口内炎 治ら ない 痛い。 「痛い口内炎をどうにかしたい! 」口内炎の原因と自宅でできる対策とは?

口内炎が痛いのはなぜ?原因は?早く治す方法と対策はコレでした!

口内炎 治ら ない 痛い

ただの口内炎だと思っていたけどなかなか治らない、子どもに口内炎ができているけど熱もある…そんな時は口内炎以外の病気ではないかと心配になりますよね。 次の症状が当てはまる場合は、何らかの病気が隠れていたり、口内炎とは別の疾患であるおそれがあります。 2週間以上治らない 一般的に口内炎は、栄養のある食事や睡眠を十分にとったりストレスを溜めないようにして生活習慣を整えると、10日〜2週間ほどで自然治癒します。 2週間以上治らない場合は、病気のサインである危険性があります。 大きい口内炎ができる 一般的な口内炎の大きさは通常、直径2mm〜1cm程度です。 1cm以上の大きな口内炎ができている場合には、がん化する病気であるおそれもあるため注意が必要です。 口内炎がたくさんできる 通常口の中にできる口内炎の数は、1個〜数個程度です。 大量発生している場合は、何らかの疾患が隠れていることも考えられます。 そのほかの病気が疑われる口内炎の症状 ほかにも次のような症状がある場合は、ただの口内炎ではなく病気であるおそれもあります。 早めに病院を受診しましょう。 ・何度も同じ場所に繰り返しできる ・口内炎の症状の他に熱や全身の倦怠感がある ・口の中に水泡ができている 病院の受診について、詳しくは関連記事をごらんください。 関連記事 免疫システムの異常による自己免疫疾患の症状として口内炎が出ることがあります。 治っても繰り返すことが多いのが特徴です。 ベーチェット病 全身性炎症性疾患であるベーチェット病の初期症状に口内炎があります。 唇、頬の粘膜、舌、歯ぐきなど口の中全体に直径1cm程度の口内炎ができます。 「アフタ性口内炎」という、口内炎ではよく見られる白っぽくて丸い窪みができる口内炎のため、病気の初期症状と気付きにくい場合があります。 潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎の合併症のひとつに口内炎があります。 アフタ性口内炎が頬の粘膜にできることが多く、周辺が腫れて強い痛みを感じます。 天疱瘡 天疱瘡(てんぽうそう)は、皮膚や粘膜に水疱やびらんを生じる自己免疫性水疱症です。 口の中にも水泡ができ、水泡が破れると痛みのあるただれができて、飲食が困難になります。 酸っぱい食べ物がしみることでわかることが多いとされています。 全身性エリテマトーデス 全身性エリテマトーデスは20〜30代の女性に多い病気で、頬の部分や口蓋にくぼんだ口内炎ができます。 痛みがないため、自分で気づきにくくい疾患です。 バセドウ病 パセドウ病は甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気です。 病気による全身状態の悪化によって口内炎が起きることがあります。 白血病 白血病の初期症状で口内炎ができることがあります。 これは免疫に関わる白血球が減って免疫力が下がることが原因です。 口内炎と間違えやすい病気の中には放っておくとがん化するものがあるため、注意が必要です。 一般的な口内炎はがんに進行するものではありませんが、口内炎の症状である白っぽい潰瘍や痛みが、深刻な病気の初期症状であるおそれがあります。 がんへの進行に注意が必要なのは口腔白板症と紅板症(紅色肥厚症)です。 初期症状では一般的な口内炎との違いがわかりにくいので、いつもの口内炎よりも治りが遅かったり、1cm以上の潰瘍があるなど症状に不安を感じたら、速やかに医療機関を受診してください。 口腔白板症 舌や頬の粘膜、歯茎などに白い潰瘍やびらんができます。 食べ物がしみたり、物に当たると痛いため、口内炎と間違えやすい病気です。 通常の口内炎とは違って範囲がだんだん広がっていき、がん化する危険性があります。 紅板症(紅色肥厚症) 舌や歯茎などの粘膜が赤くなり、明らかに周りと色が違うのがわかります。 食べ物などの刺激があると痛みます。 紅板症の50%ががん化し、すでにがんになっている危険性の高い疾患です。 紅板症を発症する80%は50歳以上の方ですが、それ以下の年齢でも発症する可能性があります。 口腔がん 口腔がんは歯茎・頬の内側・下にでき、特に初期は口内炎と区別がつきにくくなっています。 通常、口腔がんは痛みをともないません。 口腔のがんで最も多いのが舌がんで、舌の側縁にできることがほとんどです。 舌の一部が白か赤に色が変わり、他の粘膜との境界がはっきりしています。 初期には痛みを感じることはほとんどありませんが、舌のしびれや動かしにくさが感じられるようになります。 出血を伴ったり、口臭がきつくなることもあります。 50代後半の方に発症しやすいですが、発症者の4分の1は50歳以下で20〜30代の方にも時々みられます。 口内炎の症状が出る病気の中で、子どもが特にかかりやすいものがウイルス性のものです。 免疫力が低下した大人もかかる可能性はありますが、多くはありません。 通常の口内炎と違い、水泡ができることが特徴です。 一週間程度で治ることがほとんどですが、口内炎の痛みが強いと飲食が困難になって脱水症状を起こす可能性があります。 ヘルペス性口内炎 ヘルペスウイルスが原因で起こる口内炎で、発熱やリンパ、扁桃腺の腫れをともなうことがあります。 突然38度以上の熱が出て、2〜3日後から口内炎ができます。 水泡がたくさんできた後に赤く腫れ、痛みが強いのが特徴です。 熱は3日以上続き、熱が下がった後でも口内炎の症状は1週間程度続きます。 ヘルパンギーナ 乳幼児の間で流行しやすい夏風邪の一種で、幼稚園や保育施設で感染することが多くなっています。 38度以上の高熱が2〜3日続き、口内炎は口蓋(口の中の天井部分)や喉の周りに1~5mmの水泡ができることが特徴です。 痛みで飲食が困難になることが多いです。 熱が下がった後に口内炎も収まっていきます。 手足口病 手のひら、足底や口の中に2~3mmの水泡ができます。 感染者の3分の1に発熱もみられますが、あまり熱は高くならないことが多く高熱が続くことはありません。 おわりに 子どもが感染しやすいウイルス性の病気は1週間程度で治るため、脱水症状にならないように気をつければそれほど心配することはありません。 気をつけたいのは2週間以上口内炎が治らない場合です。 2週間以内でも通常の口内炎でないと感じた場合は早めに病院を受診しましょう。

次の

舌が痛い!舌にできた口内炎をすぐに治す5つ方法と舌癌との見分け方

口内炎 治ら ない 痛い

初期のぜつ癌と口内炎は、形状がよく似ているため間違えやすいです。 しかし、舌がんと口内炎には大きな違いがあるので、見分け方のご参考にしてください。 【舌がんと口内炎の違い】• 口内炎は小さくても痛いのが特徴ですが、初期の舌がんは痛みはほとんどありません。 舌がんのできやすいのは舌の縁の裏です。 これに対し口内炎はどこにでもできます。 舌がんになる前には、舌の一部が白色や赤色が点在していたり、薄い白色の膜(白板症)が張っています。 舌がんと口内炎を見分けるポイントはこの4つです。 また、舌がんと口内炎は似ているので見間違えやすいのですが、それぞれの症状に違いがあります。 でも気になる場合は、自己判断しないで早目に病院を受診されることをおすすめします。 今回の記事は、舌がんと口内炎の違いについて詳しくお伝えしています。 舌がんかもしれないと気になる場合は、一度ご参考にしてください。 この記事の目次• 舌がんと口内炎の違い 「舌に口内炎ができたけれど、舌がんかもしれない?」と心配していませんか? でも、口内炎と舌がんは症状が違うので、これから先を読まれて安心されてはいかがでしょう。 早期舌がん 舌がんは、鏡を使って、患部を自分で見ることができるがんです。 舌の両脇の部分にできることが多く、舌の先端や表面の中央部分ではあまりみられません。 舌の裏側などの見えにくい場所にできることもあります。 癌が進行すると、できものが大きくなり違和感が出ます。 ですから、2㎝から3㎝になるとお医者さんを受診されるケースが多いようです。 ですが、もっと早く見つけることが出来ると、早くお医者さんにかかることができるので、早期発見が大事です。 大きな違いは3つ 次の3つの症状は、口内炎と舌がんでは大きく異なるので、見分ける時のご参考にされてはいかがでしょう。 口内炎• 1週間~2週間で治ってしまう• しこりがなく硬くない 舌がん• 初期では痛みがない• いつまでも治らなく悪化する• しこりがあり硬い 自覚症状には、舌の硬いしこりやただれがありますが、痛みや出血があるとは限りません。 舌の動きに対する違和感や舌のしびれがある、舌の粘膜に赤い斑点(紅板症)や白い斑点(白板症)ができている、口内炎が治りにくいなどの症状がみられることもあります。 また、がんが進行した場合の症状としては、痛みや出血が持続する、口臭が強くなるなどがあります。 引用: 口内炎や舌がんになると口臭が強くなると言われています。 特に舌がんなどの口腔癌は口臭が強いのですが、これは、癌が臭いということもあるのですが、歯周病や舌苔で口腔環境が悪いと癌になりやすいとも言われています。 関連記事 ・ ・ ・ ・ 舌がんと口内炎の見分け方 歯医者さんも「分からないです。 」とのこと。 その時は、それで終わったのですが、口内炎が痛くなってきたので、口腔外科のある大きな病院で検査を受けました。 すると、「悪性の腫瘍ですね。 」 引用: 痛み 口内炎は数ミリの大きさでも痛みを感じますが、初期の舌癌では痛みがなく、痛みを感じるようになるのは進行してからです。 舌がヒリヒリする、舌が痛いとすぐに舌がんと結びつける人がいますが、その場合は、舌痛症(ぜっつしょう)かもしれません。 舌が痛くなる原因には、ドライマウスや神経的なものまであるので、下記の関連記事をご参考にしてください。 関連記事 ・ ・ ・ ・ しこり 口内炎は、舌癌と同じ舌の裏に出来ることが多いです。 口内炎の場合は触れても固いしこりはありませんが、舌癌の場合は、「しこり」があるのが特徴です。 形と色 口内炎はくっきりとした円形または楕円形の形をしていて、アフタ口内炎では、外側が赤く内側が白いのが特徴です。 しかし、舌癌(ぜつがん)の形は、いびつではっきりしていない等、良く観察すると口内炎と舌癌には違いがあります。 色に関しても、舌がんの場合は白と赤が点在していたり、白い膜が張っているようになっている白板症(癌化することがある)があります。 舌の表面が白い場合は、舌苔(ぜったい)が出来ているかもしれません。 舌苔は病気ではありませんのでご安心ください。 しかし、舌苔は口臭の原因になるので、舌清掃などで取り除くことをおすすめします。 関連記事 ・ ・ ・ ・ ・ できる場所 舌がんができやすいのは舌のふちや裏の部分で、特に舌の前部分にできやすいのです、しかし、癌(がん)は舌以外の粘膜にもできることがあるので、自己判断しないことが大事です。 口唇炎(口内炎の一種) 口内炎は、口の中、頬の内側、唇、舌、歯ぐきなどにできる炎症ですが、口蓋や喉にできることもあります。 舌にできた口内炎は「舌炎」。 唇にできた口内炎は、「口唇炎」とか「口角炎」と呼びます。 どの口内炎も、食事をした時などに痛みをともなうのが特徴です。 人によっては、口内炎がいくつもできるケースもあります。 口内炎が2週間治らなければ注意 アフタ性口内炎の場合は、通常1~2週間で治ります。 もし、「2週間以上、口内炎が治らない。 」のなら、舌がんの可能性もあるので、早目にお医者さんに診てもらうことをおすすめします。 初期の舌がんは口内炎に似ており、耳鼻科や歯科、あるいは内科などでも「口内炎」と誤診を受けやすい傾向があります。 処方された塗布薬を使用していても、口内炎のようなしこりが2週間近く治らないようであれば、舌がんを疑って病院に相談することをおすすめします。 特に、舌表面がざらつき、しこりが触れるほどになっているときには注意したほうがよいでしょう。 出典:口内炎のようなしこりが2週間近く治らない場合は注意 舌がん 舌がんの割合 口の中にできる癌のことを「口腔癌(こうくうがん)」と言います。 癌全体からするとかなり少ない割合なので、過剰に心配する必要はないかもしれません。 2005 年における口腔癌の罹患数は約6,900 人であり,全癌の約1%を占めると推定される。 わが国における口腔癌の部位別発生割合は,舌60. 0%,頬粘膜9. 3%,口底9. 7%,上顎歯肉6. 0%,下顎歯肉11. 7%,硬口蓋3. 1%と報告されている 出典: 症状• 舌や頬粘膜の表面がボコボコと膨れ上がっている。 舌がんが成長すると、口内炎とは違う異様な形状になる。 舌がんは口内炎と違い、段々と大きくなる。 口内炎は一定以上には大きくならない。 舌がんは、舌だけでなく、頬、顎、歯茎などにも違和感を生じる。 舌がんは2週間経っても治らない。 口内炎は10日程度で自然治癒する。 いつも口が苦いとか口がまずいと、「病気(癌)ではないだろうか?」と不安になるかもしれません。 いつまでも、口が苦い、まずいという症状が改善しない場合は、歯科や口腔外科を受診されることをおすすめします。 関連記事 ・ ・ ・ 口内炎と間違えやすい 舌がん(口腔癌)は口内炎と見間違えやすいのでご注意ください。 私の知人も、口内炎が治らないので歯科で治療を受けていましたが、中々治らなく(口内炎は自然に治癒する。 )「変だな~」という感じで数日日にちが過ぎました。 その後も治らないので大きな病院で検査を受けると、「舌がん」との診断で驚いたようです。 このように、初期の舌がん(口腔癌)は口内炎とよく似ているので間違えやすいです。 口内炎ができると、どれだけ小さくても歯に触れるだけで痛みが気になりますよね。 しかし、初期の癌(がん)では、痛みなど自覚症状がないために我慢してしまうことが多いようです。 ですから、口内炎だと思っていても 2週間も治らないというような場合は、早く受診されることをおすすめします。 痛くない 舌がんの初期は、ほとんど痛みがありません。 そのため、気づかないことが多いようです。 ほとんどの場合、初期のがんでは、自覚症状も少なく痛みもほとんどないようです。 進行すると、さまざまな自覚症状が現れてきます。 主な自覚症状は痛みが最も多く、食べ物がしみたり、口内炎がなおらない、首のリンパ節がはれるなどがあります。 引用: 舌がひりひり痛むのは舌がん? 舌がんの場合は、舌のふちに口内炎のような炎症ができるのが大きな特徴ですが、癌だと決めつけるのは危険です。 たとえば、舌に何もできてなくても、舌がヒリヒリと痛みを感じる「舌痛症」の場合があります。 痛みが続く場合は、自己判断しないで口腔外科で診てもらうことをおすすめします。 口腔外科でも舌のヒリヒリが治らないことがあります。 その場合に多いのは、重度の口腔乾燥と舌苔が原因になっているかもしれません。 舌苔が原因の場合は、舌苔を除去することと口腔を唾液で保湿することで解決できます。 水泡はがん? 私の体験ですが、ある日突然、舌の縁に紫色のできものが出来て気になっていました。 大きな痛みはなく、歯に触れると少し痛いだけでしたのでそのままにしていました。 引用: 舌のできものが気になると、舌が歯や入れ歯に触れないようにしていたのですが、そのできものの箇所で触っていたようです。 家族そろって夕飯の時です。 焼酎のお湯割りを飲みながら、口内炎のことも忘れておかずを食べると「舌が痛い!」。 舌の痛い箇所を指で触ると水泡が膨らんでいるのが分かりました。 看護師の娘に舌を見てもらうと、「癌かもしれないね。 」と驚かされ、直ぐに鏡に直行。 見ると、舌の縁に約1. 5センチの紫色の水泡が出来ているのが分かりました。 ショックでしたが、それからも食事を続けていると、水泡が破れてしまい舌にくっ付きました。 心配でしたが、翌朝見るとほとんど治癒していたのです。 それから2~3日で完治したので安心できました。 舌に紫色の大きな水泡が出来たので不安でしたが、単なる口内炎でした。 実は、この時に口内炎になった原因は、部分症義歯を入れていたからでした。 舌の縁が常に、部分症義歯のクラスプやバー、義歯床の縁に触れていたことが口内炎になった原因だったのです。 癌化する病気 ・白板症(はくばんしょう):舌の一部が白くなる。 男女の差はなく50歳以上に多い。 ・扁平苔癬(へんぺいたいせん):頬の内側にでき、網状に白くなる。 引用: 「白板症」という病名は、ご存知ない方が多いのではないでしょうか。 白板症は、口腔粘膜(舌や頬の粘膜)にできる白色の病変のことをいいます。 口腔白板症 はくばんしょう とは、1978年WHOの診断基準によれば、口腔粘膜に生じた摩擦によって除去できない白色の板状 ばんじょう あるいは斑状の角化性病変で臨床的あるいは病理組織学的に他のいかなる疾患にも分類されないような白斑と定義されています。 出典: 白板症のがん化率は高い。 また、病院で白板症と診断されていても、すでにがん化していることもあるようですので注意が必要です。 口腔白板症の癌化率は,海外では0. 13~17. 5%であり,わが国では3. 1~16. 3%である。 口腔白板症の中には悪性化するものがあることや,白板症と診断されるものの中に既に癌化しているものがあることから,白板症は口腔癌の代表的な前癌病変とされている。 出典: 早期舌がんの画像 早期の舌癌(ぜつがん)は、これからご紹介する画像のようなできものが多いようです。 この部分にできていないからといって、「舌がんではない。 」と決めつけるのもよくありません。 簡単に素人判断で決めないで、お医者さんに診てもらうのが一番良いです。 出典: 出典: 出典: 舌癌のセルフチェック 毎日、舌の状態を観察することで早期発見・早期治療につながります。 今からご紹介する点をセルフチェックしてください。 口内炎が2週間以上なおらない• 舌に白板症や紅板症ができ、白いとか赤くなっていないか• 治らないしこりはないか• いつまでも腫れが治らない• 舌粘膜のただれができて治らない• 舌にしびれや麻痺がある• 味覚障害になっている• 少しの刺激でも痛い• 舌を動かしにくい• 食べ物が飲み込みにくい セルフチェックをして、一つでも気になる点があれば歯科で診てもらうようにしましょう。 舌がんの原因 舌がんの原因はよく分かっていませんが、口内の不衛生、歯や義歯による舌への刺激、喫煙、飲酒、などが影響するといわれています。 原因は不明ですが、飲酒、喫煙、慢性的な機械的刺激(歯が慢性的にあたるなど)等との因果関係があることがわかっています。 引用: 喫煙・飲酒 喫煙は、他の癌と同様に発がん性リスクが高く、口腔がん全体の80%がたばこが原因です。 舌がんを含む口腔がんが発生する主な要因は、喫煙と飲酒です。 口腔がん全体 の 80%はたばこが原因と考えられています。 飲酒だけでも口腔がんを発生する 危険性が高まりますが、喫煙と飲酒の両方の習慣がある人では、より危険性が高 まることがわかっています。 引用: 関連記事 ・ 歯磨き不足 舌がんなど口腔癌は、歯磨き不足による口腔環境の悪化が原因だといわれています。 一日1回だけの歯磨きを2回に増やすと、癌リスクは3割も減らせるそうです。 愛知県がんセンター研究所の報告で、1日2回歯磨きをする人は、1日1回しか歯磨きをしない人と比べて、口腔がん発症のリスクが3割低いという研究結果が出ました 引用: 関連記事 ・ ・ ・ ・ 舌苔 舌苔(ぜったい)が出来ていると細菌が増えるため口内が不衛生になり、癌になるリスクが高まります。 舌苔の細菌が増えると、アセトアルデヒドという発がん性物質ができることがあるからです。 舌苔の主な原因は次の二つによるものです。 1、 口腔の不衛生(歯磨き不足、虫歯、歯周病など) 2、 口腔乾燥(唾液量の減少、口呼吸など) 引用: だからといって、 舌をゴシゴシと磨くのもよくありません。 舌苔は歯周病や糖尿病とも関係し口臭原因にもなるので、口腔ケアの一環として舌苔を除去されることをおすすめします。 関連記事 ・ ・ ・ ・ 義歯 義歯の金具がつねに舌に当たることも舌がんのリスクとなります。 舌の裏や縁に「できもの」が出来る原因で多いのは、部分入れ歯を入れている場合です。 部分入れ歯には金属性のクラスプが付いています。 とがっているクラスプが気になり常に舌で触れていると、舌に外傷性の「できもの」が出来ることがあります。 義歯の他にも、クラウンの縁がとがっていたり、虫歯で歯が欠けていると、舌で触れるのが癖になってしまうかもしれません。 このようなケースでも舌に「できもの」が出来るので、早目に歯科で治してもらうことをおすすめします。 外傷性の「できもの」が良くできると癌化することもあるのでご注意ください。 刺激の強いもの 常に、舌に刺激性の強いものが触れると癌になるリスクが高まります。 【刺激成分】• アルコール度数の高いお酒• ニコチン・タール• 辛い食べ物• 歯磨き粉に含まれる合成界面活性剤や発泡剤などの添加物(ラウリル硫酸ナトリウム)• マウスウォッシュ(アルコール含有)• 義歯クラスプやとがった歯 『合成界面活性剤』の「ラウリル硫酸Na」は、かつて旧厚生省が皮膚障害、「アレルギー」や「がん」などを起こす可能性があるとしてリストアップしていた表示指定成分でした。 引用: 毎日舌磨きをしている人がいますが、歯フブラシでゴシゴシと強く舌を磨くのはよくありません。 癌のリスクを高めるかもしれません。 また、刺激の強い合成界面活性剤やアルコール含有の歯磨き粉やマウスウォッシュもおすすめできません。 関連記事 まとめ 舌がんと口内炎の違いについてお伝えしました。 初期の舌がんと口内炎はよく似ていて、形や色など微妙に違いがありますが、大きな違いは「口内炎は10日程で治る」が、「舌がんは治らない」ことです。 ですから、いつまでも治らない場合には、一人悩まずに病院で受診されることが大事です。 また、若い女性に舌がんが増えています。 そして驚くことに、舌がんや喉頭がんの死亡率が子宮頸がんの死亡率を超えたことです。 堀ちえみさんが舌がんを公表し社会的に関心が高まりましたが、手術後も食事や会話が十分にできないのでリハビリも大変な病気です。 舌がんの直接的な原因は分かっていないのですが、喫煙や飲酒が間接的に影響するともいわれていますので、喫煙・飲酒もほどほどにすることが大事です。 それと、口内が不清潔であると舌がんだけではなく口内炎のリスクも高まりますので、毎日丁寧な口腔ケアが大切です。 【引用・参考文献】.

次の

痛い口内炎!5つの原因と治療法・予防法。最速で治す方法とは?

口内炎 治ら ない 痛い

[目次]• 口内炎がなかなか治らない原因 口内炎がなかなか治らないというときには何か原因があると考えられます。 口内炎ができる仕組みと合わせてその原因について説明します。 痛い口内炎ができる理由とメカニズム 一般的な口内炎は、 口の中の粘膜にできた小さな傷からできることが多いとされています。 小さな傷は、硬い食べ物や歯ブラシ、歯の尖った部分などが粘膜に接触することでできることが多く、誰にでもよくあることです。 しかし、口の中が乾燥していたり、体調不良で免疫が低下していたりするとその傷に細菌などが繁殖して炎症を起こし、口内炎となります。 口腔内の乾燥や不衛生 口腔内が乾燥していたり、歯磨きをきちんとしていなかったりすると口の中は雑菌やウイルスが繁殖しやすい環境になります。 こういった状態では、口内炎がなかなか治らないだけでなく、炎症が細菌やウイルスによってひどくなる可能性もあります。 歯や入れ歯による粘膜への刺激 歯や義歯、入れ歯などが粘膜に接触することも口内炎の原因になります。 口内炎になった場所にそういった接触などの刺激が加わるとなかなか治りにくくなってしまいます。 ビタミンB2など栄養不足による免疫低下 ビタミンの不足によっても口内炎になることがあります。 なかでも、 ビタミンB2には粘膜を保護する働きがあるので、積極的に摂取することをおすすめします。 ビタミン不足によって起こった口内炎は、必要なビタミンが満たされるまで、なかなか治らないこともあるので意識して摂取するようにしてください。 疲労やストレスなど免疫低下 口内炎が治癒するためには、免疫機能が正常に働いていることが重要です。 疲労やストレスが溜まると体内の免疫機能が低下してしまいます。 そのため、免疫機能がうまく働かないと、口内炎による炎症がなかなか治らないということにもなります。 ベーチェット病やがんなど病気の可能性 なかなか治らない口内炎は、 なかにはがんの初期症状など深刻な病気の症状であることもあります。 同じタイミングで何か所にもできたり何度も再発したりする場合には、ベーチェット病や全身性エリテマトーデスなどの病気の症状のひとつである可能性もあります。 気になる口内炎の症状があるときには専門医に診てもらうようにしてください。 口内炎を何度も再発するときは 口内炎は、治りにくいものもあれば、治ったものの何度も再発することもあります。 再発をくりかえす原因について説明します。 かみ合わせや歯磨きのくせをチェック 何度も同じ場所に口内炎が再発するといった場合には、一度その場所に歯が接触していないかを確認してみてください。 歯並びや噛み合わせなどの問題で粘膜に歯が接触していると、何度も同じ場所に口内炎ができる原因になります。 また、歯磨きをするときの磨き方のくせや歯ブラシの硬さも粘膜を傷つけてしまう原因になっていることも考えられます。 歯の磨き方を一度見直してみることもおすすめします。 アレルギーによる発症の可能性も 口内炎には、 食べ物や薬剤、金属によるアレルギーが原因で発症するものもあります。 そういった場合には、原因を特定して接触しないようにしたり、取り除いたりしない限り何度も再発してしまう可能性が出てきます。 口内炎の治し方と注意したいポイント 口内炎になってしまったら、できるだけ早く治すために以下のようなことを心がけてみてください。 口の中の清潔さを保つ 口の中を清潔にすることは一番の口内炎の予防とも言えます。 食後の歯磨きはもちろん、食事中にしっかりかんでゆっくり食べることも意識します。 しっかり噛むことで唾液が分泌され、口の中の乾燥による細菌の繁殖を予防することにもつながります。 治療薬で悪化を防ぐ 口内炎には特効薬はないとされているため、基本的には対症療法になります。 口の中を殺菌するようなうがい薬やスプレー薬、炎症を抑える作用のあるステロイドが含まれた軟膏などを使用することで悪化を防ぎ、早期の段階で治癒することができるといわれています。 ただし、ウイルスやカビなどが原因の口内炎にステロイドを使用すると、悪化を招くおそれがあります。 セルフケアを行って2週間ほど経過しても治らない場合や、症状が悪化する場合には、早めに歯科や口腔外科、耳鼻咽喉科、内科、皮膚科などを受診しましょう。 休息や栄養をしっかり取る ビタミン不足による口内炎の場合は、必要なビタミンを摂取することで治癒が早くなることが期待できるでしょう。 特に ビタミンB2、B1やビタミンAなどを積極的に摂取することをおすすめします。 また、疲労やストレスも口内炎の治りを遅くする原因になります。 口内炎ができているときは特に しっかり睡眠をとり、体を休めるよう意識して行動することをおすすめします。 食事やオーラルケアの見直し 塩分の多い食事や辛いもの、酸味の強いものなど刺激があるものは炎症部を刺激し、治癒を遅くする原因になります。 また、歯磨き剤やエタノールの含まれた含嗽剤なども口内炎を刺激することがありますので、なるべく使用を控えてください。 柔らかい毛質の歯ブラシでの歯磨きと、食塩水でのうがいがおすすめです。

次の