コアコンピタンスとは?意味を具体例と図解でわかりやすく解説

学術的感性は読書や映画鑑賞などの幅広い経験から鍛えられますので、ぜひお試しください。

Next

【コアコンピタンスとは】実践的知識と具体的事例をわかりやすく解説|リベラルアーツガイド

カテゴリ:• 企業経営では、労働生産性や資本生産性などの指標がよく用いられますが、 どちらも投資 インプット に対して、成果(アウトプット)がどれだけ生み出されたかを示すものです。 コアコンピタンスはケイパビリティの集合体なのか? コアコンピタンスとケイパビリティの関係性を言葉で示すなら「ケイパビリティの中からコアコンピタンスを抽出している」といえます。

ビジネスに欠かせない「コアコンピタンス」の意味とは? ケイパビリティとどう違う? 使い方を例文付きで解説【スグ使えるビジネス用語集】

そしてそんな優良顧客を得るために必要なのはコアコンピタンスを持つことではなく、 お客さんにコンピタンス 強み を伝え、いかに価値を感じてもらえるかというところなのです。 結果的にリスク分散につながるため、長期的に安定して利益を得られるようになります。 カテゴリ:• また高度化したコア・コンピタンスは様々な製品に応用できるので、新しい事業を次々と生み出せます。

Next

コアコンピタンスとは?コアコンピタンスの意味を丁寧に解説

「コアコンピタンス」と「ケイパビリティ」のつながりとは? それでは「コアコンピタンス」に近い言葉である「ケイパビリティ」について、意味の違いや関係性を見ていきましょう。 以下がコアコンピタンスの3つの条件です。

Next

「コアコンピタンス」「コーポレートガバナンス」「コンプライアンス」の意味

コアコンピタンス経営に成功した企業とは?また、その成功例はどのようなものだったのでしょうか。

Next

「ケイパビリティ」の意味とは?「コアコンピタンス」との違いなどを解説

他の会社が真似しようと思ったら、社風から人材育成のノウハウまで全てを模倣しなくてはいけません。

Next