天才チャート 4時間足。 4.1月初めの天才チャートエントリーポイント検証|FX天才チャートでデイトレ実践中

FX天才チャート実践記[2019年1月30日]

天才チャート 4時間足

FXトレーダーブログの中でも、最もパンチがあると思えるのが 及川圭哉さんです。 本当にたくさんのFXトレーダーブログが存在するんですが、 その中でも定期的に(週2くらい)でリアルトレード動画をアップし、 しかも 毎回のように100万円以上の収支をあげているのは及川圭哉(おいかわけいすけ)さんのみです。 こりゃスゲェ。 実際のところFXのトレード収支はロット数に比例するので、 その日のデイトレード結果がモノスゲー!っていう部分よりも、 毎回安定して利益をあげ続けておられる部分に着目すべきだと私は思います。 最近爽やかなヘッダー画像に変わった及川圭哉さんのFXブログ。 及川圭哉さんのブログ記事は、人間味溢れてる感じが伝わってきます。 圧倒的なトレードの金額実績をドーンとだされているので、 好き嫌いはハッキリわかれるところですが、 支持者もかなり多いのが状況的に明らかにわかると思います。 こんな感じで露出も多い、と。 そして、及川圭哉さんはこれまで、 「専業トレーダー1000人育成プロジェクト・パラダイムメソッド」と 「天才チャート」(5分足トレードのオリジナルチャート付き)等のFX塾を企画されてきました。 それ以前にも様々なFX塾を販売されてきました。 そして私は、 及川圭哉さんのFX塾企画「天才チャート」と「パラダイムメソッド」に過去参加しました。 という部分もあり、せっかくなので内容と評判を個人的にレビューしていきます。 そもそも及川圭哉さんとは? 及川圭哉(おいかわけいすけ)さんとは、 更新されているFXブログでもプロフィール的なストーリーを書かれていますが、 現在アラフィフで様々な仕事や事業を経験されてこられた後に、 株のデイトレードから入ってこられて、 FXのデイトレードに移行されて成果をだされたトレーダーの方です。 何度も事業と株デイトレードで失敗して、無一文になられたそうです。 こちらの及川圭哉さんのプロフィール紹介が一番シンプルでわかりやすいです。 1965年生まれ• 2007年よりFX開始• 2010年よりFXオンライン塾:幸塾開始• 2014年:ブログとYou tube動画をアップ開始• 2014年:パラダイムメソッド• 2014年末頃:天才チャート• 2017年:天才チャート最終募集終了 上記のような感じです。 2014年頃から開始されたYou tubeトレード動画により、 読者数をもの凄く増やされている状況です。 FXの実績のみならず、これまでの人生経験もかなり豊富なようで、 ブログ記事には「無一文物語」と称した過去の顛末も書かれています。 かなり興味深い内容です。 及川圭哉さんの実際のセミナーにも私は参加したことがあり、 説明がとても上手で、かつフレンドリーな感じに共感を持ちました。 というわけで、 私はかなり及川圭哉さん推しではあります。 及川圭哉さんは天才チャート販売以降は、 5分足を主軸チャートにした短期トレードを公開されていますので、 基本的に学ぶのであれば5分足トレードをしたいトレーダー向きになります。 上記は天才チャートで提供されるオリジナルインジケーターの画面です。 5分足トレードとなります。 5分足以上の長期足でのトレードスパンも応用はできると思いますが、 特に天才チャート手法を実践した初期には、 胆力の塊ともいえるトレードマインドが必要と言えるような気がしますので、 やはり5分足チャートでのトレードをされる方向きです。 及川圭哉さんのFX塾 及川圭哉さんは、ブログ内でのサイドストーリー話でも普通に公開されていますが、 FXで爆益を稼いでトレードメインになられる前は、 情報商材販売的なネットビジネス的なメソッドを実践されてもおられました。 株式投資の教材を作成して販売されていた、 というところからスタートしたそうです。 なので、 パラダイムメソッドや天才チャートではFX講師として活動されながらも、 そのFX塾自体を販売する仕組みや手腕もお持ちなのだと思います。 及川圭哉さんご自身が、様々なセールス動画にも登場されます。 ご自身以外のFX商材紹介時にも参加して登場されて、 うまい感じで商材を盛り上げてトークされているのはサスガという感じです。 (例:の相互紹介、の商材紹介、等) そういった部分もありつつも、 きちんと購入者向けにしっかりとサービス精神旺盛に対応される感じは、 すでに巨万の富をFXで得ているトレーダー講師の方としては立派だと思います。 また、現在もライティング的な仕事もされておられるようで、 ただFXで稼ぎまくるだけでなく、多分野で才能を発揮されているようです。 パラダイムメソッドの内容と評判レビュー 及川圭哉さんが講師を勤められるFX塾「パラダイムメソッド」は、 専業トレーダー1000人を育成するプロジェクトとして公開されました。 私も購入しました。 確か10万円くらいだったような記憶があります。 私が購入した時期は、初回セールスが終わって随分経った後だったので、 リアルセミナーも参加できなかったですし、 会員向けに提供される教材サイトを渡されて、自分で勉強してね、という感じでした。 一応、課題的なものを提出すると返答があるんですが、 それは及川圭哉さんからではなく、スタッフの方が定型文で送ってるような印象でした。 (あくまで私個人の印象です) 上記はパラダイムメソッドの会員ページのメニューです。 多数の及川圭哉さんのセミナー動画も公開されており、 公開されているトレードロジックも、4時間足トレードと5分足トレード両方提供されており、 後に発売される天才チャートの基本設定チャートインジケーターも提供されました。 なので、 もしかしたら天才チャートよりパラダイムメソッドの方がお買い得なのかもしれません。 価格も10万円くらいで激高いFX高額塾とまでいかないですし、 自分で淡々と動画教材で学んでいく分には、けっこうよかったという印象です。 サポート期間も、気がついたら終了していました。 動画教材は引き続き見れています。 天才チャートの内容と評判レビュー 上記のパラダイムメソッドのサポート期間終了後、 及川圭哉さんの5分足トレードのロジックを更に理解したいと思った私は、 後続FX塾の位置づけになる天才チャートも購入しました。 2017年6月現在、記憶に新しいのは天才チャートです。 天才チャートはパラダイムメソッドの時と同様に、 動画教材が会員ページにズラズラっと公開されており、 自分でドンドン見て学習してね、というスタイル。 天才チャートと呼ばれるオリジナルチャートインジケーターの提供されます。 (パラダイムメソッドでも同じようなものを提供いただきました) また天才チャートの素敵な部分として、 Facebookのコミュニティがあり、及川圭哉さんに直接質問できるところです。 他の企画等でも及川圭哉さんに直接質問できるとは思いますし、 ブログ記事にコメントすれば、及川圭哉さん自身が丁寧にひとつひとつ返信もされていますが、 FXに関してSNS通じて直接質問できる気軽さは、なかなか素晴らしいです。 (対応される及川さんは大変だと思いますが) また、そのFacebookコミュニティで、 及川圭哉さんの手法及びチャート設定を使って、 勝ちまくっておられるトレーダーの方々のトレード状況も書かれているのが素晴らしい。 きちんと実績者が輩出されている企画というのが、わかります。 1日のデイトレードで100万円以上の収支を出される方もおられました。 及川圭哉さんの一番弟子ジョーンズさんセミナー「The Final」 直近の話になりますが2017年6月17日に、 及川圭哉さんと自称一番弟子のジョーンズさんによるジョイントセミナーが開催されるとのこと。 セミナータイトルは「The Final」としてデッカイ会場で開催されるようです。 日時限定で、しかも直近です。 私は家族対応の為、いけないですが… このセミナー、有料です。 ジョーンズさんのトレード履歴が天才チャート会員に毎日のように送られていて、 そのトレード状況がとても素晴らしいということもあり、 ジョーンズさんの手法を真似れるインジケーター付きだったり、 ジョーンズさんがトレードする方法などをセミナーで解説されたりします。 ですが、有料で参加費が高いんですね。 あなたはどうしますか? 私は家庭の事情でいけません。 あなたはどうしますか? というわけで、及川圭哉さんのFX塾の内容と個人的レビュー等を書いてきました。 あと、ぶっちゃけたことを言うと、 及川圭哉さんの5分足トレード手法は、かなりレベルが高いです。 通貨ペアの相関性を見て、レジサポも引けて、時間帯もみて、 更にはチャート分析力もある程度は必要という、 まさにFXの総合力が必要なトレード手法ではあります。 ですが、きちんとマスターできれば相当強いです。 自分がFX初心者であると思われるのであれば、 まずは本当に基本的なことは身につけてから、 及川圭哉さんの手法を学ばれる方が無難です。 また、 そういった中で、どのFX塾を選択するかはあなた次第。 別にFX塾入らずとも、や教本のみで頑張ってみるのも手です。 (リスク低めに始めないと怖いですが) あなたは、どうしますか? 私はを勉強していきます。 及川圭哉FX塾関連のその他口コミ記事• 追伸 ここまで書いて記事終わりになったところなんですが、 及川圭哉さんは今後仮想通貨投資関連の企画もされるかもしれません。 これまでの教材内で仮想通貨の可能性に関して解説されており、 今後はより可能性を感じるそっちを、なんて話もでてたからです。 あなたはどうしますか? 私は仮想通貨投資を勉強していきます。 FXism MT4プロコントローラー改が発売! 天才チャート受講生だったトレーダーでありシステムエンジニアでもある「ヨン様」(Y氏)が開発されたMT4トレードツールが、 「FXism MT4プロコントローラー改」として2019年5月に一般発売されました。 及川トレード手法を実践する際に、色々便利な機能が搭載されています。 「FXism MT4プロコントローラー改」は及川圭哉さんのFX塾販売をしている団体FXismの商品として発売されている感じですね。 販売会社は違う名義ながらも。 こちらもかなり売れ続けているようです。

次の

FXismデイトレ大百科(及川圭哉FX教材購入特典)検証レビュー | FX検証ブログキング

天才チャート 4時間足

及川式天才チャートで表示されているもの まずは、天才チャート上で表示されているラインを整理すると以下のようになる。 ボリンジャーバンド• パラボリックSAR• 5分足チャートの移動平均線• 水色ライン:5分足5本(25分) 移動平均線• 黄色ライン:5分足14本(70分)移動平均線• 桃色ライン:5分足20本(100分)移動平均線• 茶色ライン:5分足75本(6時間15分)移動平均線• MTMA 上位足の移動平均線)• 黄緑ライン:15分足10本 (150分) 移動平均線• 青ライン :1時間足10本 (10時間) 移動平均線• 茶ライン :4時間足10本 (40時間) 移送平均線• 濃灰ライン:15分足75本 (18時間45分) 移動平均線 及川式天才チャートをTradingviewで再現する TradingViewを開きPineEditorに以下のソースコードをコピペする。 すると簡単に及川式天才チャートをTradingview上で見ることができるようになる。 あ、パラボリックはめんどくさくて実装してないのですw PineScriptに慣れるとパーフェクトオーダーなどのアラートも実装可能。

次の

天才チャートを検証してみました

天才チャート 4時間足

Forex Tester 4からインジケーターリストがMT4のように細分化され、目的のインジケーターが見つけやすくなりました。 何も指定しなかったら、表示させている時間足にのみ反映されます。 一度で複数のタイムフレームにインジケーターを反映させられるのは、 最初の追加の場面だけなので気をつけて下さい。 チャートテンプレートの保存 配色、インジケーターの設定が完了したら テンプレートとして保存しておくことをオススメします。 以降新しいチャートを開くと、 今回保存したチャートテンプレートが反映された状態で表示されます。 テンプレートは「 デフォルト」という名前で保存されます。 チャートデータの導入・管理 Forex Testerには、あらかじめ 1ヶ月分のチャートがプリインストールされてますが、それだけでは足りないので追加を行います。 画面左上のデータセンターをクリックすると、データセンター画面が開きます。 ここでチャートデータ(1分足データ)を追加したり削除したりすることができます。 1時間足より下位の時間足は見ないという方ならいいかなと思いますが、 5分足などで検証を考える方にはオススメできません。 個人的には Dukascopy社で無料で手に入れられるヒストリカルデータをDLして、ファイルからインポートする方法を推奨します(もしくは有料のVIPアカウントを取得する)。 FT4の使い方 検証作業系 実際に 検証(テスト)を行う際の操作方法について説明します。 プロジェクトの開始 検証を始めるためには プロジェクトを作成する必要があります。 画面左上にある [新規プロジェクト]をクリックします。 プロジェクト名を任意で指定して [次へ]をクリックします。 検証したい通貨ペアを [シンボル選択]から選択し、 [テスト期間]を指定してから[次へ]をクリックします。 プロジェクトが作成されました。 テスト期間の開始日時とテスト開始日時が一緒の場合、上の画像のように データなしと表示されますが、成功しています。 テスト期間と、テスト開始日時の設定について テスト期間は、「テスト開始時間」よりも前に指定することをオススメします。 例えば、 2017年1月2日から検証を開始したい場合、テスト期間は2016年のいずれかに設定して、 [スタート開始日]を2017年1月2日に指定します(上画像)。 こうすることで、 テストスタート時点である程度のローソク足が読み込まれている状態になります。 5分足で検証するなら 最低約1週間分、1時間足で検証するなら 最低1ヶ月分前にテスト期間を設定することをオススメします。 テストスタート前のローソク足がすでに書き込まれている状態(理想) 再生と停止(一時停止) プロジェクトが読み込まれている状態で、画面上の[テスト開始]ボタンをクリックすると、チャートが再生されます。 再生速度の指定 テスト開始ボタンの下にある調節のつまみのようなものを指定すると、再生時の コマ送り速度の指定ができます(「デバッグツールバー(DebugToolBar)」と言うそうです)。 つまみを 左側に寄せると遅く、右側に寄せると速くなります。 一番右にすると最速になります。 つまみの横にあるリストは、 1コマで何分を進めるか設定するためのリストです。 ちなみにFT2では [Shift]キーでした。 なお、FT3では ショートカットキーの変更が可能です。 一時停止中に任意でコマ送り可能 一時停止の状態で [Space]キーを押すと、表示されているチャートのローソク足を 1本分進めることができます。 逆に [BackSpace]キーを押すと、ローソク足を1本分戻すことができます。 約定と決済 テスト中にチャートを 右クリックすると約定を行うことができます。 ウィンドウが出てきますので、ロット数の指定と損切りレートの修正、指値(利確)注文を行います。 マウスの位置に合わせて損切りラインが上下される。 約定が成功すると、チャート上と画面下にポジションが表示されます。 新規約定をしている作業中も チャートは動き続けます。 そのため、注文の前にチャートを一時停止することをオススメします。 ウィンドウ(下画像)が出てきますので、決済したいロット数を指定します。 「一部のポジションを決済」画面 テストの終了 テストを終了したい場合は、画面上にある [テストを停止]ボタンをクリックします( [テスト開始]ボタンの表記が、テスト中は [テストを停止]に変わってます。 別名で保存したい場合は、 [プロジェクトとして保存]を選択して、プロジェクト名を新たに設定して保存します。

次の