助成制度情報:過剰木材在庫利用緊急対策事業、募集中 [ 最新情報 ] |一般社団法人 日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

2020. 構造材と内装材については支援水準または経費の2分の1のいずれか低い金額、外構材については支援水準または経費のいずれか低い金額となる(外構材のみ上限3000万円)。

Next

【周知】JAS構造材利用拡大事業・過剰木材在庫利用緊急対策事業 合同事業説明会

・交付申請(構造体の場合) 建て方完了後一ヵ月以内もしくは、2021年2月26日締切 ただし、木工事費として仮設工事費も助成対象としていた場合、仮説撤去完了後の交付申請となる。

Next

【NEWS】過剰木材在庫利用緊急対策事業 公募が開始されました

全国木材組合連合会では、全国9カ所で説明会を実施する予定だ。 災害対策基本法に基づく指定公共機関の施設• また、農林水産省HPには林業・木材産業関係者向けリーフレットも掲載しておりますのでご覧ください。 詳細は上記サイトをご覧ください。

Next

林野庁 過剰木材在庫利用緊急対策事業の公募開始 公共建築物等の木造化・木質化を緊急支援|ナイスビジネスレポート|ナイス株式会社

鹿児島県木材協同組合連合会が窓口となっており、詳しくは全木連のHP「令和2年度 林業施設整備等利子助成事業の募集」をご覧ください。 募集は締め切りました。 中大規模木造で使える助成金2「過剰木材在庫利用緊急対策事業」 新型コロナウィルス関連で、中大規模木造で利用できる助成金として注目されているのが「過剰木材在庫利用緊急対策事業」です。

過剰木材在庫利用緊急対策事業及びJAS構造材利用拡大事業 の説明会開催のお知らせ

会社名 * 代表者名 * 郵便番号 *• (対象となる施設) ・公共建築物等木材利用促進法に基づく公共施設(学校、保育園、病院、老人ホーム、駅、庁舎等) ・災害対策基本法に基づく指定公共機関の施設 ・公共の用に供する場に設置される外構(公園等の塀や柵、デッキ、遊具等) (支援水準) 工務店等の施工者が木材を活用する際の経費について支援(詳細は公募要領にて) 公募要領はウェブサイトにてご案内しております。 開催風景を資料に載せていますのでご覧ください 2019. 開催風景を資料に載せていますのでご覧ください 2020. 2020. 16 新型コロナウイルス感染症に関する情報について 林野庁より、「木材産業事業者の従業員に新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン」を策定したとの情報がありましたのでお知らせします。 (一社)全国木材組合連合会(以下、全木連)は、審査の上、審査結果通知書(様式3号)を通知します。

Next

過剰木材在庫利用緊急対策事業について【島根県木材協会からのお知らせ】

中大規模木造の助成金に適したSE構法のワンストップサービス 中大規模木造で利用できる助成金を利用するためには、計画段階から構造設計、材料供給、施工までを確実に実現できる工法やサービスが必須です。 まだまだご応募を受け付けておりますので、気になる方は林材連までご連絡をお願いします。

Next