コロナ スナック。 スナックB/B営業中 新型コロナ接触確認アプリって?

スナックのママ「コロナで不況です。。」プラス民「そんな職業を選んだ自己責任!」なぜ日本人は社会問題を個人の責任に還元するのか?

コロナ スナック

厳しい状況に置かれているスナックのママたちが、新しい取り組みに参加し始めた(写真:オンラインスナック横丁提供) 地域の人たちにとって「社交場」であるスナックが新型コロナウイルスによって、極めて厳しい状況に追い込まれている。 比較的高齢の経営者も多いだけに今後閉店を決める店も出てきそうだが、一方で生き残りをかけて奔走しているママたちもいる。 壊滅的なダメージを受けている 「感染が広がった2月から来客が減り、ほぼ収入がない状態が続いています。 居酒屋さんなど食事を提供しているお店では時間を短縮して営業したり、出前やテイクアウトにシフトチェンジしたりしていますが、お酒がメインのスナックではそういうわけにもいかず、3密が揃っているため感染リスクを考えると営業は難しい。 壊滅的なダメージを受けています」 北海道札幌市のすすきのにあるスナック「ひなぎく」のママ、酒井彩氏はこう話す。 今年営業3年目を迎える同店は、下は20代から上は80代まで幅広い年代層の顧客を持つ人気店だったが、新型コロナウイルスで状況が一変した。 同店は4月16日に全国で緊急事態宣言が出される前の4月6日から自主休業を続けている。 北海道では全国に先駆けて感染が広がり、すでに2月28日には道独自の緊急事態宣言が出された(3月19日に解除)からだ。 2〜5月は借り入れをするなど事業を続けるために走り回ったが、持続化給付金や、融資も相談が殺到しており順番待ちの状態。 3月下旬から4月下旬までクラウドファンディングを利用して、前売りチケット販売という形で支援を募り、41人から約25万円の資金を集めたものの、システムの都合上、振り込まれるのは6月だという。 ツイッターやライン、フェイスブックなどSNSを活用して顧客との接点を維持しつつ、洋裁の経験を生かして手作りの布マスクを販売するなど、店を守るためにできることは何でも行っているが、苦しい状況は変わらない。 知り合いや周りの店が耐えきれず閉店していく姿を日々目の当たりにしている。

次の

古賀市太陽と月カラオケスナックでコロナ感染した従業員は誰で感染経路は?

コロナ スナック

横浜市70代男性、コロナウイルス感染後にトレッサ横浜のジムへ! 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、横浜市は6日、市内に住む70代の無職男性の感染が新たに確認された、と発表した。 発熱後、同市港北区のスポーツジムを利用したという。 市によると、男性は妻と2人暮らし。 親族と2月16日から23日までエジプトへ旅行し、帰国2日後の25日に発熱した。 だが26日に市内のスナックへ出掛け、24~27、29日と3月1日に同市港北区の商業施設「トレッサ横浜」内のスポーツジム「セントラルウェルネスクラブトレッサ(大倉山)」を利用。 倦怠感などがあったため、3月3日に市内の医療機関を受診。 4日に肺炎で入院し、PCR検査の結果、5日に陽性と判明した。 男性が利用したジムは1日最大500~600人が利用しているという。 ジムは3日から休業し、男性と同じ時間帯の利用客を調べている。 また港北区福祉保健センターとの連名で、濃厚接触者に対して手紙を発送する予定。 スポーツクラブ「セントラルウェルネスクラブトレッサ(大倉山)」会員は怖くて近づけない。 マジでふざけんじゃねぇよ。 威力業務妨害で逮捕すべき。 発熱後ジム通い、スナックも 横浜市の70代男性陽性 新型コロナ(産経新聞) — MOkaba MOkaba 最後までお読みいただきありがとうございました。 【関連リンク】.

次の

古賀市太陽と月カラオケスナックでコロナ感染した従業員は誰で感染経路は?

コロナ スナック

新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込む中小企業の資金繰りが厳しくなっている。 北海道内の金融機関に寄せられた融資の相談は1万件を超えた。 政府は緊急の支援策を打ち出したが、感染拡大が収まらない状況では、売り上げの回復は見通せず、経営者の不安は高まっている。 27日、札幌商工会議所(札幌市中央区)が開いた緊急の経営相談会。 感染予防のため、ブースの間隔を広めにとった会議室で職員らが相談に乗っていた。 午前9時の開始前に訪れた女性(65)は、札幌・ススキノで経営するスナックの売り上げが3月はほぼゼロに。 このままでは家賃や光熱費の十数万円が支払えないといい、職員に教えてもらいながら融資の申請書に記入していた。 「こんな事態は初めて。 融資を受けられそうで少し安心したけど、お客さんがいつ戻ってくるのか分からない」と表情は硬かった。 長万部町の国道沿いにあるドライブイン施設を経営する佐々木昭次さん(75)は「このままでは従業員に給料が支払えない」と相談に訪れた。 中国や韓国からの観光客が消え、カニなどの海産物の販売が激減。 国内の修学旅行の団体客のキャンセルも相次ぎ、2月以降の収入は例年より7割も減っているという。 こうした中小企業や小規模事業者の資金繰りを支えるため、政府は今月10日に1・6兆円規模の金融支援を打ち出した。 年度末を控え、金融機関への相談は急増している。 日本政策金融公庫では1月29日に専用窓口を設置して以降、道内の支店などに寄せられた相談は今月25日までに6800件にのぼる。 特に今月中旬以降は1日500件~700件に急増しているという。 飲食業が約4割で最も多いが、理容院や学習塾など幅広い業種から相談があるという。 北洋銀行と北海道銀行も1月30日に相談窓口を設置。 北洋銀では、融資に関する具体的な相談が約1400件(26日現在)にのぼる。 北海道銀は電話も含めて約2100件(23日現在)の相談があるという。 両行ともに、状況に応じて既存の融資の返済を一時的に猶予するほか、新規の貸し出しにも積極的に対応しているという。

次の