梅雨明け関東 2020 予想。 関西・近畿地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

梅雨明け関東 2020 予想

Contents• 東北地方の梅雨入り&梅雨明けとは?メカニズムと決め方について 冒頭の天気図を見ると停滞前線(紫色)が沖縄にかぶっています。 では停滞前線はなぜ引き起こされるのかということも含め理解しましょう。 ここでは梅雨の予想のためにまず梅雨の定義やメカニズムを理解してもらい 定性的観点と定量的観点で梅雨の時期を予想しようと思います。 梅雨の発生メカニズムに関しては、 北のオホーツク海方面の冷たい高気圧から吹き出す冷たい北よりの風と、 南側の太平洋高気圧から吹き出す暖かく湿った南よりの風がぶつかりあったところに、 梅雨前線が発生します。 そして、2方向から風がぶつかると、上昇気流が起こります。 これが雲を発生させ、雨をたくさん降らせるのです。 次に梅雨入り及び梅雨明けの定義についておおむね理解していただきたいと思います。 梅雨明けの決め方 1. 雨が2日以上続いていた後 2. 梅雨前線が北上して、前日と本日が晴れ 3. さらに週間天気予報で5日以上が晴れ(または一部曇り) 【2020】東北地方の梅雨入り&梅雨明け予想 まずは、梅雨入りや梅雨明けの予想をするにあたって考慮する点を下記に示します。 1:東北地方を中心として全国的に気温が高い 東北地方では今年、去年の最高気温を例年より1カ月ほど早く記録しています。 もし高気圧がぶつかり上昇気流が発生した場合、 雲ができやすいためより雨が降りやすくなるでしょう。 2:南西モンスーン(雨期)の国内降雨量が例年並みであるということ 梅雨の発生は地球規模の大きな大気の流れによるものであると研究でいわれています。 そのため海外での梅雨の発生は日本の梅雨発生に関係してきます。 データ参照元: 3:5月10日時点で北のオホーツク海高気圧と南東の太平洋高気圧が出現していること 梅雨発生においてこちらがぶつかっていることによって起こります。 そのため、それらの高気圧がいつ発生するかが梅雨の時期を決めるネックとなってきます。 これらのことを考慮すると以下のことが言えます。 現状からわかる梅雨に直接かかわる考察として、 気温が例年より高いため停滞前線発生後の梅雨の発生が早く、 梅雨の期間の総降雨量が多いと予想できます。 一方で、モンスーンの国内降雨量が例年並みであることから 降水量がなだらかである可能があります。 よって、期間が長くなだらかな梅雨になる可能性がある。 そして梅雨を発生させる高気圧の出現や沖縄での梅雨入りから、 例年より梅雨入りが遅くなることは考えづらいと言えるのではないでしょうか。 ここまでは定性的な部分から梅雨の時期を予想しましたが ここからは定量的な部分にアプローチしたいと思っています。 以下のグラフをご覧ください。 東北地方の過去69年の梅雨入り日の推移(グラフ) 東北(北部・南部)地方の梅雨入りは大きな振れ幅がないように思えます。 東北地方の過去69年の梅雨明け日の推移(グラフ) 一方、梅雨明けに大きな振れ幅があることがわかりますね。 1951年~2019年の過去69年の移動平均の値は、 梅雨入りは東北南部が6月11日ごろ、東北北部が6月14日ごろ。 梅雨明けは東北南部が7月22日ごろ、東北南部が7月26日ごろ。 梅雨入りは 比較的早い。 梅雨明けは 梅雨が長く続くことから遅くなる。 という定性的な傾向を踏まえて、 具体的な時期は以下の期間になるのではないかと予想いたします! 都道府県 梅雨入り予想 梅雨明け予想 山形 6月4日ごろ~6月11日ごろ 7月22日ごろ~29日ごろ 宮城 6月4日ごろ~6月11日ごろ 7月22日ごろ~29日ごろ 福島 6月4日ごろ~6月11日ごろ 7月22日ごろ~29日ごろ 青森 6月7日ごろ~6月14日ごろ 7月26日ごろ~8月2日ごろ 秋田 6月7日ごろ~6月14日ごろ 7月26日ごろ~8月2日ごろ 岩手 6月7日ごろ~6月14日ごろ 7月26日ごろ~8月2日ごろ もちろん気象系専門機関発表のデータをもとに考えた結果ですが、 あくまでも個人的な予想となります。 東北(北部・南部)の梅雨明け&梅雨入りの状況(2020年・平年・昨年) 最後に東北の梅雨明け&梅雨入りの状況を以下のテーブルにまとめました。 2020年5月14日現在、 東北は梅雨入りも梅雨明けもしていない状況です。 東北南部 令和2年 平年差 去年差 平年 去年 梅雨入り 6月12日ごろ 6月7日ごろ 梅雨明け 7月25日ごろ 7月25日ごろ 東北北部 令和2年 平年差 去年差 平年 去年 梅雨入り 6月14日ごろ 6月15日ごろ 梅雨明け 7月28日ごろ 7月31日ごろ データ参照元: 東北(北部・南部)の梅雨明け&梅雨入り予想!2020年はいつになる?まとめ ここでまとめに入ろうと思います。 ・北のオホーツク海高気圧と南東の太平洋高気圧の衝突が梅雨前線を引き起こしているということ。 ・海外のモンスーンの動向が日本の梅雨の訪れに影響があるということ。 ・期間が長くなだらかな梅雨になる可能性がある。 ・例年より梅雨入りが早くなる可能性がある。 以上だけでも覚えていただけたらなと思っています。 最後までご覧いただきありがとうございます。

次の

梅雨明けはいつごろ?例年の時期と2020年の予想!

梅雨明け関東 2020 予想

今年は、何故か週末になると雨模様といった感じで、 お出かけが雨だとうんざりしますね。 さっさとジメジメした季節を乗り越えて、楽しい夏を迎えたいです。 さて、2020年の関東・甲信地方の梅雨入り、 梅雨明け時期はどうなっているのでしょう? 今回は気象庁が公開している過去69年分のデータを紐解きながら、 今年、2020年の関東・甲信地方の梅雨入り、梅雨明け時期の 予想を紹介していきたいと思います。 ちなみに関東地方・甲信地方とは、一般的には 関東地方:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県 甲信地方:山梨県、長野県 を指します。 昨年、2019年の梅雨時期の雨量は、平年の7割ほどでした。 今年の梅雨はいかに…!? 梅雨入り、梅雨明けをどのように決めているの? 実は気象庁が公開している過去のデータにも「頃」と書かれている通り、 梅雨入り・梅雨明けの日付は確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、 日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 5日間のうちのその真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。 晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様だろうと予想 中期予報 を出し、 実際に雨が降りだした日を梅雨入りとします。 雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。 確定値は9月に結果を再検討し、修正された後に決まります。 2020年 令和2年 の関東の梅雨入り時期を予想! それはで、過去69年分のデータを紐解いて 関東地方の梅雨入り時期を予想していきたいと思います。 気象庁の1951年から2019年までの 関東地方の梅雨入り時期のデータを見ると 最も早い梅雨入りは、1963年の5月6日頃で、 最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日頃でした。 何と一ヶ月半のもの開きがあります! 1951年から2019年までの69年間の梅雨入りの平均値が、6月8日頃。 平均値を表す黒い線が右下がりになっていることから 若干ですが関東の梅雨入り時期は 早くなっている傾向が見て取れますね。 そして、そして、直近2年間のデータを見てみると 一昨年 2018年 は6月6日、 昨年 2019年 は6月7日が梅雨入りということでした。 これらのデータから予想すると 2020年の関東の梅雨入り時期は 6月1日頃から6月16日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 の関東の梅雨明け時期を予想! 一方、関東の梅雨明け時期ですが、 梅雨入りと同様に過去のデータをみてみますと、 最も早い梅雨明けは昨年2018年の6月29日頃で、 最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日頃でした。 1951年から2019年までの69年間の 関東の梅雨明け時期の平均値を見てみると おおよそ7月18日頃となっています。 また、平均値を表す黒い線が右下がりになっているため 関東の梅雨明け時期は早くなっている傾向が見て取れますね。 梅雨入り、梅雨明けともに早まっているので 関東の梅雨は早くはじまり、早く終る傾向があるといえるでしょう。 さらに、 一昨年 2018年 は6月29日、 昨年 2019年 は7月24日が梅雨明けということなので、 これらのデータから予想すると 2020年の関東の梅雨明け時期は 7月10日頃から7月24日頃の間位になりそうですね。 関東の梅雨の特徴は? 関東の梅雨の特徴といえば ジメジメと降り続く一般的な雨模様です。 過去の例を見ても、 関東では九州の梅雨のように大きな洪水などは起こっておらず、 天気は比較的安定的で、降水量も全国平均であることが多いです。 しかし、梅雨時期は、 朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多く、 降ったり止んだりと言うよりはあまりないようです。 カラッと晴れた暑い夏が待ち遠しいですね!.

次の

2020年の梅雨入り梅雨明け解説‐お天気JAPAN

梅雨明け関東 2020 予想

気がつけばも過ぎ、盛夏がもう目前に迫ってきています。 以前、梅雨入り予想をしましたが、せっかくなので梅雨明け予想もやってみましょう。 の1ヶ月予報などを元に検討していきます。 平年の梅雨明け日はいつ? まず最初に、平年の梅雨明け日を確認しておきましょう。 出典:「 」 7月3日の現時点では、沖縄のみ梅雨明けが発表されています。 九州北部〜関東では、おおよそ7月前後が平年の梅雨明け日となります。 ちょうど海の日前後ということですね。 カの数値予報(GFS)による計算をチェックしておきましょう。 出展: この期間は、 梅雨前線が引き続き西〜東日本付近をうろうろしそう。 太平洋高気圧は日本の南に張り出し、日本付近は高気圧の縁辺を回る暖かく湿った空気の影響を受けやすい状態が続きます。 ECMWFによる7月2〜10日までの合計降水量の予測は以下の通り。 出展: 西〜東日本(特に九州)の南西斜面を中心に、梅雨末期の災害級の大雨に警戒が必要です。 この期間、平年よりも降水量が多くなる見込み。 引き続き日照時間も全国的に少なくなりそう。 の季節予報で気温の傾向を確認しておきましょう。 出展:(季節予報) 大雨の影響をもろに受ける地域では顕著な高温傾向はありませんが、高気圧の縁辺を回って南から流れ込んでくる暖かく湿った空気の影響を受け、 を中心に平年よりも気温が高くなる見込みです。 カの数値予報()による計算をチェックしておきましょう。 出展: 1週目と打って変わって、 2週目は梅雨前線が北上し、西日本を中心に太平洋高気圧に覆われる ようになります。 もしそうなると、 平年よりも早い梅雨明け です。 (東北南部まで梅雨明けにするかが微妙なラインですが、東北南部もこのタイミングで梅雨明けさせる気がします。 ) 一方、 梅雨前線が停滞するでは、平年よりも多い降水量となる 見込みで、大雨にも注意が必要です。 一気に真夏がやってくる感じになるでしょうね。 出展:(季節予報) の2週間予報をみるとこんな感じ。 西日本も10日頃を境に、2週目は高温が予想されています。 出展:(2週間気温予報) 急に蒸し暑くなるので、畑作業などでのには要警戒です。 35度を超えるのエリアも一気に増えてくるでしょう。 カの数値予報()による計算をチェックしておきましょう。 出展: 太平洋高気圧が日本付近に張り出します。 東北北部の梅雨明けも3週目の初め頃には発表されるのではないでしょうか。 東北北部の梅雨明けの平年値は7月31日ですので、もしそうなるとこれまた平年よりもかなり早い梅雨明けです。 また、この頃から、フィリピンの東で台風が発生しやすくなりそう。 太平洋高気圧が日本にしっかり張り出している状態では、なかなか本州付近には上陸しにくくなりますが、 そろそろ台風の動向にも気をつける必要が出てきそう ですね。 の1ヶ月予報の気温予報をみても、 引き続き全国的に高温傾向で あることがわかります。 出展:(季節予報) なお、この先1ヶ月を通した降水量と日照時間の予測はこちら。 出展:(季節予報) 西日本が平年よりも降水量が多い予測となっているのは、主に1週目の雨量が多いことが反映されているのでしょう。 西日本は2週目以降は晴れる日が多くなるとみられています。 2週目は中心に前線が停滞するため、は平年よりも降水量が多く、日照時間も平年より少なくなるとみられています。 いわゆる 梅雨末期の災害級の大雨に要警戒(特に九州)。 大雨が続くエリアは気温の上昇も鈍いですが、少しでも晴れ間が出ると気温がぐんぐん上がり平年以上の暑さとなるので注意です。 梅雨明け後は、35度以上ののエリアも増えるでしょう。 に要警戒です。 なお、この頃になると、 台風の動向にも注意が必要になってきそうです。

次の