マンチカン 値段。 マンチカン:性格や特徴、値段などをシンプルにまとめ!

マンチカンの値段の相場とは?短足は高い?安い子猫はどこで買える?

マンチカン 値段

マンチカンとは マンチカンとは、犬のダックスフンドの様な短い足を持つ猫です。 名前の由来は、オズの魔法使いに登場する「小さい人・子供」という意味の名前を持った「munchkin」というキャラクターからきています。 1940年代にイギリスのジョーンズ博士が短い足の猫を発見したのがその歴史の始まりと言われており、その後1983年にアメリカ・ルイジアナ州で保護された短足の猫が、マンチカンの品種として本格的に繁殖し始めるルーツとなりました。 足が短い特徴は研究の対象となり、その結果、足に障害があるわけではなく遺伝子の突然変異ということが分かりました。 その後、本格的な繁殖のためさらに交配を重ね、1995年に「The International Cat Association (ザ・インターナショナル・キャット・アソシエーション)」という世界的に権威のある血統書の登録機関に新種として認められました。 マンチカンの性格 マンチカンは穏やかで人懐っこく、好奇心旺盛です。 人間に対してだけではなく、他の猫にも優しいため、複数匹での同居も問題ありません。 また、マンチカンは頭が良く聞き分けが良い性格でもあります。 お留守番の上手な猫と言われており、外出の多い方や初心者の方にも飼いやすく、お勧めの猫です。 人懐っこく、好奇心旺盛なマンチカンですが、少し臆病で用心深い面もあります。 しつけの際に大声で叱ったり攻撃的になると、マンチカンに恐怖心を抱かせてしまい信頼関係に支障がでてしまいますので、優しくしつけるように気を付けましょう。 甘えん坊なマンチカンは、遊ぶことも飼い主に撫でてもらうことも大好きです。 積極的にふれ合いコミュニケーションを取ってあげることで信頼関係を築くことができるでしょう。 マンチカンの特徴 マンチカンの体格の特徴は、何といっても足の短さです。 成長しても約10㎝ほどと短い足ですが、筋肉質なので動きは素早く、またジャンプ力も他の猫に劣りません。 低姿勢で駆け回る姿は「猫のスポーツカー」とも例えられます。 マンチカンは歴史上、ペルシャ猫やシャム猫、アビシニアンなど様々な種類の猫と交配されてきました。 そのため毛色や長さのバリエーションが豊富で、頭や耳の形などにも個体により特徴が出ます。 色合いはレッド系やクリーム系シルバー、ブラック、ホワイトなど大変豊富で、短毛の子もいれば長毛の子もいます。 顔つきも丸顔や目の寄っている子など実に様々な子と出会えます。 また、全てのマンチカンが短足というわけではなく、普通に足の長いマンチカンも存在します。 これは血統がマンチカンであれば、マンチカンとして登録されるからです。 飼育時の注意点 マンチカンは体質上少し太りやすいため、遊べるスペースを整えてあげ、食事の管理もしっかり行いましょう。 元は運動能力に優れ、よく動き回る性格です。 キャットタワーなどを用意してあげると活発に遊びまわり、運動不足を防ぐことができます。 マンチカンの寿命 平均寿命は11年~13年と言われており、一般的な猫が15年ですので少し短めですが、普段から体調管理をしっかり行えばそれ以上生きることも可能とされます。 毎日コミュニケーションをとり、体長の変化を見逃さないようにしましょう。

次の

マンチカンは飼いやすい?値段や選び方は?飼い方やお手入れは?

マンチカン 値段

白いマンチカンがなりやすい病気 真っ白のマンチカンは両目がブルーアイ、もしくは片目が青いオッドアイとなることがあります。 真っ白な被毛と青い目を持つマンチカンは、両耳または片耳が難聴の可能性があります。 これは毛を白くする遺伝子が目の色や、耳の中の音を感じる部分の形成に影響することが原因です。 白い毛で、両目が青いと50%以上の確率で難聴、片目が青いと20%以上の確率で難聴、青以外の目で20%程度の確率で難聴になるとされています。 白いマンチカンが難聴の場合、呼びかけに反応しない、鳴き声が大きいことがありますが、生活に支障はないようです。 短足や耳折れの特徴を持ったマンチカンは、骨軟骨異形成症骨、椎間板ヘルニアなどになりやすいです。 骨軟骨異形成症骨は遺伝病で、関節がこぶ状になってしまう病気です。 完治することはできないため、痛みを和らげる治療がとられます。 椎間板ヘルニアになると、歩き方がおかしくなったり、運動を嫌がるようになります。 肥満、加齢などが原因とされていますが、段差を少なくしたり、フローリングを滑りにくくしたりと足腰に負担がかからないようにすることが予防です。

次の

マンチカンの子猫たち

マンチカン 値段

マンチカンのオス・メス毎の平気体重• マンチカンのオス:3. 0~4. マンチカンのメス:2. 5~3. 5㎏ 純血のマンチカンはセミフォーリンタイプです。 一般的な猫と比べるとやや小さめの種類になります。 あまり大きくならないので毎月の餌代が安く済むので、少し割高な質の良いキャットフードを選びやすいですね。 マンチカンの平均体重の推移 短足・足長別 月齢 マンチカン 短足 マンチカン 長足 生後3か月 1~1. 3㎏ 1~1. 5㎏ 生後6か月 1. 7~2. 0㎏ 2. 5~3. 0㎏ 生後9か月 2. 6~2. 9㎏ 3. 0~3. 5㎏ 生後12か月 3. 0~3. 4㎏ 3. 5~4. 5㎏ マンチカンというと足が短い子を思い浮かべますが、実際に足が短い子は全体の3割程度で、残りの7割は普通の猫と同じように足が長い子が生まれて来ます。 足が長い子については一般的なセミフォーリンタイプと同じくらいの体重になります。 足が短い分、マンチカンは一般的な猫よりも平均体重がやや軽くなっています。 オス・メスによる体重差は調べたんですが分かりませんでした。 写真は普通のアメリカンカールです アメリカンカールも平均は2. 5~4. 5㎏なんですが、マンチカンとしてはやや大きいですね。 アメリカンカールには長毛と短毛がいるんですが、今のところキンカローとしては短毛だけが登録されています。 長い尻尾を持った子が多く、胴体よりも尻尾が長い子もいます。 マンチカンの短足とペルシャの被毛をもったメヌエットの 平均体重はオスで3~4㎏、メスで2. 0~3. 5㎏となっています。 写真は普通のペルシャです メヌエットには長毛と短毛がいるんですが、それぞれの体重の違いは調べられませんでした。 純血のマンチカンと比べても若干小さめと言って良いでしょう。 5~3. 2㎏とかなり小柄です。 短毛と長毛がいますが、希少種の為、「短毛・長毛」また「オス・メス」での体重差については調べられませんでした。 写真は普通のラパームです 一部では理想体重が3~6㎏とも言われていますが、希少種でまだまだデータが少ない品種です。 あまり大きくならないからといって気にしるぎる必要はありません。 5~4. 0㎏と言われています。 「短足・長足」がいるようなんですが、こちらも希少種の為、その差を調べることはできませんでした。 ただ、マンチカンやその他の兄弟種と比べると短足の割にはやや大きく育つことが分かります。 とはいっても一般的な猫の平均体重が3. 6~4. 5㎏と言われているので、食費が負担となることはないでしょう。

次の