【呪術廻戦】144話「あの場所」内容振り返り・情報整理・考察!

そんな天元のことを「天元様」と呼ぶ人が多いです。 盤星教には時の器の会と呼ばれる会があり、純粋な天元様がけがれの星漿体 不純物である人間 と同化して不純な存在になることを危惧しています。 なお、高専を囲う結界は、植物や呪力を持たないものに機能しません。

Next

【呪術廻戦】144話「あの場所」内容振り返り・情報整理・考察!

しかしそこには誰もいなかった。 天元そのものについての情報 ・不死の術式を使えるが、不老の存在ではない。

Next

【呪術廻戦ネタバレ】天元様とは誰?暴走・集団名・結界・夏油&五条との関係・黒幕解説|Anitage+

だからコロモンからやり直すって話ね」 …すごい分かりやすい — 斉藤先生 Club house攻略中 Snowbloomo そうなってしまっては困るので、天元は 500年に一度自分と適合する人間と「同化」して 肉体の情報を書き換えてしまうことで 術式効果を一新し、意思を保ち進化を阻止してきました。 事情を聞いて、特級呪術師の九十九、特級相当の実力を持つ脹相の二人が天元の護衛に名乗りを上げる。 天元の正体の手がかり・考察 【天元のモデル】 天元…囲碁の碁盤の中心点のこと。

Next

【呪術廻戦】144話ネタバレ!天元様登場!?

天元(てんげん)とは、『呪術廻戦』の登場人物で、高度な結界術を操る呪術界の中枢的存在。 高専内の扉の数は1000を超えます。

Next

【呪術廻戦】天元様の正体は1話に登場していた!木・黒幕説やニセ夏油に九十九との関係を考察

申し訳ございません。

Next

【呪術144話】天元登場!九十九を拒絶する理由を考察

これから高専に戻る、と伏黒。 夏油が呪詛師になって里香を狙いに来なければ 百鬼夜行事件も起こらず、乙骨に敗れることもなく 五条が親友を殺すことも、遺体を別人に操られることもなく ひいては、渋谷事変も起こることはありませんでした。 その中で無数の呪霊(人間が無意識に漏らした呪力が実体を得た怪物)が都心部に放たれ、東京は壊滅。

【呪術廻戦】144話「あの場所」内容振り返り・情報整理・考察!

天元様が人類の敵になる可能性もあると夏油も語っており、黒幕になる可能性もあると考察できますね。

Next

呪術廻戦の天元様とは?日本の呪術界を支えている存在について

なので目標達成のために、• とりあえず俺の・・・兄貴ってことで・・・。 天内理子の再登場は現在ではない。 ・完全に肉体が変化した場合は意思のない存在へと変化し、最悪の場合敵になる可能性がある。