菜々 の 剣。 ドラマ『螢草(ほたるぐさ)菜々の剣』原作の最終回結末をネタバレ!

ドラマ『螢草(ほたるぐさ)菜々の剣』原作の最終回結末をネタバレ!

菜々 の 剣

菜々(清原果耶)は子供たちと過ごした家を離れ、女中として働くことを決意。 だが市之進(町田啓太)の恩赦は叶わず、轟(北村有起哉)の偽計だったことがわかる。 雪江(南沢奈央)を訪ねた菜々は、市之進が無実の罪を認めたのは自分のためだと知ってショックを受ける。 菜々は父の仇討ちとして御前試合に出場し、轟と勝負することを申し入れる。 菜々を始末するよい機会と考えた日向屋(本田博太郎)と勝重(中原丈雄)は、仇討ちを許可する。 市之進の恩赦を望む柚木(イッセー尾形)は、藩主・勝豊(中山麻聖)に直談判し「大殿の言いなりではなく殿ご自身が信じる舵取りをしていただきたい」と訴える。 五平衛(松尾諭)から真剣の手ほどきを受けた菜々は、轟との試合に臨む。 だが轟の腕には到底かなわず、刀を弾かれてしまう。 とっさに父の形見の懐刀で太刀を受けた菜奈は、轟の攻撃をかわして藩主・勝豊に不正の証拠を差し出す。 菜々は取り押さえられるが、柚木が菜々の手から証拠を受け取り勝豊に渡す。 2人の必死の訴えに心打たれた勝豊は、父・勝重の忠告を退け、自ら吟味すると約束する。 日向屋と轟の不正が明らかになり、市之進は無罪放免となる。 轟は潔く自分の罪を認め、切腹する。 市之進の叔父・田所(中村育二)は、市之進にも子供たちにも今後決して近づくなと菜奈に忠告する。 菜々は荷物をまとめて奉公先へ向かうが、途中で市之進と子供たちに呼び止められる。 市之進は菜々に「妻として共に生きてほしい」と告げる。 登場人物はこちら 最終回の感想 柚木さんがいいところでいい仕事をしてくれました~。 14年前、保身のために菜奈の父・安坂長七郎を見殺しにしてしまったことを、柚木さんはよほど悔いていたんだろうなぁ。 今度は命がけで市之進と菜奈を助けてくれました。 若殿が誠実な人でよかったよ。 柚木さんが差し出した不正の証拠を受け取る場面、最高だった。 市之進の無実が証明されて、最後はハッピーエンド。 帰ってきた市之進は菜々に想いを伝えました。 ふたりは似合いの夫婦になりそうです。 菜奈は最初から、命を捨てるつもりも、奪うつもりもなかったのね。 自分の手で直接若殿に不正の証拠を渡すためには、御前試合に出るしかなかった。 だけど、御前試合に出られるのは男だけ。 女に出場権はない。 轟との真剣勝負も、藩主への直訴も、まさに命がけの大勝負。 轟は菜奈の度胸に負けたといっても過言じゃない。 観念したのか、あっさりと罪を認めて切腹しました。 本人もまさか女中に追い詰められるとは思わなかったのでしょうね。 最後は妙にサッパリした表情をしておられました。 日向屋のせいにすれば切腹は免れたかもしれないのに、なぜかそうしなかった。 五兵衛に問われた轟は、「おぬしにはわからぬ」と言いました。 彼は、日向屋孫右衛門に恩義を感じていたんでしょうか。 あんまりそういう感じはしなかったんだけど……。 やっぱりもうちょっと時間がほしかったなぁ。 轟と日向屋の関係を伝えるエピソードが見たかった。 可憐な螢草のイメージを持つ菜々そのものでした。 町田啓太さんは今まで見た中で市之進の役がいちばん似合ってた。 滑舌のよさも市之進の人柄を表しているようで、気持ちよかったです。 おふたりともことのほか時代劇が似合うので、ぜひまた時代劇に出て欲しい。

次の

ドラマ【螢草 菜々の剣】最終回7話ネタバレ感想|菜々の仇討ちと真の狙い

菜々 の 剣

新米APお松です。 先々週、第六回の放送が延期になってしまいましたが、 「螢草 菜々の剣」に関する問い合わせをたくさんいただき、本当に驚いています。 急遽前日に延期が決まったので、 あたふたとしてしまい、ブログでお伝えできなかったことを悔やみました。 大変なときと重々承知しているのですが、しかし、 とても多くの方にご覧いただいていると実感する機会となり、 心嬉しく思っていたところ・・・でした。 ホームページにもあるように、 明日予定しておりました最終回がまた延期となってしまいました。 ここにきて・・・! 楽しみにしてくださっていた皆様、申し訳ございません・・・本当に無念です。 第六回のラストが衝撃的だっただけに、続きがなおのこと気になることと思います。 次週3月21日(土)18:05に放送を予定しております。 より一層春めいた日に、菜々の最後の大勝負を見届けていただければと思います。 時代劇でも登場人物は架空であることが多く、その場合は家紋を決める必要があります。 原作には家紋の言及がなかったため、イメージを膨らませながら、それぞれの家紋を決めていきました。 ここから轟はさらに変更が加わって、「三ッ葉花桔梗」という家紋になりました。 桔梗は一説には運命を暗示する花ともいわれていますね。 轟もまた運命的な人物なので、暗示するかのようです。 このようにいくつもの家紋を調べ、 その人物・家に重なるような家紋に決めています。 「螢草 菜々の剣」 最終回 いのちの剣 令和2年3月21日(土) 18時05分放送となります。 一週間、お待たせします。 運命の決着をぜひご覧ください。 ホームページに随時放送情報更新しております。 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 新着ブログ• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 放送終了番組 開く•

次の

ドラマ【螢草 菜々の剣】のキャストと全話ネタバレ感想|清原果耶主演の仇討ち時代劇

菜々 の 剣

それぞれの思いが交錯する最終章! 雪江(南沢奈央)に子どもたちを託した菜々(清原果耶)は、思い出残る家を離れることを決意。 だが恩赦が轟(北村有起哉)の偽計で、市之進(町田啓太)が無実の罪を認めたのは自分のためだと知った菜々は、轟に御前試合での父の仇討ちを申し入れる。 菜々を始末する良い機会との日向屋(本田博太郎)の思惑で仇討ちが許可され、菜々は轟との対決に臨むことに。 ひと太刀だけかわしたいと仲間達に告げる菜々には、ある勝算があった。 可愛らしい主人公は実は武士の娘で、その武士の父ははめられてしまい切腹することになるまで追い込まれていったということを知り、復習を誓う少女のストーリーで、さまざまな人とのふれあいのなかで父をはめた相手に仇討ちをするために、そして残された子供たちのことを守るために絶対に敵うはずのない相手に挑むというストーリー設定がなかなか魅力的ではないでしょうか。 清原果耶さんが刀を振りかざすシーンはとても迫力があり、この女優さんだからこそこの役が出来たのだと思います。 父の仇と不正をただすため、そして愛する子供たちまでも奪われてしまわないように若い女性ながら挑む姿にきっと感動させられるはずです。 今でこそ女性が強くて当たり前である時代ですが、このドラマの時代背景から女性がこんなにも前に出て刀を振りかざすというのはなかなかなかったのではないでしょうか。 武士の娘ということで、父の強い意思を引き継いで悪い相手とも堂々と対峙していきながらも、挫折を繰り返して成長する姿を見るのも楽しみではあります。 ストーリーは、父を切腹に追い込んだ人物が、再び奉公先の主人の命を脅かしており、その主人と亡くなった奥様の子どもたちを守るために、清原果那さん演じる菜々がその敵に立ち向かっていくというものです。 見どころの一つとしては、清原さんの剣術シーンでしょう。 たまたま団子を食べさせて助けた人が剣術の達人で、その人から剣術を学び、かわいい清原さん演じる菜々が御前試合に参加するという展開が。 あんな美女剣士がいたら、斬られてもいいと思ってしまいそうですね。 そして敵と相対する中で、様々な人間関係も繰り広げられていきます。 主人の新たな妻になりたいと思いを寄せる佐知。 実は優しいヤクザの親分湧田の権蔵。 宇梶さんこのキャスト似合い過ぎです。 謎の儒学の先生死神先生。 でも、やっぱり新しい妻になろうとしている佐知と菜々の主人に対する想いの揺れ動く様も注目したい点ではないでしょうか。 今回も清原果那さんは、喜怒哀楽ある素晴らしい演技を見せてくれています。 その清原さんの演技に魅せられながら、物語がどんな結末を迎えるのか期待したいと思います。 公式動画まとめ 私にとってU-next の1番の魅力は韓国ドラマの種類の豊富さです。 映画やドラマの見放題アプリは韓国ドラマの数が少ないというイメージがあったので元々映画を見ない私にとって、こういったアプリは全く興味がありませんでした。 しかし色々な韓国ドラマを紹介するサイトでU-next を紹介していた事がきっかけでこのアプリを知りトライアルを申し込んでみました。 そこで豊富な韓国ドラマや映画が見放題ということ以外にも漫画や書籍も購入できる事、ダウンロードした映像をオフラインでも見られるという便利さに驚きました。 特に休憩時間や通勤途中の少しの時間でも韓国ドラマが見たいと思っていた私にとって、ダウンロードしたドラマをデータを使わずに外で見られる機能は本当に嬉しかったです。 毎朝その日に外で見るドラマをダウンロードして隙間時間で見ていました。 又、海外旅行が好きで飛行機に乗る機会が多いのですが、映画に興味の無い私は機内に備え付けのモニターを使う事はほぼ無く、時間を持て余していたのですが、U-next をダウンロードしてからは長時間でのフライトでも寝る間も惜しんでドラマを見ていました。 新しい人気作品も定期的にどんどん出てくるので今後も契約し続けることになりそうです。 遺法道は危険 インターネット上には、違法サイトが数えきれないほど存在します。 法律が改正されても規制は追い付いていないのが現状です。 そのような違法サイトを見かけたことがあるという人も少なくないはずです。 さて最近では「違法サイトはダメ、おすすめしない」といいながらも、違法動画へのURLを貼るサイトも存在します。 このようなサイトにはアクセスしないようにしましょう。 URLをクリックし、違法動画へアクセスすることで悪質な業者に利益が発生するからです。 そして、それが悪質な業者をはびこらせる原因となっているからです。 「サイトを作る人はダメでも、自分が見るためにパソコンやスマートフォンにダウンロードするくらい良いのでは?」と思うかもしれません。 しかし自分で視聴する場合であっても、自分の意思で違法な動画や音楽をダウンロードして発覚すると処罰の対象となることがあります。 どうせバレないだろう、とタカをくくっている人もいることでしょう。 でも、もしバレたら? 正規品を買うよりも高い代償を払う可能性だってあるのです。 そういったことに巻き込まれないようにするためにも、違法なURLには関わらないのが一番です。 あやしいサイトには絶対に関わらないようにしましょう。

次の