アイアンゴーレムトラップ。 【マイクラ】高効率!アイアンゴーレムトラップの作り方

楽して鉄を集めよう!『アイアンゴーレムトラップ』の作り方

アイアンゴーレムトラップ

最近、HeatAndClimateMODのアイテムが色々と作れるようになって、楽しくなってしまったので、全然建築欲が湧きません… Wikiや、先人たちの知恵によりようやくアクリルガラスが作れました! 見にくいけど、青と紫と白?かな?最初の色のアクリルガラス。 色つきなのに透明度が高くて、とてもキレイ! HeatAndClimateMODは手順が複雑で、作者様もレシピMOD必須とおっしゃっているんですが、それでも作り方が解らなかったのが、アクリルガラス… とりあえずいろいろ作ってみていたマシンのなかで、たまたま見つけたプレスマシンに入れるプレートの説明に「Acrylic」の文字… と、いうわけで、手順がムチャクチャ大変だったけど、アクリルガラスが完成! 色々わかってくると楽しいですね! 前置きが長くなりましたが、ここからが今回の本題。 拠点のアイアンゴーレムトラップですね。 以前作った石造りの街の馬の池の下にあるアイアンゴーレムトラップを、地下深くに移動しました。 というか…結構前に移動自体はしていたんですが、整えたのが最近で… というのも、「HeatAndClimateMODの追加アイテムで岩盤が削れるらし」いという情報をどこかでみたような気がしていてずっと探していたんですよね。 ようやく見つけたので、ゴーレムトラップの下にある岩盤を削ってさらに数ブロックさらに下げてみました。 確か、トラップのドアを設置してあるブロックが Y5だった気が… 地上の拠点を建てた高さが Y70なので、これでギリ被らない距離になったかな…? 採った岩盤は、新たな建材にクラフトできます。 左が看板、右が建築用ブロック。 以前のトラップとの変更点は無いのですが、4か所のドア設置場所も湧き範囲になってるようで、ゴーレムがドアに挟まってたことがあったんですよね… これじゃだめなのかな…? 建材には石れんがブロック類と、地上で苔むした丸石と石れんがブロックです。 メンテナンス用にトラップ内に正規ルートの出入り口や、ドアの日照用に空けた煙突にハシゴを掛けています。 ゴーレムの湧きも確認できました。 これでゴーレムトラップ完成です。 拠点からの通路はシンブルに石れんがのみの作りになっています。 リンゴも野菜もできるスピードが速いので、食べきれないほどのご飯ができてしまいました… 余った材料は、さらなる肉のために動物の罠用の餌にして、肉になってから売ろうと思います。 そんなわけで一時的に動物の罠を大量に設置。 MODをバージョンアップしてから、罠用の餌のクラフト材料の割合が変わって、糸を大量に使うようになったんですよね。 こうすると糸を使わずに餌にすることができます。 でも、代わりに同じ数のジュースが…… ……ジュースはキッチンの小道具にします…… 最後までご覧いただきありがとうございます。 私のワールドでは色々なリソースパックからテクスチャをお借りして、MOD追加ブロックのテクスチャを変更して遊んでいます。

次の

【マイクラ】1.16対応 アイアンゴーレムトラップは鉄時給400個の超効率!?【統合版】

アイアンゴーレムトラップ

Contents• アイアンゴーレムトラップには反応距離が存在する マイクラゲーム内には『シミュレーション距離』が存在していることはご存知の方も多いでしょう。 シミュレーション距離とは、プレイヤーから一定距離内の時間が流れている範囲のことであり、この距離以上に離れると時間が流れなくなります。 そして、 アイアンゴーレムトラップには シミュレーション距離とは違う 『反応距離』が存在していることが今回わかりました。 注)「反応距離」は私の造語です。 アイアンゴーレムトラップの反応距離とは アイアンゴーレムトラップは、プレイヤーがある程度の範囲内に居ないと稼働しません。 言い換えると、 一定距離以上プレイヤーが離れてしまうと猫やゴーレムが湧きません。 これを勝手に 『反応距離』と呼んでいます。 実はずっと「シミュレーション距離と一緒だろう」と思っていたんですが、調べてみたら全然違う結果になったんですよね。 図解!アイアンゴーレムトラップ反応距離 検証の結果、アイアンゴーレムトラップの反応距離は• シミュレーション距離の設定によって大きさが変わる。 シミュレーション距離と同じ大きさではない。 という衝撃の結果が出ています。 さっそく図で見ていきましょう。 各図の真ん中がゴーレムトラップで、ピンクの図形範囲にプレイヤーが入るとゴーレムの湧き計算がされているイメージ。 反応距離4~12と記載していますが、この数字はシミュレーション距離の設定値を指します。 シミュレーション距離を4に設定したときの反応距離が「反応距離4」という建付けです。 一覧表にすると以下。 シミュレーション距離 4 6 8 10 12 反応距離(X,Z) 63 79 95 111 127 反応距離(Y) 45 61 75 91 107 反応距離は村の中心(村長のベッド)からの距離を指します。 (出発点=村長のベッドは含まず) 図でわかる通り範囲は正方形で、シミュレーション距離の設定と連動して変わるけどシミュレーション距離と同じではない。 さらに高さにも制限がある。 こんな特殊な仕様が隠れていました。 驚きですねw ちなみに 村の統合範囲は中心からX,Z方向に95ブロック、Y方向に75ブロックでシミュレーション距離にかかわらず一定です。 反応距離を利用すれば複数のゴーレムトラップを稼働させることが出来る アイアンゴーレムトラップの反応距離がわかり、且つシミュレーション距離とも村の統合範囲とも違う数字であることがわかりました。 ここまでわかれば、村が統合されない=アイアンゴーレムトラップが独立稼働する距離を保ちつつ最大何個まで稼働させられるかがわかります。 図解すると以下。 左はシミュ距離4の場合。 図の中の十字の印がゴーレムトラップの中心だと思ってください。 4つを統合されない距離を保って配置し、プレイヤーが中心に立った図ですが、すべてのゴーレムトラップが反応範囲にはありますがシミュレーション距離の外にあります。 という事は稼働は無理という事なので、プレイヤーを4つの中心ではなく2つの中心に立たせて平面2基稼働が上限だとわかりますね。 さらに高さを利用した場合上下で2段の配置が可能なので、シミュレーション距離4ではアイアンゴーレムトラップは同時に4基まで稼働させることが可能という事になります。 右はシミュ距離8の場合。 平面配置で4基が反応距離内且つシミュ距離内に配置できるため、さらに上下2段配置を活用して最大同時8基までの稼働が可能になります。 真ん中はシミュ距離6の場合。 ちょっとギリギリすぎて8基イケるかどうか微妙なところです。 ベッドの配置を工夫すればイケるかも知れませんが、4基同時稼働で運用する方が余裕を持った設計が出来そうですね。 実例:アイアンゴーレムトラップ15基同時稼働 さらに同じ理屈で、シミュレーション距離を10or12まで広げれば反応距離が統合距離を超えるため、もっと多くのアイアンゴーレムトラップを稼働させることが可能になります。 以下は実際に15基同時稼働を実現した動画です。

次の

鉄を無限に使いたい!アイアンゴーレムトラップの作り方【マイクラ統合版】

アイアンゴーレムトラップ

基礎知識 アイアンゴーレムトラップとは? 村の判定を利用してアイアンゴーレムを湧かせて、自動で処理してドロップアイテムを回収する装置となります。 「村(村人とベッド)」「湧き層」「処理装置」「回収装置」の4要素から構成される。 回収できるドロップアイテムは、鉄とポピーの2種類。 放置しているだけで鉄が入手できますが、作成の手間と鉄が集まるまでの時間は我慢が必要ですね。 村とは? 村は、「ベッド」と「村人」の2つの要素によって構成される。 自然にワールドに生成されている村には、建物もあったりするが、村の判定には関与していない。 つまり、村を人工的に作る場合に必要なのは、ベッドと村人のみ。 ベッド1つと村人1人が紐付けされた時点で村判定される。 村は、 XZ方向に95ブロック、Y方向に77ブロックの範囲内にベッドがあると、 同じ村として統合されてしまうので注意。 アイアンゴーレムとは? アイアンゴーレムは、村に依存してスポーンする。 湧く条件としては、 ベッド21台以上の村において、村人10人以上に1体が上限となっている。 湧く範囲は、 村の中心となっているベッドからXZ方向に8~9ブロックかつY方向に4ブロックほど。 湧く範囲に、不透過ブロックがあるとスポーンする。 村人を攻撃してしまうと、アイアンゴーレムと敵対してしまうので注意。 アイアンゴーレムを倒すと、3個前後の鉄と、偶にポピーをドロップする。 しかし、近くに作成してしまうと、既存の村に統合されてしまいます。 そのため、 既存の村からXZ方向に96ブロック以上の距離が離れ、村人を移送するのが簡単な場所に作成しましょう。 アイアンゴーレムトラップの周辺に、プレイヤー用のベッドを置くのも厳禁です。 チェストの上にホッパーを設置するときは、しゃがみ状態になれば置くことが出来るようになります。 これで回収装置は完成です。 ホッパーを中心として、不透過ブロックを四方に7ブロック分置き、正方形になるように敷き詰めてください。 次に、仮ブロックを中心から3ブロック分の正方形になるように設置し、ベッドを敷き詰めます。 仮ブロックを壊して回収するのを忘れないで下さい。 ベッド設置後は周囲をガラスで囲んでください。 これは、村人が寝てしまうと、天井にめり込んで窒息死してしまうからです。 その後、職業ブロックを全体の外縁に、村を囲うように設置しましょう。 職業ブロックの外側に仮ブロックを置き、その上にガラスを設置します。 職業ブロックの1ブロック分上かつ外側にガラスブロックが配置されるはずです。 これで、村(村人待機場所)が完成となります。 中にモブが湧かないように、たいまつで明るくして湧き潰しをしましょう。 この際に、1ブロック分だけ職業ブロックとガラスを空けておくと、村人を連れてくる際に楽です。 ホッパーの上に仮ブロックを置き、その上にガラスブロックを置きます。 ガラスの下の仮ブロックは必ず壊してください。 ガラスブロックの四方に3つずつ看板を設置。 さらに、下の写真のように看板を設置。 ガラスの上に溶岩を置くと、看板の上に溶岩が留まり、処理装置が完成します。 その後、敷き詰めた不透過ブロックの外側に仮ブロックを置いて、囲うように階段ブロックを設置しましょう。 村作成時に外縁のガラスブロックを設置したのと同じように作業すれば大丈夫です。 そして、階段すべてに水源を設置して、中心のホッパーまで水が流れるようにします。 これで、湧き層と処理装置の完成です。 そのため、アイアンゴーレムトラップまで村人を移送するのがとても大変です。 移送する際には、レールを敷いてトロッコに乗せたり、ボートで運ぶくらいしか方法はありません。 僕の場合は、柵で村人が出られないようにした場所にレールで近くまで運び、トロッコを体当たりで柵の向こうまで押し、トロッコを壊して回収する方法を用いました。 トロッコに乗った状態でならガラスと柵の間を通ることができるみたいですね。 最低2人移送できれば、食料アイテムを村人に渡して繁殖させて増やすという方法も取れます。 村人は10人ピッタリでないとダメだと紹介しているwebサイトも有ります。 ですが、PS4版のサバイバルで実際に13人の村人がいる場合でもゴーレムは湧きました。 これは、村人が襲われたと認識して、他の村人とその情報を共有し、アイアンゴーレムのスポーンを促すからです。 ゾンビには、名札をつけてデスポーンを防ぎましょう。

次の