仏教 開祖。 仏教

仏教の開祖

仏教 開祖

お釈迦様ってどんな人?仏陀との違い 「お釈迦様」「釈尊(しゃくそん)」「仏陀(ブッダ)」など、さまざまな名前を聞いて、混乱してしまったことはありませんか。 実は、これらは呼び方が違うだけで、いずれも 仏教の開祖である「ガウタマ・シッダールタ」という同じ人物のことを表しています。 まず、お釈迦様の「釈迦(しゃか)」という呼び方は、サンスクリット語の「シャーキャ」という言葉が語源となっています。 シャーキャとは部族の名前であり、尊称では「シャーキャムニ(=シャーキャ族の聖者)」となります。 これを省略した「釈迦」に様をつけ、日本ではお釈迦様と呼ばれているのです。 ほかにも、仏教にはさまざまなお釈迦様の呼び方があります。 「釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)」「釈迦牟尼如来(しゃかむににょらい)」「釈迦牟尼世尊(しゃかむにせそん)」はその一例です。 これらの呼び方を省略したものが、「釈尊(しゃくそん)」です。 インドにおいては、立派な聖者を呼ぶときに用いられてきた言葉ですが、仏教ではガウタマ・シッダールタの敬称となっています。 お釈迦様の生涯「八相成道」 お釈迦様の生涯には、「八相成道(はっそうじょうどう)」と呼ばれる8つの出来事があったといわれています。 こちらでは、8つの出来事である「 降兜率・託胎・降誕・出家・降魔・成道・初転法輪・涅槃」について、それぞれの内容を紹介します。 降兜率(ごうとそつ) お釈迦様が、もともといらっしゃった「兜率天(とそつてん)」という世界から、私たちが暮らしている「閻浮提(えんぶだい)」という世界まで降りてこられたことを、「降兜率」と呼びます。 託胎(たくたい) 閻浮提に降りてきたお釈迦様は、マーヤー夫人の右脇から胎内に入ります。 こうして懐妊したマーヤー夫人は、6つの牙を持つ白象が天から降りてきて、胎内に入る夢を見たと伝えられています。 降誕(ごうたん) マーヤー婦人はお産のために帰省している道中、ルンビニーという名の花園で休んでいました。 そこで、真紅の花をつけた無憂樹(むゆうじゅ)という植物の枝を折ろうと右手を挙げると、脇から男児が生まれたといわれています。 こうして生まれた男児は、東の方角へ7歩歩いてから、右手で天を左手で地を指し「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と宣言しました。 この人物が、後に仏教の開祖となるお釈迦様です。 お釈迦様が生まれてから7日後に、母であるマーヤー夫人はこの世を去ってしまいました。 その後、お釈迦様は王子として育てられ、たいへん豊かな環境で暮らしたといわれています。 ところが、若い頃のお釈迦様は考え込むことが多く、一見すると幸福なように見える暮らしの中でも、思い悩むことが多くあったようです。 この深い苦しみは後まで続き、16歳でヤショーダラ姫との幸福な結婚生活を経ても、なお解決することがありませんでした。 出家(しゅっけ) 老いることの苦しみ、病気になることの苦しみ、死にゆく苦しみと向き合ったお釈迦様は、やがてこれらの苦しみを解決するために、出家することに決めました。 出家したお釈迦様は、さまざまな師のもとで学び、あらゆる苦行に耐え抜いたといわれています。 しかし、どんな苦行でも根本的な苦しみが解決されることはありませんでした。 苦行によって衰弱したお釈迦様は、村娘のスジャータという人物から乳粥による供養を受け、菩提樹の下に坐り瞑想を行いました。 降魔(ごうま) お釈迦様が菩提樹の下で瞑想をしていると、その成道を妨害しようとした魔王が、3人の魔女を使いとして送りました。 それでもお釈迦様が動じることはありません。 さらには、悪魔の大軍を送ったにもかかわらず、これらの妨害によって成道を阻止することはできませんでした。 成道(じょうどう) 瞑想によって深く内観したお釈迦様は、これまでに感じていた根本的な苦しみを、解決することになります。 あらゆる苦しみは、自分自身の心が生み出していたのだと、お釈迦様は悟りました。 こうして真理に目覚めたお釈迦様は、ついに「仏陀」となったのです。 初転法輪(しょてんぼうりん) 悟りを開いたお釈迦様のところへ、梵天という守護神が現れました。 そして、お釈迦様が悟った真理を、世界中の人々へ説くように伝えました。 お釈迦様は、6年間もの苦行をともに行った5人の修行者に、初めての説法を行います。 これが初転法輪です。 涅槃(ねはん) 初転法輪の後、多くの修行者に説法を行ってきたお釈迦様は、やがてガンジス河を越えてヴァイシャーリーという町に着きました。 そこで出会った、アーナンダという人物と雨期を過ごしていましたが、すでに高齢に達したお釈迦様は体の調子が芳しくありません。 2月15日、80歳でこの世を去り、涅槃に入ることになりました。 お釈迦様の教え お釈迦様の教えのうちで、仏教を知るうえでも欠かせない 「四苦八苦」「四諦」「八正道」についてご紹介します。 四苦八苦(しくはっく) 四苦(しく)とは、生まれる・老いる・病気になる・死ぬという、人間であれば誰もが感じる、思い通りにならない苦しみのことです。 八苦(はっく)は、それに加えて「怨憎会苦(おんぞうえく)」「愛別離苦(あいべつりく)」「求不得苦(ぐふとくく)」「五取蘊苦(ごしゅおんく)」を指します。 四諦(したい) お釈迦様が菩提樹の下で瞑想して得た真理を、四諦(したい)と呼びます。 四諦には「苦諦」「集諦」「滅諦」「道諦」という4つの真理があり、人生は苦しみに満ちており、その原因である煩悩をなくすことが理想だと説かれています。 八正道(はっしょうどう) 四諦のうち「道諦」では、「八正道(はっしょうどう)」という行いを実践することで、苦しみを滅ぼせると説かれています。 八正道には、「正見」「正命」「正思(正思惟)」「正精進」「正語」「正念」「正業」「正定」があり、ここで悟りに至るまでに実践するべきことが伝えられています。 お釈迦様の名言とその意味 最後に、お釈迦様が残したといわれる名言のうちで、現代人の心に響くものを、少しご紹介します。 水が一滴ずつでも滴り落ちるならば、水瓶でも満たすことが出来るのである たとえば水滴のように、少しずつであっても悪い行いをすれば、やがてそれは大きな悪になってしまいます。 その反対に、少しずつであっても良い行いをすれば、やがては大きな幸福に満たされることになるのです。 悪い行いも良い行いも、軽んじてはならないという教えが説かれています。 生まれを問うな、行為を問え インドには「カースト」という厳しい身分制度があります。 しかし、お釈迦様は生まれつき決められた階級ではなく、その人の行いによって高貴であるか卑賤であるかが問われると説きました。 人間は誰もが本来は平等であるという意味が込められています。 おわりに.

次の

法然と親鸞は師弟関係|浄土宗と浄土真宗の決定的な違い

仏教 開祖

目次はこちら• 仏教とは 仏教は世界三大宗教の1つです。 仏教はインドで生まれ、釈迦が開祖です。 世界で仏教の宗派は数え切れないほどありますが、仏教徒の半数以上は大乗仏教です。 日本でもその傾向は強く、半数以上が浄土系(大乗仏教)です。 日本の仏教徒人口は、文化庁が毎年12月末に発表しているによると、仏教徒数は4800万人で おおよそ3人に1人の割合で仏教徒になります。 仏教の教えがわかるたった3つの言葉• すべてはうつり変わるもの• すべては繋がりの中で変化する• 人生は思い通りにならない 実はこの3つの言葉は、仏教の教えの3本柱とも呼ばれ、仏教の教えを簡単に意訳したものです。 仏教の教えらしく漢字を使えば、諸行無常、諸法無我、一切皆苦(一切行苦)と呼び、をまとめて仏教の三法印とも呼ばれています。 まさに、仏教は宗教というより 哲学的な要素があると言われる所以です。 仏教の教えを簡単に言えば、苦しみから解放される成仏(仏に成る)というテーマに向けた考え方と言ってもいいでしょう。 諸行無常(すべてはうつり変わるもの) 世の中のあらゆるものは一定ではなく、絶えず変化し続けているという仏教の教えです。 世の中の物事は常に変化を繰り返し、同じ状態のものはありません。 しかし、私たちはお金や物、地位や名誉、人間関係や自分の身体など、様々なことを「変わらない」と思い込み、固執してしまいます。 それが、執着へ繋がり苦しみを生んでしまいます。 このような苦しみを避けるためには、物事は必ず変化するのだということ、敢えて仏教の教えは 見逃してしまいそうな当たり前を強調しているのです。 諸法無我(すべては繋がりの中で変化している) 全てのものごとは影響を及ぼし合う因果関係によって成り立っていて、他と関係なしに独立して存在するものなどない、という仏教の教えです。 自分の命や財産も、本当に自分だけの物でしょうか。 あらゆる存在は、互いに影響を与え合って存在しているとう真理の中で自分だけが気づいていないのではないのかという視点です。 自然を見渡せば、すべて絶妙なバランスを保ち成り立っています。 こう考えると、自分という存在すら危ういのではないだろうか。 互いの関係のなかで「生かされている」存在だという、 見失いがちな自分という存在の立ち位置(現在地)を再確認しているのかもしれません。 一切皆苦(人生は思い通りにならない) 上記2つの言葉の意味がわかれば、まさに釈迦に説教でしょうが、人生は思い通りになりません。 一切皆苦の原因を諸行無常と諸法無我だというのが仏教の教えです。 この 2つのテーマを正しく理解し、世の中を捉えることを仏教が目指す「悟り(涅槃寂静)」だと言われています。 仏教の基本の教え 仏教の基本の教えは、諸行無常、諸法無我、一切皆苦の3つです。 それらの先にあるものが、悟り(涅槃寂静)です。 この4つを仏教では四法印と呼び、基本の教えだとしています。 仏教に限らず、あらゆる宗教は「どうしたらみんなが幸せになれるのか」を追求します。 仏教ではその幸せを邪魔する煩悩を消し去り、 安らかな心をもって生きることが涅槃寂静、ようは「悟り」の境地だというのが仏教の基本の教えです。 仏教の教えと死後の世界 死んだ人のことを仏と呼んだりします。 しかし、仏教の教えでは 死後に仏となると考えているのは日本くらいのものです。 実は、日本へ伝来した仏教には中国の道教思想が強く反映されていたのです。 死後の世界でよく言われる賽の河原や三途の川は、釈迦による説法ではない中国に仏教が伝来して作られた偽経と呼ばれるお経の1つ「十王経」による影響です。 では実際に仏教の教えでは、死後の世界(死生観)はどう教えられているのか。 それは、因果の道理(因果応報)によって決まるという教えです。 簡単に言えば、死ぬまでの自分の行いによって死後の世界が決まるという教えです。 死後の世界は六道とも呼ばれ、一般的に輪廻転生(生まれ変わり)を前提とした教えで六道輪廻と呼んだりする事もあります。 死後の世界(六道)とは• 天人が住む天道(天人とは神やその眷属)• 人間が住む人間道(今ここ)• 阿修羅の世界である修羅道(阿修羅とは終始戦い争う)• 畜生の世界である畜生道(畜生とは動物や虫など)• 餓鬼の住む餓鬼道(餓鬼とは飢えと乾きに苦しむ鬼のこと)• 罪を償わせる地獄道(地獄のこと) 上記の6つです。 天道とは天国のことで天人を言い換えれば仙人のような存在でしょうか。 阿修羅は戦闘を続ける鬼類とも呼ばれ、鬼ではありませんが、修羅道とは漫画やアニメで言うドラゴンボールの悟空みたいなもの。 仏教では、殺生をしない不殺生が有名ですが、これは殺生をすると地獄道へ輪廻転生となると言うのが仏教の教えです。 魚や肉を食べるかどうかの解釈は宗派によって違うようです。 まとめ.

次の

仏教の開祖

仏教 開祖

「釈迦」とは、釈迦族の出身者と言う意味です。 「お釈迦様」「釈迦如来」は、釈迦族出身の ゴータマ・シッダッタが修行の末、悟りに至り 仏陀(悟りに至った人の事)と成った後の名前です。 これを持って仏教の開祖とします。 仏陀とは悟りに至った人の事なので、仏陀=如来は 何人もいる訳です。 阿弥陀如来はそのうちの一人で、もとは法蔵菩薩( 菩薩は悟りに向かう修行者で衆生のため教えを説く) という名で、成仏(悟りに至った)後は阿弥陀如来 として西方極楽浄土にて衆生全てを救わんと 教化しているのです。 主に浄土宗、浄土真宗にて篤く信仰されています。 観音様=観世音菩薩は阿弥陀如来の脇侍(如来の教化 を補佐するもの)で、勢至菩薩とともに、 阿弥陀三尊として、よく見かけます。 仏教の開祖は ゴータマ・シッダッタ です。 シッダッタは、釈迦族出身だったため釈迦族の聖者と言う意味の 釈迦牟尼 の略として、釈迦と言う単語が使われます。 仏陀と言うのはサンスクリット語の「目覚めた人」つまり悟りを開いた人 を中国語に訳したものです。 その意味合いで、開祖であるシダッタを指すのが一般的です。 日本人になじみがある言い方としては、仏さまでしょうか? 他にも手塚治虫氏が彼の生涯を漫画化しています 簡単に言えば、その二つは仏様の称号や呼び方と思っていただければ十分です。 因みに他にも様々な呼び方があります。 阿弥陀如来は浄土系の宗教で祀られていることが多い(他の宗でも祀られています)仏様です。 釈迦とは違います。 人でもないです。 詳しく書くと長くなるので自分で調べていただきたいのですが 四十八願をかけて厳しい修行をされた末、悟りを開いて如来になった仏です。 馴染み深い物を上げると、ナンマイダブナンマイダブと言うのは「南無阿弥陀仏」がなまった物です。 こんどから教科書を読んで解らない事は自分で調べましょう。 それが勉強と言う物です 仏教の開祖は、お釈迦さま、シャカです、 ブッダは、悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を指します、 基本的には仏教を開いたシャカただ一人をブッダとするのが一般的です。 しかし、中にはシャカ以外にも数多くのブッダが大宇宙に存在している事を説く宗派もあります。 一部の考えですので、シャカ=ブッタと思ってもよいでしょう。 如来とは、仏教における仏さまの尊称です。 阿弥陀如来は、仏様の一人です。 その他、薬師如来、大日如来など数々の仏様がいます。 もちろん実在の人物ではありません。 、 ただしシャカのみが悟りを開き 釈迦如来となった実在の人物です。 浄土真宗では、阿弥陀如来のみを本尊としています。 ナミアミダブツ「南無阿弥陀仏」です。

次の