小説家になろう 履歴。 小説家になろうで、自分の作品をお気に入り登録してくれているユーザーを知...

転生少女の履歴書

小説家になろう 履歴

ユーザーページ• 投稿済み小説から該当小説を選択• 小説情報編集• 最下部の「小説を削除する」• 確認 手順としてはこのような感じで、要は削除したい小説の編集から「小説を削除」を選べばいいだけです。 その後に確認画面が出るので、問題なければ続行してください。 ただし、確認画面で警告が出るはずです。 リンク切れやシステム負荷削減の為、連載継続が困難な場合でもできる限り小説は残して頂きますよう ご協力をお願い致します。 以下に該当しない場合の削除はご遠慮いただきますようお願い致します。 やむを得ない場合以外は小説を消さずに残してくださいという内容です。 ご協力・ご遠慮という表現なので警告というわけでもありませんが、最悪はアカウントBANにまで繋がってしまうので頻繁な削除は止めておくのが無難です。 おそらくは、未熟な小説を消したいケースが多いかと思いますが、その場合はできるだけ消さずに修正で対応するようにしましょう。 小説家になろう公式の説明もご参考ください。 fa-arrow-circle-right• 新規小説作成• 執筆中小説の編集• 投稿済み小説の編集• 次話投稿(本文を直接入力する場合)• ダイレクト投稿(パソコン版のみ) 執筆中に自動保存されたバックアップの一覧から復元することができます。 投稿済み小説や編集欄にある「バックアップ一覧」から、復元させたいタイトルを選んでください。 執筆中に自動保存されたバックアップデータの一覧です。 データの並べ替えや個別削除が行なえるものではございませんので、執筆内容の管理は執筆中小説や投稿済み小説内で行なってください。 編集時と同一の端末・ブラウザをご利用の場合のみ情報を取得できます。 保存件数が50件を超える場合は、古いバックアップデータから削除されます。 仕様としてはこのような感じで、50件までですし最悪のケースのみに頼りにするぐらいでいいでしょう。 詳しい仕様と使い方は公式サイト以下の公式サイトをご確認ください。 fa-arrow-circle-right 「あなたの投稿している作品はR18に相当しますので、開示設定を非公開にしました。 当該作品を全年齢向けに改稿を行うか削除してください。 このような投稿が繰り返された場合、あなたのユーザーIDも削除します」 例としてこのような通告です。 これはR18表現の場合なので割と多いケースにも思いますが、その他にも不適切な表現があれば似たような案内がくるかもしれません。 この場合は泣く泣く修正をかけるか削除をするしかないので、過剰な表現方法には充分注意するようにしてください。 まとめ 小説家になろうでの小説削除と非公開設定についてでした。 小説そのものの削除も可能ですし、1話ごとの部分削除も可能です。 ただ、簡単に削除はできますが、運営からの警告的なものが入るのが気がかりでもあるので、できるだけ削除はせずに編集で対応するようにしましょう。 また、バックアップでの復元は無いものとして考えるのがおすすめです。

次の

【小説家になろうおすすめ】転生少女の履歴書【レビュー】

小説家になろう 履歴

小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。 この度、小説家になろう登録作者であるそら・そらら先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。 以下、そら・そらら先生より頂きました文面となります。 皆様はじめまして。 そら・そららと申します。 この度、小説家になろうで掲載していた「転移使い魔の俺と無能魔女見習いの異世界探検記」が「異世界に魂だけ召喚されたので、無能魔女の使い魔(ぬいぐるみ)として生きます」のタイトルでBKブックスさんより発売になりました。 最初に書籍化の打診を受けた時は本当に驚きました。 小説家になろうに登録して書き始めてから一年半。 毎日更新しつづけ、多くの人に読んでもらえるように努力をした結果、初めての作品にしてはまずまずの評価を受けたと自負しつつ、まさか書籍化の話が来るとは思ってもいませんでした。 書籍化した名だたる先人たちと比べると、圧倒的に評価値が低かったものですから。 チャンスというのはいつやってくるか、わからないものですね。 そんな僕が書籍化を目指す皆さんに、どこまで的確なアドバイスができるかはわかりません。 けれどひとつだけ言えることがあります。 僕は自分の書く小説が好きです。 自分が作って動かしているキャラクターのことが好きです。 本当にかわいいと思っています。 ありがたいことに読んでいただける方が多かった作品ですし、僕以外にも僕の小説を好きな方はいるでしょう。 でも好きさで言えば僕が圧倒的に勝っているはずです。 そして、皆さんも同じはずです。 自分の小説が好きなのでしょう。 大事なのはその気持ちです。 頑張って書いた小説が、あるいはこれは受けるだろうなと思って投稿した小説が、あまり読まれないこともあるでしょう。 けれどあなただけは、あなたの書いた作品を愛することができる。 その気持ちを持ち続けて書くこと。 おそらくそれが情熱ってものなのでしょう。 その情熱を持ち続けて書いていたのが、書籍化につながったのではと思っています。 僕の場合はこうだったというアドバイスですけれど、なにかの参考になれば幸いです。 いつも小説家になろうグループをご利用いただきありがとうございます。 入力補助機能にて、一部ブラウザで提供しておりました横書き表示・縦書き表示の切り替えに関し、「Microsoft Edge」での機能の提供を終了させていただくこととなりました事をご報告いたします。 横書き表示・縦書き表示の切り替えは、小説本文の入力フォームに入力する文章の表示向きを、横書きもしくは縦書きに設定することができる機能です。 この機能をご利用いただけるブラウザの内、「Microsoft Edge」におきまして、近日提供されましたWindows Updateにより仕様変更が生じ、横書き表示・縦書き表示の切り替えの利用が行なえなくなっていることを確認しております。 当社でも仕様変更に伴う機能の修正対応を検討させていただきましたが、他機能との兼ね合いにより、この度「Microsoft Edge」のみ、横書き表示・縦書き表示の切り替え提供を終了させていただきますことを決定致しました。 「Microsoft Edge」への横書き表示・縦書き表示切り替えの提供終了に関するご案内につきましては、後日改めて公式ブログにてご報告させて頂きます。 ご利用の皆様には、大変ご不便をおかけいたしますこと誠に申し訳ございません。 今後とも小説家になろうグループをよろしくお願いいたします。 小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。 syosetu. 新着メッセージを頂いた瞬間、「またR指定の基準に抵触したのか……!?」と疑っていたぐらいですので、ご一報頂いた時は心の底から驚いて、そのまま勢いで焼き肉しました。 一人で。 まだ夢なんじゃないかと疑っているので、とりあえず頬をつねる感覚で書籍情報書いておきます。 というのも書籍化のお話を頂いた著作ですが、頂いた時のptは700もなく、投稿作品数は短編含めて90作品目ぐらい、ついでになろうを利用し始めたのは2014年、と飛ぶ鳥を落とす勢いで書籍化したりランキングに乗る方と比べるとまさしく牛歩でございます。 さらに投稿時代を含めますと、小説を書きはじめてはや10年ぐらいが経過している現状です。 とまぁこう客観的な情報を並べますと、多分自分にはいわゆる才能的なものは無いのかな、と常々思います。 ですがこう書籍化出来たので、自分の経験を少しだけ。 まずは書くという事ですが、なかなかどうしてモチベーションが上がりませんよね。 なので僕はとにかく『気楽に』書くという事を第一にしています。 創作に向き合う人の心はそれぞれですが、常に言えるのはとにかく手を動かさなければ何も生まれないという事です。 本当は何もしないでお金が貰えれば一番いいのですが……。 なのでとにかく一番最初の第一歩を、鼻でもほじりながら動かすのが、10年書き続けられたコツみたいなものなのかなと。 次に読者の方にメッセージというか感謝の言葉を。 もう一つ続けられた理由は、ひとえに皆様から『面白いよ』の一言を頂けたからです。 たった四文字ですが作者の才能を保証できる唯一の言葉です。 僕自身感想を書いたりするのはすごく苦手で、夏休みの読書感想文も箇条書きで提出したぐらいですので、この一言が口に出せるのはとても素晴らしい事です。 それこそ才能なんてない僕が、10年で本を出せるぐらいには。 小説家になろうをいつもご利用頂きありがとうございます。 この度、小説家になろう登録作者である天野ハザマ先生よりお便りを頂きましたのでこの場にて利用者の皆様にお伝えいたします。 以下、天野ハザマ先生より頂きました文面となります。 知っている方はこんにちは、お初の方は初めまして。 天野ハザマと申します。 ご存じの方もいらっしゃるかも分かりませんが、この度スクウェア・エニックス様より「金貨1枚で始まる冒険者生活」のコミック第1巻が7月10日に発売になります! そしてそのノベル版を発売しておりますツギクルブックス様から咲夜先生の「カット&ペーストでこの世界を生きていく」の続刊を担当することになりました。 私が小説家になろう様にて掲載を始め、初書籍となる「勇者に滅ぼされるだけの簡単なお仕事です」の発行から……えーと、何年でしたっけ。 そんな風になるくらい、なんとか現在進行形で作家をやらせていただけております。 今回の「金貨1枚で変わる冒険者生活」も、素晴らしいコミカライズ作品となっておりますので是非お楽しみいただけたらと思いますが……それはさておきまして。 この前聞いたのですが、作家として生き残る年数がどうのこうの、みたいな話があるらしいです。 とても厳しい話ですよね。 他人ごとではございません。 作家デビューが終着点ではないこの世界、私を含め暗闇の中を歩くようなものです。 それでもどうして書くのか? 今回はそういったお話を私なりの考えではございますが、語らせていただければと存じます。 まず、「何故書き始めたのか?」です。 所謂自分の原点ですが、これは私がファンタジー大好きっ子だからです。 図書館にある様々なファンタジーを読みつくし、それでも足りずにお小遣いにバイト代で本屋へ走り、今では給料を頂く身分ですがやはりファンタジーを読み漁っています。 そうしていると、自然と「私ならこうするのに」っていうのが浮かんでくる人が居ます。 そういった人は必ず自分の理想の世界を求めキーボードに手を伸ばします。 それでどうなるか? 小説家になろうに辿り着くのです。 「私の愛した世界を知ってほしい、愛してほしい」。 これが私の欲求ですが、同じものを抱えた人はきっと多いはずです。 その結果、凄まじいスピードでデビューする人も居れば、そうでもない人も居るかもしれません。 私とて、誇れる戦歴は持っておりません。 それでも、とある日にレーベル様のサイトに記載された、この言葉に私はストンと心に落ちるものがありました。 「冒険ファンタジージャンルにも精通されている天野ハザマ先生」 冒険ファンタジージャンルに精通。 ええ、確かに私はそのジャンルを中心に書き続けてきました。 私の原点であり、原動力であり、情熱を捧げた私の武器。 「好きだからこそ、このジャンルを追い続けた」。 それはきっと誰かに届くし、響いていく。 だからこそ皆様、どうか自分の「好き」を諦めないでください。 そして願わくば、私と「好き」をぶつけ合う仲間になりましょう。 それでは皆様、これからもどうぞよろしくおねがいいたします! いつも小説家になろうグループをご利用いただきありがとうございます。 この度は、ご利用の皆様にご不便ご迷惑をお掛けいたしましたことをお詫び申し上げます。 現在、混雑緩和に向けて対策を進めておりますが、該当の現象が発生されました場合は大変お手数ではございますが、時間をおいてアクセスいただきますようお願いいたします。 ご利用の皆様にはご不便ご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ございません。 何卒ご了承をいただきますようお願い申し上げます。

次の

小説家になろうで、自分の作品をお気に入り登録してくれているユーザーを知...

小説家になろう 履歴

テンプレートの解説 [] [] [] [] に掲載されている作品のページにリンクするためのテンプレートです。 使い方 [ ] の場合• で「Re:ゼロから始める異世界生活」と検索します。 検索結果から やN2267BEというNコードが得られます。 - と表示されます。 2つめのタイトルを入力しない場合テンプレートを置いた記事の名前が自動的に表示されます。 syosetu. TemplateData [ ] 小説家になろう掲載作品ページへのリンクを生成 テンプレート引数 引数 説明 型 状態 Nコード id 1 小説家になろう掲載作品ページにあるNコード 例としてURLがもし ncode. syosetu. syosetu. 行 省略可能 末尾省略 notitle 末尾の「小説家になろう」を省略する場合に任意の文字を指定。 行 省略可能 関連項目 [ ]•

次の