野菜 レシピ。 野菜のおかず49選!満腹になるメイン〜冷めても美味しい作り置きまで完全網羅!

野菜のおかずのレシピ

野菜 レシピ

さつまいもは皮をむき、縦半分に切り乱切りにして水にさらします。 ベーコンは3〜4cm幅に切り、エリンギは3cm程度の角切りにします。 ぶなしめじは、軸を切り落とし手でさいておきます。 サツマイモの水気を切り、耐熱皿にのせふんわりラップをして800wのレンジで2分加熱し取り出します。 フライパンにオリーブオイルを入れ、 3 のサツマイモを入れてから中火にして炒めます。 全体に油がなじんだら、その他の材料と塩・コショーも一緒にサツマイモがこんがりきつね色になるまで炒めます。 火を止め、仕上げにパプリカパウダー・パセリをふって完成です。 お好みで粉チーズをかけても美味しくなります。 なすは洗ってヘタを取り、縦10等分に切り水に5分さらしザルにあげます。 キッチンペーパーで水気を拭き取っておきます。 パプリカはヘタと種を取り除き、それぞれ縦に千切りにします。 青ねぎはみじん切りにします。 【A】を合わせておきます。 なすがしんなりして火が通ったら火を止め、合わせておいた【A】を入れて余熱で絡めます。 バットに4を入れ、鰹節と青ネギを散らして粗熱を取ります。 ラップを空気を抜くようにしっかりとかけ、30分味をなじませて完成です。 野菜は洗い、キャベツはざく切りに、玉ねぎは1㎝ほどの幅に切ります。 サツマイモは半分に切って斜め薄切りに、人参は拍子切りに、ニラは3㎝~4㎝ほどに切ります。 フライパンにごま油をしき、輪切り唐辛子を入れて熱した後に、野菜をのせてふたをします。 ふたに水滴がついてきたところで、野菜の上に肉を置きふたをします。 野菜がしんなりとし、肉の色が変わってきたところでふたを取り、火を強くして全体にタレをいきわたらせるように混ぜ炒め、野菜の水分を飛ばします。 皿に盛り、胡麻で味を調えたら完成です。 2.キムチは粗めの千切りにして【B】をを合わせておきます。 3.オクラは下処理をして5等分程度の乱切りにします。 4.なすは洗って水気をふき、小さめの乱切りにします。 5.耐熱皿になすと豚切り落とし肉を均等にのせ、ふんわりラップをして600wで3分加熱します。 一度取り出して上下を返しオクラを乗せ、さらに2分加熱します。 6.5を取り出して水気を切り、キムチと合わせておいた【B】を絡めて完成です。 かぼちゃは種とわたを取って3~4cm角に切り茹でます。 その間に玉ねぎをみじん切りにします。 付け合わせのキャベツと紫玉ねぎはせん切りにし、青じそは縦半分に切り丸めてせん切りにし、水にさらします。 フライパンにバターを溶かし、玉ねぎが透き通るまで中火で炒め、鶏挽き肉を加えてパラパラになったら【A】を入れ、調味し火を止めます。 揚げ油を中温に熱してコロッケがきつね色になるまで揚げます。 油をきったら完成です。 鳥もも肉は下処理後、一口大にきります。 玉ねぎとにんにくはみじん切りにし、ボウルに入れて【A】の材料を加えてよく混ぜます。 そこに1を入れ混ぜて、冷蔵庫で約1時間おきます。 じゃがいもは綺麗に洗い、皮付きのまま一口大に切ったら、耐熱容器に入れてラップをし、レンジで約3分加熱します。 取り出して、竹串がすっと入らなかったら、30秒ずつ、様子を見ながら加熱します。 ブロッコリーは小房に分けて、大きいものは、更に縦半分に切り、硬めに塩ゆでし、ざるにあけて水気を切っておきます。 温めたフライパンにオリーブオイルをひき、2を入れて、焦げないよう弱めの中火で両面炒めていきます。 鶏肉の色が変わったら、3を入れて蓋をして2分ほど蒸し焼きする。 その後、ブロッコリーも加えてざっくり混ぜて、完成です。 水菜としらすのコールスロー 材料 さつまいも:600g ピーナッツバター:35g はちみつ:25g 塩:小さじ2杯 ココナッツパウダー:5g パンプキンシード:5g レシピ 1. かぼちゃは種とワタを取り除き、ラップに包んでレンジ600Wで2分半加熱します。 取り出して皮を切り落とし、ひと口大にカットしたら耐熱皿にのせてふんわりラップをかけ、さらにレンジで1分加熱します。 フライパンにオリーブオイルを底から1cmほど入れ弱中火で熱し、かぼちゃを全体がきつね色になるまで揚げ焼きにします。 ボウルにピーナツバター、はちみつ、塩を入れて湯せんにかけながら混ぜ合わせます。 2のかぼちゃにかけ、仕上げにココナッツパウダーとパンプキンシードをトッピングしたら完成です。 かぼちゃカップの濃厚コーンスープ 材料 コーン缶詰:180g 【A】薄力粉:大1 【A】バター:大1 牛乳:200ml 顆粒コンソメ:2つまみ 生クリーム:50ml 塩:少々 ホワイトペッパー:少々 パセリ:少々 レシピ 1. 厚手の小鍋に【A】を入れ、弱火で混ぜながら炒めます。 フワッと軽くなったらベシャメルの出来上がり目安です。 2にコーン缶詰を入れ弱火のまま加熱します。 3に残りの牛乳を半量ずつ入れ、都合よく混ぜ滑らかにしていきます。 4に生クリームも合わせ塩・ホワイトペッパーで味を調整して器に盛り、パセリを散らして完成です。 鶏肉とほうれん草のポテトグラタン.

次の

幼児食レシピ43選|2~3歳の子どもの献立作りに!野菜嫌いにも◎、うどん、ハンバーグなど簡単人気のレシピ

野菜 レシピ

野菜は種類が豊富にあり我々の食卓に欠かすことができない食材です。 野菜には栄養を多く含んだ食材が多く、様々なレシピに活用されています。 生で食べることができる野菜や生では食べることができない野菜があるので注意して調理をしましょう。 中でもやはりサラダは代表する料理の種類のひとつで手軽に作ることができるので毎日でも摂取したい食材です。 サラダのレシピには海の幸と組み合わせたものや、お肉と組み合わせたものなどバリエーションがあるのでぜひ作ってみてください。 この記事では、「野菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 トマトやパプリカなどの野菜を使った簡単サラダのレシピです。 スナップえんどうやアボカドなどの野菜も使っているので見た目が鮮やかに仕上がっています。 冷蔵庫に余っている野菜でも作ることができるのでアレンジして作ってみてください。 お皿にトマト、玉ねぎ、アボカド、パプリカ、スナップえんどうを重ねて盛りドレッシングをかけて完成です。 水菜などの野菜とヘルシーなささみが組み合わさったサラダのレシピです。 梅が味付けに変わっているのでさっぱりとした味わいに仕上がっています。 ささみは酒を入れた湯に入れて茹でほぐしておきます。 ボウルに梅、ごま油、めんつゆ、酢、白ゴマを入れ水菜などの野菜、ささみを入れて混ぜ合わせたら完成です。 トマトを添えると見た目よく仕上がるのでおすすめです。 独特の強い香りが特徴で、スタミナ食材としても知られる緑黄色野菜の「ニラ」。 ニラ玉、レバニラ炒め、チヂミなど、中華料理や韓国料理でよく登場するお馴染みの食材ですね。 栄養豊富で価格も安く、一年中手に入ることから、様々な料理に利用できる万能食材でもあります。 暑さで食欲が出ない夏や、冷えで体調を壊しやすい冬、スタミナをつけたり、体を温め血行を促進するニラの効用を是非活用したいですよね。 そこで今回のまとめでは、レシピサイトで人気のニラ料理のレシピを集めました。 おかずレシピ、チヂミレシピ、サラダ・和え物レシピ、ごはん・パスタレシピに分けて、様々なレシピを紹介します。 3分で調理可能な時短レシピもありますので、是非、チェックしてみてください。 独特のネバネバした食感が特徴的なオクラ。 夏バテ防止やスタミナ補給に効果があるとされ、夏になったらぜひとも食べたい野菜です。 緑黄色野菜なのでその他の栄養も満点。 南国出身の夏野菜で、旬の時期は6月~8月。 鹿児島県で最も多く栽培されています。 輪切りにした時の断面が星型なのも可愛らしく、トッピングとしても目を楽しませてくれます。 栄養価が高くてネバネバがおいしく、見た目にも可愛らしいオクラですが、いざ料理しようとするとお浸しくらいしか思いつかない人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、オクラを120%活用できるレシピについてまとめました。 オクラのおかず、和え物・おひたし、麺・パスタ、スープ・汁物のカテゴリに分けてたっぷり紹介します。 トマトはナス科トマト属の1年生果菜です。 インカ帝国で古くから栽培されていた歴史の古い野菜ですが、外国に伝わり食用として栽培されるようになったのは、比較的最近のことです。 現在では世界中で約8000の品種があり、日本でも120種ほどが栽培されています。 夏野菜のイメージですが高温多湿を嫌うので、旬の時期は春~初夏と、秋~初冬。 熊本県で最も多く栽培されています。 生のままでも食べられるため、カットしてそのまま食べたりサラダにしたりする程度になってしまいがちなトマトは実は加熱調理にも適した万能野菜なのです。 そこでトマトのサラダ、スープ、おかず、パスタ・ごはんレシピのカテゴリに分けてトマトレシピをたっぷり紹介します。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

野菜のおかず49選!満腹になるメイン〜冷めても美味しい作り置きまで完全網羅!

野菜 レシピ

野菜は種類が豊富にあり我々の食卓に欠かすことができない食材です。 野菜には栄養を多く含んだ食材が多く、様々なレシピに活用されています。 生で食べることができる野菜や生では食べることができない野菜があるので注意して調理をしましょう。 中でもやはりサラダは代表する料理の種類のひとつで手軽に作ることができるので毎日でも摂取したい食材です。 サラダのレシピには海の幸と組み合わせたものや、お肉と組み合わせたものなどバリエーションがあるのでぜひ作ってみてください。 この記事では、「野菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 トマトやパプリカなどの野菜を使った簡単サラダのレシピです。 スナップえんどうやアボカドなどの野菜も使っているので見た目が鮮やかに仕上がっています。 冷蔵庫に余っている野菜でも作ることができるのでアレンジして作ってみてください。 お皿にトマト、玉ねぎ、アボカド、パプリカ、スナップえんどうを重ねて盛りドレッシングをかけて完成です。 水菜などの野菜とヘルシーなささみが組み合わさったサラダのレシピです。 梅が味付けに変わっているのでさっぱりとした味わいに仕上がっています。 ささみは酒を入れた湯に入れて茹でほぐしておきます。 ボウルに梅、ごま油、めんつゆ、酢、白ゴマを入れ水菜などの野菜、ささみを入れて混ぜ合わせたら完成です。 トマトを添えると見た目よく仕上がるのでおすすめです。 独特の強い香りが特徴で、スタミナ食材としても知られる緑黄色野菜の「ニラ」。 ニラ玉、レバニラ炒め、チヂミなど、中華料理や韓国料理でよく登場するお馴染みの食材ですね。 栄養豊富で価格も安く、一年中手に入ることから、様々な料理に利用できる万能食材でもあります。 暑さで食欲が出ない夏や、冷えで体調を壊しやすい冬、スタミナをつけたり、体を温め血行を促進するニラの効用を是非活用したいですよね。 そこで今回のまとめでは、レシピサイトで人気のニラ料理のレシピを集めました。 おかずレシピ、チヂミレシピ、サラダ・和え物レシピ、ごはん・パスタレシピに分けて、様々なレシピを紹介します。 3分で調理可能な時短レシピもありますので、是非、チェックしてみてください。 独特のネバネバした食感が特徴的なオクラ。 夏バテ防止やスタミナ補給に効果があるとされ、夏になったらぜひとも食べたい野菜です。 緑黄色野菜なのでその他の栄養も満点。 南国出身の夏野菜で、旬の時期は6月~8月。 鹿児島県で最も多く栽培されています。 輪切りにした時の断面が星型なのも可愛らしく、トッピングとしても目を楽しませてくれます。 栄養価が高くてネバネバがおいしく、見た目にも可愛らしいオクラですが、いざ料理しようとするとお浸しくらいしか思いつかない人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、オクラを120%活用できるレシピについてまとめました。 オクラのおかず、和え物・おひたし、麺・パスタ、スープ・汁物のカテゴリに分けてたっぷり紹介します。 トマトはナス科トマト属の1年生果菜です。 インカ帝国で古くから栽培されていた歴史の古い野菜ですが、外国に伝わり食用として栽培されるようになったのは、比較的最近のことです。 現在では世界中で約8000の品種があり、日本でも120種ほどが栽培されています。 夏野菜のイメージですが高温多湿を嫌うので、旬の時期は春~初夏と、秋~初冬。 熊本県で最も多く栽培されています。 生のままでも食べられるため、カットしてそのまま食べたりサラダにしたりする程度になってしまいがちなトマトは実は加熱調理にも適した万能野菜なのです。 そこでトマトのサラダ、スープ、おかず、パスタ・ごはんレシピのカテゴリに分けてトマトレシピをたっぷり紹介します。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の