阿波 踊り イラスト。 徳島阿波踊り完全ガイド│阿波踊りとは│阿波踊りの歴史

徳島阿波踊り完全ガイド│阿波踊りとは│阿波踊りの歴史

阿波 踊り イラスト

もくじ• 阿波おどりの特徴 阿波おどりは、それぞれ「連」という団体からなっており、各連で衣装や演舞・演奏が異なり、その違いを楽しむことができます。 「これが阿波おどり!」という決まりはありませんが、和楽器でリズミカルに演奏し、その2拍子に合わせて踊り子たちが踊るというのは、どの連も同じです。 その中で、それぞれの個性がわき出た各連を見ることができるので、常に新鮮な気分を味わうことができます。 また、各連ごとに阿波おどりに対する目的や、方針が違うのも1つの特徴です。 「ただただ楽しく踊る!」「個々が自由に表現する!」「踊り子が楽しければそれでよし!」という連や、 楽しむのはもちろんのこと、「見る相手を魅了するために踊りの質を高め、練習を積み重ねる」という連もあります。 また、フォーメーションを意識して、みんなが揃って同じ動きで踊る連もあれば、フォーメーションはとくに決めずに、個性を生かし、自由に動く連もあるのです。 阿波おどり初心者が見ると、「この連はみんなバラバラだし、なんだこれ・・」と思う連もあるかもしれませんが、必ずしも、みんなが揃って踊っているのが阿波おどりではないのです。 それぞれの連の踊りには「目的がある」ということを知って見ると、もっと阿波おどりの深い部分を楽しめるでしょう。 男踊り、女踊り、子ども踊りの違い 阿波おどりには、大きく3つの踊りがあり、「男踊り」「女踊り」「子ども踊り」に分けられます。 その中でも女踊りは「色っぽくて美しい」と、男性だけではなく女性が見ても「キレイ」と定評があります。 では踊りには、どのような違いがあるのか、ご紹介します。 男踊り 男踊りには、半天を着て踊る半天踊りと、浴衣を着て踊る浴衣踊りがあり、どちらも足元には足袋をはいて踊ります。 基本は素手ですが、うちわや提灯を持って踊ることもあります。 力強く、ダイナミックな動きが特徴で、足は肩幅くらいに広げて、常に腰を落として踊ります。 女踊り 女踊りは、浴衣を着て編笠を深くかぶり、下駄を履いて踊ります。 基本はつま先立ちの前傾姿勢で、動きは滑らかで上品、美しさがあるのが特徴です。 手は常に頭より上で固定し、動かします。 子ども踊り 法被を着て、はちまきをして踊ります。 基本は小学6年生以下の子どもの構成です。 男踊りが主流となり、子どもながらにもリズミカルで元気いっぱいの踊りです。 以上3つの踊りの特徴を紹介しましたが、必ずしも性別に合った踊りをしないといけないというわけではありません。 女性が男踊りをすることもよくあります。 男性とは違ったしなやかさと迫力で魅了しているので、ぜひ見てみてくださいね。 スポンサーリンク 徳島県民ならみんな阿波おどりを踊れる? ここからは少し余談になりますが、徳島県民は大体の人が阿波おどりを踊ることができるのを知っていましたか? なぜかというと、県内の小・中・高では体育の授業や体育祭など、様々な場面で阿波おどりが演目として取り入れられているのです。 また徳島の大学を卒業している人は、大学の体育の授業で、阿波おどりが必修科目として入っているので、大学でも踊りを習います。 大学生になってまで、阿波おどりを踊るのには驚きですが、これも徳島の風土や歴史を習うものとしては、大切な科目になりますね。 授業では、本格的に練習を積んでいる「連のみなさんが教師」となり、一人ひとりに丁寧に教えてくれます。 県外出身の生徒も多いので、県内での阿波おどりの普及はもちろんですが、こうして県外にも阿波おどりの魅力が広まっていくのは、いいことですね。 まとめ どんな人でもすぐに馴染める阿波おどりは、上手い・下手などは関係なしに、それぞれが目的を持って楽しんで踊るのが一番の魅力です。 あなたは、男踊り、女踊り、子ども踊りどれに興味をもちましたか? 徳島の阿波踊りは毎年お盆の4日間が開催日です。 ぜひ踊りの違いを楽しみながらご覧になってみて下さい。

次の

阿波踊りの連とは?女性が男踊り?!踊りの種類・特徴・3大主流紹介!2018

阿波 踊り イラスト

阿波踊りでよく聞く「連」とは?どのような種類がある? 阿波踊りに参加する団体・グループのことを「連」といいます。 100組以上あり、その参加者の総数は飛び入り参加も含めて約10万人以上いるといわれています。 連には、地域住民などで構成された「一般連」や 阿波踊り振興協会などの団体に加盟する「有名連」、 学生で構成される「学生連」、 企業で結成した「企業連」など、大小さまざまな連があります。 阿波踊りの男踊り・女踊り・子供踊りとは? 連のメンバーは大きく「男踊り」と「女踊り」の2種類に分かれて踊ります。 男踊り 浴衣かはっぴ 法被 を着て、足袋を履いて踊ります。 男性の力強く、ダイナミックに、自由に大きく踊る姿が特徴です。 基本的には素手で踊るそうですが、時にはうちわや提灯を持って踊ることもあります。 また、女性の男踊りも盛んに踊られています。 女性の男踊りは、主に法被踊りと呼ばれることが多く、 女性らしさを活かした、粋きで、ほのかな色香が感じられる踊りが特徴です。 女踊り 浴衣や着物を着、編み笠を被り、下駄を履いて踊ります。 集団で踊り、女性の上品でしなやかな動きで踊る姿が特徴です。 また、すり足で踊りながら前進をしていきます。 子供踊り 小学6年生以下で構成するのが一般的だそうです。 主流は、男踊りが多くリズミカルで元気な踊りが特徴だそうです。 阿波踊りの特徴は? 阿波踊りの特徴は、各連の演舞、衣装、演奏が異なること! というのも、「これが阿波踊り!」という決まりがないからだそうです。 そのため、どの演武を見ても新鮮で、自由を感じて楽しめることだそうです。 各連が阿波踊りを踊る際、目的や方針の違いがあります。 例えば・・・ ・楽しく踊ることを目的に比較的個人の自由を大事にして踊る連 ・楽しく踊るだけではなく、相手を魅了する踊りも同時に目指し、踊りの質を高めるために練習を重ねて究めている連 さらにどのような踊りをするかも、その連の特徴を示し、重要です。 例えば・・・ ・フォーメーション(組踊り)を主体とし、踊り方を揃えて相手を魅了する連 ・フォーメーション(組踊り)を決めず、個性を活かした自由な踊りを重視する連 このようなことを見ながら、他の連と比較するのも楽しいかもしれませんね。 阿波踊りの起源となる3つの流派「阿波踊り三大主流」 阿波踊りは、手をあげてお囃子(おはやし)にあわせて踊れば成り立つといわれるほど、 自由に踊ることもできるそうですが、実は踊り方には違いがあり、大きく3つに分かれるそうです。 この3つのことを 「阿波踊り三大主流」と呼ばれています。 3つはそれぞれ 「のんき調」「娯茶平調(ごちゃへいちょう)」「阿呆調」に分けられます。 阿波踊りに参加する各連の踊りは、この三大主流のいずれかにあてはまるといわれています。 のんき調 老舗連「のんき連」から生まれたのが、この「のんき調」の男踊りです。 「背筋を伸ばして腰を落とし、つま先を立てて足を運ぶ動き」が特徴です。 三大主流の中では、もっとも明るく親しみやすい雰囲気の踊りとなっているそうです。 娯茶平調 有名連「娯茶平」から生まれた「娯茶平調」は、 「ゆったりとした正調のお囃子に合わせた動き」が特徴です。 男踊りは、地を這うように腰を低く落とし、うちわをさばきながら、 すり足で歩みを進めていくそうで、ハードな動きですね。 阿呆調 有名連「阿呆連」から生まれた「阿呆調」は、 三大主流の中でも特に 「豪快に激しく踊る動き」が特徴です。 男踊りは前傾姿勢でリズミカルに動き、手には提灯を持つことも多いそうです。 Sponsored Link 最後に いかがでしょうか。 気軽に誰でも踊れる阿波踊りと言われますが、追及すれば奥が深い・・・伝統文化だ思います。 今年の夏、お祭り期間中に旅行に行くことを考えているのなら・・・ 徳島の阿波踊りを体験しにいくのも、記念に残り、楽しいかもしれませんね。 今回の記事は阿波踊りの特徴・踊りの種類・3つの流派の紹介でしたが、 こちらの記事では阿波踊りの由来、いつから、開催危機回避のニュースについて話しています。 こちらの記事では阿波踊り2018の日程・会場・アクセス・チケット購入の紹介について話しています。 参考になる部分も多いと思うので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

次の

阿波おどり 徳島

阿波 踊り イラスト

阿波踊りでよく聞く「連」とは?どのような種類がある? 阿波踊りに参加する団体・グループのことを「連」といいます。 100組以上あり、その参加者の総数は飛び入り参加も含めて約10万人以上いるといわれています。 連には、地域住民などで構成された「一般連」や 阿波踊り振興協会などの団体に加盟する「有名連」、 学生で構成される「学生連」、 企業で結成した「企業連」など、大小さまざまな連があります。 阿波踊りの男踊り・女踊り・子供踊りとは? 連のメンバーは大きく「男踊り」と「女踊り」の2種類に分かれて踊ります。 男踊り 浴衣かはっぴ 法被 を着て、足袋を履いて踊ります。 男性の力強く、ダイナミックに、自由に大きく踊る姿が特徴です。 基本的には素手で踊るそうですが、時にはうちわや提灯を持って踊ることもあります。 また、女性の男踊りも盛んに踊られています。 女性の男踊りは、主に法被踊りと呼ばれることが多く、 女性らしさを活かした、粋きで、ほのかな色香が感じられる踊りが特徴です。 女踊り 浴衣や着物を着、編み笠を被り、下駄を履いて踊ります。 集団で踊り、女性の上品でしなやかな動きで踊る姿が特徴です。 また、すり足で踊りながら前進をしていきます。 子供踊り 小学6年生以下で構成するのが一般的だそうです。 主流は、男踊りが多くリズミカルで元気な踊りが特徴だそうです。 阿波踊りの特徴は? 阿波踊りの特徴は、各連の演舞、衣装、演奏が異なること! というのも、「これが阿波踊り!」という決まりがないからだそうです。 そのため、どの演武を見ても新鮮で、自由を感じて楽しめることだそうです。 各連が阿波踊りを踊る際、目的や方針の違いがあります。 例えば・・・ ・楽しく踊ることを目的に比較的個人の自由を大事にして踊る連 ・楽しく踊るだけではなく、相手を魅了する踊りも同時に目指し、踊りの質を高めるために練習を重ねて究めている連 さらにどのような踊りをするかも、その連の特徴を示し、重要です。 例えば・・・ ・フォーメーション(組踊り)を主体とし、踊り方を揃えて相手を魅了する連 ・フォーメーション(組踊り)を決めず、個性を活かした自由な踊りを重視する連 このようなことを見ながら、他の連と比較するのも楽しいかもしれませんね。 阿波踊りの起源となる3つの流派「阿波踊り三大主流」 阿波踊りは、手をあげてお囃子(おはやし)にあわせて踊れば成り立つといわれるほど、 自由に踊ることもできるそうですが、実は踊り方には違いがあり、大きく3つに分かれるそうです。 この3つのことを 「阿波踊り三大主流」と呼ばれています。 3つはそれぞれ 「のんき調」「娯茶平調(ごちゃへいちょう)」「阿呆調」に分けられます。 阿波踊りに参加する各連の踊りは、この三大主流のいずれかにあてはまるといわれています。 のんき調 老舗連「のんき連」から生まれたのが、この「のんき調」の男踊りです。 「背筋を伸ばして腰を落とし、つま先を立てて足を運ぶ動き」が特徴です。 三大主流の中では、もっとも明るく親しみやすい雰囲気の踊りとなっているそうです。 娯茶平調 有名連「娯茶平」から生まれた「娯茶平調」は、 「ゆったりとした正調のお囃子に合わせた動き」が特徴です。 男踊りは、地を這うように腰を低く落とし、うちわをさばきながら、 すり足で歩みを進めていくそうで、ハードな動きですね。 阿呆調 有名連「阿呆連」から生まれた「阿呆調」は、 三大主流の中でも特に 「豪快に激しく踊る動き」が特徴です。 男踊りは前傾姿勢でリズミカルに動き、手には提灯を持つことも多いそうです。 Sponsored Link 最後に いかがでしょうか。 気軽に誰でも踊れる阿波踊りと言われますが、追及すれば奥が深い・・・伝統文化だ思います。 今年の夏、お祭り期間中に旅行に行くことを考えているのなら・・・ 徳島の阿波踊りを体験しにいくのも、記念に残り、楽しいかもしれませんね。 今回の記事は阿波踊りの特徴・踊りの種類・3つの流派の紹介でしたが、 こちらの記事では阿波踊りの由来、いつから、開催危機回避のニュースについて話しています。 こちらの記事では阿波踊り2018の日程・会場・アクセス・チケット購入の紹介について話しています。 参考になる部分も多いと思うので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

次の