ウイグル 人権 法案。 ウイグル人権法案が米議会を通過、トランプ米大統領の署名による法案成立を求める

米上院、ウイグル人権法案を可決 中国の反発必至 (写真=ロイター) :日本経済新聞

ウイグル 人権 法案

2020年1月14日 、Human Rights Watch 「香港人権・民主主義法案」とは? 2019年11月19、20日に「香港人権・民主主義法案」が米国上下院で圧倒的多数で可決。 この法案は、中国が「 一国二制度」を守っているかどうか、米国務省に毎年の検証を義務付ける内容だ。 また法案には、香港の自治や 人権を侵害した人物に対し、アメリカへの入国禁止や資産凍結などの制裁を科すことも盛り込まれている。 香港の歴史 1992年制定の「米国・香港政策法」にて、アメリカは香港を中国本土とは異なる地域とみなし、関税やビザ発給などで香港を優遇。 1997年のイギリスから中国への返還に際し、「一国二制度」のもと「高度な自治」が50年間にわたって維持されることを約束。 ペンス副大統領 香港デモで中国政府をけん制 Communist Party of used organized crime groups to attack protestors in. Shows you who we are dealing with. And fact they are violating everything they agreed to in Hong Kong handover tells you how much we can rely on them to adhere to any deals they make now. — Marco Rubio marcorubio チベット支援法案とは? 2020年1月29日、チベットに関する政策と支援のための法律(・以下チベット支援法)が米国下院において賛成392票の圧倒的過半数で可決。 (訳注:定員数は435議席) 主なポイント• 米国の方針として、チベット仏教指導者の継承または生まれ変わり(将来の第15回ダライラマを含む)は、チベット仏教コミュニティによってのみ決定されるべき独占的な宗教問題であること。 継承または生まれ変わりのプロセスに干渉する中国当局者は、グローバルマグニツキー法に含まれるものを含む、対象を絞った金融、経済、ビザ関連の制裁の対象となること。 米国領事館がチベットの歴史的首都ラサに設立されるまで、米国に新しい中国領事館を設立してはならないことを義務付け。 チベット亡命コミュニティの民主的な統治をサポート。 台北法とは? 米トランプ大統領は 2020年3月26日、台湾の外交を支援する「台北法案()」に署名し、同法が発効。 台湾の安全保障や繁栄を傷つける国に対し 経済、 安全保障、 外交分野での接触を見直すことや、台湾が主権国家を参加資格としない国際組織に加盟したり、その他の適切な組織にオブザーバーとして参加できるよう支援すること などが提言。 ポンペオ米国務長官は 5月6日、「WHOの年次総会に台湾をオブザーバーとして招待するよう、テドロスWHO事務局長に求める。 彼にはそうする力がある」と述べ、5月18日から開かれるWHOの年次総会や、他の国連機関の会合への台湾参加を支持するよう、ヨーロッパ各国にも求めた。 ウイグル人権法案とは? 2020年5月14日、米上院がウイグル人権法案を可決。 法案は中国当局が「再教育」施設に多数のウイグル族を収容し、拷問などを実施しているとして、トランプ大統領に対し、中国当局に収容施設の即時閉鎖や拷問の中止などを求めることを要求。 ウイグル人100万人が投獄されている ペンス氏は中国のチベット自治区と新疆ウイグル自治区での宗教弾圧を非難。 後者については「ウイグル人をはじめ、100万人以上のムスリムが投獄されており、強制収容所で絶え間なく洗脳が行われている」とコメントした。 新疆ウイグル自治区の人口は2500万人で、そのうちウイグル人は1000万人余りとされている。 その1割に相当する「100万人の投獄」が事実なら、異常事態といっていい。 ポンペオ氏は中国のウイグル人弾圧を「今世紀の汚点」と断じた。 ウイグル問題とは? ウイグル問題については、当サイトの下記を参照。 米ペンス副大統領 対中方針演説2018 北野幸伯氏 国際関係ジャーナリスト 安倍総理は、国際世論の動きをよく見て、「 超人権侵害国家の長」の国賓訪日を是非やめていただきたいと思います。 天皇陛下と習近平が談笑する姿が世界に流されることで、「日本の天皇は、中国の人権侵害を容認しているのだな」と誤解されかねません。 Nonviolence and Human Rights History Foundation 2019年には、米国政府が中国への監視カメラ禁輸措置を発動しました。 監視カメラにはSONY、SHARPの技術が使用されてと言われています。 人権侵害国家の企業に日本のテクノロジーが悪用されています。 2020年5月22日、米商務省が発表したブラックリスト企業のクラウドマインズのロボット・AI(人工知能)は、ソフトバンクグループも出資しています。 孫正義会長とペッパーロボットの写真が世界に報道されることで、 「日本企業は、中国の人権侵害を容認しているのだな」と誤解されません。 国際社会の動きをよく見て対応していただきたいと思います。 台湾 唐鳳(Tang Feng)ITデジタル相 「インターネットやAIは、政府が国民を監視するための道具ではありません。 市民が政府を監視するための道具なのです」 独裁のやり方に共通点がある「全体主義」とは? アレントによれば、独裁制度のなかでも「全体主義」には際立った特徴がある。 政府の組織に加えて、それを指導する党の組織がある という二重構造。 すべての権力が党に集中する、特異な形の独裁政権ができあがる。 この全体主義の定義に当てはまるのは、ナチス・ドイツ。 そして、スターリンが統治したソ連である。 なぜ習近平は独裁の傾向を強めているのか?3つの理由 何故なら、習近平が担ぎ出した共産党の幹部らが、 共通の危機を感じているからだ。 その3つの理由とは?• 「共産党の幹部」の利害と「人民」の利害とは、矛盾している• 幹部らは政治的権力から、大きな経済的利益をえている• 以上のことを、正当化することができない。 正当化できないのに現状を維持しようとすれば、強権支配に頼るしかない。 そのための監視技術を 大々的に使用している。 こういう政治体制をそなえた国家が、世界をリードしてよいのか。 国際社会はますます疑惑の目を向けている。 2020年1月14日 、Human Rights Watch Nonviolence and Human Rights History Foundation 非暴力と人権の歴史ファウンデーション この記事のまとめ 中国共産党へ『人権包囲網』米国が法案を次々と可決 - ウイグル人権法案、チベット支援法案、台湾法、香港人権・民主主義法案 Sharing thing I'm learning Nonviolence and Human rights. Google Maps 東京渋谷区トップ ローカルガイド Lv.

次の

米上院、ウイグル人権法案を可決 中国の反発必至 (写真=ロイター) :日本経済新聞

ウイグル 人権 法案

【AFP=時事】米下院は27日、中国の新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)でイスラム教徒の少数民族ウイグル人が施設に強制的に収容されているとされる問題で、中国当局者への制裁に道を開くウイグル人権法案を賛成413、反対1で可決した。 同法案はすでに上院で可決されており、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領に送られる。 トランプ氏は法案に署名することも拒否権を行使することもできるが、拒否権を行使した場合でも議会は容易に大統領の判断を覆すことができる。 人権団体は、新疆ウイグル自治区ではウイグル人やチュルク諸語を話すその他のイスラム教徒少なくとも100万人が強制的に収容され、現代では他に例のない大規模な洗脳が行われているとしている。 法案は米政権にウイグル人などの少数民族への「恣意(しい)的な拘束、拷問、嫌がらせ」に責任を負うべき中国当局者を特定し、資産の凍結と米国への入国禁止という制裁を科すことを求める内容。 法案は特に新疆ウイグル自治区トップの陳全国(Chen Quanguo)共産党委員会書記を名指ししている。 以前チベット自治区(Tibet Autonomous Region)で役職に就いていた陳氏は、政府に反抗的な少数民族の弾圧で知られている。 法案の最終版は、新疆ウイグル自治区についての秘密報告書の作成を米情報機関に求めている他、ウイグル系の米国民と米居住者を対象に中国が行っている活動についての調査も連邦捜査局(FBI)に求めている。 中国は当初、大規模な収容をしていないと主張していたが、後に施設はイスラム過激主義を抑えるための職業訓練センターだと説明するようになった。 昨年12月に、ウイグル人の大規模監視に使われ得る技術の輸出を禁じる、今回可決されたものより強硬な内容の法案が米下院を通過していた。 与党共和党が多数を占める上院で、全会一致での可決を目指して技術輸出に関する条項が取り除かれ、この問題は中国との間で長く続いている貿易戦争の中で扱われることになった。 【翻訳編集】AFPBB News.

次の

米上院、ウイグル人権法案を可決 中国の反発必至 (写真=ロイター) :日本経済新聞

ウイグル 人権 法案

【AFP=時事】米下院は27日、中国の新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)でイスラム教徒の少数民族ウイグル人が施設に強制的に収容されているとされる問題で、中国当局者への制裁に道を開くウイグル人権法案を賛成413、反対1で可決した。 同法案はすでに上院で可決されており、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領に送られる。 トランプ氏は法案に署名することも拒否権を行使することもできるが、拒否権を行使した場合でも議会は容易に大統領の判断を覆すことができる。 人権団体は、新疆ウイグル自治区ではウイグル人やチュルク諸語を話すその他のイスラム教徒少なくとも100万人が強制的に収容され、現代では他に例のない大規模な洗脳が行われているとしている。 法案は米政権にウイグル人などの少数民族への「恣意(しい)的な拘束、拷問、嫌がらせ」に責任を負うべき中国当局者を特定し、資産の凍結と米国への入国禁止という制裁を科すことを求める内容。 法案は特に新疆ウイグル自治区トップの陳全国(Chen Quanguo)共産党委員会書記を名指ししている。 以前チベット自治区(Tibet Autonomous Region)で役職に就いていた陳氏は、政府に反抗的な少数民族の弾圧で知られている。 法案の最終版は、新疆ウイグル自治区についての秘密報告書の作成を米情報機関に求めている他、ウイグル系の米国民と米居住者を対象に中国が行っている活動についての調査も連邦捜査局(FBI)に求めている。 中国は当初、大規模な収容をしていないと主張していたが、後に施設はイスラム過激主義を抑えるための職業訓練センターだと説明するようになった。 昨年12月に、ウイグル人の大規模監視に使われ得る技術の輸出を禁じる、今回可決されたものより強硬な内容の法案が米下院を通過していた。 与党共和党が多数を占める上院で、全会一致での可決を目指して技術輸出に関する条項が取り除かれ、この問題は中国との間で長く続いている貿易戦争の中で扱われることになった。 【翻訳編集】AFPBB News.

次の