ライカ q2。 ライカQ2 / ライカオンラインストア

Amazon

ライカ q2

2015年に発売された、ライカ初の35mmフルサイズコンパクト、ライカQ。 2,400万画素CMOSや、大口径広角レンズ、LEICA SUMMILUX F1. 同じ35mmフルサイズでも、トラディショナルなライカMシステムはMFなのに対し、ライカQはAFが可能。 17cmまで寄れるマクロ機能やEVF、さらに手ブレ補正やタッチパネルも備え、大ヒットした。 そして2019年、約4年を経てその後継機となる「ライカQ2」が登場した。 外観デザインはライカQを踏襲。 正面から見ると、見分けできないほど似ている。 しかし背面はライカQと比べてボタンの数が減り、ファインダーアイピースの形状も異なる。 基本性能が大幅向上 最も大きく進化したのが撮像素子だ。 ライカのフルサイズ機では初めて、2,400万画素を超える、4,730万画素のCMOSセンサーを採用した。 中判デジタル機に迫る高精細さが得られる。 そして防塵・防滴仕様になったのもライカQ2の特徴だ。 ライカQは高い機動力を活かして、屋外でのアクティブな撮影に使う人から、雨や水しぶきのかかる環境でも安心して撮影できる構造にしてほしいという要望がとても多かったとのこと。 レンズはライカQのLEICA SUMMILUX F1. レンズの光学設計こそ従来同様だが、防塵・防滴とするために内部構造が新しくなっている。 最短撮影距離は従来通りで、通常で30cm、マクロに切り替えると17cmまで寄れる。 AFも可能で近接にも強いため、MFで距離計連動が最短70cmまでのライカMシステムでは撮影が難しいシーンにも対応しやすい。 デジタルらしい利便性のクロップ機能 ライカQでは、28mmのレンズを35mmと50mm相当の画角にクロップ記録することが可能だった。 2,400万画素センサーの中央部をトリミングするため画素数は少なくなるものの、バリエーションのある写真が撮れる。 4,730万画素になったライカQ2では、さらに75mmにも設定できるようになった。 記録画素数は、35mmでは約3,000万画素、50mmでは約1,500万画素、75mmでは約700万画素。 700万画素というと少なく感じるが、A3サイズのプリントでも十分鑑賞に耐えられる画素数だ。 クロップしてもファインダー内の画角は変わらず、写る範囲が枠で表示されるのもライカQと同じ。 まるでブライトフレーム式のレンジファインダーカメラのようだ。 なおクロップしても、DNG形式のRAWには常に28mmのフル画素で記録される。 Adobe Lightroomなどで現像時にクロップを外せば28mmに戻り、画素数も4,730万画素になる。 気になる画質は? ライカQ2で最も気になるのは、高解像度化した4,730万画素センサーから得られる画質だろう。 レンズの設計自体は2,400万画素のライカQを踏襲しているが、5,000万画素近い画素数でも高い解像力を発揮している。 画面周辺でも像が流れず、周辺光量低下も少ない。 クロップすると画面中央部だけを使うおかげで、解像力の高さが一層際立つ。 ただし、カメラ内で生成されるJPEGとDNG(RAW)から現像したJPEGデータを比較すると、DNGの方がより細かい部分まで解像され、質感再現もカメラ内の同時記録JPEGより優れている。 また階調もJPEGよりDNGが豊かだ。 2,400万画素のライカQから連写速度をそのままに、記録画素数を4,730万にアップしているため、圧縮率が高いのだろうか。 確実な進化が伝わる1台 ライカQ2を手にした瞬間は、ライカQとほぼ同じイメージなので新鮮味は感じられなかったが、優れた視認性のEVFやスピーディーなAF、高い解像力を持つ画質は、確かに進化が伝わってきた。 ライカM10やライカCLと共通のボタン配置やお気に入り画面も使いやすい。 また画素数が大幅に増えながら、再生の画面表示やスクロールなどのレスポンスも良好。 そしてライカらしい質感と操作感が感じられる。 クロップも実用性が増し、防塵・防滴構造なのも嬉しい。 ライカQ2が1台あればスナップ、風景、旅行、ポートレートなど幅広いシーンで活躍できる。 決して手に入れやすい価格とはいえないが、高い満足感が得られるカメラだと実感した。

次の

ライカQ2が魅力的な理由!もはやフルサイズコンデジQ2はメイン機の風格がある

ライカ q2

素晴らしいストーリーに続編が期待されるかのように、ライカ Qシリーズの次世代モデル「ライカ Q2」が満を持して登場しました。 新たに登場する「ライカQ2」は、本質を追求しながらも革新性や性能、コネクティビティ、そして耐久性と洗練されたエレガンスのバランスがパーフェクトに融合しています。 「ライカ Q2」は、「ライカQ」の卓越した性能と時代に左右されない洗練されたデザインを受け継ぎながらも、新開発の35mmフルサイズセンサー、明るく高性能なレンズ「ライカ ズミルックス f1. 」、高速オートフォーカスシステム、そして革新的な有機EL電子ビューファインダーなど数多くの新機能を搭載しています。 さらに同クラスのカメラでは唯一、ほこりや水滴の侵入を防ぐ特殊な保護シーリングを施しており、天候を気にせず撮影を楽しめます。 有効4730万画素フルサイズセンサー 撮像素子には、有効4730万画素の35mmフルサイズセンサーを採用しています。 細部まで鮮明な静止画や4K動画が撮影できるほか、最高ISO感度50000までの高感度撮影も可能です。 ほこりや水滴の侵入を防ぐ特殊な保護シーリング さらに同クラスのカメラでは唯一、ほこりや水滴の侵入を防ぐ特殊な保護シーリングを施しており、天候を気にせず撮影を楽しめます。 明るい単焦点レンズ 「ライカQ2」は、解放F値がF1. 7と明るいレンズを搭載しており、背景を美しくぼかして被写体が鮮明に際立つような表現にも大変適しています。 また、優れた描写性能により、光量が少ないシーンでも美しく撮影できます。 新開発の有機EL電子ビューファインダー 「ライカQ2」は、新開発の高精細368万ドットの有機EL電子ビューファインダーを搭載しています。 高精細な表示により、どのような状況下でも被写体をしっかりと確認できます。 また、従来よりも非常に高コントラストで深みのある色を実現しています。 優れたスピード性能 「ライカQ2」のオートフォーカスでは、同クラス最速レベルの0. 15秒未満でのシャープなピント合わせを実現しています。 4K動画撮影機能 ライカQ2の動画撮影機能では、クリエイティブな表現の幅がさらに広がります。

次の

雨ニモマケズなフルサイズコンデジ「ライカQ2」登場!前機種との違いはココだ!

ライカ q2

2015年に発売された、ライカ初の35mmフルサイズコンパクト、ライカQ。 2,400万画素CMOSや、大口径広角レンズ、LEICA SUMMILUX F1. 同じ35mmフルサイズでも、トラディショナルなライカMシステムはMFなのに対し、ライカQはAFが可能。 17cmまで寄れるマクロ機能やEVF、さらに手ブレ補正やタッチパネルも備え、大ヒットした。 そして2019年、約4年を経てその後継機となる「ライカQ2」が登場した。 外観デザインはライカQを踏襲。 正面から見ると、見分けできないほど似ている。 しかし背面はライカQと比べてボタンの数が減り、ファインダーアイピースの形状も異なる。 基本性能が大幅向上 最も大きく進化したのが撮像素子だ。 ライカのフルサイズ機では初めて、2,400万画素を超える、4,730万画素のCMOSセンサーを採用した。 中判デジタル機に迫る高精細さが得られる。 そして防塵・防滴仕様になったのもライカQ2の特徴だ。 ライカQは高い機動力を活かして、屋外でのアクティブな撮影に使う人から、雨や水しぶきのかかる環境でも安心して撮影できる構造にしてほしいという要望がとても多かったとのこと。 レンズはライカQのLEICA SUMMILUX F1. レンズの光学設計こそ従来同様だが、防塵・防滴とするために内部構造が新しくなっている。 最短撮影距離は従来通りで、通常で30cm、マクロに切り替えると17cmまで寄れる。 AFも可能で近接にも強いため、MFで距離計連動が最短70cmまでのライカMシステムでは撮影が難しいシーンにも対応しやすい。 デジタルらしい利便性のクロップ機能 ライカQでは、28mmのレンズを35mmと50mm相当の画角にクロップ記録することが可能だった。 2,400万画素センサーの中央部をトリミングするため画素数は少なくなるものの、バリエーションのある写真が撮れる。 4,730万画素になったライカQ2では、さらに75mmにも設定できるようになった。 記録画素数は、35mmでは約3,000万画素、50mmでは約1,500万画素、75mmでは約700万画素。 700万画素というと少なく感じるが、A3サイズのプリントでも十分鑑賞に耐えられる画素数だ。 クロップしてもファインダー内の画角は変わらず、写る範囲が枠で表示されるのもライカQと同じ。 まるでブライトフレーム式のレンジファインダーカメラのようだ。 なおクロップしても、DNG形式のRAWには常に28mmのフル画素で記録される。 Adobe Lightroomなどで現像時にクロップを外せば28mmに戻り、画素数も4,730万画素になる。 気になる画質は? ライカQ2で最も気になるのは、高解像度化した4,730万画素センサーから得られる画質だろう。 レンズの設計自体は2,400万画素のライカQを踏襲しているが、5,000万画素近い画素数でも高い解像力を発揮している。 画面周辺でも像が流れず、周辺光量低下も少ない。 クロップすると画面中央部だけを使うおかげで、解像力の高さが一層際立つ。 ただし、カメラ内で生成されるJPEGとDNG(RAW)から現像したJPEGデータを比較すると、DNGの方がより細かい部分まで解像され、質感再現もカメラ内の同時記録JPEGより優れている。 また階調もJPEGよりDNGが豊かだ。 2,400万画素のライカQから連写速度をそのままに、記録画素数を4,730万にアップしているため、圧縮率が高いのだろうか。 確実な進化が伝わる1台 ライカQ2を手にした瞬間は、ライカQとほぼ同じイメージなので新鮮味は感じられなかったが、優れた視認性のEVFやスピーディーなAF、高い解像力を持つ画質は、確かに進化が伝わってきた。 ライカM10やライカCLと共通のボタン配置やお気に入り画面も使いやすい。 また画素数が大幅に増えながら、再生の画面表示やスクロールなどのレスポンスも良好。 そしてライカらしい質感と操作感が感じられる。 クロップも実用性が増し、防塵・防滴構造なのも嬉しい。 ライカQ2が1台あればスナップ、風景、旅行、ポートレートなど幅広いシーンで活躍できる。 決して手に入れやすい価格とはいえないが、高い満足感が得られるカメラだと実感した。

次の