ミャンマー へ の 投資 が 減っ て いる 原因 は。 ミャンマーで新投資法が成立、改正の背景と現状の運用|情報センサー2017年4月号 JBS|EY Japan

あなたの資金が減っている原因は何ですか?ほとんどの投資家の損失の原因はコレです。

ミャンマー へ の 投資 が 減っ て いる 原因 は

投資対象としてのミャンマーの魅力 まずミャンマーという国の魅力について、改めて整理します。 近年、ミャンマーは軍事政権からの脱却、そして民主化改革が進んでいます。 それに伴い 2010年から2013年にかけて、外国からミャンマーへの直接投資額は2倍以上に増加し、東南アジア地域で最も投資額の多い国の1つとなりました。 一方で直接投資の急速な伸びにもかかわらず、ミャンマーの一人当たりGDPは、周辺のAsean諸国 タイやベトナムなど)の3分の1から半分程度に留まっています。 この現象はある意味GDPの伸びしろを示唆しており、ミャンマーが今後大幅に成長する可能性を感じています。 人口ピラミッドを見ても、その潜在能力は顕著に表れています。 キレイなピラミッド型になっており、若年層が非常に多く労働人口の割合が高いことが分かります。 このような形の国は、これから経済成長を迎える段階であることが一般的です。 ヤンゴン取引所で株式購入できない? 経済成長への期待が強いミャンマーにおいて、2015年12月にヤンゴン取引所が開設されたのですが、しばらく外国人投資家の受け入れを拒否してきました。 その後2018年8月の新会社法施行に伴い、 ミャンマー国内に在住する外国人に限りヤンゴン取引所での株式売買が許可されました。 ミャンマー市場のオープン化の第一歩と言えます。 しかし私たちのような 外国在住の外国人は、残念ながら ミャンマー株を直接ヤンゴン取引所で購入できません。 つまり株式売買を行うインフラはできたけど、個人投資家がミャンマー株を売買できる日はまだ遠いということです。 私は投資先としてミャンマーという国に興味があり、今すぐにでも投資したいと思っています。 先ほども書いたようにミャンマーの証券取引所を通じて株式購入する正攻法はダメなのですが、ルートを変えることでミャンマーへ投資する方法がいくつかあります。 ミャンマー株式への投資方法 冒頭に書いた通り、ヤンゴン証券取引所を通じて海外に住む外国人は株式を売買することができません。 何らかの手段でミャンマー株式に投資できる仕組みはないのでしょうか? ミャンマー関連の株式 まずは個別銘柄への株式投資についてです。 ミャンマー関連企業へ投資する方法としては、シンガポールに上場しているミャンマー企業に投資する、ミャンマーで事業を行う外国企業に投資するという2つの方法があります。 この2つの方法に該当するシンガポール上場のミャンマー関連銘柄を整理したのが下表です。 この表で着目すべきは右から2列目「ミャンマーの占める地理区分別収益」です。 地理区分別収益率が高いほどミャンマー国内でのビジネス比率が高いことを示しています。 見てお分かりの通り、上位2社以外は10%を下回っていますので、ミャンマー関連銘柄としては対象外と考えた方が良いでしょう。 上位2社にあたる YOMA STRATEGIC社とINTERRA RESOURCE社は50%以上のミャンマードメスティック企業です。 この2社の直近株価はどうなっているでしょうか? YOMA STRATEGIC 直近1年の株価推移です。 めっちゃ上がってますね、ざっくり1年で倍でしょうか。 世界的に見れば、ここ1年の株価は下落基調のはずなので、そんな環境下での安定した上昇です。 YOMA社は建設関連の会社なので、経済発展の伸びしろがあるミャンマーでは今後の有望株であると私は見ています。 INTERRA RESOURCE 同じく直近1年の株価推移です。 激しく乱高下しながら、かなり下がっているようです、、、。 INTERRA RESOURCE社はエネルギー関連企業であるため、最近の原油価格の下落などの影響を受けているのかもしれません。 ミャンマー関連の投資信託 ミャンマー関連の投資信託はなかなか見つからなかったのですが、一つだけ間接的にミャンマーへの投資機会となる商品がありました。 それはSBI証券で取り扱っているハーベスト アジア フロンティア株式ファンドです。 ハーベスト アジア フロンティア株式ファンドはアジアのフロンティア地域に投資を行っており、ミャンマー関連株式も投資対象の一つとなっています。 ハーベスト アジア フロンティア株式ファンドのパフォーマンスは良い一方で、諸費用が高い点はネックといえます。 購入時の手数料が3. 44%もかかってしまい、数ある投資信託の中でも高い分類に入ります。 ミャンマー関連のETF ミャンマー関連の投資信託が諸費用が高かったのを受けて、一般的に費用を低く抑えることができるETF探しました。 残念ながら該当なしでした。 結局、現実的な投資先は・・・ 今回ミャンマー関連の株式・投資信託・ETFの調査を受けて、やっぱり現実的投資先はシンガポール上場の個別株への投資かなと私は思いました。 現時点ではYOMA STRATEGIC社やINTERRA RESOURCE社の個別株が有力だと思います。 特にYOMAは今後のミャンマーのインフラ整備に関係する株式銘柄なので、本気で投資しようかと思っています。 代わりにソーシャルレンディング海外案件はいかが? ここまでミャンマーへの投資機会について解説してきましたが、現実的にかなり厳しいことが分かりました。 そこでミャンマーではありませんが、ミャンマーと同じくらい日本の投資家からすると未開の地で、且つ高利回りなソーシャルレンディングの海外案件を扱う をご紹介します。 クラウドクレジットとは? は貸付型クラウドファンディング(業界ではソーシャルレンディングという)を提供する会社です。 ソーシャルレンディングとは個人や企業へのローンの一種であり、 貸し手である個人の投資家と借り手である個人や企業との仲介を行う金融を指します。 クラウドクレジットの特徴は高利回りな案件があること ソーシャルレンディングを提供する会社は国内に多数ありますが、 は業界でもユニークな存在感を放っています。 特に・・・• 融資先が 海外に特化している• ファンドがバラエティに富み、投資家は社会的な意義を感じることができる いきなり海外とか高利回りとかいった話が出てくると、 詐欺に合うのでは?危険では? といった疑念を持たれがちなのも事実ですが、 は 伊藤忠商事やマネックスグループ等の出資を受けるなど業界内・外からの期待値が高く、ちゃんとした会社ではあります。 「投資商品」なわけですから、リスクがあるのは当然で、それは投資家がしっかり判断する必要はあります。 ミャンマーなどの未開の地への投資に興味がある人であれば、検討してみてはいかがでしょうか。 公式HP: 【クラウドクレジットの事業者評価に関する記事はこちら】 以上、本日はここまで。 それでは! Twitterアカウントをフォローしていただければ記事の投稿や更新をお知らせします。

次の

アジア諸国の日系企業をとりまく投資環境の変化と労使関係(ミャンマー:2016年1月)|フォーカス|労働政策研究・研修機構(JILPT)

ミャンマー へ の 投資 が 減っ て いる 原因 は

株式投資において、ほとんどの投資家が負けるとすれば、その原因は共通していることになる。 その原因の1つはこれだ。 【コラム】「自滅する投資家」 投資の市場において、個人投資家の8割が負けると言われている。 負けて行く8割の投資家は、利益が小さくて負けるわけではない、損失が大きくて負けるのだ。 ほとんど全ての初心者投資家が、損失を大きくしてしまうのには、理由がある。 投資とは先の見えない時間の中で資金の増減にさらされていく行為である。 それまでそんな経験のない人が、突然資金の増減に身を置けば、当然のように1つの行動を選択する。 それは、利益を確保し、損失を先送りする。 これは資金を失いたくないという本能の反応としての行動だ。 損失を先送りすれば、いつかその損失は致命的に膨らむ。 その時、この投資家の投資は終わりを告げる。 こうして初心者投資家は、投資の市場で生き残ることができない。 あなたが市場で資金を守り、生き残り、さらに資金を増やしていくためには大きい損失を防がなければならない。 これが利益への第一歩だ。 大きい損失を防ぐ手立てを知り、損失を小さく抑えるようにする。 そうして損失を小さく抑えることができるようになった時に、利益に目を向け、小さい利益を手に入れる。 小さい損失に抑える中で、小さい利益を上げられるようになった時、徐々に大きい損失を許容する。 その時、初めて大きい利益を手に入れる可能性が出る。 最後に大きい利益を手に入れるために、最初に「大きい損失を防ぐ術」を知ろう。

次の

ノンフィクションのミャンマー難民家族の原因や人数は?日本定住問題とは?

ミャンマー へ の 投資 が 減っ て いる 原因 は

〔PHOTO〕iStock 問1 ロヒンギャとはどういう民族か? ロヒンギャの人々は独立国家を求めているわけではなく、自分たちの民族名称を認めてもらったうえで、ミャンマー連邦の国籍が与えられるよう求めている。 在外のロヒンギャの知識人によれば、自分たちはミャンマーのラカイン地方に8世紀から住む「由緒ある民族」だと主張している。 しかし、ミャンマーでは政府も国民も彼らを「民族」として全く認めていない。 外国からの不法移民集団だと決めつけている。 ロヒンギャに関する人権問題の立場からの調査は数多くあるが、歴史や人類学・社会学などの実証的研究はほとんど存在しない。 そもそも史料が十分ではない。 したがって、ロヒンギャの特徴について明確に説明できる事柄は、次の5つに限られる。 彼らはインドのベンガル地方(現在のバングラデシュ)に起源を有し、保守的なイスラームを信仰している。 言語はロヒンギャ語(ベンガル語チッタゴン方言のひとつ)を母語として使用する。 人口は統計がないので不明だが、ミャンマーのラカイン州に推定100万人強が住んでいるとされる。 世界中に散った同胞を含めれば200万人に達すると主張するロヒンギャ知識人もいる。 ロヒンギャ知識人が唱える歴史では、彼らは8世紀からラカインの地に住み続けていることになっている。 しかし、現存する文書史料では「ロヒンギャ」という呼称の使用は第二次世界大戦後の1950年までしか遡れず、その意味では戦後に登場した新しい民族だといえる。 ただ、ロヒンギャを名乗るようになった集団そのものの起源は15世紀まで遡ることができる。 当時のラカイン地方に存在したアラカン王国(1430-1784)の中に、ベンガル出身のムスリムが一定数居住し、王宮内で役職に就く者もいた。 その後、19世紀に入ってラカイン地方がイギリスの植民地となると、ベンガル地方から連続的に移民が流入し、数世代にわたってラカイン西北部に住み着き土着化する。 このときから多数派のラカイン人仏教徒とのあいだで軋轢が本格化する。 20世紀になると、第二次世界大戦中の日本軍のビルマ占領期に、日本側が武装化した仏教徒ラカイン人と、英側が武装化したムスリムとのあいだで戦闘が生じ、日英の代理戦争を超えた「宗教戦争」と化し、両者の対立は頂点に達する。 戦後も東パキスタン(現バングラデシュ)からの移民が食料を求めてラカイン西北部に流入し、独立したばかりのビルマ政府の統治が及ばないなか、その一部はムジャヒディンを名乗って武装闘争を展開した。 以上をまとめると、ロヒンギャを名乗る民族集団は、15世紀からのアラカン王国時代のムスリムを起源に、19世紀以降の英領期の移民、第二次世界大戦直後の混乱期の移民、そして1971年の印パ戦争期の移民の「四重の層」から構成されると推定される。 しかし、彼らが1950年ころに、なぜ「ロヒンギャ」を名乗るようになったのか、その経緯はいまだにわかっていない。 1948年に独立したビルマは、しばらくの間、ロヒンギャを差別的には扱わなかった。 1950年代後半から60年代初頭までロヒンギャ語によるラジオ放送(短波)を公認していたほどである。 しかし、1962年に軍事クーデターが起き、政府軍(国軍)が主導するビルマ民族中心主義に基づく中央集権的な社会主義体制(ビルマ式社会主義)が成立すると、扱いが急速に差別的となり、1978年と1991-92年の計2回にわたり、20万人から25万人規模の難民流出をひきおこしている。 この間、1982年に改正国籍法(現行国籍法)が施行されると、それに基づき、ロヒンギャはミャンマー土着の民族ではないことが「合法化」され、ロヒンギャを主張する限り、外国人とみなされるようになった。 状況によっては臨時の国籍証明書が与えられ、自ら「ベンガル系」であることを認めた者には正規の国籍が与えられることもあった。

次の