ギャランフォルティススポーツバック(三菱)のカタログ|中古車なら【カーセンサーnet】

8Lエンジン搭載の4WD車は、燃費を向上させてエコカー減税(50%軽減)に適合させた。 他の自動車メーカーが滑らかな一体感を重視したり、直線と曲線が融合したボディーラインを模索している中、ガンダムベースが三菱デザインのアイデンティティ(笑)。 三菱ギャランフォルティススポーツバック(GALANT FORTIS SPORTBACK)は、クーペをイメージさせるスタイリッシュなデザインと、使い勝手の良いラゲッジルームを併せ持ったプレミアム感のある5ドアハッチバックモデル。

Next

【三菱 ギャラン フォルティス スポーツバック試乗記】クーペのようなルックスを持つハッチバックは、走りの良さが魅力的! [CORISM]

8L 17. これは軽自動車の多くがハッチバック車であるほか、売れ筋のコンパクトカーも大半がハッチバック車だからだ。 マイナーチェンジ。 この、日常重視の程よくスポーティな性格が、ギャラン・フォルティス ラリーアートの魅力といえそうだ。

Next

【三菱 ギャラン フォルティス スポーツバック試乗記】クーペのようなルックスを持つハッチバックは、走りの良さが魅力的! [CORISM]

そのためスポーツバックというアウディがA3で採用している名前を使っている。 2008年• この後MIVECはさまざまに応用され、環境エンジンにも適合していったのはV-TECも同様だ。

Next

三菱、「ギャラン フォルティス」「ギャラン フォルティス スポーツバック」をマイナーチェンジ

パワートレインは、ツーリングとスポーツに2L MIVECエンジンとINVECS-III 6速スポーツモードCVTの組み合わせを採用。 サニーに負けず、末永く乗っていけたらいいなあと思う今日この頃です。 )同プラットホームの最初の量販車は、2代目のアウトランダーであり、それの乗用版として開発されたのがフォルティスにあたり、その中間を埋めるRVR、さらに、ミニバンであるデリカD-5という順で開発が進んだ。

Next

三菱自動車 ギャランフォルティスの燃費

三菱のクルマ 三菱といえば個性的なボディデザインを連想します。

Next

ギャランフォルティススポーツバックについて

「RALLIART」を除き2段階高さ調整付のカーゴフロアを備え、フロアを下段にした場合の容量は345L。 SST同様にパドルを使って積極的にギアポジション(6段)を選ぶこともできるが、変速パドルはステアリング・コラム側に固定されていて、探すことなく安心して操作できる。 4ドアも5ドアも両方あれば、絶対にどちらかのタイプが欲しいというユーザーにも対応できるからだ。

Next

ギャランフォルティススポーツバック(三菱)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

併せて、ターゲット層ともいわれる40~60歳代の購買層に、国内三菱の歴史において3ナンバーフルサイズセダンとして受け入れられる名称、ギャランを採用した。 セダンより若向きで実用的でもあるから、行動派ユーザーには狙い目の一台といえよう。

Next

三菱を代表するスポーツセダン!ギャランフォルティスをレビュー!|

その他に、メーカーオプション設定のMMCS(ナビゲーション、オーディオ機能など)を、高解像度・高精細WVGAモニターを搭載した多機能メモリーナビゲーションなどで構成する新型に変更し、ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステムに新機能を採用。 8~15. ハッチバックのボディ形状は比較的小さなクルマに多いが、少し大きなサイズでも便利さは衆目の一致するところ、欧州車にはこのクラスでも普通に存在する。

Next