メルペイ 銀行振込。 メルペイ『お支払い用銀行口座』登録でメルカリ振込申請期限が無期限に

【6月更新】メルペイに対応している銀行口座一覧|銀行口座を登録するメリットや方法は? | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

メルペイ 銀行振込

今回はメルカリの 「振込申請」ついてのお話です。 4月に振込申請のルール変更があるので、そちらからご説明したいと思います。 売上金(またはメルペイ残高)の振込手数料 2019年4月23日までの振込手数料 4月23日14:59までの申請完了分までは• 10,000円未満の通常振込では210円の手数料がかかります• 申請金額が10,000円以上の場合は振込手数料はかかりません 2019年4月23日以降の振込手数料 4月23日15:00からの申請分は• 通常振込の手数料が 200円に変更されます• 申請金額が 10,000円以上の場合でも 振込手数料がかかります 通常振込手数料が200円と10円値下げされますが、 1万円以上の申請でも手数料がかかるように変更されます。 通常振込の振込スケジュール メルカリの振込み申請には 振込みスケジュールがあります。 週1回の振込申請の締め日があり、祝日などが絡まない場合は 月曜日中までの申請で翌金曜日に入金されます。 お急ぎ振込とは、通常の振込手数料とは別に 200円のお急ぎ振込手数料を支払うことによって、最短翌日に入金されるサービスのことです。 営業日0時00分~営業日8時59分に振込申請完了で、翌営業日に振り込み• 営業日9時00分~営業日23時59分に振込申請完了で、翌々営業日に振り込み• 営業日以外に振込申請完了で、翌々営業日に振り込み• ですので、期限内に振込申請をするかメルカリ内のポイントを購入する必要があります。 ポイントの購入には手数料はかからず、ポイントを購入した場合のポイントの有効期限は365日です。 また、振込申請やポイント購入した場合、売上金は申請期限が早く切れるものから消費されます。 メルカリで商品を購入する時にも使えるので、今後ポイントを購入することはなくなると思います。 【メルペイ】お支払い用銀行口座の登録方法 アプリ内から表記どおりに進めるだけですので、かんたんに流れだけ載せておきます。 メルカリ内 「メルペイ」から > 「申請期限を確認」 > 「振込申請期限をなくす」 > 「銀行口座を登録する」 > 「銀行口座の選択」から登録する銀行を選びお進みください。 口座情報の入力のあとに 「パスコードの設定」があります。 設定の上、忘れないようにしましょう。 例, 2 登録してからチャージできるまでに2営業日かかります。 メルペイ残高へのチャージ方法 銀行口座の登録が完了すると、メルペイ残高へお金をチャージすることができるようになります。 チャージ方法は 「メルペイ」から > 「チャージ(入金)」 > 「チャージ(入金)金額」 >お支払い用銀行口座とチャージ(入金)金額を選択して 「チャージする」をタップする すると顔認証・指紋認証・パスコード入力のいずれかを求められ、成功するとチャージされます。 チャージした金額は振込申請することも可能です。 振込申請期限が過ぎた場合はどうなる? 売上金の振込申請期限が過ぎてしまった場合、 登録している振込用銀行口座に自動的に振り込まれます。 ちなみにメルペイが導入されてUIも変更されています。 振込申請は「メルペイ」画面を開いて、下にスクロールすると見える「振込申請」から進めます。 以上、メルカリの振込手数料とスケジュールについてのお話でした。

次の

【メルペイ】銀行口座の登録方法とメリット!対応する銀行口座一覧

メルペイ 銀行振込

メルペイは個人間送金に対応していない 先に結論を言っておくと、 メルペイは個人間送金に対応していません。 仮にメルペイ残高を家族・友だちに送金したい場合は、• メルペイから家族・友だちの銀行口座に振込む という手順を踏まなければならず、振込手数料と振込日数がかかってきます。 振込手数料 メルペイから銀行口座に振込むときは、振込申請金額に関係なく 手数料200円がかかってきます。 振込日数 メルペイで通常振込をする場合は、 毎週月曜日を締め日として4営業日目が振込日です。 例えば、メルペイで振込申請を2019年6月4日(火)にしたとします。 このとき2019年6月10日(月)が締め日となり、その4営業日目である6月14日に振り込まれます。 日数にして 最大10日間を要することになります。 ここで個人間送金したい相手の「銀行」「口座種別」「支店コード」「口座番号」「口座名義」「住所氏名」を入力して振込先口座の指定をしましょう。 振込申請金額を入力してから「確認する」をタップしましょう。 ここで振込手数料を確認することが可能です。

次の

メルペイ『お支払い用銀行口座』登録でメルカリ振込申請期限が無期限に

メルペイ 銀行振込

メルペイに銀行口座の登録は必須なの?メルカリでの売上金が多い人でなければ、基本的に銀行口座の登録は必要。 あと、銀行口座の登録が「本人確認」になり、キャンペーンに参加できるようになる。 メルカリの売上金がめちゃくちゃ多いならば、その売上金だけでメルペイでお買い物し続けることも可能です。 でも、売上金が少ないときもあるでしょうし、そもそもメルカリに出品しない人のほうが多いですよね。 だから メルペイ残高にチャージしておくために銀行口座の登録は必要となりますよ。 あとはキャンペーンですね。 例えば過去にあったの参加条件は「本人確認が済んでいること」だったのですが、メルペイでは以下の2つが本人確認の方法なんです。 メルペイに対応したお支払い用銀行口座• 三菱UFJ銀行• みずほ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• イオン銀行• じぶん銀行• ジャパンネット銀行• 愛知銀行• 青森銀行• 秋田銀行• 足利銀行• 阿波銀行• 池田泉州銀行• 伊予銀行• 岩手銀行• SBJ銀行• 愛媛銀行• 大垣共立銀行• 香川銀行• 北九州銀行• 北日本銀行• 紀陽銀行• 京都銀行• 京葉銀行• 熊本銀行• 群馬銀行• 高知銀行• 滋賀銀行• 四国銀行• 静岡銀行• 清水銀行• 荘内銀行• 常陽銀行• 親和銀行• 仙台銀行• 大光銀行• 第三銀行• 第四銀行• 大東銀行• 筑邦銀行• 中京銀行• 中国銀行• 千葉銀行• 千葉興業銀行• 筑波銀行• 東邦銀行• 東和銀行• 徳島銀行• 栃木銀行• 鳥取銀行• トマト銀行• 富山銀行• 長野銀行• 西日本シティ銀行• 七十七銀行• 広島銀行• 百十四銀行• 福井銀行• 福岡銀行• 福島銀行• 福邦銀行• 北都銀行• 北陸銀行• 北海道銀行• 三重銀行• みちのく銀行• 武蔵野銀行• もみじ銀行• 山口銀行• 山梨中央銀行• 横浜銀行• 琉球銀行 三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行の3大メガバンクはバッチリ提携銀行となっていますね。 メルペイにじぶんの銀行口座がない場合は・・・仕方ないので対応の口座を作りましょう。 僕は住信SBIネット銀行か楽天銀行を使いたかったのですが、残念ながらダメでした(涙) 今のところ メルペイはゆうちょ銀行には対応していないので注意してくださいね! メルペイに銀行口座を登録・チャージする手順を紹介!銀行登録できない場合は? では、に銀行口座を登録・チャージする手順も紹介しておきますね。 以下の順番で実際の流れをお伝えしていきます。 アプリに銀行口座を登録するやり方・削除方法 まずアプリに銀行口座を登録・削除するやり方です。 スマホでを開いたら、「お支払い用銀行口座の登録」をタップしてください。 メルカリからの案内を確認して、「銀行口座を登録する」をタップします。 銀行口座の選択画面になるので、自分が登録したい金融機関を選んでください。 そこからは各銀行のサイトに移りますので、必要な入力を進めていきます。 銀行口座を登録したら、続いてパスコード(暗証番号)の登録です。 「パスコードの設定」をタップして進んでください。 好きな数字でパスコードを設定して安全性を高めて、口座の登録は完了です。 銀行口座の登録前は「売上金」だった表示が「」に変わりましたよ。 つまり、 もうメルカリの売上金でポイント購入しなくてもokになったわけです! お〜それは助かる!! いちいちは地味にめんどくさいですからね(笑) これ以降は、メルカリでの売上のある・なしに関係なく、ただ銀行口座からメルペイ残高にして使えば大丈夫ですよ。 登録した銀行口座からチャージする手順 はかんたんです。 メルカリアプリを開いたらメルペイのトップ画面にある「チャージ(入金)」をタップしてください。 あとは「チャージに使う銀行口座」と「チャージ金額」を決めてチャージすればok! あっという間にチャージできますよ。 メルペイに銀行登録できない場合は? 銀行登録できない場合についても触れておきますね。 メルペイはの手段にもしているくらい銀行口座の登録を重視しているので、メルペイから登録を拒否されることはありえません。 もしメルペイに銀行口座を登録できないときは、可能性は以下の3つですね。

次の