アスペルガー 愛知。 アスペルガー症候群の子供(高校生)が思う学校生活の苦しさ

自宅で出来るアスペルガー症候群の診断チェック【病院不要】

アスペルガー 愛知

大人の 女性アスペルガー症候群は普通とは異なる部分が多くと変に思われてしまう事があります。 アスペルガー女性は大人になっても 女性らしい脳ではなく、どちらかと言えば 男性脳に近いよう。 だからと言って女性なのは違いがないのですが、定型発達の女性が当たり前のように出来る事がアスペルガーには出来ないので、子供の頃から 女の子の友達が出来にくかった人も少なくありません。 男性に多いと言われていますが、これからは女性も増えていくはず 大人で既に成人している女性は、とくに自閉症スペクトラムと呼ばれる発達障害を見極める事が 難しいと言われています。 うつ病や統合失調症、私のようにパニック障害などで苦しんでいる人で治療してもなかなか治らない・・・と感じているなら 疑ってみても良いかもしれません。 生き辛さをいつも感じているASDという障害。 生まれた時から嫌な事が沢山あったかもしれませんが、少しでもその生き辛さが楽になるよう色々と考えてみたいと思います。 私も同じ 大人の 女性アスペルガー症候群ですが、一緒に試行錯誤していきましょう! 嫌われやすい女性のアスペルガー症候群は、どちらかと言えば 男性の方が話しやすいと感じるのではないでしょうか? これは先日、私がとある集まりに出かけた時の事。 アスペルガー症候群の人は、あまり積極的に人とのコミュニケーションをはかろうとはしないのですが、思い切って出かける事にしました。 最初は勉強会だったので問題はなかったのですが、問題は懇親会。 女性は女性同士で集まりやすいですよね? しかしASDの私にとってその輪に入る事は非常に難しく、 結局男性陣と話す結果になったのです。 女性の自閉症スペクトラムは女性同士の会話が苦手• 答えのない会話• 何となくの話題• 先が見えない話し 自閉症スペクトラムの人にとって、上記のような会話はとても難しいと感じてしまいます。 そのため女子会なども苦手で、まず参加する事はないのですが会話そのものにズレを感じてしまうのです。 しかしそれ以上にズレを感じているのが定型発達の人達で、 1度目は少し会話しても2度目は完全にスルーされる事も珍しくはありません。 なのに、男性だとこれがあまりない!! そのため、先日の懇親会ではいつも通り男性陣と会話を楽しむという結果になったのです。 何故女子に発達障害の女性は嫌われるのか? 基本的に空気を読めない(読みにくい)という傾向があるのが発達障害の特徴です。 男性ASDよりはまだマシかもしれませんが、女同士になるとやはり顕著にその空気の読めなさは現れてしまいます。 例えば A 「この前のあれ、凄く可愛かったよね〜」 B 「そうそう、最近彼と喧嘩しちゃってさ」 C 「そう言えば、この前イタリアンに行ったんだよね」 私 「・・・・」 何気なく交差する会話のどれに答えれば良いか分からず、最終的な答えを求めない女同士の話し方も苦手なのです。 今では自分が発達障害だと理解しているし、それがどのような問題があるかも知識として知ったので、距離を置く事をしていますが、以前なら A 「この前のあれ、凄く可愛かったよね〜」 私 「この前のあれって?」 B 「そうそう、最近彼と喧嘩しちゃってさ」 私 「喧嘩って何が原因で?」 C 「そう言えば、この前イタリアンに行ったんだよね」 私 「イタリアンってパスタ?それともレストラン?」 というように、一つ一つに徹底的に応えようとしていたので余計に面倒だと思われていたのでしょう。 アスペルガーが男性の方が話しやすいのは結果があるから 女の人は答えを求めない会話をする傾向が強いですよね? しかし男の人は結果や答えを出そうとする話し方をします。 このアスペルガーは 白か黒、良いか悪いというようにどちらかを求めてしまいがちです。 だから面倒なヤツだと言われたり、付き合いたくないと思われたりするのですが、案外男性だとそうは思われにくいように感じています。 というのも、今から考えるとその頃から女同士の付き合いが苦手だったから。 あくまでも性格的な物だと考えていたのですが、現実はそうではなくASDと呼ばれる障害が原因、それを知ってから全てに納得する事が出来ました。 幼稚園という社会に出た時から友達が出来ず、大人になり社会に出てもやはり同性の友達は出来ない・・・ もしあなたが私と同じ女性の発達障害なら、一度異性と話してみて下さい。 案外スムーズに会話が進むと感じる事があるかもしれませんよ! アスペルガー症候群の人は子どもの頃から他人と会ったり話したりが苦手な場合が多いのですが、これが少しエスカレートすると 引きこもってしまう事があります。 話しをしても理解しあえない• 自分の事を分かってもらえない• 人と会っても楽しくない 理由は色々とあると思いますが、幼少期から友達や先生と言った第三者と上手く接点を持つ事が難しかったからか、その大切さがわからない・・・ そうして大人になると 家からあまり出なくなってしまうのです。 自閉症スペクトラムは対人恐怖症になりやすい障害とも言える 定型発達の人だとそこまでは感じないそうですが、基本的に 知らない人とは何が何でも接点を持ちたくない!と思っているのが自閉症スペクトラムな人。 当然人が好きだというアスペな人もいるのですが、私の場合は誰とも積極的に何かをするという事がありませんでした。 もし友達がいれば遊びに行ったり、出かけるチャンスがあったのかもしれませんが、そんな人もいないし・・・ 当たり前だと思って過ごしていた生活スタイルは、今から考えるとかなり引きこもり。 もう一歩進めば十分対人恐怖症になっていた事でしょう。 基本的に一人でいる事が好きなのであまり問題を感じないのですが、出かけるか出かけないかの選択肢を選ぶ時は出かけない方を選んでしまうのも、アスペな人の特徴なのかもしれません。 ASDが一人が好きな理由と引きこもってしまいやすいワケ ASDと呼ばれる発達障害の人は自分が思った時に思った事を何がなんでもやり遂げたいという思いがあります。 なかなか定型発達の人には理解してもらいにくいのですが、そのため• 自分勝手• 偏屈 などと言われてしまうのですが、一度頭で考えてしまうとそれ以外の事が考えられなくなってしまうので、周囲が見えなくなってしまうのです。 自分がやりたい事を黙々と納得するまで続けようと思うと 自分以外の人がいるのが面倒になり、話しかけられるのも億劫になる・・・ だから自分の部屋に引きこもり出てこなくなってしまうのですが、 案外自室が安心出来る場所でもあったりするのです。 発達障害は一人でも生きていけるのか?答えは無理です とても薄い感情かもしれませんが、 家族やパートナーを大切に思う気持ちは発達障害でも持っています。 この感情もなかなか理解してもらいにくいのですが、私の場合は子どもに対して最大の愛情を持っていると自負しているのですが、どうも周囲から見るとそうは見えない部分もあるそうで。。。 対人恐怖症のASDに最近会ったのですが、家族や親族そして昔から信頼している人などだと問題なく会話をする事が出来ます。 つまり、発達障害の人は一人を好む傾向にあるけど一人で良いと思っている訳ではないという事。 「 だったらもっと周囲を気遣ってよ!」 と思うかもしれませんが、それが出来ないから様々な問題を抱えてしまうのでしょう。 人と会うのが嫌になったアスペルガー症候群のまとめ ここ最近の私は、家に来る人と一切会う事をしなくなりました。 誰かがドアフォンを鳴らすと存在している事だけは音声で伝えるのですが、それが書留や郵便物などのお届けであれば全て主人が出てくれます。 会いたくないとか話したくないとかではないのですが、どうも 知らない人と会うのが嫌になる気持ちが年々強まっているからなのでしょう。 いつか改善する日が来るかもしれませんが、元来苦手意識があった対人関係の部分は大人になってもアスペルガー症候群と同じで治らないのかもしれませんね。 アスペルガー症候群の 女性は 人の気持ちが分からないと言われる事が多々ありますが、本当に分からないの?と思いますよね? 私は大人になってからアスペルガーと診断されたのですが、それまでは 人の話しが半分しか分からないのが当たりまえだと思っていました。 しかし定型発達の人は相手の言う事をしっかりと理解出来ていると知り、自分がおかしかったのだと気づいたのです。 人と人とのコミュニケーションは70%が非言語で、言葉を使うのは30%だけなんです。 アスペルガーの人は、その30%だけで判断しているわけです。 文字通りのコミュニケーションと言っていいでしょう。 出典 つまり 30%しか理解が出来ていないという事なのですが、特に難しいと感じるのは遠まわしな言い方。 例えばレストランで食事をしている時に 「それ美味しい?」 と聞かれると普通は 「一口食べる?」 と返事をするのだそう。 しかし美味しいか美味しくないかを聞かれていると思うアスペな私は 「うん、美味しいよ」 とだけ答え、一人で全てを食べてしまうのです。 あくまでもこれは例えですが、もし 「一口頂戴」と言われれば「どうぞ」と言うのですが、違う表現だと言葉をそのまま受け入れてしまうから相手の気持ちが分からないと言われるのでしょう。 アスペルガー症候群 ASD の女性は大人になっても自分がアスペルガーだとは 気づかない人が多いのですが、これは 自分の考え方が変わっているとは思わないから。 子供の頃から人とは違うと気づいていても、それが変だとは思わず大人になってしまうからか、未だに気づいていない人も多いのです。 最近ではASDなどもテレビで知る機会が増えたので「もしかして?」と疑う人も増えたと思いますが、その殆どは 二次障害や私のようなチック症など、 他の原因が理由で精神科に行くと発達障害と診断される場合が多いのだそう。 また、この障害は 周囲の方が何かおかしいと気づき病院に連れて行くというパターンも多く、特に小さな子供の場合は親が気づく場合が多いのではないでしょうか。 大人で 女性の アスペルガー症候群 ASD は今では珍しくありません。 しかし一昔前はアスペルガーは男性がほとんど、女性ではなく 男性の方が多い障害だと言われていたのです。 私は成人女性のアスペルガーですが、が自閉症スペクトラムの診断を受けたのは数年前、それも40歳を過ぎてからの事。 何も汎用性発達障害を疑った訳ではなかったのですが、診断の結果はアスペルガーでした。 この障害は1944年に論文として発表されたのですがあまり話題にはならず、1981年頃から表に表れるようになりました。 今では有名になった障害ですが、私が生まれた頃は無名な障害。 知らずに40年生きてきてもおかしくはありません。 そんな人達が大人になった今、生き辛さを感じ病院を受診すると発達障害と診断される。 決して女性が少なかった訳ではなく、時代背景や障害の知名度など色々な要因が重なり女性が少ないと考えられていたのでしょう。 アスペルガー症候群(ASD)の 大人の女性はガールズトークが苦手です。 子供の時からですが・・・ なのでアスペルガーな女性が今流行りの女子会なんかに誘われると 何を話してよいか分からず苦痛ばかり伴う楽しくない集まりなんですよね。 女子会のみならずママ友の集まりやご近所さんとの井戸端会議も同じ、何を話して良いか分からず気付けば無言なんて事になってしまいます。 自閉症スペクトラムの人は自分の興味がある事に関しては幾らでも話す事が出来るのですが、逆に自分の興味がない事になると耳から入ってこなくなってしまうのです。 聞きたくないと言うのではなく、聞いているのに頭に入らないといった感じ。 なので突然返事を求められてもその内容にそぐわない変な返答をしてしまう事があるのでしょう。 アスペルガー症候群 asd で トゥレット障害(チック症)を持つ 成人女性の私。 気付かず大人になりましたが実は障害はアスペルガーだけではなく沢山持って生まれたようです。 気付かずに成人した女性なのですが、気付かないのもアスペルガーらしいといえばらしい。 ところで、トウレット障害はご存知ですか? この障害は人によって異なりますが鼻をならしたり口をならしたり、首をすぼめたりと色々な動きのような症状が現れます。 時には汚言を発言する人もいるのですが、これらは全てストレスが溜まると酷くなります。 幼少時代には多くの子供に症状が現れるようですが、中学高校生にもなれば普通は収まるのです。 しかし大人になってまでも幾つかの症状があると トゥレット障害と診断されます。

次の

アスペルガー症候群カウンセリング 名古屋|聖心こころセラピー

アスペルガー 愛知

2020. 周囲からは「融通がきかない」「ちょっとこだわりが強い」というマイナスイメージを持たれることが多いのですが、 ポジティブに言えば、「どんなときも自分のペースを守り、コツコツがんばり続けること」ができる人と言えます。 このように、「ちょっと変わった人」と認識されるだけだと、発達障害であっても、特別な困り感なく日常生活を送ることが出来ます。 しかし、不適切な環境におかれると、自閉症スペクトラム(ASD)が自閉症スペクトラム「障害」と言われるように、不都合や「障害」が発生してしまうこともあります。 アスペルガー症候群の頻度とは を含む自閉症スペクトラムの方は一定数存在するとされており、具体的な数字としては人口の1~2%存在すると報告されています。 現在調査中ですが、最新のわが国の研究ではさらに多く、人口の3~5%程度という報告が出されています。 また、男性の方が多いとされています。 なお、「アスペルガー症候群」は、「自閉症スペクトラム(ASD)」や「広汎性発達障害」と呼ばれる概念の中に含まれるもので、自閉症、特定不能の広汎性発達障害も含まれます。 これらはそれぞれ特徴があるのですが、概念が重なることもあり、互いの境界線を引くのは極めて厳しいため、最近では「自閉症スペクトラム(ASD)」というより広い範囲を示す呼び方が一般的となっています。 自閉症スペクトラムの特徴と症状 自閉症スペクトラムは、以下の2つの特徴が組み合わさって出現します。 しかし、これらの特徴が強く出てしまった場合、社会的生活に困難を引き起こします。 詳しく見ていきましょう。 視線・表情・姿勢・友人関係なども含まれます。 自閉症スペクトラムでも普通の人生を送れる 自閉症スペクトラムの人の中には、社会で大成功を収めていたり、少々変わった人程度で済んだりしているケースもあります。 一方、非常に生きづらく、厳しい人生を送っている状態の方もいます。 なぜでしょうか? 前述したように、自閉症スペクトラムは障害になるパターンもありますし、障害にならないパターンもあります。 つまり、 「障害」だと感じないような生活や環境で過ごすことが出来れば、障害を持たない人と同じように過ごすことが出来るのです。 「障害」にさせないためには、「できることをしっかりやっていき、個性を伸ばす」「できないことは無理をせずやらない」という考えのもと、その人に合った環境を考えていくことが重要なのです。 自閉症スペクトラムの方は、環境さえ合えば、圧倒されるような困難感を抱くことなく人生を送れますし、また、大きな力を発揮することもあるからです。 アスペルガー症候群や自閉症スペクトラムかと思ったら…… ここまでみてきたような特徴が自分に当てはまると思う方は、一定数いらっしゃるはずです。 しかし、「自分はアスペルガー症候群や自閉症スペクトラムかな?」と思ったとしても、生活の上で自分も周囲も特に困っていなければ、何も気にしすぎる必要はありません。 個性を生かして充実した人生が送れるはずです。 しかし、社会生活の中で何らかの生きづらさを感じているようであれば、当院にご相談ください。 当院では、アスペルガー症候群の方たちの症状に合わせて、心理療法の手法を選択して心理療法やカウンセリング治療を行っております。 行動療法など環境調整は、その他に精神保健福祉士とも連携をして、就労移行や就労支援・リワークなどの社会サービスのご案内をさせて頂くことも可能ですのでお気軽にご相談ください。 もちろん、の併存した・などは、少量の抗うつ薬などで治療をする必要がある場合もあるので、自己判断なさらず、ぜひ受診されることをお勧めいたします。

次の

あいち発達障害者支援センターの相談案内

アスペルガー 愛知

アスペルガー症候群(AS は社会性やコミュニケーションなどに困難のある障害です。 アスペルガー症候群が先天的な障害であることは確かですが、現代医学でもいまだにはっきりした原因はわかっていません。 現在、研究やデータ解析が進められている段階です。 一番有力視されているのは「脳機能障害」で、脳内のネットワークの連結機能がうまくいかない、脳の部位の機能異常、脳内物質の異常などが考えられます。 先天的に脳に何らかの障害が発現し、アスペルガー症候群を引き起こしているということです。 ですが、この何らかの障害となる要因が解明されておらず、また複数の要因が複雑に影響し合っていると考えられることから、確かな原因は不明なままなのです。 日本国内ではこれから、日本語訳や審議、周知などを経て数年以内に施行される見込みです。 アスペルガー症候群は原因と要因が明確ではないため、現段階では医学的な根本治療はありません。 しかし、 アスペルガー症候群の特徴を和らげたり、学校や職場でスムーズに対応できるようにトレーニングや療育を受けることはできます。 また、二次障害を抑えるための治療やトレーニング、療育、サポート学習なども本人の生きづらさを減らすために有効です。 個々の特性に合わせたトレーニングや療育を積むことで実生活が過ごしやすくなったり、コミュニケーションがスムーズに取れるようになったりします。 これらの治療を行うのと行わないとでは、普段の生活や本人が感じる生きやすさに明らかな差が出るとされています。 なるべく早めに本人の困難や生きづらさに気づき、診断を受けるなど専門家のサポートを受け、環境調整や療育などで適切な対処法を続けることが何よりの治療と言えるでしょう。 アスペルガー症候群の治療の判断基準は?いつから始めるべきなの? アスペルガー症候群は先天的な発達障害のひとつですが、そもそも診断自体、個々のケースによって障害が明らかになる時期がちがいます。 発達障害は、言語・認知・学習といった発達領域が未発達の乳児の時期には、特徴が分かりやすく出ることはありません。 ですから、 生後すぐにアスペルガー症候群の診断がでることはありません。 またアスペルガー症候群の特徴は他の発達障害の特徴と共通し、併存することもあるので、診断が難しいことがあります。 後から振り返って乳児期に目を合わせない、人見知りをしない、などの気がかりな徴候や何らかの育てにくさを感じたパパ・ママは多くいます。 そして幼児期以降、園などで集団生活が始まる頃になると、周りの子との何らかの違いやその子の特性が現れてきます。 目が合っても笑わない、同年代の子と上手に遊べない、ストレートで他人を傷つけるような発言をするなどの特徴が顕著になり、困りごとが出てきた場合、家族がアスペルガー症候群の可能性に気づいたり、医療機関や保育士などに指摘されたりして、診断を受けるケースが多くなります。 ただし、気づかないまま大人になってしまうことも大いにあり得ます。 ですが、 アスペルガー症候群にとって、早期発見・早期療育が何より重要です。 大切なのは、 子ども本人が困っているという視点に立つことです。 周りが「障害かもしれない」と気づき、そして専門家の助けをいち早く得ることで、本人の生きづらさが軽減できるのです。 早期療育は効果が出やすいとも言われています。 なにより、本人や周りが障害への正しい理解をし、早く適切な対処法を身につけることで、その子にとってコミュニケーションがうまくいかず、つらい時間を短くすることができます。 これらの特徴やトラブルが顕著であれば「気になる」時点で専門機関に相談し、できるだけ早く治療・療育を実行していくとよいでしょう。 アスペルガー症候群の治療法・療育法 療育による対応法 アスペルガー症候群は現代の医療では、完全に症状を治療することはできません。 しかし療育を受けることによってアスペルガー症候群の特徴を緩和させたり、困りごとを軽減したり、また、子どものよい部分を伸ばしていくことが可能です。 療育は言葉や身体機能など発達に遅れのみられる子どもについて、生活への不自由をなくすよう専門的な教育支援プログラムにのっとり、トレーニングをしていこう、というものです。 またその目的や分野についてはさまざまな種類があります。 会話が苦手な子であれば、絵を描くことでその子の感情を読み取ったり、話題になりやすいような工夫をしてあげることが可能です。 絵本や図鑑などを見ながらその子の特性を把握したり、その子が興味を持つ事柄を探り当てたり、集中しやすい物事は何なのかを確認していく作業などが行われます。 簡単な心理テストや適性検査を成長段階に合わせて行い、治療方向の確認や修正などをこまめに行っていくのが特徴です。 療育で行われる具体的なトレーニングは以下のようなものです。 薬物による治療法 症状を緩和させるため、投薬治療が行われることがあります。 また、統合失調症や強迫性障害といった併存障害の治療で薬物療法が取られる場合もあります。 脳と精神状態を確認しながら適切な薬を処方されますが、感覚過敏を抑えるために気分安定薬が処方される場合があります。 しかし、薬には副作用もありますし、人によって合う合わないがあります。 低年齢の子どもの場合はより慎重に進めるべきという専門家もいます。 主治医の先生と信頼関係を築き、よく相談した上で納得して治療を進めるとよいでしょう。 不安に思うことや懸念点などはなんでも聞くようにし、適切な用法や用量を守ることが大切です。 また、ただ薬を利用して子どもを落ち着かせるのではなく、落ち着いている時には必ずスキルトレーニングなどを行いましょう。 知的な遅れがなく、優れた集中力や記憶力を発揮することもあるアスペルガー症候群。 そのため家族は障害をなかなか受け入れがたい気持ちにもなり、悩みは深いのではないでしょうか?また、周囲の無理解や誤解もあるでしょう。 アスペルガー症候群の子はコミュニケーションを苦手とし、対人関係を築くのを不得意と感じる子が多いです。 家族に懐かなかったり、愛情を示すことも苦手な場合がありますが、 周りの大人が正しくアスペルガー症候群について理解をすることがまずは第一歩。 「この子はコミュニケーションをとるのが苦手なんだ」と一種の特徴として考え、接しましょう。 対人的なコミュニケーション能力や人間関係構築のスキルは、専門機関や周囲の支援で訓練を受ければ改善が見込まれます。 相手の感情を認識できるようにサポートする 人の気持ちを理解することが得意でなく、思ったことを悪気なくなんでも口に出してしまいます。 例えば「太ってるね!」「あの人変な格好だね」など、相手の気持ちを考えずに発言してしまうときがあります。 そこで親は叱ってしまいがちなのですが、アスペルガー症候群の子はなぜ叱られているか理解できません。 ただ叱るのではなく、はっきりと言ってはいけないことだと伝えます。 相手の気持ちを認識できるように声かけもしましょう。 ネガティブな気持ちを受け止めながら励ます アスペルガー症候群の特性がある子は、比喩や遠回しの表現を理解するのに困難を示すことが多いです。 また、相手の表情やしぐさをよみとり行動するのも苦手と感じる子が多いです。 指示するときやコミュニケーションをとるときは、特性を理解し、その子にとってわかりやすい方法を考えましょう。 具体的な指示を出された場合はきちんと行動できることが多いです。 「椅子に座ろうね」「電気を消してね」など、指示は一つずつ出すと、その子の混乱を防ぐことができます。 「あれ」「そっち」などの代名詞も避けましょう。 そんな時はジェスチャーや写真、イラストなどを使って、視覚的にもサポートしてあげましょう。 手作りカードを持ち歩けば、場所や環境が違っても落ち着いて指示に従えたり行動できる手助けになります。 「叱る」のではなく「教える」ように努める.

次の