ラプラス メタ。 バチンウニ育成論 : 【大幅修正】ラプラス+αメタ!!ゆきだまバチンウニ!【ダイマックス】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ラプラス変換とは何か?原理を簡単にゆるふわ解説。

ラプラス メタ

はじめに 初めましての方は初めまして!3度目の方は何度もありがとうございます! ヒロです。 では、よろしくお願いいたします。 1度読まれた方で参考にしようとされている方は、再読を強くお勧めします。 申し訳ございません。 注意点• HP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさは、以下 HABCDSと表記させて頂きます。 タイプ表記はひらがなorカタカナです。 努力値、個体値、種族値等の非公式用語を使用しています。 分からない方はさらっとでいいので調べた方が良いと思います 特段難しい物ではありません。 ダメージ計算などは全て理想個体で行っており、トレーナー天国様のダメージ計算機を使用しています バチンウニについて バチンウニは、今作 第8世代 から登場した うにポケモンです。 可愛いのなんのって 三角おめめと攻撃時に光るトゲがチャームポイントですね! あと顔についたでかいきんのたま 種族値は H48 A101 B95 C91 D85 S15の、合計 435となっています。 高いAと低めのSが特徴でしょうか。 タイプはでんき単。 弱点はじめんのみ!でんき、ひこう、はがねを半減! コンセプト 今回はずばり、 をメタろうとなっています。 シーズン2よりキョダイマックスが解放され、攻撃しつつオーロラベールを張る事が出来るというイカれた性能を持つポケモン。 下手に弱点で攻撃すればじゃくほでカウンターされ、削ったかと思えばねむりで全回復…。 こいつを如何にかボコれないものか…。 いくつか条件を付けましょう。 物理技使いである。 ラプラスはD種族値95と高く、さらにとつげきチョッキを着せて強化している型もあります。 特殊型での突破は厳しいでしょう。 弱点をタイプ一致で付ける。 じゃくてんほけんでのカウンターがある、とは書きましたが、それはつまり、 一度は弱点技を受けなければ火力が出ないの裏返しです。 つまり、一発の攻撃でHPを削り切ればいいのです。 最悪倒せなかった時のケア 前述のとおり、ラプラスは少しでも体力を残してしまうとねむるで全回復しやがります。 それを封じるにはどうすればいいものか…。 ダイサンdエレキメイカーだ!! はい、というわけで白羽の矢が立ったのがです。 A種族値101、電気タイプ、特性エレキメイカー。 これ以上にラプラスメタが出来そうなポケモンがいるでしょうか!?いや、いません! 反語 今回はこのウニに活躍してもらいましょう。 努力値、性格 いじっぱり・H180・A212・D116 HDはラプラスのキョダイセンリツを非ダイマで確2耐え。 キョダイラプラスをぶちのめす火力がいるので残り全てをAに。 持ち物 ゆ き だ ま おそらく皆ノーマークだったであろう持ち物。 氷技を受けるとAが1段階上がる。 バトルタワーのBPショップの1番下に 寂しくひっそりと置かれています。 コンセプト上確定。 技構成• 確定枠 アクアブレイク じめんへの遂行技。 ただしSが遅いのでダイマ切らないと打つ前に落ちる。 じごくづき うたかたのアリアを封じられる ラプラスをメタる為に生まれたとしか思えない技。 こいつが覚えるというのはもう運命なのでは。 ついでにドラパルトにも刺さります。 じこさいせい はっ…受けポケ厨の血が騒いでつい…。 ラプラスを倒した後に余裕がありそうなら回復しましょう。 きしかいせい 遅めのSと相性のいい技。 バンギラスも見るならアリ。 しっぺがえし 遅めのSと相性のいい技その2。 じこくづきとどっちを取るか。 でんじは 妨害技。 使うならSに振った方がいい気もする。 立ち回り H252 B4VS対面。 登場時エレキフィールド展開。 キョダイマックス、キョダイセンリツ ぜったいれいど 63. 7〜74. ダイマックス、キョダイセンリツ ぜったいれいど 20. 9〜25. ダイサンダー びりびりちくちく 96. 4〜113. HBぶっぱラプラスが居れば話は別ですが、その場合はキョダイセンリツをかなり楽に耐えるので大丈夫です。 初手でキョダイセンリツしてこなかった場合でも、さすがに次ターンはセンリツでしょうし、それすらない場合は壁もないので余裕で落とせます。 以前の振り方だと大体20%でバチンウニが落ちるので…安定性には欠けますがA252H100D156の振り方の方が確率としては高いです。 今回採用しているゆきだまは、こおり技を受ければ発動します。 ラプラスのほかに有名な氷使いと言えば…そう、ヒヒダルマですね。 もちろん奴も倒せませんでした。 H4特化鉢巻 1. ダイマックス、つららおとし 69. 2〜81. 4〜99. その他ダメ計• 被ダメ 陽気A252珠 じゃれつく 56. 2〜66. 8〜95. 3〜131. 0〜190. 4〜149. ダイマ時 じしん 63. 7〜74. 控えめC252眼鏡 りゅうせいぐん 104. 8〜124. 2〜113. 4〜62. 6〜56. 7〜135. ダイマ時 じしん 57. 3〜68. 控えめC252眼鏡 オーバーヒート 107. 5〜127. 8〜63. 与ダメ 電気技はエレキフィールド込み H4 びりびりちくちく 73. 3〜87. 9〜82. 4〜75. 6〜266. 2〜62. そこの隙をついてボコりましょう、 めちゃくちゃすっきりします。 パーティにラプラスを呼びやすいポケモンを入れておくと尚良し あたりでしょうか…?。 他にダメ計が必要であれば書き足します。 いい加減に受けポケ以外で何か書きたいなと思っていたところ、バチンウニを発見。 ついでにラプラスにボコられた恨みからラプラスメタで育ててみました。 しかも環境ポケモンほぼすべてに抜群技打てるという…。 Hiro20030611 あさんコメントありがとうございます! このサイトの育成論から努力値振りをコピーしたところ、 H140B116 93. 0〜109. 7〜114. ラプラスより早いポケモンで削りきることが容易なのでバチンウニの仕事は完遂したと考えていますがどうでしょうか。 最上位ではラプラスにダイマが切れない場合も考慮した型が幾つか開発されたらしいですが、普通C極のS振りみたいな感じになる筈なので耐久にはそこまで割かれないと思います。 バチンウニでラプラスを倒されるというのは、ラプラス使用者側からすると有り得ない話です。 投稿者の方が仰っているように、ラプラス使用者側からすると弱点保険を発動させる格好の餌食であり良くも悪くもそれ以上の意味を持ちません。 裏を返せば、バチンウニを見て引いてくるラプラスは、ラプラスと対峙する側が最も警戒しなければならない弱点保険型ではないだろうと推測出来る訳です。 ラプラスの型の中で最も破壊力性能の高い型は弱点保険型であり、これがないという情報が得られるのは無視出来ないメリットですね。 変な話ですが、この育成論に文句があると言うよりバチンウニの種族値に文句があります。 今作は使えないポケモンが多過ぎる。 この型のバチンウニがラプラスと対峙した場合、 そうでなくても、 このポケモンはEFの展開をするのがやっとになる可能性があります。 とは言えそのEFは5ターンで切れる為、エレキシードで強化されるポケモンを後ろに置くと良さそうですね。 後続にDMを切らずに戦うエース あたり? を据えてあげると良さそうですね。 雪玉という滅多に使われないアイテムを上手く活用するアイデアはとても素晴らしいと思います。 Hiro20030611 異群阿山さんコメントありがとうございます。 16%というのは急所を引いてしまった場合という事で大丈夫ですかね…一応最高乱数でも2耐えするよう調整したつもりなのですが根幹にかかわるので…。 なんか送電充電パルスワン思い出した ということで ? 、ダメージ計算指摘していきます。 被ダメージ ・A252のダイフェアリーが実際は 努力値0のダイフェアリーに ・C特化のオーバーヒートが C特化メガネのオーバーヒートに それぞれなっています。 そこが面白い。 ラプラスのセンリツ2耐えですが、最高乱数を引かれると落ちてしまいますね。 数値色々弄ってみましたけどどうもAを削らなければ確定耐えまでいかないようですね。 A実数値162となり効率は悪いですがH振りラプラスは高乱数、Bにある程度振り分けていても厚くなければ後続で壁を割りつつ仕留められます。 この場合は、 ダイマを切ったのに1ダメージも与えられずに落ちます。 勿論1ダメージも与えられていません。 文字が外れるくらいの確率でダイマを無駄打ちする事になるくらいなら、いっそ割り切ってで示されているような耐久調整を施しても良さそうではありますね。 Hiro20030611 これは…不味いですね。 完全に破綻してしまってます…。 ぬわーーーーっっ!!さんの努力値振りを使わせていただき大幅に修正しようと思います。 異群阿山さんもありがとうございました。 Hiro20030611 エビフライ様コメントありがとうございます。 立ち回りがダイマ前提なので入れていないだけです。 Hiro20030611 ありがとうございます…。 あくまで、耐久お化けのラプラスを狩るバチンウニ、というコンセプトで作っているので…。 トリルアタッカーとしても使えそうですね。 使わして貰います! Hiro20030611 名無しさんありがとうございます!文句などあろうはずもございません!w ぜひ使ってやっていただければウニも喜ぶと思います!!.

次の

【ポケモン剣盾】「キョダイラプラス」ってシリーズ3で解禁されたら環境トップメタ間違い無しだよな…

ラプラス メタ

調整意図にある通り、 トゲキッスに後投げして「キョダイセンリツ」を選択することで、例え相手が「いのちのたま」を所持して「ダイソウゲン」を撃ってきたとしても対処することが可能です。 また、ただ後出しから勝てるというだけでなく、技「ぜったいれいど」の圧力によって相手の交代を抑制できることや、持ち物が「いのちのたま」でないのならば後出し後1ターンダイマックスをしなくても対処可能であることから、 ダイマックスポケモンで発生しがちなダイマックスと交代の択にも強めです。 トゲキッスの汎用的な対策がほぼ存在しない現環境で、これらは大きな意味を持ちます。 相手のラプラスとの撃ち合いに強い ラプラスとこちらの低速ポケモンが対峙した際、技「ぜったいれいど」を無効化するためにラプラスを投げるという場面がしばしば発生しますが、 「とつげきチョッキ」を持っているおかげでその後のラプラス同士の撃ち合いで強く出れます。 相手がダイマックスしてきて「ダイサンダー」で強引に押してくるのならばこちらは「キョダイセンリツ」で返すことで、 ほとんどの場合1:1交換に持ち込むことができます。 対処の難しいアシレーヌ・ピクシーの対策となり得る タイプが優秀で先発で出されやすい アシレーヌや、高火力鋼技や炎タイプのポケモンがいないと簡単に詰まされてしまう ピクシーに対して 「とつげきチョッキ」を持っているおかげで後出しから対処が可能です。 ピクシーには「ぜったいれいど」を当てる必要がありますが、 「キョダイセンリツ」を撃つことでさらに耐久が上昇するためかなりの試行回数を稼ぐことができます。 特性「きょううん」メタの特性「シェルアーマー」 このラプラスは相手のトゲキッスに役割を持っているため、 急所でその調整を崩されては元も子もありません。 特に、トゲキッスは下記育成論のようなピントレンズを持った強運型も存在するため。 特性「シェルアーマー」にすることで確実に役割を遂行できるようになります。 チョッキラプラスの対策 特性「すりぬけ」のドラパルト ラプラスがドラパルトと対面した時、 ドラパルトの「じゃくてんほけん」を警戒する必要があるためラプラス側はあまり自由に立ち回ることができません。 ドラパルトの型がバレていない序盤にアドバンテージを取れるような選択をすると良いでしょう。 物理ポケモンで殴り合いをする• 「とつげきチョッキ」は特防を上昇させることしかできないため、 物理ポケモンとの殴り合いでは実質持ち物無しの状況となってしまいます。 たとえばミミッキュと対面した場合は「つるぎのまい」をされると撃ち負けてしまうためダイマックスをして「キョダイセンリツ」を撃つことを強要されますし、パッチラゴンの「でんげきくちばし」はそもそも耐えることができません、 これらのポケモンとの対面を上手く作り出すことで、ダ イマックスを浪費させたりサイクルを崩したりしていくことが可能です。 トゲキッスで択ゲーを制す トゲキッスに役割を持っているとは言え、ダイマックス権が無い状態でダイマックストゲキッスに殴り勝つことはできません。 「ぜったいれいど」の圧力や「キョダイセンリツ」の追加効果を考えるとかなり不利にはなってしまいますが、 ダイマックスするか交代するかの択ゲーや「ぜったいれいど」の被弾などを制することで強引に勝つことも可能です。

次の

バチンウニ育成論 : 【大幅修正】ラプラス+αメタ!!ゆきだまバチンウニ!【ダイマックス】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ラプラス メタ

下は8:59更新時 構築経緯 コンセプトは「Easy winを許さない」。 ヒヒダルマ、アイアント、パルシェン、ウオノラゴン、パッチラゴン、ギャラドス、トゲキッスは その攻撃性能が非常に高く、対策を怠ると簡単に対戦を終わらせてくるのでその対策をしっかり構築に入れることを意識し、好き放題やられて降参を押させられるという1番心に来る負けを無くすこと、どの構築に対してもプレイング次第で何とかできる可能性を残す汎用性がある構築を組むことを心がけた。 その中でヒヒダルマに対して2体がかりで抑え込むことができ、パルシェン、アイアントに対してもギルガルドがストッパーまたは後出しからダイマックス枯らしを行え、さらに単体性能も汎用性も非常に高いサザンドラ・ギルガルドの並びに注目。 前期結果を出した構築記事にもこの並びは多く見られそれらを参考にしながら構築を組み始めた。 この2体で厳しい高耐久水ポケモンに対してラプラスが非常に有利に戦え、かつ対面性能も非常に高く汎用性があったため採用。 ここまで相手のサザンドラの一貫や、自分の構築の軸となる攻撃性能の高いダイマックスエースが居ないことが気になったため、その2点を埋めることが出来るトゲキッスを採用。 様々なポケモンのストッパーになり汎用性という意味でどのポケモンよりも秀でているミミッキュを採用。 最後の1枠はこの5体では相手のミミッキュ、ロトムに対して後手に回ることが多かったためそれらに睨みを効かせられるドリュウズを採用した。 参考構築記事 個別解説 サザンドラ 持ち物 こだわりスカーフ 特性 ふゆう 性格 おくびょう H4C252S252 技 あくのはどう りゅうせいぐん だいもんじ とんぼがえり ・対策可能Easy win ヒヒダルマ ギルガルドとの組み合わせ ウオノラゴン パッチラゴン アイアント であいがしらケア必須 スカーフ枠で最も性能が高いと考えているポケモン。 行動バレ、型バレしていてもその数値と技範囲の優秀さで役割を遂行できる。 性格、努力値、技構成すべてが完成しており汎用性を求めたこの構築のコンセプトに最もマッチしたポケモン。 ヒヒダルマに対してはとんぼ返りからギルガルドに引くことでサイクルを回し、次サイクルでだいもんじを撃つことでD振りを含めた全ての型に対策可能。 1度だけサザン対面で地震を押されてガルドが死んだ フェアリーに対する打点としてラスターカノンが欲しいことも何度もあったが切れる技が1つも無かったため見送った。 そのため相手のパーティにトゲキッスやニンフィアがいる時は投げないことの方が多かった。 ギルガルド 持ち物 ラムのみ 特性 バトルスイッチ 性格 いじっぱり H188A252S68 技 アイアンヘッド インファイト かげうち キングシールド ・対策可能Easy win ヒヒダルマ サザンドラとの組み合わせ パルシェン 後出しから アイアント 後手からのダイマックス枯らし ・調整意図 陽気ドリュウズのじしん確定耐え だいたいのニンフィア バンギラス抜き サザンドラとの相性の良さとその数値の高さが魅力的なポケモン。 ダイマックスとの相性の悪さや数値の引き下げが向かい風ではあるが、数値の低いポケモンが環境に増えたという相対的強化がなされていることを見逃してはならない。 今回物理型にしたのは相手のニンフィア、カビゴン、ラプラスといった特殊耐久に秀でたポケモンが非常に辛かったためである。 サイクルを回すため、キンシとの相性の良さからたべのこしを持たせたが、繰り出し時にたべのこしを見ると特殊型を警戒されがちであり、物理型のギルガルドがよく通る傾向にあった。 しかし最終日付近であくびを持ったカビゴンとニンフィアに多く遭遇する様になったため持ち物をラムに変更。 ピンポイントメタ的にはなったがしっかりと機能して最終日の勝利に貢献してくれた。 ラプラス 持ち物 じゃくてんほけん 特性 ちょすい 性格 ひかえめ B252C252S4 技 フリーズドライ うたかたのアリア こおりのつぶて ぜったいれいど ・対策可能Easy win ウオノラゴン 後出しから アイアント 技選択次第 ギャラドス パルシェン このパーティにおけるMVP。 選出率1位。 高い耐久、広い技範囲に加えて無効化されない先制技もあるため対面性能が非常に高く対水タイプはもちろん 初手に出てきがちなドラパルト、ドリュウズ、サザンドラ、エースバーン、ギルガルドにほぼほぼ有利を取れる。 弱いはずがない。 初手ラプラスで荒らしてトゲキッスやミミッキュを展開する動きが非常に強力。 相手にダイマックスされなければ一方的に倒されることは基本的にない。 ダイマックスをすれば相手を半壊させられるときは初手であっても積極的に切って、先攻逃げ切り勝ちを狙いに行った。 じゃくてんほけんはムラがあるアイテムではあるがラプラスのダイマックス時の超耐久と火力不足を補えるという点で非常にマッチしていると個人的には思っている。 身代わりを持たせ対ドヒドイデ性能を上げたつもりだったが今期は普通にTODされてしまうので途中で絶対零度に変更。 数値受けの突破やどうしても無理な時の最終手段として入れたが実際はダイアイスの威力上昇というのが1番受けた恩恵だった。 元技がフリドラだと120 絶対零度だと130 というのも絶対零度という技は撃つ場面を間違えるとただただ勝率を下げるしょうもない技になってしまうのだ。 例えば初手カビゴン・ナットレイ対面に出くわす度に絶対零度を押していては、仮にその場では当たってアドバンテージを取ったとしても、それを繰り返していては総合的な勝率は間違いなく低下する。 トゲキッス 持ち物 いのちのたま 特性 てんのめぐみ 性格 ひかえめ H100B4C252D4S148 技 エアスラッシュ マジカルシャイン だいもんじ わるだくみ ・対策可能 Easy win なし というかこちらが仕掛ける側 つよいポケモン。 アーマーガアで止まらないエースとして採用。 前期結果を残したゆよの記事からパクってきたが想像の何倍も強かった。 火力が過剰に感じることもあるが、非ダイマックス時にも火力が出て裏と合わせて相手のダイマックスポケモンの処理が可能になったり、受け構築に一切の隙を与えなかったりとこの超火力に助けられた場面も多くあった。 素早さが足りないのが唯一のネックであり相手のスカーフ枠に弱いがそれは他でサポートしてあげればそこまで気にならなかった。 ミミッキュ 持ち物 のろいのおふだ 特性 ばけのかわ 性格 ようき H4A252S252 技 じゃれつく ゴーストダイブ つるぎのまい かげうち 対策可能Easy win ヒヒダルマ ウオノラゴン パッチラゴン ギャラドス トゲキッス つよいポケモンその2。 珠はトゲキッスに持たれているのでのろいのおふだを使ってみたが火力不足に悩まされることはそこまで無く、珠ダメージが入らないことによりダイマックス時の耐久を高く保つことができるという利点もあったので使いやすかった。 トゲキッス、ギャラドスといったダイジェットエースへの切り返し、弱点保険ドラパルトの切り返しが非常に強力。 特にこの構築は対面性能高めのポケモンで構成されているためミミッキュがよく生き、例えばギルガルドやラプラスでドラパルトを削ってダイマックスターン消費してミミッキュ剣舞かげうち圏内、ドリュウズでなんやかんやをして削って剣舞ダイウォールダイホロウでの切り返し等、試合の流れを掴みやすかった。 ゴーストダイブとシャドークローは一長一短であるがゴーストダイブのダイマックスターンの枯らし、ダイホロウの威力上昇というメリットを評価してゴーストダイブにしている。 ドリュウズ 持ち物 きあいのタスキ 特性 すなかき 性格 ようき H4A252S252 技 じしん アイアンヘッド がんせきふうじ つのドリル 対策可能Easy win パッチラゴン ギャラドス トゲキッス 諸説枠。 最終日手前まではロトム、ミミッキュ意識のかたやぶりで採用していたがそもそも選出があまり出来ない事、相手のすなかきドリュウズ・ギャラドス・トゲキッスに対する切り返しはいくらあっても良いということですなかきに変更した。 実際これは正解だったと思う。 つのドリルの枠は最終日にかわらわりから変えたもの。 あまりにも撃つ機会がないのでそれなら受け構築にラプラスと合わせてかなりの数の一撃必殺を仕掛けられるということでつのドリルを採用したが、結局撃たず仕舞だった。 ロックブラストやステルスロック等の採用もありだと思う。 今期はTODというやべぇルールのおかげでアーマーガア減って通しやすくなるかなと思いきやカビゴンが大量発生して結局通し辛かった。 あまり出せなかったので変えようと思ったが そもそも襷ドリュウズというポケモンの性能が高いこと、ドリュウズが相手の選出に掛けてる圧力を考えると抜くことは出来なかった。 終わりに 今期は中盤まで順調に勝てていたシーズンでしたが、 シーズン終盤のカビゴンの増加等の環境の変化が厳しく何とか対応しようと試行錯誤を繰り返しました。 その結果目標を達成出来たことは嬉しいのですが、もっと早くに環境に対応してプレイングを煮詰めていればもっと上を見ることができるシーズンでもあったのかなと思います。 とはいえこの構築は結構自分の中で纏まった自信作なのでもし使って頂けたら嬉しいです。 そろそろ社会人になるので今までみたいにガンガン潜れるか怪しいですがこれからも頑張っていきたいです。

次の