「……くて」 「え?」 「……ミノリに、会いたかったんだよ」 「……え」 「言うつもり無かったのに」と溜息をつく彼の顔は真っ赤で、それにつられてミノリの頬も熱を持つ。 「う、あ、えっと……」 「あー、ごめん。 格好悪いの承知で言うけど、正直すっげえ寂しかった。 1日にミノリと会えるのほんの数分だし、休みの日でもあんたがいないと全然休んだ気になんないし、ホント限界で。 ……こんな時間に悪いとは思ったけど、我慢できなかった」 「ごめんな?」と言って照れたような困ったような表情で微笑まれ、どきりと胸が高鳴る。 そのまま見つめ合うのも何だか照れ臭くて、レーガの腕に抱きつき、顔を埋めた。 「レーガさん」 「ん?」 「会いにきてくれて、嬉しいです」 「遅くでもいいなら、毎日でも来るけど?」 「ここまで来てもらうの悪いから次は私から行きます」 「いやあんた疲れてるんだから俺が会いにくるって」 「そんなのレーガさんだって一緒じゃないですか! 私が行きます」 勢いでミノリが顔を上げると、レーガの目と視線が合わさる。 一瞬固まって、どちらからともなく笑い合った。 「じゃあ、交代交代だな」 「そうですね」 「うん。 ……あのさ、ミノリ」 「はい」 「好きだよ」 「〜〜っ、不意打ちは反則です!」 さらりと言ってのけた目の前の男に心の中で悪態をつきながら、ミノリは真っ赤な顔で再び彼の腕に顔を埋めた。

次の