インスタ igtv 投稿 方法。 インスタグラムの新機能!IGTVの使い方やストーリーのシェア・質問スタンプまで解説

IGTVの使い方:チャンネルを作成する方法、投稿する方法、注意点

インスタ igtv 投稿 方法

ライブ終了時に保存する• 画面録画で保存する• 外部アプリを使って保存する インスタライブはさまざまな方法で保存することができます。 一般的な保存は、ライブ終了時にダウンロードマークを選択して保存する方法です。 各保存方法の詳細は下記記事で紹介していますので、参考にして下さい。 保存した動画をIGTVに残す 保存した動画はIGTVを経由して、投稿することができます。 先ほど保存したインスタライブの動画を選択します。 投稿する動画を確認し、間違いなければ「次へ」を選択して下さい。 投稿する動画の長さなどのトリミングが行えます。 編集が完了したら「次へ」を選択して下さい。 タイトルや詳細を任意で設定し、投稿するを選択すればIGTVにインスタライブの投稿が完了になります。 インスタからもIGTVに残せる 保存したインスタライブの動画は、IGTVのアプリがなくても残すことはできます。 インスタのアプリを起動させたら「虫眼鏡マーク」を選択して下さい。 画面上部に「IGTV」が表示されているので選択します。 保存していたインスタライブの動画を選択して選びます。 投稿する動画を確認し、間違いなければ「次へ」を選択して下さい。 投稿する動画の長さなどのトリミングが行えます。 編集が完了したら「次へ」を選択して下さい。 タイトルや詳細を任意で設定し、投稿するを選択すればIGTVにインスタライブの投稿が完了になります。 パソコンからのIGTVに残す スマホブラウザではインスタライブの動画をIGTVに投稿することはできませんが、パソコンからは可能です。 まずはインスタライブの動画をパソコンにダウンロードしておきましょう。 インスタににログインしたら、自身のアイコンを選択します。 IGTVを選択して下さい。 「アップロード」を選択します。 タイトルや詳細を任意で設定し、投稿するを選択すればIGTVにインスタライブの投稿が完了になります。 パソコン版のみ、下書き保存を行うことが可能となっています。 一部ユーザーはそのままIGTVにシェアができる PCでインスタライブが見れるようになり、話題になっています。 一部ユーザーにはインスタライブを行った後にそのまま、IGTVにシェアができる機能も実装されているようです。 この機能はテスト段階であり、全ユーザーに実装されているわけではありません。 テスト外ユーザーは「ストーリーズにシェア」というボタンのみです。 そのままシェア出来ない場合は、一度インスタライブを保存してから、IGTVに投稿するようにしましょう。 PCでインスタライブを見る方法は、以下の記事で詳しく解説しています。 注意点 インスタライブをIGTVに投稿するときは気をつけてほしいポイントがあります。 間違えた操作をしてしまうと、取り返しがつかないこともあるので注意して操作を行いましょう。 一度消してしまうと元通りにはできない インスタライブは、ライブ終了時に保存をしておかないと、その動画をもう一度閲覧することはできません。 アプリが途中で落ちてしまったり、電源が切れた場合でも、動画として保存はできません。 インスタライブを保存するつもりで、配信する場合はバッテリーを気をつけたり、落ちない工夫をして下さい。 また、ライブ終了後に保存するつもりでも、画面収録をしておくことで、もしもの時に備えることもできるといえるでしょう。 6GB IGTVに投稿できる動画には、上記の制限があります。 基本的にインスタライブは60分までなので、上限を超えることはありませんが、1分以内に終わってしまった動画はアップロードできません。 また、ファイル形式などにも制限があるので、対応するファイルに変換してから、投稿するようにしましょう。 IGTVに投稿すると自動では消えない インスタライブをストーリーズに投稿した場合は、24時間後に自動で削除されます。 ただ、IGTVにはそのような機能はありません。 自動で公開設定が変更されるようなことはないので、見られたくない場合は自身で削除するしかありません。 ストーリーズと使い勝手が違うということを覚えておきましょう。

次の

Instagramのライブ配信「インスタライブ」を保存する方法-保存アプリやIGTVシェア後に保存するやり方

インスタ igtv 投稿 方法

もくじ• インスタのフィードに投稿できる動画は60秒(1分)! インスタは、機能によってアップロードできる動画の長さが違います。 サービス 動画の長さ インスタのフィード 3秒〜60秒【中】 インスタのストーリーズ 1秒〜15秒【短い】 関連アプリIGTV 一般ユーザー:15秒~15分【長い】 (認証済みアカウントの場合:15秒〜60分) インスタの フィードに投稿できる動画の時間は3秒~60秒までという制限があります。 以前は15秒まででしたが、アップデートにより60秒まで引き伸ばされました。 フィードに投稿の場合に最低が3秒という制限があるのは、 3秒以上の再生で再生回数が1回カウントされるためです。 3秒以下だと再生回数のカウントができなくなってしまうのですね。 またフィードの場合は投稿する前の編集画面で60秒以内になるように調節する必要が出てきます。 これは 感覚的に写真や動画をみて「いいね!」を押したり、コメントをしたりするため、長すぎず短すぎずという長さで投稿する必要があるためでしょう。 なので、 1秒〜15秒の短い動画の場合はストーリーに、 3秒〜60秒の動画はフィードに、それ以上の 長い動画の場合にはIGTVに投稿する、といった具合に使い分けるのがベストな使い方になります! フィード投稿の動画の長さ調整・編集のやり方 それではインスタのフィードの動画の長さ調整や編集の方法を解説していきます。 まずは投稿画面を開いて、カメラロールから動画を選びましょう。 動画を選ぶと最初は正方形になっているので、動画をダブルタップするか左にある「 」をタップして長方形に編集して見やすくしましょう。 60秒以内に調整するように注意書き 動画を追加したいときは前の画面で「+」となっている部分をタップします。 他の動画を選ぶと60秒を超えたので、この画像のように60秒以内に調整するように表示されます。 先ほどと同じ手順で編集したい動画をタップして、秒数の調整をしましょう。 2分の動画を複数に分け、時間調整して投稿する方法 フィードの動画は ひとつ1分以内と制限されていますので、1分を超えると途中で途切れてしまいます。 投稿したい動画が1分以上や2分以上になるときは 複数の動画に分けて投稿するか、もしくは後述するIGTVへ投稿するのがおすすめです。 アプリ「MixChannel」を使えば便利 例えば2分の動画を投稿したいなら、1分以内に編集したものを2つカメラロールに保存しておきます。 MixChannelというアプリを使うと1本の動画を簡単に分割して編集できますよ。 動画を複数選ぶ そのまま投稿すれば、インスタには1分の動画が2つ投稿されたことになります。 繋がった動画を分割し2つにして投稿する形なので、ユーザーは合計2分の動画を見ることができるのです。 数分の動画なら、IGTVへ投稿するという方法も!【長い動画】 インスタのフィードに投稿する動画は最長1分。 それ以上の長さの動画を途切れさせずに投稿するにはIGTVという方法もあります。 IGTVのチャンネルを開設すると、投稿した動画がインスタのフィードにも載ります。 また、インスタのプロフィールページからIGTVへのリンクも設置されますよ! フィードに比べて数分の長い動画を投稿したり、ストーリーと違って 投稿した動画に外部リンクを設置したりできます。 このような動画を投稿したい場合にはIGTVを利用してみましょう! 反対に、 15秒未満の短い動画の場合にはIGTVへの投稿ができませんので、ストーリーズへの投稿がおすすめです。 インスタで3秒以下の時間の動画を投稿したいならストーリーで インスタのフィードへの投稿は最低でも3秒以上と決まっていて、それ以下の秒数だと投稿ができない仕様です。 ほとんど機会はないかもしれませんが、 3秒以下の動画を投稿したいときはストーリー機能を使うのがおすすめです! ストーリーなら1秒や2秒の動画でも投稿できます。 投稿完了までに時間がかかる 前の項目で解説したように フィードに1分の動画を複数投稿すると、投稿完了までかなり時間がかかることに!しかもエラーが出て投稿に失敗することもあるので注意してください。 投稿までに時間がかかることやエラーで投稿できないのが気になる人は、ひとつの投稿に複数の動画を選ぶ方法よりも、 ひとつの投稿にひとつの動画にして、複数の投稿に分けるほうがいいかもしれませんね。 この記事ではインスタの動画投稿の時間の長さについて解説してきました。 投稿できる動画の長さをしっかり把握してインスタを使いこなし、発信力を育てていってくださいね! 詳細 最近のインスタアップデートでは動画コンテンツに力を入れてきました。 ストーリーに新機能を追加したり、動画のサイズを正方形から長方形に変更したり、投稿できる長さを伸ばしたり・・・。 今回はインスタユーザーのみなさんにインスタの動画投稿を活用してもらうため動画の時間制限について解説していきます。 何秒まで投稿できるのか、時間調整のやり方や複数投稿する方法までまとめました! インスタに投稿できる動画は60秒(1分)以上だと途切れる インスタに投稿できる動画の時間は3秒~60秒までという制限があります。 以前は15秒まででしたが、アップデートにより60秒まで引き伸ばされました。 最低が3秒という制限があるのは、インスタに投稿された動画は3秒以上の再生で再生回数が1回カウントされるため。 3秒以下だと再生回数のカウントができなくなってしまうのです。 そして60秒(1分)を超える長さになると、動画が途中で切れてしまいます。 これは投稿する前の編集画面で、60秒以上の動画でも60秒以内になるよう、自分の好きな位置で調節できますよ。 インスタは感覚的に写真や動画をみて「いいね!」を押したり、コメントをしたりするため、あまり長い動画を見るのもなかなかつらいもの。 実際に60秒以上になると動画からの離脱率が増えるという結果が出ているため、60秒以内がベストです。 インスタ動画の長さ調整・編集のやり方 それではインスタ動画の長さ調整や編集のやり方を解説していきます。 まずは投稿画面を開いて、カメラロールから動画を選びましょう。 60秒以内に調整するように注意書き 動画を追加したいときは前の画面で「+」となっている部分をタップします。 他の動画を選ぶと60秒を超えたので、この画像のように60秒以内に調整するように表示されます。 先ほどと同じ手順で編集したい動画をタップして、秒数の調整をしましょう。 インスタで2分の動画を投稿するなら複数に分けて時間調整しよう 動画はひとつ1分以内と制限されていますが、投稿したい動画が1分以上や2分以上になるときってありますよね。 ですが1分を超えると途中で途切れてしまうので、複数の動画に分けて投稿するのがおすすめです。 例えば2分の動画を投稿したいなら、1分以内に編集したものを2つカメラロールに保存しておきます。 MixChannelやインスタサイズというアプリを使うと簡単に編集できますよ。 投稿完了までに時間がかかる 前の項目で解説したように1分の動画を複数投稿すると、投稿完了までかなり時間がかかることに!しかもエラーが出て投稿に失敗することもあるので注意してください。 投稿までに時間がかかることや、エラーで投稿できないのが気になる人はひとつの投稿に複数の動画を選ぶ方法よりも、ひとつの投稿にひとつの動画にして、複数の投稿に分けるほうがいいかもしれませんね。 インスタで3秒以下の時間の動画を投稿したいならストーリーで インスタのギャラリーへの投稿は最低でも3秒以上と決まっています。 それ以下の秒数だと投稿ができない仕様です。 ほとんど機会はないかもしれませんが、3秒以下の動画を投稿したいときもあるでしょう。

次の

インスタIGTVのプレビューとは?見方や投稿・削除の仕方から表示されないときの注意点まで【Instagram】

インスタ igtv 投稿 方法

インスタを見ていて、お気に入りの動画をいつでも見られるように保存しておきたいと思ったことはありませんか?24時間で消えてしまうストーリーの動画、保存ができたらいつでも見返せて便利ですよね。 公式の機能である「コレクションに保存」はインスタ上でブックマークする機能で、端末に保存できるものではありません。 インスタに投稿された動画を保存するには、外部のアプリやWebサービスを使う必要があります。 この記事ではサクッとお気に入りの動画を端末に保存する方法を紹介いたします。 今後のアップデートにより、画面が異なる可能性があります。 インスタ動画を保存するには外部ツールが必要 自分のスマホやPCに動画を保存したい場合、外部のツールが必要になります。 なぜなら、公式の機能の「コレクションに保存」は、インスタアプリ内でのブックマーク的な機能で、端末への保存はできないからです。 スマホ端末に保存したい場合は外部アプリを、PCに保存したい時はWebツールが必要です。 次の2章では外部アプリを使ってスマホに保存する方法を、3章では外部ツールを使ってPCに保存する方法をご紹介します。 外部アプリでスマホに保存する方法 公式の保存機能では、スマホ端末本体に保存できません。 外部のアプリを使って保存します。 この章ではおすすめの外部アプリの紹介、フィードに投稿さた動画の保存方法、ストーリーに保存された動画の保存方法、アプリを使う際の注意点についてご説明します。 2-1. ストーリーも保存できるおすすめ外部アプリ 動画を保存するためのアプリはいくつかありますが、ここでは厳選したアプリをひとつ、ご紹介いたします。 このアプリはiOS向け・Android向けに用意されており、利用手順はほとんど同じです。 (ここではiOSの画面画像で説明します。 )動画だけでなく写真の保存もできます。 他のアプリではストーリーに投稿されたものは保存できませんが、このアプリを使えばフィードに投稿されたものも、ストーリーに投稿されたものも保存することができます。 2-2. フィードに投稿された動画の保存方法 アプリをダウンロードしたら、次の画面が表示されます。 [Instagram アカウント]をタップして、ユーザー名とパスワードを入力後、[ログイン]をタップします。 [ログインする]で「PhotoAround」のアプリ上でインスタを閲覧できるようになります。 次に保存したい動画を表示させます。 表示させる手順は通常のインスタと同じ要領です。 保存したい動画を表示したら、保存ボタンをタップしてください。 「保存中」と表示され、しばらくすると「完了」に変わります。 これでカメラロール(端末本体)に保存されました。 先ほどの動画が保存されたことが確認できます。 2-3. ストーリーに投稿された動画の保存方法 このアプリを使えば、ストーリーに投稿された動画の保存もできます。 インスタのアプリではフィードの上部にストーリーの一覧が表示されていて、タップするとストーリーを見ることができます。 PhotoAroundのアプリではタップするとプロフィールページに移動します。 インスタで通常ハイライトが表示されている部分に、PhotoAroundアプリでは、現在ストーリーに投稿されている動画や写真が1枚づつ表示されています。 保存したい動画(または写真)をタップして選択した後は、フィードに投稿されたものを保存する時と同じ手順で保存できます。 WebサービスでPCに保存する方法 この章ではPCに動画を保存する方法をご説明いたします。 ブラウザ版のインスタでも、やはり公式に保存する機能がありませんので、外部のWebサービスを使う必要があります。 3-1. 使いやすさNo. 1!「Insta-douga」 「」 とにかく使い方がとても簡単。 使い方の説明もサイト内ににあります。 このサービスは、iPhoneやAndroidにも対応していますので、スマホのブラウザからでも使えます。 アプリをダウンロードしたくない方にはこちらを使ってもいいですね。 3-2. ストーリー保存は拡張機能「Chrome IG Story」 「」 ストーリーに投稿された動画を保存したい場合は、GoogleChromeの拡張機能を使う必要があります。 こちらも使い方は簡単。 ダウンロードして、ブラウザ版のインスタを開いてください。 保存したいストーリーを検索し、ダウンロードボタンをクリックするだけです。 保存できないときは画面録画機能を使う インスタの投稿で、画面を録画する方法でしか保存できないものがあります。 それはハイライトに表示された投稿です。 「ハイライト」とは、ストーリーに投稿したものをプロフィールページに表示しておける機能です。 通常ストーリーに投稿したものは24時間で消えてしまいますが、ハイライトにすると、ずっと表示しておくことができ、ストーリーの閲覧を制限されていなければ、プロフィールページから閲覧することができます。 インスタの保存機能ではストーリーの保存ができないので、当然ハイライトの保存もできません。 アプリを使えば、ストーリーも保存できますが、このハイライトだけは保存できないのです。 これをどうしても保存したい場合は、画面録画機能を使う方法しかありません。 4-1. スマホの場合 ・iPhone iOS 11 以降を搭載した iPhoneでは、画面の録画ができます。 「画面全体」を保存する機能ですので、動画そのものだけを保存したい場合、動画の余分な部分をカットしたり、画面の余分な部分をトリミングする事が必要になります。 ・ Androidの場合 Androidの場合、iPhoneのような動画を保存する機能が備わっていないため、画面録画ができるアプリをダウンロードする必要があります。 「AZ スクリーンレコーダー」や「Google Play ゲーム」といったアプリが人気が高いようです。 4-2. PCの場合 PC画面を録画・保存するためにはフリーソフトをダウンロードする必要があります。 以下のサイトでおすすめ無料ソフトが紹介されていますので、こちらを参考にしてみてください。 インスタの「保存」はブックマークとして活用 インスタの保存機能は、1ステップで簡単に保存でき、アルバムのように仕分けしておけるので、ちょっと見返す場合には便利な機能です。 保存したい投稿を表示し、保存ボタンをタップ。 これでインスタアプリ内に保存ができます。 保存した動画は、プロフィール画面>右にスワイプ>保存済み、で表示することができます。 保存した事実や保存した投稿は、非公開となっています。 保存したことが相手に通知されたり、他人にプロフィール画面から保存済み投稿を覗かれたりすることはありません。 アプリ内での保存なので、どんどん保存しても端末の容量を圧迫しないということも利点です。 しかし、 投稿者がインスタから削除してしまったら、あなたの「保存済み」からも消えてしまいます。 端末に保存する前にちょっとストックする手段としては便利な機能ですので、ぜひ活用してみてください。 まとめ 本記事では、• 外部アプリを使ってスマホに保存する方法• Webサービスを使ってPCに保存する方法• 画面録画機能を使って保存する方法• インスタのコレクションに保存の活用方法 この4点についてご説明しました。 外部アプリやWebサービスを使って保存しても、保存したことが相手に通知されることはありません。 端末に保存した動画は、加工したり、どこかに投稿したりが自由にできます。 しかし、自分の動画を誰かに勝手に投稿されたら…いい気はしませんよね。 アプリを使用して保存した他のユーザーの画像については、著作権等に十分配慮したほうが良いでしょう。 本記事があなたのインスタライフを充実させる手助けになれば幸いです。

次の