カンジダ治療薬通販。 市販のカンジダ用薬のおすすめ人気ランキング8選【塗り薬タイプ・膣錠タイプ】

膣カンジダに市販薬は効くの?種類や値段は?

カンジダ治療薬通販

カンジダなどの治療薬について ココロ薬局では性病であるカンジダ、トリコモナスの治療薬を豊富に取り揃えています。 カンジダ、トリコモナスとは 性病の多くは細菌やウイルスによって引き起こされますが、 カンジダは真菌 カビの一種 によって、また トリコモナスは原虫 虫の一種 によって引き起こされるというのが大きな特徴です。 また、特にカンジダは性病のひとつとしてカテゴライズされているものの、そもそもその原因となる真菌は人間の体に常在しているものであり、免疫力が低下した時に異常繁殖してカンジダの症状を引き起こすパターンが少なくありません。 カンジダとトリコモナスの症状 主な症状は、カンジダとトリコモナスに共通するものとして 排尿時の痛みや性器のかゆみ、恥垢の増加が挙げられるほか、 女性の場合はオリモノの量が急増したり異臭がしたりといった異常が見られます。 このようなメカニズムで発生する病気の治療薬は、体内で増殖する真菌や原虫の活動を抑制し、死滅させる効果を持つ有効成分を含んでいます。 カンジダとトリコモナスの治療薬 フォルカンの有効成分であるフルコナゾール、ニゾールに含まれるケトコナゾールは、 カンジダの原因である真菌の成長を阻害し、減少させて病気の症状を緩和させます。 またトリコモナスの治療薬であるファシジンには、原虫が増殖するために行う核酸合成を阻害する効果のあるチニダゾールが有効成分として含まれています。 これらの医薬品を、用法用量を守って服用することでカンジダ、トリコモナスは治療することができます。 しかし、特にカンジダの原因となる真菌は常在菌であるため完全に死滅させることはできません。 風邪を引くなどして免疫力が低下する時、再発する可能性があります。 不安な方は、再発する際に使用するための常備薬として持っておくことをおすすめします。 クリームタイプの治療薬 また当サイトではカンジダの治療に役立つ有効成分を含んだラミシールクリーム、カネステンクリームといったクリームタイプ、またクロトリマゾールジェルといったジェルタイプの外用薬も取り揃えています。 患部に塗布することで、直接すみやかに働きかけるというのが大きなメリットです。 こちらもチェックしてみてください。

次の

カンジダ|医薬品専門通販:お薬マート

カンジダ治療薬通販

膣カンジダとは、 抵抗力の低下などによりカンジダ菌が膣に入り、炎症を起こす膣炎のこと。 外陰部のかゆみやおりものの変化が主な症状となっています。 膣カンジダは女性特有の炎症ですが、 男性でもカンジダになることがあります。 その場合、性器カンジダという名前に。 カンジダは女性特有のものではないことを覚えておきましょう。 ドラッグストアなどで見かける 市販のカンジダ用薬は、再発した際に使用するものです。 本当に膣カンジダなのか、別の疾患ではないかを確認できるのは医師のみ。 最初から市販薬を使うのではなく、発症の疑いがありましたら医師による診察を受けてくださいね。 なお、生理中は薬が流れてしまうので終わってから使うことを推奨します。 おりものが白く濁り、カッテージチーズや酒かす状になるといった 典型的な症状があらわれたら、膣錠を使用しましょう。 有効成分が膣内で溶け、増殖したカンジダ菌を直接殺菌してくれます。 また、おりものはさほど気にならなくても、かゆみと湿疹があればカンジダ菌が増殖している場合も。 外陰部でカンジダの症状が出ているなら、クリームとの併用を検討しても良いでしょう。 錠剤には、時間をかけてゆっくり溶ける通常タイプと体内ですみやかに溶ける発泡タイプがあります。 おりものの量が少ないなら、非常に溶けやすく水分の吸収がさほど気にならない発泡タイプがおすすめ。 長時間の効果を期待するなら、通常タイプがぴったりです。 通常タイプはもっともポピュラーなので、薬局でも買いやすいというメリットもあります。

次の

カンジダの治療薬はドラッグストアに売っている?

カンジダ治療薬通販

膣カンジダとは、 抵抗力の低下などによりカンジダ菌が膣に入り、炎症を起こす膣炎のこと。 外陰部のかゆみやおりものの変化が主な症状となっています。 膣カンジダは女性特有の炎症ですが、 男性でもカンジダになることがあります。 その場合、性器カンジダという名前に。 カンジダは女性特有のものではないことを覚えておきましょう。 ドラッグストアなどで見かける 市販のカンジダ用薬は、再発した際に使用するものです。 本当に膣カンジダなのか、別の疾患ではないかを確認できるのは医師のみ。 最初から市販薬を使うのではなく、発症の疑いがありましたら医師による診察を受けてくださいね。 なお、生理中は薬が流れてしまうので終わってから使うことを推奨します。 おりものが白く濁り、カッテージチーズや酒かす状になるといった 典型的な症状があらわれたら、膣錠を使用しましょう。 有効成分が膣内で溶け、増殖したカンジダ菌を直接殺菌してくれます。 また、おりものはさほど気にならなくても、かゆみと湿疹があればカンジダ菌が増殖している場合も。 外陰部でカンジダの症状が出ているなら、クリームとの併用を検討しても良いでしょう。 錠剤には、時間をかけてゆっくり溶ける通常タイプと体内ですみやかに溶ける発泡タイプがあります。 おりものの量が少ないなら、非常に溶けやすく水分の吸収がさほど気にならない発泡タイプがおすすめ。 長時間の効果を期待するなら、通常タイプがぴったりです。 通常タイプはもっともポピュラーなので、薬局でも買いやすいというメリットもあります。

次の