ゲーム実況 収入。 ゲーム実況に挑戦するもすぐ挫折… 30代会社員が痛感した「成功者との違い」

ゲーム実況収益化の注意点!配信サイトごとに収益を得る方法や出来るゲームを解説

ゲーム実況 収入

Contents• YouTubeにゲーム実況動画を投稿して広告収入を得る YouTubeは、ゲーム実況動画を配信し収入を得るのに、最もハードルが低いと言われています。 動画の投稿が簡単(Youtube内のクリエイター ツールで動画の編集もできる!)なこともありますが、 YouTubeは パートナープログラム(Adsense)というものを提供していますので、審査に通ればすぐにでも自分が投稿した動画に、 広告を表示し 広告を収入を得るチャンスが得られるのです。 もともと GoogleAdsenseを利用している方は、YouTubeと関連付けすることもできますのでアフィリエイターの方は早いかもしれませんね。 YouTubeパートナープログラム(Adsense) YouTubeパートナープログラムに参加すると、自分が投稿した動画に広告が表示されるようになります。 YouTubeで動画を見た事がある方ならお分かりになるのではないでしょうか? 動画本編が始まる前に流れるムービー広告や動画内に表示されるバナー広告などですが、この 広告が表示されたりクリックされたりすると広告報酬が発生する仕組みです。 動画を見る側からすると、たまに煩わしかったりする広告ですが、動画投稿者からすると貴重な収入源ってことですね。 YouTubeパートナープログラムへの申込条件 YouTubeパートナープログラムへの申し込みは、YouTubeにチャンネルを持っていれば日本国であれば、条件を満たせば誰でもできます。 条件と言っても難しい事は無く独自のしっかりとしたコンテンツを配信していれば問題ありません。 YouTubeパートナープログラムの申込条件など詳細については、下記からご確認ください。 以前は簡単に登録して審査してもらえたようですが、現在は、チャンネルで公開している動画の合計視聴回数が10,000回に達すると審査して貰えるようです。 YouTubeパートナープログラムの広告の種類 では、実際YouTubeパートナープログラムに参加して掲載される広告は、どのようなものになるのでしょうか?2017年4月現在では、大きく下記の4種類の広告が掲載できますが、投稿者が動画ごとに掲載する広告を選べます。 (ディスプレイ広告だけは既定で設定されていて、必ず表示されます) オーバーレイInVideo広告 投稿した動画の再生中に、動画の下側に表示される半透明のバナー広告が オーバーレイInVideo広告です。 この広告は、視聴者にクリックされると広告報酬が発生するようです。 パソコンのみで表示されます。 ごめんなさい。 動画広告 投稿した動画が始まる前などに流れるテレビCMのような動画広告で、 インストリーム広告とも呼ばれます。 右下に 「広告をスキップ」というボタンが出ていますので、視聴者は5秒後にスキップ出来ます。 また、長い投稿動画の場合は途中に挿入されることもあります。 一方で、スキップボタンが出ないで、全ての広告を見なければ投稿動画の本編が始まらない場合もあります。 この広告の形式は【バンパー広告】という6秒の形式か、【スキップ不可の動画広告】として15秒、20秒、30秒の長さの広告動画を、最後まで見ることで本編動画が始まります。 このインストリーム広告は動画広告を最後まで見てもらった場合か、クリックしてスポンサーのサイトにジャンプした場合に広告報酬が発生するようです。 スポンサーカード 「投稿動画のインタラクティビティドロワーに表示される広告」とYouTube内では説明されていますが、動画に登場する商品などの動画に関連するコンテンツをカード形式で掲載できるようです。 動画内容との関連性が高いので効果が期待できそうですね。 こちらもクリックされることで広告報酬が発生するようです。 ディスプレイ広告 動画再生中に右側(下側)のおすすめの動画一覧の上に表示されるバナータイプの広告です。 クリックされることで広告報酬が発生するようです。 広告のフォーマットについて詳しく知りたい方は下記にて詳細をご確認ください。 広告の単価と再生数 広告の単価など広告報酬に関する情報は公開されていないので、正確な所は誰も分かりません。 WEB上に散らばっている情報を集めた限りでは、YouTubeパートナープログラムは、WEBでのGoogleAdsenseと同じような報酬形態のようです。 WEBでのGoogleAdsenseは、広告が表示されての広告報酬は微々たるもので、広告をクリックされた時の広告報酬がメインで、よく議論されるネタとしてクリック1回されての単価(クリック単価)が20円だとか、30円だとかという話が出ますが、それよりも分かりやすく重要なのがページRPMです。 ページRPMとは、1,000回ページが閲覧されて発生する広告報酬のことですが、一般的に200円~500円程度となっています。 このRPMに200円から500円程度と幅があるのがポイントで、広告主さんが 高い単価の広告を出すサイト(ページ)のRPMが高くなります。 GoogleAdsenseの広告はサイト(ページ)の内容と近い広告か閲覧者が興味のある分野の広告が表示されますので、サイト(ページ)のジャンルによっても変わりますが、以下のような要因でも広告の報酬は上がります。 【YouTubeパートナープログラムの広告単価の傾向】• 良質なチャンネル程、広告単価が高い• 再生数(チャンネル登録者数)が多い程、広告単価が高い となるでしょう。 そのため、広告の単価は、チャンネルの質やチャンネルの人気などによって上下すると想定されます。 超人気YouRuberのHikakinさんや2BRO. さんなどは、おそらく1,000回再生あたりの単価が高く、世の中で言われている 1再生あたり0. 1円(RPM100円ってことですね)なのか、それ以上に高い可能性があります。 どちらも良質な動画を配信し続けていますし、チャンネル登録者数も再生数も多いですからね。 このレベルですと100万回再生などの動画が出てきますが、 動画1本で10万円以上稼いでいらっしゃる(だろう)のは凄いですね。 反対に、初心者実況者や底辺実況者と呼ばれる再生回数が伸びない実況者の場合は、 1再生あたり0. 05円とか0. 025円とか(RPMが50円や25円・・・)という単価になるようですので、どの業界でも、少数の勝ち組と多数の負け組となるのが世の常のようです。 このレベルですと、動画が1万回でも再生されれば凄いんですが、広告報酬は1万回再生されても 500円になるかどうかという寂しいことになりそうです。 季節変動により単価が上下するため報酬も変わる 以外に知られていないのですが、季節変動が結構大きいです。 よく「単価がすごい下がった!」とか「もうYouTubeで稼ぐのは無理だ!」とか言われることがありますが、実際は単に季節変動で広告費が下がっただけのようです。 分かりやすい例で言うと、毎年12月は単価が高く、翌月の1月は一気に単価が下がるようです。 WEBのAdsenseも全く同じ傾向ですが、11月を100とすると12月は150~200、1月は70くらいになる感じです。 そのため、12月から1月では半分以下に感じられるので、「もうだめだー」となってしまうの分からなくもないですが、報酬の変動は季節変動も一因になっていることを覚えておくと良いでしょう。 結局YouTubeパートナープログラムは稼げるのか? 人気実況者と初心者実況者の格差が激しいYouTubeでのゲーム実況ですが、パートナープログラムで稼ぐことは可能なのでしょうか? 一部の人気YouTuberの方やゲーム実況者の方々は、 一般的なサラリーマンよりも大きな報酬を得ている事実がある以上、 稼げる!のは間違いありません。 しかし、そのためには、• クオリティの高い動画をコツコツと投稿し良質なチャンネルを運営し• ファン(チャンネル登録者数)を増やし• 動画の再生数をドンドン増やしていく という作業を継続的に続けていく必要があります。 動画の再生数が伸びれば、自然と広告報酬が増えていくのがYouTubeパートナープログラムの特徴ですので、普通の事ですがこれが必勝法です。 スピートアップ技として、SNSを駆使してファンを増やしたり、動画の告知をしたりして、再生数を増やすなどのスピードアップはできますが、結局のところ、視聴者が欲する 良質なコンテンツ=クオリティの高い動画を投稿し続けるしかないというのが正解です。 月〇〇万円稼ぐのに必要な再生数の目安 地道な作業を成果が見えにくいまま続けるのは、かなりの苦痛です。 あくまでも参考までですが、月〇〇万円稼ぐのに必要な再生数の目安を試算してみました。 実際は、チャンネル登録者数や再生数が増える程、広告単価が増えますし、逆に少なければもっと単価が低くなるはずですので、ちょっとバラ色の試算ですけど^^ 【前提条件】• 毎日1つの動画を投稿(月30本)• チャンネル登録者数の50%は投稿した動画を見てくれる• 広告単価(RPM)は1再生あたり0. 1円(1,000回再生あたり100円)で固定 月5万円稼ぐのに必要な再生数の目安 月に5万円稼ぐためには、月間50万回再生が必要で、月間50万回再生してもらうには、 33,333人のチャンネル登録者が必要となります。 動画1本当たりの再生数は17,000回弱です。 動画1本当たりの再生数は33,000回強です。 動画1本当たりの再生数は約167,000回です。 月100万円稼ぐのに必要な再生数の目安 月に100万円稼ぐためには、月間1,000万回再生が必要で、月間1,000万回再生してもらうには、 666,666人のチャンネル登録者が必要となります。 動画1本当たりの再生数は約333,000回です。 いかがでしょうか?生活ができるレベルまで行くには、相当頑張らなければならないでしょう。 またファンがつくまでの期間も相当数かかりますので、焦らず半年から1年がかりコツコツと続けていくことと、なかなか成果が出ないときも折れない心が大事のようです。

次の

ゲーム実況収益化の注意点!配信サイトごとに収益を得る方法や出来るゲームを解説

ゲーム実況 収入

2019年8月21日 16:00 YouTube上で動画を配信するユーチューバーが、小学生の「なりたい仕事」1位に定着して久しい。 実際、YouTubeの広告収入で、年間数億円の金額を稼ぐ動画実況者もいる。 そうした動画配信市場の中でも一大市場となりつつあるのが、ゲーム実況動画の分野だ。 一昨年には、任天堂がHIKAKINやはじめしゃちょーなどの有名ユーチューバーを抱えるマネジメント会社・UUUMとゲーム配信に関する包括契約を締結。 ビデオゲームをスポーツ競技の一種として捉える「eSports」の普及も、ゲーム実況を後押しする材料となっている。 だが、ゲーム実況で有名な配信者になることを目指すも、挫折する人は少なくない。 大手メーカーに勤務する30代の会社員・Aさんもその一人だ。 YouTubeやニコニコ動画でゲーム実況を観ることが趣味だったAさんは、同じ趣味を持つ会社の同僚と意気投合。 仕事のない土日を中心に、動画の制作と配信を行うことにした。 「自分も頑張れば、人気配信者になれるだろうという過信がありました。 まずは再生1000回を目標に設定。 広告収入も、最初は1回の飲み会代くらいになればいいなという気持ちで始めました」(Aさん) 動画実況には、制作用の機材が必要になる。 Aさんたちも、マイクやイヤフォン、パソコン、編集用のソフトウェアなど計15万円分を用意した。

次の

Twitchゲーム実況初心者でも月収11万円?収入を赤裸々に告白!

ゲーム実況 収入

結果は? まずは結果からお伝えしていきます。 動画投稿数 動画の投稿数については、以下の通りです。 複数のサイトで、UPしている動画が重複しているものもあります。 作成した動画数ですと、66本でした。 5カ月で66本なので、 大体2~3日に1本、動画を作成していたことになりますね。 再生数 再生数はどうでしょうか。 まとめてみます。 サイトの特色上(ゲーム生放送を主軸にしたサイト)、編集した動画はあまり伸びない傾向があります。 Youtubeでは生放送の活動はあまり行わず、編集動画の割合を多めに投稿していました。 収入 では、一番気になる収益は? 答えは、 なし(0円) です。 放送用の機材の購入やゲームソフトの購入をしたので、 むしろマイナスですね。 では、以下の投稿サイトについて、収益化制度の概要について、ざっと説明していきます。 Youtube Youtubeといえば、広告収入ですよね。 こちらの収益化制度、 現行制度(2018年2月1日時点)ですと、運営しているチャンネルの総再生数が10,000回を超えないと広告が貼れない決まりとなっています。 私のYoutubeチャンネルは、354回です。 はい、全然たりませんね。 従って、収入はありません。 条件は現行よりも厳しくなります。 以下条件。 収益化制度としては、いわゆる 投げ銭システムが存在します。 それをイメージしていただければOKです。 OPENRECでは、生放送に視聴者から「エール」といった投げ銭をもらうことが出来ます。 そのエールの額によって、ゲーム実況者にお金が入ります。 私の場合、まだそのエールをいただいたことはないので、 収益は0となっています。 具体的にどんな動画を投稿してたの? では、作成した動画をいくつかピックアップしてご紹介していきます。 私がゲーム実況を始めた理由、それは以下の2点の理由です。 自身の力を見せるための指標値として、自分で動画を作っていきたかったというのが一つの理由です。 もう一つの理由は、単純にブログのネタにしたかったからです。 ゲーム実況は、ここ数年で伸びてきたジャンルなので、動画の中でもそこの情報は求められる可能性が高いと踏んで、自身も取り組もうと思った次第です。 まとめ では最後に情報をまとめておきます。 今後の活動方針 5カ月続けてきたゲーム実況ですが、収入は0です(むしろマイナス)。 まあ、でも正直やっていてめっちゃ楽しいです!(笑) そもそも、私がゲーム活動を始めた目的は、あくまでブログのネタ集めと動画を作っていきたいから。 なので、 たとえ収益がなくても、 今 後もゲーム実 況は続けていきます。 ただ、かける時間の比重はもう少し調整していきます。 ブログ5割の動画作成5割程度で活動していこうと考えています。 まあ、なんだかんだゲームをするのは楽しいし、生放送で色々な方とお話しするのも楽しいので、当分は続けていこうと思っています。 興味のある方は、 ぜひ生放送(OPENREC などに遊びに来てください。 ゲーム実況にある方は、どの程度の期間、どの程度の作品を、どの程度投稿すれば、どの程度の結果が得られるか、なんとなく掴めたでしょうか。 皆さんの動画投稿活動、ゲーム実況活動の参考になればとても嬉しいです。

次の