アフラック 控除 証明 書。 生命保険料控除証明書の見方(読み方)を画像付きで詳しく解説[年末調整]

電子的控除証明書の交付

アフラック 控除 証明 書

年末調整や確定申告で添付が必要な、生命保険料控除証明書。 保険会社によっても表示が異なり、どこを見て書いたら良いのか、よく分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか? 一昔前に比べて保険会社の表示もかなり統一されてきました。 しかし年末調整でチェックをしていると、書く場所を間違えていたり、少ない数字で申告している方が時々いらっしゃいます。 今回は、生命保険料控除証明書のどこを見て申告書に書いたら良いのか、見方をご案内します。 なお、今回の記事は年末調整を中心に記載しますが、控除証明書の見方については、所得税の確定申告も同様ですので参考にして下さい。 [関連記事] [関連記事] [関連記事] [関連記事] [関連記事] [関連記事] 生命保険料控除証明書は5種類ある 「生命保険料控除証明書」の名前で届く控除証明書には、• 「一般」の中に、「新」と「旧」• 「介護」 (介護は新区分のみ)• 「個人年金」の中に「新」と「旧」 この様に大きく分けて3つ、「新」「旧」の区分を合わせると5種類あります。 申告時には、これら5種類に分けて記載し、計算する仕組みになっています。 ここからは、実際の控除証明書をいくつか見ながらご案内して行きます。 一般・介護・個人年金 は、ここを見て判断! 一昔前は保険会社によって表示がまちまちで、とても見にくかったのですが、最近は色分けされるなど一目で分かる控除証明書が増えてきました。 「生命保険料控除証明書」を拡大したものです。 左の例では、介護医療保険料の申告額が71,520円。 右の例では、個人年金保険料の申告額が114,948円。 と、一目で分かります。 この例では、一般申告額が「***」になっているので、一般の申告額は0円であることが分かります。 「新制度」か「旧制度」かは、ここを見ればわかる! 「一般の生命保険料」の区分と「個人年金保険料」の区分には、「新制度」と「旧制度」があります。 「新制度」に該当するか「旧制度」に該当するかで、記載及び集計を分ける必要があります。 「 新制度」「 旧制度」は、控除証明書の「 適用制度」と書かれた欄に書いてあります。 私の手元にある控除証明書は、殆どが用紙の上の方に書いてありました。 控除証明書の上の部分だけ切り取ったものを並べてみます。 「新生命保険料控除制度」や「旧生命保険料控除制度」という表示で、新・旧が示されています。 他には、「制度」の文字が抜けているパターンで、 「新生命保険料控除」だけのものや、 「旧一般生命保険料控除」と、「旧」の後に「一般」が入っていたり... まだあります。 単に、「新制度」だけ書かれているものや、「新制度(一般)」と書かれている控除証明書など色々です。 一昔前に比べてかなり表示が統一されて来ましたが、まだ完全に統一されていない様ですね。 数字は基本的に「申告額」欄を見る! 「生命保険料控除証明書」には、幾つか金額が書かれています。 以下の例では、介護のみなので数字が入っているのは4カ所ですが、中には「一般」と「介護」さらに「個人年金」まで1枚の控除証明書になっているものもあります。 さらに配当金まで数字が入っている控除証明書の場合、最大18カ所に金額が入る可能性があります。 青でマークした部分は、本年9月までの支払額です。 年末調整や所得税の確定申告で使う数字は、12月迄含めることが出来ますので、12月末時点の見込額を記入します。 この例では、赤枠で示しました。 「12月末時点のご申告予定額は以下のとおりです。 」として書かれた、「申告額」を記載しましょう! 年末調整で提出された申告書をチェックしていると、 12月末時点の申告額(予定額)に大きな数字が記載されているのに、 青枠で囲った「証明額」を記載してしまう方。 申告額を少なく記入されてしまう方が、時々いらっしゃいます。 控除の上限金額まで達している方は損得がありませんが、所得控除額の枠が余っている場合、税金を無駄に払ってしまう事になるので、勿体ないですよ! <参考情報> 青枠をご覧下さい。 「月払12分割、1回分保険料5,960円」という記載があります。 「生命保険料控除証明書」の中には、「申告額」や「予定額」として 年間の参考金額が書かれていないものがあります。 この控除証明書では、申告が出来ないのでしょうか? 安心して下さい! この様な控除証明書でも、申告は出来ます。 理由は、 赤い丸枠で囲った 「払込常況」欄を見ると、「払込停止」となっています。 実はこの保険、解約しました。 解約した為に、年末までの見込額欄は表示出来ないという訳です。 因みに、 保険料を年払いしている場合も、この様に表示されることがあります。 この様な場合は、 「一般証明額」に書いてある数字、18,908円が申告時に使う数字です。 よって、この例の場合ですと、• 「一般の生命保険料」の枠に記載• 区分は「新」制度• 保険の種類は「定期死亡保険」• 保険期間は「20年」• 申告する金額は、18,908円 となります。 次の控除証明書は、今まで出てきた様な「申告額」「証明額」「予定額」といった文言が全く有りません。 この場合、 共済掛金-割戻金=差引掛金 である 「差引掛金」が申告書に記載する数字です。

次の

年末調整の保険料控除申告書の書き方2 一般の生命保険料|生命保険データベース

アフラック 控除 証明 書

アフラックの生命保険、種類は? 家族に毎月年金が届く「GIFT」 亡くなった場合や、保険会社所定の高度障害状態になった場合に、保険金を月々の年金として受け取りが可能です。 契約後、一時金受取に変更することもできます。 「GIFT」は保障額が年を重ねるにつれて減少する仕組みになっています。 そのため、ライフステージに合わせて家族への責任が重い時期は保障を手厚く、セカンドライフに近づくにつれ保障を小さくすることができます。 掛け捨ての「Lightフィットプラン」 手ごろな保険料で、保険金額200万円から保障を準備できる定期保険です。 ニーズに合わせ少額の保険金額から設定することができ、80歳まで10年ごとに契約が自動更新されます。 また、契約は告知のみで医師の診査が原則不要です。 「Lightフィットプラン」は、更新日の年齢で保険料が再計算されるため、更新ごとに保障を見直しながら必要保障額を調整することができます。 死亡保障を年金等へ変更できる「WAYS」 契約時は死亡保障として契約し、将来は保障額全額を死亡保障として継続するか、一部を年金・介護年金・医療保障のいずれかに切り替えことができます。 保険料払込満了日は、ライフプランに合わせて60歳・65歳・70歳のいずれかから選ぶことができます。 将来の特約は、セカンドライフが始まる保険料払込満了2年前もしくは満了時に決めることも可能です。 将来、どんな保障や資金が必要になるかは、契約時点では予測が立たないこともあります。 しかし、「WAYS」なら、家族への責任が重い時期は死亡・高度障害に対する手厚い保障を確保することができ、セカンドライフの保障はその時のニーズに合わせて選ぶことが可能です。 2種類の終身保険は返戻金あり 「アフラックの終身保険」、「アフラックの終身保険 どなたでも」は、契約時の保険料のまま、死亡保障を一生涯確保できる終身保険です。 また、「アフラックの終身保険 どなたでも」は、満40歳~満80歳なら、健康状態にかかわらず申し込むことができます。 これら2つの商品は、保険期間の途中で解約した場合、解約返戻金があります。 ただし、保険料の一部は将来の保険金支払いに備えたり契約の維持に必要な費用に充てたりするため、払込保険料の全額が戻ってくるわけではありません。 解約返戻金額は、契約内容や保険期間の経過年数により異なります。 「エヴァー」「新がん保険」は病気を保障 「EVER エヴァー 」は、ケガや病気による入院・手術を一生涯保障する医療保険です。 「死亡特約」を付けることにより、死亡保障も確保できます。 女性特有の病気・手術を保障する「レディースEVER」、持病のある人が簡単な告知で申し込むことができる「やさしいEVER」があります。 「がん保険」は、2018年4月より新商品になります。 診断から再発まで保障する「生きるためのがん保険Days1」と、女性特有の乳がん・子宮がんに備える「レディスプラン」です。 そして、がんを経験した人のために「寄り添うDays」があります。 保険料の支払いが難しくなったら? 特約による保険料割引を確認 「ノンスモーカー特約」は、過去一年間に喫煙していなことなど、会社が決めた基準を満たしている場合に付加できます。 「ノンスモーカー特約」を付加した場合、主契約の保険料や「三大疾病保険料払込免除特約」の保険料に、非喫煙保険料率が適用されて保険料を抑えられます。 ちなみに、「三大疾病保険料払込免除特約」とは、がん・急性心筋梗塞または脳卒中により保険会社が決めた事由に該当した場合、保険料の払込みを免除する特約です。 ・標準体保険料率の場合 保険期間:60歳満期(支払保証期間6年)/保険料払込期間:60歳まで/基準年金月額:15万円(年額180万円)/個別取扱の月払保険料例 三大疾病保険料 払込免除特約 あり 三大疾病保険料 払込免除特約 なし 契約日満年齢 男性 女性 男性 女性 30歳 6,060円 3,930円 5,895円 3,735円 35歳 6,450円 4,110円 6,255円 3,885円 40歳 6,975円 4,230円 6,735円 4,005円 45歳 7,515円 4,335円 7,245円 4,125円 50歳 8,085円 4,350円 7,800円 4,200円 ・ノンスモーカー割引特約を付加した場合 保険期間:60歳満期(支払保証期間6年)/保険料払込期間:60歳まで/基準年金月額:15万円(年額180万円)/個別取扱の月払保険料例 三大疾病保険料 払込免除特約 あり 三大疾病保険料 払込免除特約 なし 契約日満年齢 男性 女性 男性 女性 30歳 4,080円 3,150円 4,005円 3,015円 35歳 4,410円 3,450円 4,320円 3,285円 40歳 4,725円 3,630円 4,620円 3,465円 45歳 4,995円 3,810円 4,875円 3,645円 50歳 5,385円 3,960円 5,250円 3,840円 保険料については、契約年齢・性別・健康状態など契約条件により異なりますので、詳細は、保険会社へ問い合わせてください。 また、「ノンスモーカー特約」は、定期特約の更新の際に、告知・診査を受け基準を満たしている場合にのみ継続できる点に注意しましょう。 契約者貸付の利用を検討 保険会社は、解約返戻金の範囲内で、保険料を立て替える「自動振替貸付」や、同じく解約返戻金の範囲内で資金を貸し付ける「契約者貸付」という制度を整えています。 一時的に保険料を支払うのが難しい場合に、この制度を利用することで契約を継続することも検討してみてはいかがでしょうか。 ただし、立替金や貸付金には保険会社の定めた利息がつきます。 利率については保険会社のホームページで確認するか、保険会社へ問い合わせてください。 利息の返済ができない場合は、契約が失効したり、保障内容を減額されたりする場合もあります。 利用を希望する際は、コールセンターへ連絡し手続きを行いましょう。 解約前には返戻金の有無をチェック 保険商品によっては、途中で解約した場合に解約返戻金があります。 ただ、保険料の一部は保険金の支払や契約の維持費用に充てられるため、払込保険料の合計額より解約返戻金が少なくなる場合が多くあります。 また、解約返戻金額は、契約年齢・性別・保険期間などにより異なります。 一部保険証券に例示されている場合もありますが、解約前にコールセンターへ問い合わせることをおすすめします。 FP在籍の店舗などで相談 保険料の見直し方法についていくつかの例をご紹介しましたが、それぞれの契約内容・経過年数などによって状況が異なります。 自分だけで判断せず、専門家の意見も聞いて判断するとよいでしょう。 アフラックは、直営の窓口のほか、アフラックと他の保険会社の商品を複数扱う代理店を全国に展開しています。 また、アフラックのホームページではファイナンシャルプランナーが在籍する店舗を調べることができます。 保障内容・保険料の見直しについてより詳しく知りたい方は、ファイナンシャルプランナーが在籍する店舗で相談するのもひとつの方法です。 年末調整の際にはどうすればいい? 手続きや必要書類とは 年末調整で生命保険料控除を申告する場合は、「保険料控除申告書」を作成し、「生命保険料控除証明書」を添付して、勤務先を通じて税務署に提出します。 生命保険料控除制度とは、1月から12月に支払った生命保険料の額に応じ、その年の所得税の課税所得金額から一定額が差し引くことで所得税などの負担を軽減できる制度です。 保険料控除証明書は、個別扱いの場合は10月上旬から、団体扱いの場合は9月中旬から順次、保険会社から発送されます。 手元に届いたら申告まで大切に保管してください。 控除証明書を再発行してもらうには 生命保険料控除証明書の再発行は、WEB上の「契約者専用サイト」のほか、自動音声ダイヤル、コールセンターにて手続きができます。 手続きの際には証券番号を準備しましょう。 契約者専用サイトを利用するには利用登録が必要です。 登録には証券番号と初回登録キーを準備してください。 初回登録キーは、自宅に郵送される「契約内容のお知らせ」に記載されています。 生命保険料控除証明書は、通常、再発行依頼日より5営業日程度で、登録住所に郵送されます。 登録住所が現住所と異なる場合は、住所変更の手続きも必要です。 申告期限に間に合うよう、余裕を持って手続きを行いましょう。 各種手続きの際の注意点は? 問い合わせは本人が行うのがベター 契約内容・各種手続きに関する問い合わせは、できる限り契約者または死亡保険金受取人本人から行いましょう。 一部の保険会社では代理で問い合わせる家族を事前登録し、手続きを代行できる制度を採用していますが、プライバシー保護の観点から本人にのみ回答する会社が多いです。 やむを得ず、本人以外から問い合わせをする場合は、保険会社へ事情を伝え相談してみてください。 配偶者・親族が本人から依頼を受けていることを保険会社が本人に確認することができた場合は、契約内容・一部手続きに限り、案内を受けることができるかもしれません。 問い合わせをする時は、保険証券を手元に用意しておくとスムーズでしょう。 保険金の請求には期限がある 給付金・保険金の請求期限は3年です。 死亡・入院・手術など支払事由が発生した翌日から3年以内に請求しなければ、時効となります。 ただ、3年経過後に支払事由に該当していることに気づいた場合や、亡くなった親の保険証券が見つかったなどの場合でも、書類が揃えば請求できる場合があります。 3年が経過していても一度問い合わせてみるとよいでしょう。 アフラックでは、請求方法が3つあります。 ホームページまたは電話で請求書類を自宅へ郵送依頼、郵送で返送。 ホームページより請求書類を印刷し、アフラックへ郵送。 ホームページ上で手続き完了。 2と3の方法は、一部の手続に限りますので、詳しくはホームページで確認してください。 受取人変更・住所変更等は電話かWEBで 結婚した場合、引っ越した場合などは、生命保険の各種変更手続きも忘れずに行いましょう。 想定される手続きは、改姓による契約者名の変更、給付金・保険金の受取人変更、住所・電話番号の変更などです。 アフラックでの手続きは、契約者専用サイトで行うほか、コールセンターに電話で連絡する方法があります。 事業譲渡のため会社名が変わる予定 アフラックは、2018年4月2日に、会社形態を日本法人へ変更します。 現在は米国法人の日本支店ですが、変更後は日本の生命保険会社となり、社名は「アフラック生命保険株式会社」となります。 米国法人の日本支店で引き受けたすべての保険契約と保有する資産は、新会社へ引き継がれます。 会社形態の変更に際して、契約者が手続きを行う必要はありません。 また、既に契約している保険の契約形態・保障内容・保険料などに変更はありません。 2018年1月以降4月1日までの移行期間中に、新たに保険に申し込む場合は、保険契約が現会社より新会社へ引き継がれることを承諾の上で、手続きを行いましょう。 まとめ アフラックの死亡保険・医療保険は、健康状態やライフプランに合わせ、商品を選んだり特約を追加したりすることにより、何通りものプランを作ることができます。 自分にあった保障内容を準備するため、保険の新規申込みや見直しの際に選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。 【保険ONLINE】の無料相談サービスです。 ご自宅でオンラインでお金・家計・生命保険などの相談が無料でできます。 対象は、20~59歳の方です。

次の

電子的控除証明書等作成ソフトダウンロードコーナー |e

アフラック 控除 証明 書

年末調整や確定申告で添付が必要な、生命保険料控除証明書。 保険会社によっても表示が異なり、どこを見て書いたら良いのか、よく分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか? 一昔前に比べて保険会社の表示もかなり統一されてきました。 しかし年末調整でチェックをしていると、書く場所を間違えていたり、少ない数字で申告している方が時々いらっしゃいます。 今回は、生命保険料控除証明書のどこを見て申告書に書いたら良いのか、見方をご案内します。 なお、今回の記事は年末調整を中心に記載しますが、控除証明書の見方については、所得税の確定申告も同様ですので参考にして下さい。 [関連記事] [関連記事] [関連記事] [関連記事] [関連記事] [関連記事] 生命保険料控除証明書は5種類ある 「生命保険料控除証明書」の名前で届く控除証明書には、• 「一般」の中に、「新」と「旧」• 「介護」 (介護は新区分のみ)• 「個人年金」の中に「新」と「旧」 この様に大きく分けて3つ、「新」「旧」の区分を合わせると5種類あります。 申告時には、これら5種類に分けて記載し、計算する仕組みになっています。 ここからは、実際の控除証明書をいくつか見ながらご案内して行きます。 一般・介護・個人年金 は、ここを見て判断! 一昔前は保険会社によって表示がまちまちで、とても見にくかったのですが、最近は色分けされるなど一目で分かる控除証明書が増えてきました。 「生命保険料控除証明書」を拡大したものです。 左の例では、介護医療保険料の申告額が71,520円。 右の例では、個人年金保険料の申告額が114,948円。 と、一目で分かります。 この例では、一般申告額が「***」になっているので、一般の申告額は0円であることが分かります。 「新制度」か「旧制度」かは、ここを見ればわかる! 「一般の生命保険料」の区分と「個人年金保険料」の区分には、「新制度」と「旧制度」があります。 「新制度」に該当するか「旧制度」に該当するかで、記載及び集計を分ける必要があります。 「 新制度」「 旧制度」は、控除証明書の「 適用制度」と書かれた欄に書いてあります。 私の手元にある控除証明書は、殆どが用紙の上の方に書いてありました。 控除証明書の上の部分だけ切り取ったものを並べてみます。 「新生命保険料控除制度」や「旧生命保険料控除制度」という表示で、新・旧が示されています。 他には、「制度」の文字が抜けているパターンで、 「新生命保険料控除」だけのものや、 「旧一般生命保険料控除」と、「旧」の後に「一般」が入っていたり... まだあります。 単に、「新制度」だけ書かれているものや、「新制度(一般)」と書かれている控除証明書など色々です。 一昔前に比べてかなり表示が統一されて来ましたが、まだ完全に統一されていない様ですね。 数字は基本的に「申告額」欄を見る! 「生命保険料控除証明書」には、幾つか金額が書かれています。 以下の例では、介護のみなので数字が入っているのは4カ所ですが、中には「一般」と「介護」さらに「個人年金」まで1枚の控除証明書になっているものもあります。 さらに配当金まで数字が入っている控除証明書の場合、最大18カ所に金額が入る可能性があります。 青でマークした部分は、本年9月までの支払額です。 年末調整や所得税の確定申告で使う数字は、12月迄含めることが出来ますので、12月末時点の見込額を記入します。 この例では、赤枠で示しました。 「12月末時点のご申告予定額は以下のとおりです。 」として書かれた、「申告額」を記載しましょう! 年末調整で提出された申告書をチェックしていると、 12月末時点の申告額(予定額)に大きな数字が記載されているのに、 青枠で囲った「証明額」を記載してしまう方。 申告額を少なく記入されてしまう方が、時々いらっしゃいます。 控除の上限金額まで達している方は損得がありませんが、所得控除額の枠が余っている場合、税金を無駄に払ってしまう事になるので、勿体ないですよ! <参考情報> 青枠をご覧下さい。 「月払12分割、1回分保険料5,960円」という記載があります。 「生命保険料控除証明書」の中には、「申告額」や「予定額」として 年間の参考金額が書かれていないものがあります。 この控除証明書では、申告が出来ないのでしょうか? 安心して下さい! この様な控除証明書でも、申告は出来ます。 理由は、 赤い丸枠で囲った 「払込常況」欄を見ると、「払込停止」となっています。 実はこの保険、解約しました。 解約した為に、年末までの見込額欄は表示出来ないという訳です。 因みに、 保険料を年払いしている場合も、この様に表示されることがあります。 この様な場合は、 「一般証明額」に書いてある数字、18,908円が申告時に使う数字です。 よって、この例の場合ですと、• 「一般の生命保険料」の枠に記載• 区分は「新」制度• 保険の種類は「定期死亡保険」• 保険期間は「20年」• 申告する金額は、18,908円 となります。 次の控除証明書は、今まで出てきた様な「申告額」「証明額」「予定額」といった文言が全く有りません。 この場合、 共済掛金-割戻金=差引掛金 である 「差引掛金」が申告書に記載する数字です。

次の