仙台市上空の白い飛行物体の正体は何?場所がどこかも調査!【6月17日】

左図がラジオゾンデの画像です。

仙台市の白い物体(未確認飛行)の正体は何なのか調査!目撃場所や情報をまとめてみた!|T

しかし今回の白い物体は、プロペラのような物が取り付けられているので、形を見ても気象観測気球ではない事が分かりますね。 普通はあがっていくはず。

Next

仙台市で白い物体が浮遊!その正体とは?

SNS上では気象庁が高層大気の気温などを測定する機器である「ラジオゾンデ」ではないかとの声も見られた。 目撃者によると、少なくとも午前4時ごろから同じ位置に浮いたままだという。

Next

仙台市上空で「白い物体」が浮遊!アメリカ軍正体はUFOと特定か!「動画・画像」

仙台市で見える白い物体の正体はこれだった 白い丸い半透明の下に何やら・・・3本ほど伸びた棒のようなものが見えますね。 や、等で2020年6月17日5時頃から目撃された。 2020年7月16日閲覧。

Next

仙台上空に謎の白い物体「UFO説」追跡 専門家が断言する理由とは

ネットでは6月17日の午前7時頃から目撃されている方がいらっしゃいました。 UFOといえば円盤の形をイメージしがちですが、ほんとうのUFOは白い球であった可能性も考えられますね。

宮城の空に謎の「気球」 下部に十字状の物体 有力な手掛かりなし

「一定時間その場所に無音で停止したり、西から東に少しずつ移動することが、既知の航空機やドローンで各省への届け出なくして果たして可能なのでしょうか?」(同) さらに、謎の白い物体の画像をよく見ると必ずしも真ん丸くはない。 午後 - 太平洋側に流れて行った。 こうした状況を受け、J-CASTニュースは福岡大学の気圏物質科学研究室の林政彦教授に取材を申し込んだ。

仙台市の白い物体(未確認飛行)の正体は何なのか調査!目撃場所や情報をまとめてみた!|T

2020年6月17日時点のよりアーカイブ。

Next

何時間も浮遊する「謎の白い物体」 その正体は…現時点で不明 仙台上空(ウェザーニュース)

同年11月に風船をつけたゴンドラでアメリカを目指して太平洋横断に挑戦したが、出発から2日後に連絡が途絶え、その後の消息は不明である。

Next