乳酸 ピーリング。 【背中ケアオプション】乳酸ピーリング

乳酸ピーリング|診療メニュー|埼玉の美容皮膚科なら「ヒロ クリニック」

乳酸 ピーリング

色素沈着:乳酸ピーリング+イオン導入 従来のピーリングより痛みが少ない! 弱酸を塗布して角質を取り除く治療です。 皮膚に弱酸を塗布することで古くなった角質を取り除き、肌の新陳代謝を促して、きめ細やかな新しい肌へと生まれ変わらせる治療法です。 乳酸ピーリング 皮膚に弱酸を塗布して古くなった角質を取り除き、肌の再生を促します。 イオン導入 イオン導入とは、弱い電流を流すことによって、有効成分をイオンの形でお肌の深部に浸透させる方法です。 ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。 このような症状に有効です• 黒ずんだ毛穴 角質のたまりや毛穴の黒ずみが気になったらスポット的なご利用も 治療風景 STEP4 施術後に赤みが多少出る場合がありますが、通常1日程度で治まります。 2〜3日間は一時的に乾燥しやすい状態ですので、保湿対策を充分に行ってください。 合わせてご検討ください。 治療後も、ご質問・ご心配事等ありましたらいつでもお問い合わせください。 詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。 after 乳酸ピーリングの副作用• 一時的に肌が赤くなることがありますが、通常は数時間から数日でおさまります。 赤みが長引いたり、皮膚がはがれてかさぶたになったり、かぶれや色素沈着などが生じることがまれにありますが、必ず医師にご相談ください。 治療期間中は肌に乾燥が生じたり、皮がむけてきたりすることがあるので保湿を行ってください。 皮むけ:翌日〜数日間薄い皮むけが起こることがあります。 持続する赤み、かゆみ• かさぶた:薄いかさぶたが出現したり、点状のかさぶたが散発したりする場合があります。 治療効果や副作用には個人差がございます。 主観的な満足を得られないことや客観的に結果が変わらないことがまれにあります。 ご理解いただいた上で治療をお受けください。 イオン導入の副作用• 導入成分によるアレルギー反応で、まれに赤みやむくみが出る場合がございます。 治療効果や副作用には個人差がございます。 主観的な満足を得られないことや客観的に結果が変わらないことがまれにあります。 ご理解いただいた上で治療をお受けください。 乳酸ピーリングの注意事項• 入浴、化粧 治療直後より可能です。 メイク 治療直後から可能です。 飲酒 当日から可能です。 日焼け しないようにしてください。 特に治療期間中のUVケアは怠らないようにしてください。 詳細はご相談ください。 イオン導入の注意事項• 入浴、洗顔 当日から可能です。 メイク 治療直後から可能です。 飲酒 当日から可能です。 日焼け しないようにしてください。 特に治療期間中の紫外線のUVケアは怠らないようにしてください。 詳細はご相談ください。 Q&A 乳酸ピーリングについて、よくある質問はをご覧ください。 イオン導入について、よくある質問はをご覧ください。 費用 乳酸ピーリング+イオン導入 1万1,000円.

次の

乳酸ピーリングとは

乳酸 ピーリング

肌状態に合わせ、濃度や塗り方を調整して行ったりイオン導入と組み合わせるなどして、最大の効果が出るよう配慮しています。 乳酸ピーリングの特徴• 分子が大きいため、グリコール酸と比較して皮膚の浅いところに作用します。 刺激が少なく、他のピーリングが合わなかった方にもおすすめです。 色素に高い効果を発揮し、しみ、くすみ、色素沈着、肌の色むらを改善します。 角質層のセラミドの生成を促成し、肌のバリア機能を向上させます。 蓄積された古い角質を溶かし、表皮の細胞を活性化して、肌のターンオーバーを正常にします。 皮膚の新陳代謝を整え、健康な肌の生まれ変わりのサイクルを取り戻し、おとなのニキビをなおす効果があります。 保湿効果があります。 「乳酸」は、グリコール酸と比較すると、分子が大きいため、皮膚のより浅いところに作用します。 その分、肌への刺激や負担が軽いところが特徴です。 また、美白効果もあります。 これらの特徴から、「乳酸」ピーリングは、角質除去効果を期待したニキビ治療よりも、くすみ、シミ、美白、老化予防などの美容目的につかわれることが多いのです。 色素疾患などの治療にも「乳酸」ピーリングがおこなわれており、ニキビ跡の色素沈着を改善する効果は期待できます。 「乳酸」は、肌にやさしいAHAとして、肌の弱い人やグリコール酸が肌にあわない人に使用されます。 角質除去の効果については、ニキビ治療には少しものたりないかもしれませんが、「乳酸」のケミカルピーリングは、肌への負担がかるいので、ピーリング施行の間隔をせまくして回数をふやせるということの2つの点から考えて、『おとなのニキビ』にも充分効果があげられる治療法です。 グリコール酸で角質を除去し、乳酸でニキビ跡の色素沈着を改善する、という2つの効果を期待して、グリコール酸のピーリングで治療をしたあとに、乳酸のピーリングをおこなうこともできます。 乳酸ピーリングの流れ•

次の

【背中ケアオプション】乳酸ピーリング

乳酸 ピーリング

肌状態に合わせ、濃度や塗り方を調整して行ったりイオン導入と組み合わせるなどして、最大の効果が出るよう配慮しています。 乳酸ピーリングの特徴• 分子が大きいため、グリコール酸と比較して皮膚の浅いところに作用します。 刺激が少なく、他のピーリングが合わなかった方にもおすすめです。 色素に高い効果を発揮し、しみ、くすみ、色素沈着、肌の色むらを改善します。 角質層のセラミドの生成を促成し、肌のバリア機能を向上させます。 蓄積された古い角質を溶かし、表皮の細胞を活性化して、肌のターンオーバーを正常にします。 皮膚の新陳代謝を整え、健康な肌の生まれ変わりのサイクルを取り戻し、おとなのニキビをなおす効果があります。 保湿効果があります。 「乳酸」は、グリコール酸と比較すると、分子が大きいため、皮膚のより浅いところに作用します。 その分、肌への刺激や負担が軽いところが特徴です。 また、美白効果もあります。 これらの特徴から、「乳酸」ピーリングは、角質除去効果を期待したニキビ治療よりも、くすみ、シミ、美白、老化予防などの美容目的につかわれることが多いのです。 色素疾患などの治療にも「乳酸」ピーリングがおこなわれており、ニキビ跡の色素沈着を改善する効果は期待できます。 「乳酸」は、肌にやさしいAHAとして、肌の弱い人やグリコール酸が肌にあわない人に使用されます。 角質除去の効果については、ニキビ治療には少しものたりないかもしれませんが、「乳酸」のケミカルピーリングは、肌への負担がかるいので、ピーリング施行の間隔をせまくして回数をふやせるということの2つの点から考えて、『おとなのニキビ』にも充分効果があげられる治療法です。 グリコール酸で角質を除去し、乳酸でニキビ跡の色素沈着を改善する、という2つの効果を期待して、グリコール酸のピーリングで治療をしたあとに、乳酸のピーリングをおこなうこともできます。 乳酸ピーリングの流れ•

次の