ビジネスメール 書き出し 久しぶり。 ビジネスメールの書き出し|社内向けの3フレーズを使い分けて好印象を目指そう

久しぶりの相手へのメール。「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」はどちらが良い?【例文付き】

ビジネスメール 書き出し 久しぶり

英語では結論を最初に言うことが好まれますが、それは英文メールでも同じです。 書き出しでメールの目的をはっきりさせると、文章全体がすっきり読みやすくなります。 突然連絡するときや忙しい相手に連絡するときには、恐縮する気持ちも書き添えると丁寧な印象を与えます。 英文メール例文) I am writing to ask for information about your new products. そちらの新製品について伺いたくてご連絡しました。 Sorry to write out of the blue, but I wanted to let you know the renewal opening of my shop. 突然で恐縮ですが、私のお店の新装開店についてお知らせしたくてご連絡しました。 Might I take a moment of your time, but I would like to inquire about your new project. お時間をいただき恐縮ですが、そちらの新事業についてお伺いいたします。 既にメールのやり取りが進行していて相手に返信する場合などは、それまでのやり取りについて軽く触れて書き出しの挨拶をするのが自然です。 いくつか例文をみていきましょう。 英文メール例文) Thank you for contacting to me. ご連絡いただきありがとうございます。 Thank you for getting back to me so quickly. 迅速なご返信ありがとうございます。 I'm sorry for my late reply. 返信が遅くなり申し訳ございません。 Sorry it's been so long time since my last email. しばらくご連絡が滞り申し訳ございません。 I'm sorry to bother again so soon, but I would like to ask you one more question. 度々ご連絡して恐縮ですが、もう一つ質問がございます。 相手の調子や様子を気遣う挨拶で英文メールを始めることもできます。 初めてメールを送る相手より、すでに知っている相手に送る場合におすすめの書き出しです。 それでは、いくつか例文をみていきましょう。 英文メール例文) I hope you had a good weekend. よい週末を過ごされましたか。 How are things? いかがお過ごしですか。 I hope you are well. お元気でお過ごしのことと思います。 3パターンの書き出しの挨拶をご紹介しましたが、状況に合わせてこれらを合わせて使うこともできます。 例えば、「お元気でしょうか?」と相手の様子を伺った後に、「今回ご連絡したのは〇〇のためです。 」とメールの目的を書いても自然な文章になります。 まずは、相手から情報を聞きたいときや、ファイルを送ってほしいときの表現です。 例文でご紹介します。 英文メール例文) I would appreciate it if you could provide me with the quarterly results. 四半期の業績を教えていただければありがたいです。 Could you kindly let me know whether you can send me the file? そのファイルを送っていただけるか、教えていただけますでしょうか。 Could you please send me updated data? 更新されたデータをいただけますでしょうか。 Is there any chance you could inform me of your schedule by tomorrow? 明日までにご都合を教えていただくことは可能ですか。 続いて、謝罪の気持ちを伝えるための表現です。 メールだけでなく、他のビジネスシーンでも使えるように定型文として覚えておくと、いざという時役に立ちますよ。 英文メール例文) I would like to apologize for any inconvenience caused. ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。 Please accept our sincere apology for your disappointment. ご期待に沿えなかったことをお詫び申し上げます。 I'm sorry, but I will take a day off on the day. 申し訳ございませんが、その日は休暇の予定です。 相手からの英文メールの内容をきちんと把握できなかった場合、「恐らくこういうことかな?」と推測で判断してしまうと、後々ビジネスで大きな問題につながりかねません。 相手のメールの内容を確認するための表現をみていきましょう。 英文メール例文) I'm afraid I don't quite understand what you mean. Would you mind providing more details? 申し訳ございませんがよく理解できません。 恐れ入りますがもう少し詳細をご教示いただけませんか。 Could you please clarify what you mean concerning the last question? 最後のご質問の意図をもう少し明確にしていただけないでしょうか。 You've lost me. Any additional information would be greatly appreciated. おっしゃることが理解できませんでした。 もう少し情報をいただければ大変ありがたいです。 ときにはメールの相手に苦情を入れなければならないこともあるでしょう。 そのようなときこそ、丁寧な表現を心がけつつ、こちらの意図をきちんと伝えることが大切です。 では、どのような言い方ができるのかみていきましょう。 英文メール例文) I'm afraid I was not very happy with your service. 恐縮ですが、そちらのサービスで満足いかないことがありました。 Unfortunately, the prototype was not really what I expected. 残念ながら、プロトタイプは私の期待通りではありませんでした。 I'm afraid I was not fully satisfied with your estimate. 恐れ入りますが、見積り内容に納得のいかない部分がございます。 次に、書き終わりの挨拶をみていきましょう。 こちらは、メール本文を締めるための一文です。 相手に何か対応をお願いする場合には、最後に改めて「よろしくお願いします」という気持ちを伝えて終わりましょう。 定型文をいくつかご紹介します。 英文メール例文) I would appreciate your immediate attention to this matter. 迅速にご対応いただければ幸いです。 If you require any further information, feel free to contact me. さらに必要な情報がございましたら、遠慮なくご連絡ください。 If you have any questions or concerns, don't hesitate to let me know. 質問や不明点がありましたら、遠慮なくご連絡ください。 I look forward seeing you soon. お会いできるのを楽しみにしています。 I look forward hearing from you soon. ご連絡をお待ちしております。

次の

ネイティブが使う!英語で「久しぶり」シチュエーション別10選

ビジネスメール 書き出し 久しぶり

メールの書き出しは、通常挨拶から始めます。 メールの書き出しの挨拶は、相手との関係性によって変わります。 友達との間のような親しい関係なら「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「お疲れ様」「おやすみなさい」といった気軽な挨拶で問題ありません。 目上の人には、相手との関係性に応じて敬意を表した書き出しにします。 挨拶の次は、自分の所属と名前を相手にわかるように名乗ります。 名乗らないのは、失礼に当たります。 最後に署名が入っていても出だしで名乗るのがルールです。 また、同じ部署に同姓の人がいる場合はフルネームで名乗ります。 誤字や脱字も失礼になります。 パソコンで入力すると、手書きでは絶対間違えないような誤変換をしてしまうこともあります。 送信前に誤字や脱字がないのを確認して送信ボタンを押します。 状況に合わせた挨拶とは? メールの書き出しの挨拶には、相手との関係性以外に状況に合わせた挨拶もあります。 状況に合わせたあいさつも覚えておくとメールの書き出しの挨拶の幅が広がります。 状況による挨拶の例です。 ・初めての相手へのメール「突然のメール失礼いたします」 ・久しぶりに連絡を取るあいてへのメール「大変ご無沙汰しています」 ・同じ相手に続けて送る場合のメール「たびたび失礼します」 ・追加で伝えたい場合のメール「先ほどのメールに追加のご連絡です」 挨拶で気持ちを伝えるのは? メールの書き出しの挨拶が毎回同じでは、相手へのインパクトはありません。 相手の気持ちを考えた挨拶文ならば相手に気持ちは伝わります。 挨拶で気持ちを伝えると相手に気持ちが伝わり距離を縮めることもできます。 メールの書き出しの挨拶で気持ちを伝える例文です。 1.感謝の気持ちを伝える ・先日はお忙しい中弊社にご足労いただきありがとうございました。 ・早速のご返信ありがとうございます ・平素よりご愛顧いただきありがとうございます。 ・ご注文ありがとうございました。 2.相手をいたわる ・昨日はお疲れ様でした。 ・おかげさまで無事解決することができました。 ・いつもご協力いただき助かっています。 ・さぞお疲れのことでしょう。 3.相手を気遣う ・ご無沙汰しています。 お元気でお過ごしでしょうか。 ・新居ではいかがお過ごしでしょうか。 ・新しい環境の中で不自由なくお過ごしでしょうか。 ・その後の経過はいかがでしょうか。 メールの書き出しは簡潔に メールの書き出しは簡潔にまとめます。 メールは、手紙と違って相手に内容を簡潔に伝えなければいけません。 メールの書き出しがだらだらと長くなってしまうと内容があやふやになり締まりのない文章になってしまいます。 ビジネスメールでの書き出しは? 季節別メールの書き出し方法は、季語を使った時候の挨拶です。 それぞれの月のメールの書き出しについて紹介します。 1月は? 1月の季語は「年始の候」「新春の候」「仲冬の候」「大寒の候」などがあります。 「侯」は「こう」と読み季節を表現します。 使い方は、「大寒の候、お元気でお過ごしでしょうか」という使い方になります。 1月の書き出しの例文です。 ・謹んで新春のお慶びを申し上げます。 ・連日厳しい寒さが続きますがお元気でお過ごしでしょうか 2月は? 2月の季語は「立春の候」「厳寒の候」「残雪の候」「晩冬の候」などがあります。 使い方としては「厳寒の候、お元気でお過ごしでしょうか」という使い方になります。 2月の書き出しの例文です。 ・連日寒い日が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか ・立春とはいえ、まだまだ寒い日がつづいております。 3月は? 3月の季語は「春暖の候」「浅春の候」「弥生の候」「迎梅の候」などがあります。 使い方としては、「弥生の候、お元気でお過ごしでしょうか」という使い方になります。 3月の書き出しの例文です。 ・桜の花の咲く季節となりました。 ・朝夕は依然として冷え込みますが、日中はあたたかく陽射しがそそぐようになってまいりました。 4月は? 4月の季語は「仲春の候」「春暖の候」「桜花の候」「春日の候」などがあります。 使い方としては、「春日の候、お元気でお過ごしでしょうか」という使い方になります。 4月の書き出しの例文です。 ・春の便りがあちこちで聞かれる季節となりました。 ・ようやく陽射しが暖かくなってまいりました。 5月は? 5月の季語は「暮春の候」「立夏の候」「若葉の候」「新緑の候」などがあります。 使い方としては、「若葉の候、お元気でお過ごしでしょうか」という使い方になります。 5月の書き出しの例文です。 ・新緑の季節となりました。 ・少しづつではありますが夏の気配を感じるようになってまいりました。 6月は? 6月の季語は「初夏の候」「梅雨の候」「青葉の候」「短夜の候」などがあります。 使い方としては、「初夏の候、お元気でお過ごしでしょうか」という使い方になります。 6月の書き出しの例文です。 ・初夏の季節となりました。 ・紫陽花の花が見ごろの季節になってまいりました。 7月は? 7月の季語は「真夏の候」「盛夏の候」「大暑の候」「三伏の候」などがあります。 使い方としては、「盛夏の候、お元気でお過ごしでしょうか」という使い方になります。 7月の書き出しの例文です。 ・真夏の季節となりました。 ・寝苦しい日が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか。 8月は? 8月の季語は「晩夏の候」「残暑の候」「立秋の候」「処暑の候」などがあります。 使い方としては、「晩夏の候、お元気でお過ごしでしょうか」という使い方になります。 8月の書き出しの例文です。 ・今年はまれにみる酷暑でしたがお元気でお過ごしでしょうか。 ・朝夕はいくぶん過ごしやすくなりましたが、日中はまだまだ酷暑が続いております。 9月は? 9月の季語は「初秋の候」「清涼の候」「白露の候」「秋晴の候」などがあります。 使い方としては、「初秋の候、お元気でお過ごしでしょうか」という使い方になります。 9月の書き出しの例文です。 ・暑さもようやく収まりすごしやすい季節となりました。 ・朝夕だいぶすごしやすい季節になってまいりました。 10月は? 10月の季語は「仲秋の候」「夜長の候」「秋雨の候」「紅葉の候」などがあります。 使い方としては、「仲秋の候、お元気でお過ごしでしょうか」という使い方になります。 10月の書き出しの例文です。 ・紅葉が見ごろの季節となりました。 ・清々しい秋晴れが続くようになってまいりました。 11月は? 11月の季語は「晩秋の候」「向寒の候」「落葉の候」「冷雨の候」などがあります。 使い方としては、「晩秋の候、お元気でお過ごしでしょうか」という使い方になります。 11月の書き出しの例文です。 ・落ち葉が舞い散る季節となりました。 ・朝夕の寒さが身にしみるようになってまいりました。 12月は? 12月の季語は「師走の候」「歳末の候」「寒冷の候」「初雪の候」などがあります。 使い方としては、「師走の候、お元気でお過ごしでしょうか」という使い方になります。 12月の書き出しの例文です。 ・今年も残り少なくなってきました。 ・本格的な寒さが訪れて来ましたが、お元気でお過ごしでしょうか。 年始のメールの書き出しは?.

次の

久しぶりのメールの書き方・相手別/ケース別のメール例文

ビジネスメール 書き出し 久しぶり

しばらく連絡をしていなかった相手とやり取りするときによく使う「お久しぶりです」はよく使われる挨拶言葉の一つですね。 良く手紙やメールでも使われるだけあって、あまり使い方を気にせずに使っている方も多くいらっしゃるかと思いますが、そもそも「お久しぶりです」が使える期間はどのくらいなのでしょうか? また、「お久しぶりです」は、ごく普通に色々な会話の中で使われる日常的な挨拶ですが、「お久しぶりです」は、目上や上司に使える敬語なのか、また言い換える場合の類義語は何があるのかもすぐに回答できる方は意外と少ないのではないでしょうか。 そこで、今回は 『お久しぶりですの手紙やメールでの使い方』と 『お久しぶりですは上司や目上の方に使える敬語なのか』、『お久しぶりですの言い換えや類義語』などをご紹介したいと思います。。 Topics• 「お久しぶりです」の意味 「お久しぶりです」とは「久し振り」に「お」と「です」をつけた丁寧語です。 「お久しぶりです」の意味は、「前にそのことを経験してから、再び同じことになるまでに長い日数のあったこと」を指します。 「お久しぶりです」の期間 ビジネス以外でも日常的に「お久しぶりです」を使っているかと思いますが、どれくらいの期間のことを指すのかご存知でしょうか? 日頃から顔を合わせている人に対して「お久しぶりです」と言うのはおかしいですよね。 「お久しぶりです」は、前回会ってから・前回連絡を取ってから長い時間空いてしまった時に使われる挨拶言葉で、あくまで目安になりますが、3か月くらい連絡を取っていない相手に対して、「お久しぶりです」を使います。 電話やメールでは何度か連絡はしていたけれど、直接会うのは久しぶりという場合でも、「お久しぶりです」が正しい挨拶です。 なお、前回会ってからあまり時間が経っていないうちに、「お久しぶりです」は使わないようにしましょう。 相手によっては、嫌味や失礼な発言として受け取られる可能性もありますので、注意が必要です。 手紙やメールでの「お久しぶりです」の使い方 「お久しぶりです」は、一般的に同等か目下の人に対して使います。 しばらくの間、相手と会っていなかったときに、「お久しぶりです」と声を掛けることはあると思いますが、手紙やメールでも「お久しぶりです」は使います。 手紙、メールのいずれも文章の一番最初の書き出しで使います。 以下に例文をいくつかご紹介いたします。 「お久しぶりです。 お元気ですか。 「お久しぶりです。 お変わりありませんか。 「お久しぶりです。 いかがお過ごしですか。 「お久しぶりです。 相変わらず、お忙しいでしょうか?」• 「お久しぶりです。 長らく連絡せずに申し訳ございません」 久しぶりに会う、連絡する相手が友人であれば、「お久しぶりです」だけでも再会の喜びや、連絡を取らずに申し訳ないという気持ちは十分に伝わると思いますが、 「お久しぶりです」を使う時は、「いかがお過ごしですか」、「お元気ですか」などの相手に対する気遣いや「長らく連絡せずに申し訳ございません」などの連絡をしなかったことに対する申し訳なさを伝える言葉も一緒に使うのがおすすめです。 「お久しぶりです」は、上下関係を気にしない親しい間柄の相手や友人、ビジネスシーンでは、部下や同僚にとどめておくのが無難です。 取引先や上司、目上の人に対しては、より丁寧な表現である「ご無沙汰しております」を使うのが適切です。 【スポンサードリンク】 「お久しぶりです」は上司や目上の方に使える敬語? 「お久しぶりです」は、先ほどの「意味」の部分でも説明しましたが、「久し振り」と言う単語に対する丁寧語です。 「お久しぶりです」は相手に軽い印象を与えるため、上司や目上の方に使うと失礼に当たることがあります。 また、相手に馴れ馴れしいと感じさせることもあるため、 目上の人や上司に対して「お久しぶりです」は使わないようにしましょう。 ここで使えるのは「ご無沙汰しております」という謙譲語です。 目上の人や上司から「よっ、元気でやってるか?」と、フランクな言い方で問いかけられた場合でも、自分をへりくだり謙遜して「ご無沙汰しております」と返事をしましょう。 「ご無沙汰しております」には、相手を敬い、長い期間会わなかったり、連絡をしないままでいたことを詫びる意味合いも含まてれいるため、「お久しぶりです」よりも丁寧な表現になります。 ビジネスシーンで、取引先や上司に挨拶する場合は、こちらの言葉を使えば問題ないでしょう。 ご無沙汰しておりますとの違い 「お久しぶりです」は丁寧語ですが、普段使いのカジュアルな言い方であり、目上や上司に使える言葉ではありません。 「久しぶり」に対し、 相手に敬意を表すのに一番おすすめの言葉は「ご無沙汰しております」になります。 話す相手やシチュエーションによって言葉を使い分けるように心掛けてみましょう。 「ご無沙汰しております」は目上の人に使える敬語 「お久しぶりです」と同様によく使われる「ご無沙汰しております」との違いは、丁寧語と謙譲語の違いですが、「ご無沙汰」の意味は、次の通りです。 「無」+「沙汰(さた)」からできた言葉で、「沙汰」とは「便り・知らせ」という意味で、類語では「音信(おんしん)」「通信」とも言います。 よく使われる例文で「しばらく音沙汰がない」と言う「沙汰」であり「音信不通」「通信が無い」という意味で多用されます。 つまりは、「ご無沙汰」とは「便りが無い」=連絡をしばらくの間していない、という意味になります。 「ご無沙汰しております」は相手を敬う謙譲表現で、何日か会わなかったことや連絡をしていなかったことに対して、相手にお詫びする気持ちです。 もし相手側から先に言われても、「ご無沙汰しております」とお返事する事を心掛けましょう。 その際に、以下のような文例のように気持ちを込めた一言を添えた形でお返事すると印象もグッと上がります。 こちらこそ大変ご無沙汰しておりまして申し訳ございません。 雑事にまぎれご無沙汰ばかりで心苦しく存じております。 ご無沙汰しておりますが、お変わりございませんでしょうか。 「お久しぶりです」の類語 最後に「久し振り」の類語・類義語には以下のような言い換え表現がありますので、ご紹介します。 久久 久々/ひさびさ• 久方振り ひさかたぶり• しばらくぶり 「久々」、「しばらくぶり」、「久方振り」など、「お久しぶり」と同じ意味の表現はいくつかありますが、挨拶としてはやはり「お久しぶりです」が一般的と言えるでしょう。 まとめ いかがでしょうか? 友人や目下の人に3ヵ月くらい会わなかった場合は「お久しぶりです」でも良いですが、これは丁寧語です。 同様の条件でも、目上の人やビジネスでの取引先に対しての電話やメールでの挨拶などには謙譲語の「ご無沙汰しております」をスマートに言えるといいですね。

次の