導きの地 ティガレックス亜種 出し方。 アイスボーン ティガレックス亜種の出し方や防具性能【モンハンワールド】

【アイスボーン】導きの地レベル上げ(地帯レベル)のやり方【モンハンワールド(MHW)】

導きの地 ティガレックス亜種 出し方

ジンオウガ ジンオウガは導きの地の 森林地帯レベル2~3で出現。 レベル2ではまれに出現し、レベル3で頻繁に出現する。 森林地帯にいるプケプケやバフバロといった弱いモンスターの部位破壊や狩猟、森林地帯モンスターの痕跡集めで地帯レベルを上げるのがおすすめ。 ジンオウガ 氷の武器が有効で、 怒り時にはしびれ罠に掛からないため注意が必要だ。 イャンガルルガ イャンガルルガはアイスボーンで追加された鳥竜種モンスターで 森林地帯レベル3から出現する。 こちらも森林地帯に出現するモンスターなので、ジンオウガと同じ方法で地帯レベルを上げていこう。 イャンガルルガ 水や 爆破の武器が有効で、 怒り時には落とし穴に掛からない。 捕獲時には注意しよう。 傷ついたイャンガルルガ 傷ついたイャンガルルガはイャンガルルガの特殊個体で 森林地帯レベル6で出現。 リオレイア希少種 金火竜 リオレイア希少種は 荒地地帯レベル6~と 溶岩地帯レベル6~で出現する。 地帯レベル6解放は MR70になる必要があるため、MRを上げつつ地帯レベルを上げる必要がある。 また、 リオレイア希少種の歴戦は 荒地地帯レベル7・溶岩地帯レベル7で出現する。 リオレイア希少種 金火竜 雷の武器が有効。 劫炎状態になるとブレスの威力と尻尾攻撃範囲が増加するが、頭部への一定ダメージを与えることにより解除できる。 先に頭部部位破壊を行うと後が楽。 リオレウス希少種 銀火竜 リオレウス希少種は 陸珊瑚地帯レベル6~と 溶岩地帯レベル6~で出現する。 こちらも地帯レベル6解放は MR70になる必要があるため、MRを上げつつ地帯レベルを上げる必要がある。 また、リオレウス希少種同様に リオレイア希少種の歴戦は 陸珊瑚地帯レベル7・溶岩地帯レベル7で出現する。 リオレウス希少種 銀火竜 水の武器が有効。 金レイアと同じく劫炎状態になるが、頭部への一定ダメージで解除できる。 ただし、金レイアと違い対空時間が長いため、ガンナーやガンランスといった武器がおすすめだ。 ティガレックス亜種 ティガレックス亜種は 瘴気地帯レベル6で出現する。 上記同様に地帯レベル6解放は MR70になる必要があるため、MRを上げつつ地帯レベルを上げる必要がある。 ティガレックス亜種 黒ティガ 水の武器が有効。 頭部の部位破壊を行うことにより咆哮の威力が弱まる。 突進を繰り返すとだんだんと疲れてきて動きが鈍くなるため、突進を誘発させても良い。 が、突進に当たってしまうとかなり痛いダメージなので、慣れないうちは罠などを有効に使っていこう。 溶岩地帯レベル3、 その他の地帯ではレベル4から出現する。 また、 ラージャンの歴戦は 溶岩地帯レベル7で出現する。 氷の武器が有効。 小さいためか頭部へ直接のクラッチは出来ないが、腕に張り付いてぶっ飛ばしすることが可能。 通常時は落とし穴が効かず、怒り時は痺れ罠が効かない。 動きが素早いので、機動力のない武器は攻撃が難しいかもしれない。 より詳しい出現モンスターはこちらから ちなみに導きの地の出現モンスターについてまとめた記事は下記の通り。 より詳しく知りたい方はこちらを参照。

次の

【MHWアイスボーン】『ティガレックス亜種』出し方!ティガ亜種の出現条件・調査クエは…【モンハンワールドIB】

導きの地 ティガレックス亜種 出し方

どもども! いやーアイスボーン本当にやること多いですね!多すぎて多すぎて、何から記事にするかめちゃめちゃ迷っちゃったんですが…。 昨日1日やってなんとなく全体像がつかめてきましたので、今回はいまだ謎の多いエンドコンテンツの1つである、「 導きの地」について現在わかっていることを、自身の備忘録としての意味合いも兼ねてまとめておこうと思います。 なおこの記事は新しい事実が分かり次第加筆修正を加えていく予定です。 ですので、あらかじめタイトルは「 暫定版」とさせていただきました。 導きの地とは?何ができるの? 導きの地とは、エンディング後ストーリーを少し進めると解放される、探索型新マップです。 今までに探索した古代樹、大蟻塚、陵珊瑚、瘴気の谷の4つのマップの一部を切り貼りしたような構成になっており、それぞれのマップを住処にしていたモンスターが一堂に会する、ということになります。 したがって、本来生息地が全く違うために見ることができなかったモンスターたちの新たな生態、縄張り争いなどをみることができるようになっているようですね! また、 本編では登場しなかったモンスターも、特殊痕跡と呼ばれるものを解析することによって登場することがあります。 その条件は、後述する 地帯レベルというものに関わっています。 導きの地では 特殊な素材が入手できるようになっており、モンスターを倒したりその落し物を集めたり、採取をしたりすることによって素材を集めると、それらを使って武器に カスタム強化を施すことができるようになります。 それだけではなく、導きの地限定で入手できる素材を使った 防具や、 護石のさらなる強化に使用するなど、幅広い用途で必要とされるため周回は必須となりそうです。 ワールド時代は歴戦個体を倒してれば出来たカスタム強化ですが、確かに手軽さのわりにリターンがデカすぎたのでこのぐらい大変なのが妥当なのでしょうか…? 基本的なシステム それぞれのエリアには 地帯レベルというものが設定されており、低いほど弱く、高いほど強いモンスターが出現します。 また、フィールド上に配置されている 特殊痕跡というものを調べたり、大型モンスターを倒したり、部位破壊をしたりすることで、 特殊痕跡の解析イベントを発生させることができます。 解析を進めると 隠しモンスターが登場することもありますし、この解析と素材集めがメインコンテンツになりそうですね! 地帯レベルによって同じモンスター、オブジェクトからも入手できる素材が変わりますので、当然ながら地帯レベルは上がりっ放しということはなく、一定の条件下で 下がることもあるようです。 また、骨塚、鉱脈を採取することによって特殊素材を入手するのですが、そちらにもゲージが設定されています。 上記のオブジェクトで採取を行うとゲージが溜まり、溜まっているほどレアな素材が出るようですね。 これが巨大鉱脈です。 地帯レベルの上げ方と解析の進め方 ある程度共通の部分があるのでまとめて書いておきます。 ・大型モンスターの部位破壊 地帯レベルが上がり、解析も1段階進みます。 おそらく1番分かりやすい上げ方でしょう。 正確な検証を行えたわけではないですが、1体の大型につき1カ所までだと思います。 エリア駆けずり回っていろんなモンスターの部位破壊を進めるのがいいでしょう。 また、モンスターごとに地帯が設定されており、どこのエリアで壊しても設定された地帯のレベルが上がるため、あらかじめ設定地帯を確認しておくといいですね。 ・大型モンスターの痕跡を集める 僕自身はまだ検証したことがないのですが、割と正確な情報として出回っております。 大型モンスターの痕跡を入手するとそのモンスターの設定地帯のレベルが上がるそうですので、ひょっとすると部位破壊より痕跡をひたすら集めた方が良いかもしれませんね。 解析レベルには影響ありません。 ・大型モンスターの狩猟 まだ体感レベルなのですが、部位破壊のみの場合より狩猟した方が地帯レベルの伸びが良く感じます。 要検証なので鵜呑みにはしないでください…。 ・特殊痕跡を集める そのまんまです。 ただし 滅多にないので、解析レベルをこちらメインで上げようとするのはやめた方がいいと思います。 部位破壊のが圧倒的に楽です。 見つけたらラッキー程度で、あくまで解析イベント発生のトリガーと捉えるのがいいのではないでしょうか。 地帯レベル上限の上げ方 マップを見ると分かりますが地帯レベルの上限は7のようですね。 しかし、解放時点では4以上には上がりません。 どうすれば7になるのでしょうか。 実は 地帯レベルの上限はMRに準じているのです。 具体的には、MRが49になると出現するクトをクリアしてMR上限を上げると、連動して地帯レベルの上限も1上がります。 ちなみに、レベル5になると 歴戦モンスターも登場します。 痕跡を集めて調査クトを出し、装飾品集めに走りましょう…。 等を見るとどうやらMR70手前でも解放クトに挑まなければならないようですので、ここが次の地帯レベルキャップ解放に繋がるかもしれません。 導きの地で出現する隠しモンスターたち ・ 導きの地解放時のムービーにも登場しますよね。 何度か探索するとすぐに解析イベントが始まり、解析が終わるとおびき出しで戦えるようになります。 その後は調査クトとしても出現するようになるほか、捕獲すればフリクエに闘技場で戦えるクトが追加されます。 今まで通りの仕様ならば超帯電状態のにはシビレ罠が効かないため、 連戦したい方は落とし穴を忘れずに持っていきましょう。 ただ、前述した通り調査クトでバンバン出るんであんまり気にしなくてもいいです。 また、森の地帯レベルが上がると普通に出現しますので、何度も解析を進めなければいけない、ということはないです! ジンオウ装備 力の解放がどれぐらい発動しやすくなるのかによりますが、使えなくはないかもしれないですね。 2パーツでシリーズスキルつくならテオの達人芸とあったのに…。 ・ 帰ってきた。 4系列をやった方はこいつの高レベルギルクエの凶悪さが脳裏に焼き付いていることでしょう。 森林エリアがレベル3になることが出現条件だと思います。 今作でも中々の強さでした…僕は初見撃破時こんな感じです! ネロミェール太刀で撃破しました。 動きが早く、肉質も硬いので攻めにくく、手数が結果的に減りそこそこ時間がかかりましたね。 ただ、力尽きまくるというようなほどのものでもないので構えすぎる必要もないかなと感じました。 是非作っておくといいと思います。 ・亜種 思ったよりスクショちっちぇ! 咆哮が強化された(?)。 ただし頭を破壊すると咆哮の範囲、威力ともに著しく低下し、さらに疲れやすくなります。 下手をすればティガ原種より弱いかも知れないですね。 頭の肉質やわやわだし。 少なくとも僕自身は原種よりやりやすいかなと思います。 正面に立たなきゃ咆哮の時間がボーナスタイムと化すので。 装備は快適汎用装備って感じです。 攻撃スキル、生存スキル、利便スキルがセットになっておりとてもお強い。 絶対作るべし。 ・希少種 すぐ飛ぶ、ブレス強い、頭硬い(ただし破壊するとクソやわい)の3拍子揃った強敵。 僕は徹甲で頭を早々に壊し、その後はハンマーでタコ殴りにするという方法をとってます。 装備の真・撃【属性】はかなり強い。 属性推し武器のライトや弓では最終装備になりますね。 ・希少種 サマソを鬼多用し、ブレスもされました。 個人的には銀レウスより苦手でしたが、サマソ中は頭にしていると何も食らわない 確か通常レイアや亜種は食らう ということに気づいてからハンマーでとても快適に狩れるようになりました。 近づくと事故ってしまうという方はやはり徹甲での攻略がいいと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 終わりに さて、、僕自身わかっていないこともありそうで、書くのに中々時間がかかってしまいました…。 とりあえずわかっていることは、 とてつもなく時間がかかりそうなコンテンツだということですね。 敵が強いせいか、MRがなかなか上がらず新しい地帯レベルが解放できないという悲しい事態になっております…。 明日から僕は実生活もまた忙しくなりますが、時間を見つけてなんとかプレイしたいなと思ってます! 次回は、それなりに装備も作れてきましたのでそちらの紹介をしようかなと思っております。 興味のある方は是非! では今回はこの辺で失礼いたします! ではまた〜! ryoryo09.

次の

【MHWアイスボーン】ティガレックス亜種の出し方

導きの地 ティガレックス亜種 出し方

モンスター 出現地帯レベル 森林 荒地 陸珊瑚 瘴気 溶岩 ラージャン 4-7 4-7 4-7 4-7 3-6 イヴェルカーナ 5-6 5-6 5-6 5-6 — 悉くを滅ぼすネルギガンテ 5-7 5-7 5-7 5-7 5-7 怒り喰らうイビルジョー 5-6 5-6 5-6 5-6 5-6 オドガロン亜種 3-5 3-5 3-5 3-5 3-5 アンジャナフ亜種 2-4 2-4 2-4 2-4 2-4 バフバロ 2-3 2-3 1-3 1-3 1-3 傷ついたイャンガルルガ 6-7 — — — — イャンガルルガ 3-5 — — — — クシャルダオラ 5-6 — — — 5-6 リオレウス 2-4 — — — 3-4 リオレウス亜種 3-5 — — — 4-5 トビカガチ 1-3 — — — — ドスジャグラス 1-7 — — — — リオレイア 2-4 1-4 — — — ディノバルド 3-5 2-5 — — 3-5 パオウルムー亜種 2-4 1-4 — — — アンジャナフ 1-4 2-4 — — — プケプケ 1-3 1-3 — — — ティガレックス 3-5 3-5 — 2-5 3-5 ジンオウガ 2-5 — 3-5 — — ナルガクルガ 2-5 — 3-5 — — モンスター 出現地帯レベル 森林 荒地 陸珊瑚 瘴気 溶岩 リオレイア希少種 金レイア — 6 — — 6-7 ナナ・テスカトリ — 5-6 — — 5-6 テオ・テスカトル — 5-6 — — 5-6 ディアブロス — 2-4 — — — ディアブロス亜種 — 3-5 — — — ボルボロス — 1-3 — — — クルルヤック — 1-7 — — — リオレイア亜種 — 2-4 2-4 — — リオレウス希少種 銀レウス — — 6 — 6-7 ネロミェール — — 5-6 — — キリン — — 5-6 — — レイギエナ — — 2-4 — — プケプケ亜種 — — 1-4 — — パオウルムー — — 1-3 — — ツィツィヤック — — 1-7 — — オドガロン — — 3-4 2-4 — ティガレックス亜種 — — — 6 — 死を纏うヴァルハザク — — — 5-6 — ディノバルド亜種 — — — 3-5 — ラドバルキン — — — 1-3 — ドスギルオス — — — 1-7 — 紅蓮滾るバゼルギウス — — — — 3-6 ブラキディオス — — — — 2-5 ウラガンキン — — — — 2-4 ヴォルガノス — — — — 1-3 ドドガマル — — — — 1-7 歴戦個体の出現条件一覧 モンスターの抽選は毎回行われますが、歴戦or通常個体はランダムではなく地帯レベルによって確定します。 悉くを滅ぼすネルギガンテ• リオレイア希少種 金レイア• リオレウス希少種 銀レウス• クルルヤック• ツィツィヤック• ドスジャグラス• ドスギルオス• まずはマスターランクを上げて、上限解放クエストを攻略しましょう。 根気よく抽選マラソンするしかないのが現状です。 ロード長すぎ問題 とはいえ、トレーニングエリアの配置物変更によるリセマラはVer. 12で修正されてしまったので、今はフィールド移動などで抽選を繰り返すしかありません。 デフォルトのPS4だとロード時間が長すぎて禿げそうになるので、ストレージがHDDの人はSSDに換装することをオススメします。 これでも十分長いくらいですが、HDDだと1分以上かかりますからね……大分マシになります。 目的に合わせて地帯レベルを調整しよう 話が逸れましたが、 各モンスターの出現率は地帯レベルによって異なります。 例えば「悉くを滅ぼすネルギガンテ」の出現条件は地帯Lv5ですが、Lv5~6は出現率が低く滅多に現れません。 しかし、Lv7まで上げれば割と高確率で出現します。 地帯レベルを上げると、逆に出現率が下がるモンスターもいるので要注意ですね。 モンスターの出現率は、以下の記事に記載しています。 併せてご覧ください。

次の