ふく じょうし。 ふくつのたて

袱紗人形(ふくさにんぎょう)とは

ふく じょうし

銃声というのは実際に聞いてみると、そこまで爽快という訳でもなかった。 半液体の塊と、それはそれは沢山の粘ついた汁が飛び散る。 飛沫は赤黒いかと思えば、中央はやけに明るい赤色だった。 空中で奇妙なグラデーションをばらまいてから、大地に吸い込まれる。 顎から上が綺麗さっぱり消し飛んだ体は、当然の帰結として倒れ伏した。 二、三度痙攣して停止。 間違いなく、彼女は『死』の中にいた。 普通であれば、自殺を見届けてくれという願いを聞き届け終えた俺は、ここで帰宅の権利を得る。 それでも踵を返さないのは、今この時が普通ではないからだろう。 黒い霧。 どこからともなく立ち込めたそれに息を吹き掛けてみても、一切揺らぐことはない。 やがて霧は彼女の上半身をまるごと包んで、数秒の後に忽然と姿を消した。 少女の頭と引き換えに。 憮然とした表情で青天井を睨む彼女は、心底つまらなさそうに言った。 「ダメじゃん」 「なんでいけると思ったんだよ」 「シュレディンガーの猫って知らない?」 「意味分からん……」 腹筋運動で上体を起こした久遠は、足の指を掛けた引き金を動かさないよう、慎重に散弾銃を手に取った。 『おつふしチャレンジ』と呼ばれる彼女の自殺の情報は、驚くべきことにリスナーに共有されていた。 常軌を逸している。 配信や収録の予定を立てていない日、久遠はSNSで『おつふしチャレンジに行ってきます』と発信し、彼女のファンはその健闘を祈りながら嬉々として送り出す。 彼女が死を幸福とし、彼らが彼女の幸福を願うという構図が、ある種の狂気を繰り広げていた。 理屈は分かっても理解が及ばないのは、俺が優しくないからか。 それともまともだからか。 唐突にパラドックスな猫を話題に出した久遠は血が足りていないのか頭をふらふらと揺らし、座ったまま解説を始めた。 「生粋の陰キャである僕は今まで人様にこう……死ぬところを見せてこなかったわけよ」 「陰と陽関係ねぇだろ」 「あるね。 陽キャはほら、新宿の交差点とかでガソリン」 「その話題ヤバいからやめね?」 こういうところで何の気なしにした話を配信中にポロっと言ってしまうことは、俺だけかもしれないが多少なりあるのだ。 内容も炎上していれば配信者としても炎上する益無しの話題である。 危ない橋を無駄に渡る必要はない。 「要は今まで、僕の死は何者にも観測されてないわけじゃん。 つまり僕が何回自殺しようと死亡率は半分なんよ」 「死亡率って使い方それであってる?」 「そこでね、人を人とも思っていない、人の死を悼む心が無い葛葉の力を借りて、その確率を百%にしようじゃないかと」 失礼極まりない死に損ないを置いて帰ろうと背を向ければ、貧血のせいで力の入っていないタックルを背後からもらう。 俺の腰あたりに両腕を回し引き留めんとする久遠は、その姿勢のまま泣き言を溢した。 「頼むってぇ、死に方ももうネタ切れなんだよぉ」 「俺がいてもレパートリー増えねえだろ」 「葛葉が僕のこと殺すのは?」 「何度も言うけど違法なんで、捕まるんで」 「ん~」 いつまでも掴まれていると鬱陶しいので、立ち止まって相手してやる。 首だけで振り替えれば彼女を見下ろす形になり、その目はこちらの顔色を伺うように見上げていた。 「なに」 「なんで死ねないんだと思う?」 「記憶喪失かぁ? 呪いのせいだって自分で言ってただろ。 それ以外になんかあんのか」 「この世に未練がある的な……」 「良かったじゃん。 先輩に幽霊いるぞ。 話聞いてこい」 「後輩な」 相も変わらずな自身の頭に、呆れを通り越して諦めを覚えかける。 改善せねば今後も増え続ける同僚全員に無礼を働くことになると思うと、多少は背筋が伸びた。 折角伸びた背筋も、不死身女に引っ張られて再び曲がる。 案外力あるなこいつ。 「引っ張んな引っ張んな。 自分で戻るって」 「死んでも放すものか」 「いや俺が死ぬが」 彼女の『未練』という言を完全に無視して『呪い』という事実のみを信ずるならば、現状はあまりにも理想からは遠い。 物理的な死に様をどう工夫しようが、心情を叩こうが、根本的に論点が違うのだから。 有言実行とばかりに組み付いて離れない久遠に、まさか本気じゃねえだろうなと不安がりながら声をかける。 「んで、次は」 「なにが~」 「飽きてんじゃねえぞお前。 何もやらねえなら帰るからな」 「あー、じゃあ何だっけ、二人じゃないとできないやつ。 あのー……何だっけ」 まともに考えれば他殺が答えになりそうなものだが、それは前提として拒否しているので提案されることはあるまい。 うーんうーんと声が背中に反響して気持ちが悪い。 いい加減離れろ。 数秒後に「あっ」だの「あ?」だの思い出したんだかしていないんだか分からない音を出す腰巾着。 その状態で首を傾げられると背骨が痛い。 「何だよ」 「いや、なんか、これ合ってるっけなと思って。 配信中に言っちゃダメとか言われてた気がして」 「大体の死因は配信乗せるモンじゃねえだろ。 てか今配信してねえし」 「たしかしたかし。 あのー、ふく、ふくじょうし? たぶんふくじょう死だった。 それがね、なんか二人じゃないとできないんだって。 やってみようぜ」 知識の出所も内容も不明ときた。 かく言う俺も意味は分からない。 他殺でないのに一人ではできないとはこれいかに。 この言い種では久遠も意味は知らないのだろう。 どうやるんだよとぼやきながらポケットからスマートフォンを取り出し、ふくじょうし、と打ち込む。 安定と信頼のウィキを開き、概要をちらと見た時点で頬が引き攣った。 読み進め、目を閉じ、息を吸う。 「どんなだった~?」 「………………他殺ぅ、に含まれるから、俺はできない、っスねぇ……」 「ああそうなんだ。 どういう意味? ふくじょうふくじょう。 字面すら分からん」 「……帰ったら自分で調べろ」 「は? 検索結果今見せろや」 「バーーーおまはーーー!!」 奇声を上げながらスマホを掲げて久遠の射程圏内から逃がす。 結果が出ているのなら今見せろという要求は非常に合理的なのだが如何せん内容が悪い。 とても悪い。 存外にでもなく諦めの悪い久遠は、とうとう俺に組み付くのをやめてまでスマホに手を伸ばし始めた。 「なぁんだよ、見せろよぉ。 保存してあるエロ画像とか見ないからぁ」 「してねぇわボケ。 違うんだって、ほんと、お前も死ぬかもしんないけど俺も死ぬから。 マジで後で、一人になってから調べろ」 「ケチ。 意味不明。 白髪」 白髪はお前もだと思うことには思ったが、ここで売り言葉に買い言葉で攻防が延長されても困る。 思うに留めた。 やっと諦めたらしい久遠は、背を向けて散弾銃の方に向かう。 聞こえないように溜め息を吐き、速やかに検索結果と履歴を葬り去るべくスマホに目を遣っ 「隙ありぃ!!」 「バッ、おまえっ……」 アッパーカットの要領。 完璧な動作でスマートフォンを掠め取った久遠を止める暇もなく、その金色の目は画面を捉える。 その端末あげますと吐き捨てて走り出したい気分だったが、会社から支給されている仕事道具なのでそうもいかず、ひとまず表情を消した。 俺は悪くない。 話題提供からスマホ奪取まで、徹頭徹尾こいつがやったのだから。 俺は悪くないんです。 画面を見た瞬間から怪訝だった久遠の顔からも、あっという間に感情が消える。 ものの十秒程度で、彼女はスマホの電源を落としたようだった。 世界水泳ばりに泳ぐ瞳に、流石に憐憫が湧いた。 「やってみようぜ」と言われた先刻の記憶が、思い出したくもないのに蘇る。 恐らく奴もそうなのだろう。 とっとと返せと言い出せる空気でもなく、黙って行く末を見守る。 俺は悪くないと脳内で三十回唱えた辺りで、久遠は口を開いた。 「…………てんっ、きぃ……良い、っスねぇ………………」 「………………っスねぇ……」 その後、互いに無言のまま帰り支度を整えて帰路につく。 何も言わず、何も言えずにスマホを差し出した久遠に、謝罪しろと喚くだけの元気は無かった。 今日は一段と、酸素が美味かった。

次の

条幅(ジョウフク)とは

ふく じょうし

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 ふくし [ ]• (ふくし)【】• (ふくし)• (ふくし)【症候】 ふくしあ [ ]• (ふくしあつし)【TV制作者】• (ふくしいさむ)【】• (ふくしいりょうきこう)【】• (ふくしかいぞうしゃりょう)• (ふくしかよこ)【陸上選手】• (ふくじがわ)【】• (ふくしきがっきゅう)【教育】• (ふくしききかん)【蒸気機関】• (ふくしきふくだほう)【】• (ふくしきぼき)• (ふくしきゅうふきん)• (ふくしげ)【福岡市】• (ふくしげじゃんくしょん)【】• (ふくしげしょうがっこう)【曖昧さ回避】• (ふくしげだんち)【福岡市】• (ふくしげでぐち)【福岡高速】• (ふくしげむら)【長崎県】• (ふくしこうじろう)【】• (ふくしこうとうがっこう)• (ふくししかくとういちらん)• (ふくしじむしょ)• (ふくししせつ)• (ふくしじゅうじしゃ)• (ふくしじょうしゃしょう)• (ふくししょうほう)• (ふくししんりがく)• (ふくしせいじ)【】• ふくしそう• (ふくしぞうしんせんたーせん)【】• (ふくしそうた)【俳優】 ふくした [ ]• (ふくしだいがく)• (ふくしたえみ)【】• (ふくじだむ)【沖縄県】• (ふくしとう)【】• 【政党】• (ふくしとくべつじょうしゃけん) ふくしな [ ]• (ふくしねっとわーく)【】• (ふくしにかんするしかくのいちらん)• (ふくしのうぎょうかいかん)• (ふくしのりお)【】• (ふくしのりふみ)【選手】 ふくしは [ ]• (ふくしばす)【曖昧】• (ふくしひでき)【】• (ふくしひはん)• (ふくしひろあき)【野球選手】• (ふくしほう)• (ふくしま)【曖昧】• 【島】• ふくしまあ [ ]• (ふくしまあいづわかまつせん)【】• (ふくしまあきこ)【選手】• (ふくしまあきすけ)【選手】• (ふくしまあきひで)【】• (ふくしまあきや)【】• (ふくしまあきら)【】• (ふくしまあぐねす)【】• (ふくしまあくまばらいさつじんじけん)【】• (ふくしまあずまお)【】• (ふくしまあつこ)【】• (ふくしまあやの)【アナウンサー】 ふくしまい [ ]• (ふくしまいいざかいんたーちぇんじ)【】• (ふくしまいくお)【野球選手】• (ふくしまいすずじどうしゃ)【】• (ふくしまいなりじんじゃ)【福島県】• (ふくしまいままちえき)【】• (ふくしまいわきせん)【高速バス】• (ふくしまいんさつ)【企業】 ふくしまう [ ]• (ふくしまうんてんめんきょせんたー)【試験場】• (ふくしまうんゆく)【JR東日本】• (ふくしまうんゆしきょく)【】 ふくしまえ [ ]• (ふくしまえ)【用水路】• (ふくしまえき)【曖昧】• (くしまえちぜんのかみ)【戦国武将】• (ふくしまえふしー)【蹴球団】• (ふくしまえみ)【アナウンサー】 ふくしまお [ ]• (ふくしまおおはし)【曖昧さ回避】• (ふくしまおさみ)【】• (ふくしまおりね)【声優】• (ふくしまおんきょう)【企業】 ふくしまか [ ]• (ふくしまかいり)【俳優】• (ふくしまがくいんだいがく)【】• (ふくしまがくいんまええき)【】• (ふくしまかずお)【】• (ふくしまがた)【】• (ふくしまかていさいばんしょ)• (ふくしまがーでんずたわー)【建物】• (ふくしまかねはる)【】• (ふくしまかりじょうこうじょう)【】• (ふくしまがわ)【曖昧】• (ふくしまかんいさいばんしょ) ふくしまき [ ]• (ふくしまきくじろう)【】• (ふくしまきさじ)【経営者】• (ふくしまきたけいさつしょ)• (ふくしまきねん)【】• ふくしまきょうかい 【曖昧】• (ふくしまぎょこう)【北海道】• (ふくしまきよし)【俳優】• (ふくしまぎんこう)【】 ふくしまく [ ]• (ふくしまく)【】• (ふくしまくうこう)【福島県】• 【あぶくま高原道路】• (ふくしまくけんさつちょう)• (ふくしまぐちえき)【】• (ふくしまくにこ)【歌手】• (ふくしまぐん)【】 ふくしまけ [ ]• (ふくしまけいこ)【女優】• (ふくしまけいさつしょ)【曖昧】• (ふくしまけいしろう)【政治家】• (ふくしまけいむしょ) ふくしまけん [ ]• (ふくしまけん)【】 ふくしまけんあ [ ]• (ふくしまけんあづまそうごううんどうこうえん)• (ふくしまけんいしかい)• (ふくしまげんいち)【サッカー選手】• (ふくしまけんいちろう)【政治家】• (ふくしまけんいわきだいいちこうとうがっこう)• (ふくしまけんえいあづまきゅうじょう)• (ふくしまけんえいあづまそうごうたいいくかん)• (ふくしまけんえいあづまりくじょうきょうぎじょう)• (ふくしまけんおきじしん) ふくしまけんか [ ]• (ふくしまけんき)• (ふくしまけんぎかい)• (ふくしまけんきょういくいいんかい)• (ふくしまけんげいひんかん)【建築物】• (ふくしまけんこうあんいいんかい)• (ふくしまけんこうとうがっこういちらん)• (ふくしまけんこうとうがっこうのはいこういちらん)• (ふくしまけんごこくじんじゃ) ふくしまけんさ [ ]• (ふくしまけんさいがいきょてんびょういん)• (ふくしまけんしかいしかい)• (ふくしまけんしていぶんかざいいちらん)• (ふくしまけんしゃかいじんさっかーりーぐ)• (ふくしまけんじゅういしかい)• (ふくしまけんじゅうたくきょうきゅうこうしゃ)• (ふくしまけんしゅっしんのじんぶついちらん)• (ふくしまけんしゅときのういてんきほんこうそう)• (ふくしまけんしょうがっこういちらん)• (ふくしまけんしょうがっこうのはいこういちらん)• (ふくしまけんしょうこうしんようくみあい)【金融機関】• ふくしまげんしりょくはつでんしょ• (ふくしまけんすけ)【政治家】• (ふくしまけんせんしゅうがっこういちらん)• (ふくしまけんせんきょく)【】 ふくしまけんた [ ]• (ふくしまけんだい1く)【小選挙区】• (ふくしまけんだい2く)• (ふくしまけんだい3く)• (ふくしまけんだい4く)• (ふくしまけんだい5く)• (ふくしまけんちゅうがっこういちらん)• (ふくしまけんちゅうがっこうのはいこういちらん)• (ふくしまけんちょう)• (ふくしまけんちょうしゃ)【建物】 ふくしまけんと [ ] 参照。 ふくしまけんな [ ]• (ふくしまけんのけんどういちらん)• (ふくしまけんのしかくしゃはいちろせん)【交通】• (ふくしまけんのしちょうそんかいちらん)• (ふくしまけんのしちょうそんきいちらん)• (ふくしまけんのしちょうそんしょういちらん)• (ふくしまけんのとうだいいちらん)• (ふくしまけんのにきゅうすいけいいちらん)• (ふくしまけんのはいししちょうそんいちらん) ふくしまけんは [ ]• (ふくしまけんはまどおりじしん)• (ふくしまけんぶんかせんたー)• (ふくしまけんほいくしょいちらん) ふくしまけんや [ ]• (ふくしまけんや)【】• (ふくしまけんやくざいしかい)• (ふくしまけんようちえんいちらん) ふくしまけんら [ ]• (ふくしまけんらくのうぎょうきょうどうくみあい)• (ふくしまけんりつあいづこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつあおいこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつあさかこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつあだちこうとうがっこう)• (ふくしまけんりついかだいがく)• (ふくしまけんりついしかわこうとうがっこう)• (ふくしまけんりついなわしろこうとうがっこう)• (ふくしまけんりついわきこうとうがっこう)• (ふくしまけんりついわきさくらがおかこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつおおのびょういんさんかいたいほじけん)【】• (ふくしまけんりつおのこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつきたかたこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつこおりやまこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつしらかわこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつすかがわこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつせいりょうじょうほうこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつそうまこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつただみこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつたちばなこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつてくのあかでみー)【職業能力開発校】• (ふくしまけんりつとおのこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつとしょかん)• (ふくしまけんりつとみおかこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつながぬまこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつはくぶつかん)• (ふくしまけんりつはらまちこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつばんげこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつびじゅつかん)• (ふくしまけんりつふくしまこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつやまのうぎょうこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつよつくらこうとうがっこう)• (ふくしまけんりつわかまつしょうぎょうこうとうがっこう) ふくしまこ [ ]• (ふくしまこうぎょう)【企業】• (ふくしまこうぎょうこうとうせんもんがっこう)• (ふくしまこうじ)【野球選手】• (ふくしまこうじ)【選手】• (ふくしまこうせんほーぷす)【野球団】• (ふくしまこうそくばすたーみなる)• (ふくしまこうつう)【企業】• 【鉄道車輌】• 【鉄道車輌】• (ふくしまこうとうがっこう)【曖昧】• (ふくしまこおりやません)【高速バス】• (ふくしまこみゅにてぃほうそう)【FM局】 ふくしまさ [ ]• (ふくしまさてぃ)【商業施設】• (ふくしまさとし)【】• (ふくしまさとし)【バリアフリー研究者】• (ふくしまさとる)【】• (ふくしまさとる)【蹴球選手】• (ふくしまさひろ)【経済学者】 ふくしまし [ ]• (ふくしまし)【】• (ふくしまし)【福島県】• (ふくしましげお)【】• (ふくしまじけん)【】• (ふくしましこうかいどう)• (ふくしましこくたいきねんたいいくかん)• (ふくしましことりのもり)【公園】• (ふくしまししのぶがおかきゅうじょう)• (ふくしまししのぶがおかきょうぎじょう)• (ふくしまししゃしんびじゅつかん)• (ふくしましじゅうろくぬまこうえんさっかーじょう)• (ふくしまししょうぼうほんぶ)• (ふくしましはんがっこう)• (ふくしましみんかえん)【公園】• (ふくしましゃかいほけんじむきょく)【】• (ふくしましやくしょ)• (ふくしまじゃんくしょん)【福島県】• (ふくしまじゅく)【曖昧】• (ふくしまじゅん)【声優】• (ふくしまじょう)【】• (ふくしましょうがっこう)【曖昧】• (ふくしましょうぎょうこうとうがっこう)【曖昧】• (ふくしまじょうじ)【政治家】• (ふくしましょうぼうしょ)【曖昧】• (ふくしまじょせいいんしょくてんけいえいしゃさつじんじけん)【】• (ふくしましりつとしょかん)• (ふくしまじろう)【】• (ふくしましん)【地球物理学者】• (ふくしましんいち)【自転車選手】• (ふくしましんご)【】• (ふくしましんた)【蹴球選手】• (ふくしましんばし)【徳島県】• (ふくしましんようきんこ) ふくします [ ]• (ふくしますなお)【】 ふくしませ [ ]• (ふくしませいけいこうとうがっこう)【私学】• (ふくしませいねんしはんがっこう)• (ふくしませきしょ)【の】• (ふくしませんきょく)【曖昧さ回避】 ふくしまそ [ ]• (ふくしまそうごううんゆく)【JR東日本】• (ふくしまたいいくかん)• (ふくしまだいいちげんしりょくはつでんしょ)• (ふくしまだいいちげんぱつじこによるほうしゃせいぶっしつのかくさん)• (ふくしまだいいちげんぱつはいろずかん)【書籍】• (ふくしまだいがく)【】• (ふくしまだいしょうてん)【】• (ふくしまたいぞう)【軍人】• (ふくしまだいにげんしりょくはつでんじょ)• (ふくしまたかのり)【医師】• (ふくしまたかはる)【】• (ふくしまたかまつえき)【】• (ふくしまたかみつ)【野球選手】• (ふくしまただかつ)【江戸武将】• (ふくしまたつお)【写真評論家】 ふくしまち [ ]• (ふくしまちあき)【】• (ふくしまちさと)【陸上選手】• (ふくしまちほうけんさつちょう)• (ふくしまちほうさいばんしょ)• (ふくしまちゅうおうてれび)• (ふくしまちゅうおうゆうびんきょく)• (ふくしまちゅうがっこう)【曖昧さ回避】• (ふくしまちゅうとんち)【】• (ふくしまちょう)【】• (ふくしまちょうていりゅうじょう)【広島電鉄】• (ふくしまちょうせいかんとんねるきねんかん)【】• (ふくしまちょうせんしょちゅうきゅうがっこう)• (ふくしまていしゃじょうせん)【曖昧】• (ふくしまでいりぐち)【】• (ふくしまてっぺい)【漫画】• (ふくしまてるさ)【ホール】• (ふくしまてれび)• (ふくしまてんまんぐう)【の】 ふくしまと [ ]• (ふくしまとうりょうこうとうがっこう)【私学】• (ふくしまとしけん)【福島県】• (ふくしまとしまる)【】• (ふくしまとしみつ)【】• (ふくしまともはる)【野球選手】• (ふくしまともゆき)【アナウンサー】• (ふくしまともよし)【水球選手】• (ふくしまとよたじどうしゃ)【企業】• (ふくしまとんねる)【東北道】 ふくしまな [ ]• (ふくしまなおや)【作曲家】 ふくしまに [ ]• (ふくしまにさいすてーくす)【競馬】• (ふくしまにしいんたーちぇんじ)【東北道】• (ふくしまにしどうろ)【】• (ふくしまにしばいぱす)【】• (ふくしまにっさんじどうしゃ)【企業】 ふくしまの [ ]• (ふくしまのうせいじむしょ)• (ふくしまのぶはる)【】• (ふくしまのぶゆき)【政治家】• (ふくしまのりこ)【選手】 ふくしまは [ ]• (ふくしまばし)【】• 【漫画家】• (ふくしまはん)【陸奥国】 ふくしまひ [ ]• (ふくしまひがしゆうびんきょく)• (ふくしまひさあき)【野球選手】• (ふくしまびゅーほてる)• (ふくしまひろかず)【音楽家】• (ふくしまひろし)【曖昧】• (ふくしまひろし)【蹴球選手】• (ふくしまひろし)【数学者】• (ふくしまひろひこ)【政治家】• (ふくしまひろふみ)【者】• (ふくしまひんばすてーくす)【競馬】 ふくしまふ [ ]• (ふくしまふじお)【文学者】 ふくしまへ [ ]• (ふくしまべん)【】 ふくしまほ [ ]• (ふくしまほうそう)• (ふくしまぼんち)【福島県】 ふくしまま [ ]• (ふくしままさかつ)【旗本】• (ふくしままさしげ)【戦国武将】• (ふくしままさと)【選手】• (ふくしままさとし)【旗本】• (ふくしままさのぶ)【戦国武将】• (ふくしままさのり)【戦国武将】• (ふくしままさのり)【戦国大名】• (ふくしままさのり)【選手】• (ふくしままさはる)【江戸武将】• (ふくしままさみ)【作家】• (ふくしままさもり)【戦国武将】• (ふくしままさゆき)【戦国武将】• (ふくしままさゆき)【競輪選手】• (ふくしままさる)【調教師】• (ふくしままち)• (ふくしままつかわぱーきんぐえりあ)【東北道】• (ふくしままなぶ)【ボクサー】• (ふくしままもる)【歴史家】 ふくしまみ [ ]• (ふくしまみちこ)【射撃選手】• (ふくしまみどりじゅうじ)【企業】• (ふくしまみなみこうとうがっこう)【曖昧】• (ふくしまみなみばいぱす)【国道4号】• (ふくしまみらい)【キャラクター】• (ふくしまみんぽう)• (ふくしまみんゆう)【】• (ふくしまみんわかんねぇみんな)【TV番組】 ふくしまむ [ ]• (ふくしまむら)【曖昧】• (ふくじまむら)【曖昧】• ふくしまも [ ]• (ふくしまもとたけ)【俳優】 ふくしまや [ ]• (ふくしまやくひん)【企業】• (ふくしまやすき)【】• (ふくしまやすひろ)【経営者】• (ふくしまやすまさ)【】 ふくしまゆ [ ]• (ふくしまゆうこ)【曖昧】• (ふくしまゆうこ)【作曲家】• (ふくしまゆうじろう)【作曲家】• (ふくしまゆうすけ)【俳優】• (ふくしまゆき)【DJ】• (ふくしまゆたか)【政治家】• (ふくしまゆないてっどえふしー)【蹴球団】• (ふくしまゆみこ)【アナウンサー】 ふくしまよ [ ]• (ふくしまよしかず)【作家】• (ふくしまよしなり)【】• (ふくしまよしはる)【】• (ふくしまよしろう)【経営者】 ふくしまら [ ] ふくしまり [ ]• 【陸上競技大会】• (ふくしまりんかいてつどう)【企業】• (ふくしまレッドホープス)【野球団】• (ふくしまれんたいく)【陸軍】 ふくしまろ [ ]• (ふくしまろうどうきょく)【】 ふくしまわ [ ]• (ふくしまわかな)【】• (ふくしまわらじまつり) ふくしみ [ ] ふくしや [ ]• 【色】• (ふくしゃ)• (ふくしゃ)【】• (ふくしゃき)【】• (ふくじゅ)【曖昧さ回避】• (ふくじゅう)【曖昧さ回避】• (ふくしゅうえき)【中国】• (ふくしゅうえん)【の公園】• (ふくしゅうかくちちゅうがく)【中国】• (ふくしゅうご)【中国】• (ふくしゅうし)【中国】• (ふくじゅうじ)【曖昧さ回避】• (ふくしゆうしょううんそう)• (ふくしゅうするはわれにあり)【】• (ふくしゅうせんせいきょく)【造船所】• (ふくしゅうだいいちちゅうがく)【中国】• (ふくしゅうちょうらくこくさいくうこう)【中国】• (ふくしゅうのさけび)【アルバム】• (ふくしゅうほうてい)【曖昧さ回避】• (ふくしゅうみなみえき)【中国】• (ふくじゅえん)【企業】• (ふくじゅおおはし)【】• (ふくじゅかいかん)【建物】• (ふくじゅじ)【京都府】• 【三重県】• (ふくじゅじ)【曖昧さ回避】• (ふくしゅしょう)• (ふくじゅそうぞく)【植物】• (ふくじゅそうこうえん)【曖昧さ回避】• (ふくしゅとこうそう)• (ふくじゅむら)【】• (ふくじゅれいえき)【中国】 ふくしよ [ ]• (ふくしょう)【曖昧】• 【駒】• (ふくしょう)【儒学者】• (ふくしょういん)【寺】• (ふくしょうきゅうし)【中国】• (ふくしようぐ)• (ふくしょうぐん)【官職】• (ふくしょうじ)【曖昧】• (ふくしょうじ)【徳島県】• (ふくしょうじ)【曖昧】• (ふくしょうじ)【】• 【新潟県】• (ふくしょうじ)【茨城県】• (ふくじょうし)【】• (ふくじょうじ)【曖昧】• (ふくしょうたろう)【音楽家】• (ふくしょうてん)【仏教】• (ふくしょうどう)【出版社】• (ふくしょく)• (ふくしょくがっこう)• (ふくしょくひん) ふくしら [ ]• (ふくしりつ)【】• (ふくしれくりえーしょん)• (ふくしん)【企業】• (ふくしん)【通信】• (ふくじん)【曖昧】• 【企業】• (ふくじん)• (ふくじんかいざん)【】• (ふくしんけい)【脳】• (ふくじんづけ)【】• (ふくしんどう)【海洋】• (ふくじんながれ)【】• (ふくじんはくしつじすとろふぃー)【疾患】•

次の

「ふくじょうし」に関連した英語例文の一覧と使い方(154ページ目)

ふく じょうし

近年、セックスの効用が高らかに謳われており、イギリスの国民保健サービス(National Health Service)までもが、セックスを有益な健康法として奨励している。 ストレス軽減や免疫力強化、女性の膀胱コントロール補助、そして前立腺の健康を保つ効果があり、セックスは現代文化の〈特効薬〉となっている。 しかし、私たちの生活に良い効果をもたらしてくれるセックスの最中に、死に至るケースも珍しくない。 さまざまな研究で、セックスに没頭すればするほど心臓麻痺や発作のリスクが高まる、と死とセックスの関係が確認されている。 死亡数が多いのは男性で、更にいうとEDの男性たちだ。 また不貞行為の最中だともっと増える。 ジョージア州ローレンスヴィルの警察官ウィリアム・マルティーネズ(William Martinez)は、2009年、31歳で心臓疾患が原因で死亡した。 妻ではない女性、自分以外の男性と、モーテルで3Pに興じている最中に、彼は他界した。 セックスと関連したオーバードーズや、ドラッグの合併症で死ぬケースもある。 なかには、合法の薬品を使用した結果、死亡した事例もある。 たとえば2009年、28歳のセルゲイ・ツガノフ(Sergey Tuganov)は、バイアグラを飲み狂い、女性2人と12時間に及ぶ耐久セックスの後、死亡した。 違法の薬物であれば、さらに致命的だ。 2009年、43歳のオーストラリア人医師スレッシュ・ネア(Suresh Nair)は、彼の部屋に来た売春婦に大量のコカインを摂取させ、それが原因で売春婦2人が死亡した。 また、マヌケ、としか表現しようのないセックス中の事故で死亡するケースもある。 1983年、サンフランシスコのとあるクラブの副支配人は、ピアノの上でセックスをしている最中に、ピアノが載ったエレベーターを稼働させてしまい、ピアノと天井に挟まれて死亡した。 激しいセックスやSMプレイがきっかけによる不慮の死もある。 2016年、59歳のイギリス人警察官ゴードン・センプル(Gordon Semple)は、同性愛者向けアプリ〈Grindr〉で出会った50歳のステファノ・ブリッツィ(Stefano Brizzi)とのセックスで、マスクを着用した自分の顔の上に彼を座らせ、装着していた首輪を彼にきつく締めさせて快楽を貪った結果、命を落としてしまった。 不名誉な事例からもわかるように、腹上死は、一般的ではないと思われがちだ。 真偽はさておき、珍事だからこそ、世間はこの手の話を好むのだろう。 中世のローマ教皇から20世紀中頃の政治家まで、有名人たちの腹上死がネタになるのも仕方がない。 しかし、腹上死は、不当に小さく扱われている。 健康上の理由によるセックス中の死亡件数だけでも年に数千件はある、とも。 だが、いくら私たちがそういうネタが好きで、いくら腹上死が比較的珍しくない出来事だとはいえ、もしパートナーがセックス中に死んでしまったら、いったいどのような法手続きがあり、どう対処すべきなのか、ハッキリわかっている人は少ないだろう。 腹上死は大したコトではない、とする風潮もある。 俳優マシュー・マコノヒー(Matthew McConaughey)の母、ケイ・マコノヒー(Kay McConaughey)は、1992年に夫が心臓発作で腹上死した件について、自伝『I Amaze Myself』で、ただの追加情報かのようにさらっと言及しているし、2011年にオハイオ州で起こった〈SMプレイ中に猿ぐつわをした男性の窒息死事件〉でも、誰も罪に問われなかった。 一方、腹上死後の裁判が長く続き、苦難を強いられる場合もある。 2007年、パートナーがセックス中に死亡したカナダ人女性は殺人罪で起訴され、2014年には10代の若者少なくともふたりが、同意の上での激しいセックス中にパートナーを窒息死させたとして起訴されている。 パートナーがセックス中に亡くなったときの責任について、カリフォルニア州オークランドを拠点に活動する〈(Red Light Legal)〉の代表クリスティーナ・ドルジン(Kristina Dolgin)に話を聞いた。 レッド・ライト・リーガルは、腹上死により起訴される事例がもっとも多いと予想される、米国内のセックスワーカーを法的に支援する団体だ。 彼女は、どんな状況であれば、捜査が実施されるのか、この不測の事態に対処するためにはどうすればいいのか、比較的シンプルな基本情報を教えてくれた。 もっとも法的に立場が厳しくなる腹上死の例を教えてください。 売春行為中の腹上死ですね。 性交中に、明らかになんらかの犯罪行為があった場合も同様です。 身体にかかる負荷によって致し方なく心臓発作で死亡した場合でも、ドラッグ摂取や、過激なSMプレイをしていたのであれば、それが直接の死因でなくても、スティグマとして扱われたり、偏見を抱かれもします。 一般的に、殺人罪に問われれば、多くのハードルを越えなければなりません。 この国の法制度は対審制ですから、倫理的に大きな偏見を持たれていたり、悪党扱いされている容疑者にとって、潔白を証明するのは非常に厳しいです。 とりわけオーバードーズへの緊急処置を奨励するためです。 これによりオーバードーズの犠牲者だけでなく、医療処置を施した人も、規制物質の使用、所持の罪に問われなくなります。 しかしこの法律も、それ以外の罪からは守ってはくれません。 たとえば顧客がオーバードーズで倒れたので救急車を呼ぼうとしたセックスワーカーは、結局、売春罪には問われてしまいます。 このような状況では、検察官やその他の司法当局の判断によって、立場が大きく変わってしまいます。 非常に主観的ではあります。 司法当局には多大なる自由裁量権が与えられており、逮捕されるか否かは、彼らの判断次第です。 もちろん、救急車を呼ぶな、と薦めているのではありません。 しかし、そういう危険性があるおかげで、ひとつの命を救えない可能性もあるのです。 では、激しいセックス、無理な体位、過激で危険なSMプレイで死んだ場合はどうですか? カリフォルニアでは他州と同様に、〈殴打〉や〈拷問〉といった類の行為に同意してはいけない、と法的に規制されています。 少しでも叩いたり、ムチで打ったりしたら即逮捕というわけではありません。 ベッドルームの行為を警察が逐一関知しているわけではありませんから。 しかし、もし検察官や司法当局がベッドルームをのぞいて、「これは死因と結論づけられるSM的行為だ」と判断したなら、殴打、ムチ打ち、首絞め、窒息プレイ、流血プレイは、本質的に危険行為と判断されます。 たとえ結果として、何らかの問題が起こる可能性がゼロに近いとしてもです。 カリフォルニアや他州では、それらの行為が本質的に〈悪〉で、本質的に〈危険〉である、と判断した過去の判例があるので、裁判所にとっても、検察にとっても、疑わしき行為を死因と結びつけるのはとても簡単です。 では普通のセックスで誰かが死んでしまった場合、そのなかで訴訟に発展するのはどういうパターンが多いのでしょうか? 捜査を希望する関係者がいるか否かです。 たとえば家族の誰かが、財産を少しでもたくさん相続したい、と望んでいたとします。 故人の死因がパートナーの責任になれば、遺産や保険金の受取人からそのパートナーを外せますから、それが訴訟のきっかけになります。 仕事としての性行為でも、そうでない場合でも、どうしたら腹上死の責任を最小限に抑えられるのでしょう。 リスクがあるのか、ないのかを確認するべきです。 もちろん、それは誰しもやっているでしょう。 誰もパートナーには死んで欲しくないでしょうから。 しかし、性産業の従事者は、やはり危険です。 でも簡単にリスクを避ける方法もあるんですよ。 これらの対処法は、セックスワーカー以外にも有効ですが、それ以外の人々がセックス前に、こういう話し合いをしているか、それはわかりません。 行為の前に、セックスについて話したりしないでしょう? 相手の身体的リスクを知っていればいるほど、死の責任が重くなりませんか? 更に長い付き合いなら、無罪は難しくなるのではありませんか? まさにそうです。 故人がSMプレイなど、これまでの行為の影響も含めて、医療問題があるのをパートナーが知っていたとすれば、法廷での状況も厳しくなります。 腹上死されたら、セックスワーカーであろうとなかろうと、どう行動するべきなんでしょうか。 もし自分に関連するような証拠は、絶対に隠したり壊したりしてはいけません。 警察を呼んだ場合、警察から連絡を受けた場合は、捜査を拒否し、まず弁護士に相談してください。 黙秘権を行使しましょう。 なんらかの罪に問われた場合は? 過失致死であろうと、殺人罪であろうと、起訴された場合、セックスワーカーにできることはそんなにありません。 しかし、徹底的に闘うべきです。 支援してくれる味方を探しましょう。 そういう団体を探してもいいですし、支援してくれる家族や友人を募るだけでもかまいません。 結局、そういったケースの95%は、審理まで進みません。 審理に進んだとしても、みんなが協力してくれれば、流れは変わります。 だから、訴えられたとしても、もし可能であれば、簡単に諦めないでください。

次の