出雲市 神社。 出雲神社|あきる野市渕上の神社

佐香神社 松尾神社 (出雲市)

出雲市 神社

須佐神社とは? 出雲市佐田町にある有名な神社のひとつが 「 須佐神社 」 です。 須佐之男命 スサノオノミコト を御祭神としてお祀りする神社で、多くの観光客の方が訪れている出雲で人気の観光スポット。 パワースポットとしても評判の須佐神社に、行ってきました。 須佐神社の境内、参拝方法やお守りなど 駐車場から30mほど、小道を入っていって場所に 「 須佐神社 」 があります。 こちらが、須佐神社の鳥居です。 自然に囲まれた神社で、とても清々しい雰囲気が漂っています。 鳥居を入ってすぐ右手に手水処があります。 拝殿に進む前に、こちらの水で心身ともに清めます。 手水処を少し進むと、「 随神門 」 があります。 豊磐間戸神 とよいまわどかみ と櫛磐間戸神 くしいわまどかみ が左右から見張っており、外から入ってくる邪霊を追い払っているそうです。 随神門をくぐり抜けてすぐに、右手に 「 東末社 」 があります。 東末社の向かいには、「 西末社 」 があります。 東末社と西末社それぞれに、神様が祀られています。 東末社の裏手には、「 塩井 しおのい 」と呼ばれる小さな池があります。 須佐之男命がこちらの潮を汲んで、この地を清めたと言われています。 塩井は 「 稲佐の浜 」 につながっているそうで、満潮の時には周りの地面に潮の花が咲くそうです。 潮の干満で、池の水位が変わるとの事です。 塩井の隣には、神楽殿があります。 参道を真っすぐ進んでいくと、「 拝殿 」 に到着です。 須佐神社の参拝方法は、一般的に知られている 「 二拝二拍手一礼 」 で参拝しましょう。 御本殿は、拝殿の裏手に鎮座しています。 1861年に建築された御本殿は出雲大社と同じ 「 大社造り 」 の建物で、島根県の重要文化財に指定されている立派な建物です。 拝殿の隣には、お守りなどが授与される社務所があります。 たくさんのお札やお守りがあります。 拝殿と社務所の間を通り、御本殿の裏手に回ると 「 稲荷社 」 があります。 こちらが、樹齢1300年と言われている 「 大杉さん 」 です。 幹の太さが6m、高さ24mほどある大樹。 須佐神社で一番のパワースポットが大杉さんと言われています。 その大樹の近くには、記念品の 「 大杉さんの木精 」 が置いてあります。 大杉さんの葉を、塩井の水を清めたありがたい記念品です。 須佐神社参拝の記念におすすめ。 須佐神社の鳥居の向かいには、「 天照社 」があります。 弟の須佐之男命をいつも見守っているかのように配置された天照社。 須佐神社に来られたら、ぜひこちらにも足を運んで見てください。 須佐神社へのアクセス 須佐神社は、出雲市佐田町の山間に位置しています。 車でのアクセスは出雲市駅から行くと、国道184号線を立久恵峡方面に進んで行きます。 しばらく進むと反辺交差点を左折し900mほど進み、矢源寺橋交差点も左折します。 5㎞ほど進んだ場所を左折して、県道185号線にはいります。 そのまま進むと須佐神社に到着です。 須佐神社の駐車場は、30台が停められるスペースがあります。 駐車場内には、トイレも完備されています。 ところどころに須佐神社の道案内の看板がありますが、来られる際には下調べをおすすめします。 バスで行く事もできますが、かなりの距離を歩く事になるので車やレンタカーなどがおすすめ。 須佐神社の情報 住所 島根県出雲市佐田町須佐730 TEL 0853-84-0605 利用可能時間 9:00~16:00 駐車場 あり 30台 まとめ 出雲市で大杉さんと呼ばれている大樹が、パワースポットとして有名な 「 須佐神社 」 佐田町の大自然に囲まれた神社は、とても優しい雰囲気に包まれた心の落ち着く場所でした。 出雲大社以外の選択肢として、おすすめの神社です。

次の

島根県出雲市・富神社

出雲市 神社

祭神 [ ] 現在は(イザナミ)を主とし、(イザナギ)を配祀するとしているが、これは中世末期ごろからのもので、それ以前の祭神は不明である。 時代が下って年間ごろの新嘗会祝詞には、・などの神名が見えるが、現在では記録上わかる範囲内で、より古いほうの説に従っている。 歴史 [ ] 社伝によれば、がこの地に天降って創建したものと伝えられるが、『』、や『』に当社は記載されておらず、文献における初見は2年()の鎌倉将軍下文であり、実際の創建は平安時代中期以降とみられている。 当社は出雲国府に近い古代出雲の中心地であり、社伝では、天穂日命の子孫がとして25代まで当社に奉仕したという。 出雲国造家は現在はの宮司家であるが、国造家の代替わりのときの「神火相続式」「古伝新嘗祭」は、明治初年までは当社に参向して行われていた。 神紋 [ ] 二重亀甲に「有」の文字。 建造物 [ ]• 杵築社• 伊勢社• 熊野社• 武勇社• 蛭子社• 荒神社• 外山社• 貴布祢稲荷両神社• 秋葉社 文化財 [ ] 貴布祢稲荷両神社(右) 本殿は現存する最古の建造物であり、27年3月にに指定された。 昭和23年の修理の際に、柱から元年()の墨書が見つかったが、現在の社殿は11年()の再建と考えられている。 室町時代の造営になる神魂神社本殿は、出雲大社より大社造りの古制をよく保存している。 出雲大社と同様に入口は正面に向かって右に片寄ってあるが、神座は出雲大社とは反対に、殿内の中心に建つ心御柱(しんのみはしら)の左奥に横向きに置かれている。 貴布祢稲荷両神社の社殿も天正11年の建立で、重要文化財に指定されている。 社殿は珍しいである。 国指定 [ ] 国宝 [ ] 建造物• 神魂神社本殿 附:内殿1基、心御柱古材1箇 - 11年() 重要文化財 [ ] 建造物• 神魂神社末社貴布祢稲荷両神社本殿 - 11年() 県指定 [ ] 工芸品• 色々威腹巻 附:袖鎧1双 - 中期 主な行事 [ ] 神火相続 祈念祭 例祭 神在祭 新嘗祭、お釜神事 交通 [ ]• JR松江駅から市バスかんべの里( 神魂神社)行きで25分。 終点下車。 JR松江駅から一畑バス八雲行きで18分、風土記の丘入口下車徒歩10分• JR松江駅からタクシーで15分• 本神社を起点とするがまで伸びている。 脚注 [ ] []• 足立康、地人書館, 1940• 『神社の由来がわかる小事典』三橋健、PHP研究所, 2007 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

島根県出雲市・富神社

出雲市 神社

文徳実録、仁寿元年(851)によれば「速票風別命」を擢んでて従五位を授くとあり、社伝によれば文暦(1234~35)の頃から旅伏権現、又は旅伏神社、旅伏大明神とも旅中安全の守護神として世人の尊敬厚かった。 松平藩江戸勤番には、家中に必ず安全符札を受けて行った。 七代治郷(不味)は額面に社号を揮号して寄進、その「旅伏社」の額面は現存している。 その称号は亨保年代まで使われた様である。 最も古い棟札は「旅伏権現」寛永8年1631年。 天文元年(1736)棟札は都武自神社、宝暦9年(1759)は旅伏神社、明治維新まで用いた。 明治4年神社取調に復旧都武自神社、明治6年社伺高橋千川が講社活動し、明治13年教会講社創設、神徳宣揚し、隆昌した。 「都武自神社縁起」を見ると推古天皇20年(612)、此の山の嶺に勧請し、都武自と称した。 そのわけは、神武天皇がわが国を「秋津虫国」とされ、そのつむしをとって社号としたとある。 又、「旅伏」と云うのは、神武天皇東征に旅にふす臥して敵を討たれたからであるといふ。 多夫志峯烽記(天保3、1832大江春平)によれば都武自別命は志那津比古、志那津比売神の荒御魂で速疾風となって「天地の間を往来し、大御稜威を輝かし給うたと記し、多夫志は冦伏で火の威をおさえる意だとしている。 延喜式内、出雲風土記所蔵社神田9畝18歩神領御色地あり、明治4年3月郷社、明治40年2月16日神饌幣帛供進指定、国主藩主信仰厚く、大祭に地頭代参、新酒2樽供進、祭費反引米があった。 「式内社調査報告第二十」.

次の