度々 申し訳 ありません。 「度々」の意味と使い方、敬語、類語・言い換え、「重ね重ね」との違い

「度々」の意味とは?ビジネスメールでの使い方や正しい敬語表現

度々 申し訳 ありません

日常会話でよく見かける「度々すみません」という言葉。 ビジネスシーンでは頻繁に使われていますが、正しく意味を理解し、適切な使い方ができている人はあまり多くないでしょう。 言葉の意味を理解しないまま使い方を間違ってしまうと、ビジネスシーンでは相手に悪い印象を与えることになります。 「度々すみません」とは、同じ相手に重ねて何度も同じ手間を取らせてしまったときに使う謝罪の言葉です。 「度々すみません」とは少々砕けた表現で、自分とほぼ同じ立ち位置である知人など、主に一般人向けに使われます。 それに対し、職場の上司や目上の人に対しては、敬語表現として「度々申し訳ございません」といった少し固い言い回しに変換されるのが普通です。 以下では日常生活でよく使われる「度々すみません」の言葉の意味と正しい使い方、敬語表現やビジネスシーンにおいての使い方を詳しくご紹介します。 「度々すみません」の使い方と例文 冒頭にも述べたように「度々すみません」という言葉は、生活のあらゆる場面で使われます。 しかし多くのシーンで使われるメジャーな言葉だけあって、いざ使うとなると「この使い方はあっているのか?」と不安感じてしまうことが少なくないのではないでしょうか。 ここでは、どんな場所でも臨機応変に活用できるよう、あらゆる面で応用できる例文をいくつかご紹介します。 電話での「度々すみません」 電話での使い方は口頭とほとんど変わりなく使うことができます。 クッション言葉として使うことができますので、あまり難しく感じる必要はありません。 ちなみに、目上の方に対して使うのであれば、上記した通り「度々申し訳ありませんが~」といった表現に変えるだけで使うことができます。 【例文】 ・度々すみませんが、資料を添付しましたのでご確認お願いいたします。 「度々すみません」は初対面の人には使わない 前項でお伝えした通り、度々すみませんという言葉はビジネスシーンでも多用されることが多々あります。 口頭で伝える場合は、そのまま謝罪する言葉として使うことが適しています。 しかし、ビジネスメールや電話でも、口頭と同じような使い方をするのが正しいとは限りません。 口頭では誤解なく伝わっても、ビジネスメールや電話では使い方によっては無礼にあたり、相手に悪い印象を与えかねません。 ここでは、ビジネスメールや電話にて「度々すみません」の言葉の使い方についてご紹介します。 ビジネスメールで「度々すみません」と伝える場合 ビジネスメールの場合は、口頭と使い方はほぼ同じで特別大きな違いはありません。 普段の会話と同じ使い方をしても、相手に不愉快な気持ちを与えることは稀でしょう。 ビジネスメールで使う場合は、何度も同じやり取りが続いてしまったり、同じ案件について何度も確認メールを送ってしまったときに使用するのが一般的です。 使い方は、メール文の冒頭にワンクッション置くように入れると相手にうまく伝わります。 電話で「度々すみません」と伝える場合 口頭やビジネスメールと同じく、電話でも言葉の使い方に大きな違いはありません。 ただ、電話の場合は、少々変わった使い方をするケースもあるので注意が必要です。 口頭やメールと同様、同じ相手と似たやり取りが何度も続いた際に、ワンクッション置くつもりで「度々すみませんが~」と伝えると、丁寧かつ自然な雰囲気で会話を進めることができます。 丁寧に謝罪したい場合は向いていない 何度も迷惑をかけたことに対して詫びる言葉ですが、丁寧に謝罪したい場合は、この言葉はあまり適切ではありません。 目上の方や上司に対して使うには少し誠実さに欠けますし、丁寧に謝罪をするならば別の言葉に置き換える必要があるでしょう。 例えば「度々すみません」の「すみません」を「申し訳ありません」、「申し訳ございません」といった言葉に変えることで、真摯に謝罪している気持ちが相手に伝わります。 繰り返しになりますが、誠意を持って相手に謝罪する場合は「度々申し訳ございません」といった丁寧語を併せて覚えておくと、いざというときに失礼な対応をしなくてすむでしょう。 度々すみませんとは、同じ人に重ねて迷惑をかけている場合に用いる言葉の表現です。 漢字を見ても「度々」と書かれるため、比較的わかりやすい言葉の成り立ちをしていますね。 私たちをとりまく環境では、同じ相手に立て続きに迷惑をかけてしまうことが多々あります。 この言葉は、人に何度も心理的負担を与えてしまった場合に、相手を思いやる気持ちをこめて社会の様々な場面で使われます。 目上の人には敬語表現にする 「度々すみません」という言葉を目上の人に使う場合は、敬語表現に変える必要があります。 ビジネスシーンでは、目上である取引先や上司に対して誠心誠意を持って謝罪することも少なくありません。 いざというときに困らないためにも、今から言葉の意味を正しく理解し、適切な敬語表現ができるよう訓練しておきましょう。 「度々申し訳ございません」と丁寧語に変える 度々すみませんを丁寧な敬語表現に変えるには「すみません」の部分を「申し訳ございません」置き変える必要があります。 ビジネスシーンでもよく使われるフレーズですが、この「すみません」という言葉は丁寧な表現ではありません。 特に目上の人に誠心誠意を持って謝罪する場合は、相手の気持ちに十分配慮しながら言葉を選んでいく必要があります。 意外にも言葉の選択を間違えやすいのが謝罪をするときです。 間違った敬語表現をすることで、余計火に油を注ぐような事態を招くことも予想されます。 特に自分たちがマイナスの状況に陥っているときは、適切な意思表示ができるよう気持ちを引き締めていきましょう。 謝罪には類語を使うこともできる 社会経験が浅く、敬語表現を使い慣れていないうちは、目上の人に対しても「度々すみません」と言ってしまいがちです。 うっかり言葉の選択を謝ると、相手に悪い印象を与えてしまい謝罪の意味も薄くなってしまいます。 失礼な言動をしてしまわないか、言葉の使い方に自信がない場合は、類義語を使った表現に置き変えるとよいでしょう。 間違った言葉で事態を重くするのであれば、使いやすい類語を使った方が無難です。 謝罪の類義語の例として、「重ね重ね申し訳ありません(ございません)」という表現が挙げられます。 こちらの表現もビジネスシーンではよく使われる言葉ですし、目上の人に対しても失礼になりません。 「度々申し訳ございません」という表現が使いづらい場合はこちらを使うのも良いでしょう。 多用できる言葉であるが、相手によって微妙な表現の変化を。 今回は「度々すみません」という言葉の意味と使い方についてご紹介しました。 このフレーズは様々なシーンで使われる表現ですが、多用できる言葉だからこそ、使うシーンや相手によって適切な表現を選ぶ必要があります。 些細な言葉の違いでも、適切な使い分けができるかで、相手に与える印象が大きく違ってきます。 社会で大切な人たちと良好なコミュニケーションをとっていくためにも、普段から言葉の使いわけは細かく行っていきましょう。 あなたの年収、適切ですか? 「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。 」 そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。 実はその悩み、転職すれば解決できる可能性があります。 転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができるかもしれません。 転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

次の

「度々」の意味・使い方は?ビジネス敬語の例文・しばしばなどの類語も

度々 申し訳 ありません

「恐れ入ります」「恐れ入りますが」は様々な場面でよく使われる言葉ですが、意味を正しく理解して使っている人はどれほどいるでしょうか。 なんとなく使っている人も多いはずです。 まずは「恐れ入ります」の意味について説明しましょう。 「感謝の気持ち」や「申し訳ない気持ち」を含む 「恐れ入ります」の意味は以下の通りです。 ・目上の人の行為に対して感謝の気持ちをあらわす言葉 ・大変ありがとうございますの意味も含む 「恐れ入りますが」の形になると、以下のような意味になります。 ・目上の人や客人への頼み事や迷惑に対し、「申し訳ない気持ち」を意味する ・大変申し訳ありませんの意味も含む 「恐れ入りますが」には、字の通り「恐れる」という意味が含まれています。 「恐れ入りますが」は「あなたには敵いません」という相手を敬う意味だけでなく、配慮の気持ちを表現できる言葉なので、覚えておくと非常に便利なです。 コミュニケーションを円滑にする緩衝言葉 「恐れ入りますが」という言葉は、文頭につけて使用する緩衝言葉の1つです。 緩衝言葉とは、会話の内容には直接影響しないものの、会話の雰囲気や相手への印象を良くする言葉です。 クッション言葉とも言いますね。 緩衝言葉、あるいはクッション言葉の種類は多く、「恐れ入りますが」の他にも「お手数をおかけしますが」「ご面倒ですが」「差し支えなければ」「あいにく」などがあります。 シーンによって適切に使い分けられるようになると、円滑なやり取りができるだけでなく、ビジネスマンとして高く評価されるでしょう。 よりかしこまった表現は「恐縮です」 「恐れ入りますが」は話し言葉に近いものです。 そのため、ビジネス文書などにおいてよりかしこまった表現で「恐れ入りますが」と表したい時は、「恐縮ですが」と書くとより良くなります。 「恐れ入りますが」と書いても、間違いではありません。 臨機応変に、相手や用件に合わせて使い分けてください。 「恐れ入りますが」の使い方 緩衝言葉はコミュニケーションを円滑にするためのものですが、間違った使い方をすると逆効果になります。 「恐れ入りますが」はどのような場合に使うのでしょうか。 正しい「恐れ入りますが」の使い方について説明しましょう。 相手に頼みごとをする時に使用する 「恐れ入りますが」とは、主に目上の人や客人に対して頼み事をする際に使われます。 それを防ぐために「恐れ入りますが」などの緩衝言葉が使われるのです。 頼み事の前に一言付け足すだけで、柔らかい言い方になります。 「恐れ入りますが」の使用例 「恐れ入りますが」の使用例は以下の通りです。 参考にしてください。 ・恐れ入りますが、お名前を教えていただいてもよろしいでしょうか。 ・恐れ入りますが、その本を貸していただけないでしょうか。 ・恐れ入りますが、折り返しお電話をいただけますでしょうか。 ・恐れ入りますが、こちらにサインをお願いいたします。 「恐れ入ますが」と「申し訳ございませんが」の違い 「恐れ入りますが」と似た言葉として、「申し訳ございませんが」がよく挙げられます。 こちらもビジネスシーンではよく使う言葉ですね。 では、「恐れ入りますが」と「申し訳ございませんが」との違いは何でしょうか。 両者の違いについて説明しましょう。 「申し訳ございませんが」は謝罪の気持ちを伝える際に使う 「申し訳ございませんが」は「恐れ入りますが」と違い、相手に対して自分の謝罪の気持ちを伝える際に使います。 「申し訳ございませんが」は、相手に対して失礼があったり、迷惑がかかった場合に使われるのです。 「恐れ入りますが」は、自分は悪くないけど相手に配慮するために使う言葉です。 「申し訳ございませんが」と似てはいますが、意味はまったく異なるので注意してください。 「申し訳ございませんが」の使用例 「申し訳ございませんが」の使用例は以下の通りです。 ・申し訳ございませんが、再度確認していただいてもよろしいでしょうか。 ・申し訳ございませんが、もう少々お待ちください。 ・申し訳ございませんが、お名前とご連絡先をお伺いしてもよろしいですか。 「恐れ入りますが」の間違った使い方 「恐れ入りますが」を間違って使ってしまう人も少なくありません。 「恐れ入りますが」の言葉の意味をよく知らないまま、とりあえず言っておけば問題ないだろうと考えている人は要注意ですよ。 間違った使い方をして相手に良くない印象を与えたり、仕事に支障をきたす可能性があります。 「恐れ入りますが」の間違った使い方を知っておき、いざという時に間違えないように注意しましょう。 自分の行いに対し「恐れ入りますが」を使うのは誤り 「恐れ入りますが」の間違った使い方としてよく挙げられるのは、自分の行いに対して「恐れ入りますが」を使ってしまうケースです。 「恐れ入りますが」は目上の人や客人に対して頼み事をする際に使う言葉であり、自分の行いに対する言葉ではありません。 この文章の場合、行動するのは自分自身であり、相手に頼み事をしているわけではないですよね。 この場合は、「申し訳ございませんが」と言う方が正解になります。 「恐れ入りますが」の間違った使用例 「恐れ入りますが」の間違った使用例は以下の通りです。 ・恐れ入りますが、もうすぐ会議が始まるので、後ほど折り返しご連絡を差し上げてもよろしいでしょうか。 ・恐れ入りますが、もう少々お待ちください。 ・恐れ入りますが、入金は来週まで待っていただけないでしょうか。 お礼を言う時は「ありがとうございます」とストレートに言った方が良い お礼として「恐れ入ります」と言う人もいますよね。 「恐れ入ります」は相手への感謝の気持ちも含む言葉であるため、これは間違いではなく正しい使い方です。 かしこまった表現であり、ビジネスシーンに適した言い方ではありますが、できればお礼を言う時は「ありがとうございます」とストレートに言った方が良いでしょう。 感謝の気持ちがストレートに伝わるので、相手に好感をもたせます。 「恐れ入りますが」は頼み事をする時の緩衝言葉!会話を円滑にする効果がある 「恐れ入りますが」や「申し訳ございませんが」は、代表的な緩衝言葉です。 似た意味に思えてしまうこれらですが、使い方には違いがあります。 「恐れ入りますが」は、相手に何かを頼むときに使うものです。 それとは違い「申し訳ございませんが」は謝罪の気持ちを伝える際に使います。 「恐れ入りますが」を、自分の行いに対して使わないように注意しましょう。 「恐れ入りますが」と「申し訳ございませんが」の意味の違いを認識して、正しく使えるようにしておいてくださいね。

次の

度々申し訳ありません。

度々 申し訳 ありません

日常会話でよく見かける「度々すみません」という言葉。 ビジネスシーンでは頻繁に使われていますが、正しく意味を理解し、適切な使い方ができている人はあまり多くないでしょう。 言葉の意味を理解しないまま使い方を間違ってしまうと、ビジネスシーンでは相手に悪い印象を与えることになります。 「度々すみません」とは、同じ相手に重ねて何度も同じ手間を取らせてしまったときに使う謝罪の言葉です。 「度々すみません」とは少々砕けた表現で、自分とほぼ同じ立ち位置である知人など、主に一般人向けに使われます。 それに対し、職場の上司や目上の人に対しては、敬語表現として「度々申し訳ございません」といった少し固い言い回しに変換されるのが普通です。 以下では日常生活でよく使われる「度々すみません」の言葉の意味と正しい使い方、敬語表現やビジネスシーンにおいての使い方を詳しくご紹介します。 「度々すみません」の使い方と例文 冒頭にも述べたように「度々すみません」という言葉は、生活のあらゆる場面で使われます。 しかし多くのシーンで使われるメジャーな言葉だけあって、いざ使うとなると「この使い方はあっているのか?」と不安感じてしまうことが少なくないのではないでしょうか。 ここでは、どんな場所でも臨機応変に活用できるよう、あらゆる面で応用できる例文をいくつかご紹介します。 電話での「度々すみません」 電話での使い方は口頭とほとんど変わりなく使うことができます。 クッション言葉として使うことができますので、あまり難しく感じる必要はありません。 ちなみに、目上の方に対して使うのであれば、上記した通り「度々申し訳ありませんが~」といった表現に変えるだけで使うことができます。 【例文】 ・度々すみませんが、資料を添付しましたのでご確認お願いいたします。 「度々すみません」は初対面の人には使わない 前項でお伝えした通り、度々すみませんという言葉はビジネスシーンでも多用されることが多々あります。 口頭で伝える場合は、そのまま謝罪する言葉として使うことが適しています。 しかし、ビジネスメールや電話でも、口頭と同じような使い方をするのが正しいとは限りません。 口頭では誤解なく伝わっても、ビジネスメールや電話では使い方によっては無礼にあたり、相手に悪い印象を与えかねません。 ここでは、ビジネスメールや電話にて「度々すみません」の言葉の使い方についてご紹介します。 ビジネスメールで「度々すみません」と伝える場合 ビジネスメールの場合は、口頭と使い方はほぼ同じで特別大きな違いはありません。 普段の会話と同じ使い方をしても、相手に不愉快な気持ちを与えることは稀でしょう。 ビジネスメールで使う場合は、何度も同じやり取りが続いてしまったり、同じ案件について何度も確認メールを送ってしまったときに使用するのが一般的です。 使い方は、メール文の冒頭にワンクッション置くように入れると相手にうまく伝わります。 電話で「度々すみません」と伝える場合 口頭やビジネスメールと同じく、電話でも言葉の使い方に大きな違いはありません。 ただ、電話の場合は、少々変わった使い方をするケースもあるので注意が必要です。 口頭やメールと同様、同じ相手と似たやり取りが何度も続いた際に、ワンクッション置くつもりで「度々すみませんが~」と伝えると、丁寧かつ自然な雰囲気で会話を進めることができます。 丁寧に謝罪したい場合は向いていない 何度も迷惑をかけたことに対して詫びる言葉ですが、丁寧に謝罪したい場合は、この言葉はあまり適切ではありません。 目上の方や上司に対して使うには少し誠実さに欠けますし、丁寧に謝罪をするならば別の言葉に置き換える必要があるでしょう。 例えば「度々すみません」の「すみません」を「申し訳ありません」、「申し訳ございません」といった言葉に変えることで、真摯に謝罪している気持ちが相手に伝わります。 繰り返しになりますが、誠意を持って相手に謝罪する場合は「度々申し訳ございません」といった丁寧語を併せて覚えておくと、いざというときに失礼な対応をしなくてすむでしょう。 度々すみませんとは、同じ人に重ねて迷惑をかけている場合に用いる言葉の表現です。 漢字を見ても「度々」と書かれるため、比較的わかりやすい言葉の成り立ちをしていますね。 私たちをとりまく環境では、同じ相手に立て続きに迷惑をかけてしまうことが多々あります。 この言葉は、人に何度も心理的負担を与えてしまった場合に、相手を思いやる気持ちをこめて社会の様々な場面で使われます。 目上の人には敬語表現にする 「度々すみません」という言葉を目上の人に使う場合は、敬語表現に変える必要があります。 ビジネスシーンでは、目上である取引先や上司に対して誠心誠意を持って謝罪することも少なくありません。 いざというときに困らないためにも、今から言葉の意味を正しく理解し、適切な敬語表現ができるよう訓練しておきましょう。 「度々申し訳ございません」と丁寧語に変える 度々すみませんを丁寧な敬語表現に変えるには「すみません」の部分を「申し訳ございません」置き変える必要があります。 ビジネスシーンでもよく使われるフレーズですが、この「すみません」という言葉は丁寧な表現ではありません。 特に目上の人に誠心誠意を持って謝罪する場合は、相手の気持ちに十分配慮しながら言葉を選んでいく必要があります。 意外にも言葉の選択を間違えやすいのが謝罪をするときです。 間違った敬語表現をすることで、余計火に油を注ぐような事態を招くことも予想されます。 特に自分たちがマイナスの状況に陥っているときは、適切な意思表示ができるよう気持ちを引き締めていきましょう。 謝罪には類語を使うこともできる 社会経験が浅く、敬語表現を使い慣れていないうちは、目上の人に対しても「度々すみません」と言ってしまいがちです。 うっかり言葉の選択を謝ると、相手に悪い印象を与えてしまい謝罪の意味も薄くなってしまいます。 失礼な言動をしてしまわないか、言葉の使い方に自信がない場合は、類義語を使った表現に置き変えるとよいでしょう。 間違った言葉で事態を重くするのであれば、使いやすい類語を使った方が無難です。 謝罪の類義語の例として、「重ね重ね申し訳ありません(ございません)」という表現が挙げられます。 こちらの表現もビジネスシーンではよく使われる言葉ですし、目上の人に対しても失礼になりません。 「度々申し訳ございません」という表現が使いづらい場合はこちらを使うのも良いでしょう。 多用できる言葉であるが、相手によって微妙な表現の変化を。 今回は「度々すみません」という言葉の意味と使い方についてご紹介しました。 このフレーズは様々なシーンで使われる表現ですが、多用できる言葉だからこそ、使うシーンや相手によって適切な表現を選ぶ必要があります。 些細な言葉の違いでも、適切な使い分けができるかで、相手に与える印象が大きく違ってきます。 社会で大切な人たちと良好なコミュニケーションをとっていくためにも、普段から言葉の使いわけは細かく行っていきましょう。 あなたの年収、適切ですか? 「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。 」 そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。 実はその悩み、転職すれば解決できる可能性があります。 転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができるかもしれません。 転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

次の