スーパーマン 動画。 「スーパーマン」ヘンリー・カヴィル、超オタクな趣味を公開! PCをゼロから組み立てバズる[動画あり]

スーパーマン : 作品情報

スーパーマン 動画

解説 銀河のかなた、惑星クリプトンから地球にやってきた超人、スーパーマンの活躍を描く。 製作総指揮はイリヤ・サルキンド、製作はピエール・スペングラー、監督は「オーメン」のリチャード・ドナー。 作家ジェリー・シーゲルと漫画家ジョー・シャスターの創作を基にしたマリオ・プーゾの原案を、彼とデイヴィッド・ニューマン、レスリー・ニューマン、ロバート・ベントンが脚色。 撮影はジョフリー・アンスワース、音楽はジョン・ウィリアムス(2)、製作デザインはジョン・バリー、衣裳はイボンヌ・ブレイク、創作監修及び特殊効果はコリン・チルバース、メークアップはスチュワート・フリーボーンが各々担当。 出演はマーロン・ブランド、ジーン・ハックマン、クリストファー・リープ、ネッド・ビーティ、ジャッキー・クーパー、グレン・フォード、トレヴァー・ハワード、マーゴット・キダー、ジャック・オハローラン、ヴァレリー・ペリン、マリア・シェル、テレンス・スタンプ、フィリス・サクスター、スザンナ・ヨーク、ジェフ・イースト、マーク・マクルーア、サラ・ダグラス、ハリー・アンドリュースなど。 1978年製作/144分/アメリカ 原題:Superman 配給:ワーナー・ブラザース映画 ストーリー 果て知れぬ銀河のかなた、惑星クリプトンでは、最大の犯罪者ゾッド将軍(テレンス・スタンプ)、ノン(ジャック・オハローラン)、アーサ(サラ・ダグラス)の3人が裁判にかけられ、時間のない宇宙の囚人空間ファントム・ゾーンヘ追放された。 しかし、クリプトンは太陽レッド・サンに異常接近し最期の時をむかえようとしていた。 クリプトン科学の最高権威ジョー=エル(マーロン・ブランド)は、異常事態を訴えるが、最長老(トレヴァー・ハワード)もボンド・アー(マリア・シェル)も信じようとしない。 そこで、彼は最愛のひとり息子を救おうと、自らの超能力と意志を伝えるグリーン・クリスタルと共に息子を脱出させ、妻ラーラ(スザンナ・ヨーク)と運命を共にした。 みどりごを運ぶグリーン・クリスタルは、太陽系第3惑星、地球に向かい、スター・カプセルは、広い麦畑に着陸した。 おりしも車で通りかかつたジョナサン(グレン・フォード)とマーサ(フィリス・サクスター)夫妻がのぞきこむと、星の旅の間にひと回り成長した幼子が笑って立っていた。 重い車をたちまち持ち上げてしまう怪力に、夫妻は天からのさずかりものであると思い、育てようと決心する。 時がたち、幼子は少年クラーク・ケント(ジェフ・イースト)に成長し、全速力の汽車よりも速く走り、蹴ったフットボールは空のかなたに消えていった。 そんな中、パパが死に、悲しむママをあとに北方への旅に立ち、北極へおもむいた彼は、以前に納屋でみつけた緑のクリスタルから驚くべきビジョンを見る。 甦えった父親ジョー=エルは、若者(クリストファー・リーブ)となった息子に初めてその出生の秘密と能力と使命を伝えた。 こうして、正義と真実のため闘う男スーパーマンが誕生した。 必要な情報を得るためとママに仕送りするため彼は大都会メトロポリスのデイリー・プラネット新聞社へ入社した。 そこにはロイス・レイン(マーゴット・キダー)という女性記者がいて、彼は、たちまち惹かれるものを感じた。 ある日、屋上から飛び立ったロイスの乗るヘリコプターが宙吊りになり、あわや地上にたたきつけられようとした時、素早く変身したスーパーマンがロイスを空中で抱きとめ、ヘリコプターをもち上げた。 呆然としたのはロイスばかりでない。 船で逃げようとした強盗団も、ビルをよじ登る泥棒も、彼の前には手も足も出ない、今や、空を飛ぶ赤いマントの男は騒然たる時の人だった。 ある夜、ロイスの前に、単独インタビューに応じるべくスーパーマンが姿を見せ、彼女の質問に優しく答え、夜空の散歩へと誘った。 地上にもどったロイスは夢見心地で愛を感じた。 だが、スーパーマンを憎む者もいた。 地下にアジトをもつ天才的頭脳の大悪人レックス・ルーサー(ジーン・ハックマン)で、彼は子分のオティス(ネッド・ビーティ)と美しいイブ(ヴァレリー・ペリン)をひきいて、大陸間誘導ミサイルに細工し、アメリカの壊滅を計っていた。 のりこんだスーパーマンは、しかし、ルーサーの準備したクリプトン星の隕石放射能に力を奪われ、捕われの身となってしまうが、イブが、ミサイル落下地点に住む母を救うために、スーパーマンの鎖をほどいてやった。 全速力でミサイルを猛追し、宇宙へと軌道をかえさせたスーパーマンだが、残る1発はすでに西海岸を直撃した。 流出する大洪水を食い止めようとスーパーマンは必死に山を崩し始めるが、現場に来ていたロイ久はすでに地中深く埋れていた。 悲しんだスーパーマンは怒りから全力を尽して飛びたち地球を逆回転させ、時間をもどし全ての出来事を未然に防ぐのだった。 総合30点 ( ストーリー:20点|キャスト:60点|演出:40点|ビジュアル:65点|音楽:75点 ) すごく幼稚でつまらなそうと思って子供の頃からずっと観るのを敬遠していた作品。 実際観てみると物語はまるで子供向けだし、演出も同様で水準が低い。 映像も時代なりのもので特撮がすぐにそれとわかる。 当時のアメリカ映画としては子供ばかりを狙った作品ともいえないのかもしれないが、全体としてはてんで幼稚で水準が低くてつまらない。 出演者については、主人公のクリストファー・リーブは悪くない。 だがブランドとハックマンという大物俳優はここでは存在感を示せず。 新人記者クラーク・ケントには厳しく、わざわざ自分を助けに来たスーパーマンにすらまず感情的に文句を言う女性記者も、スーパーマンの恋の相手として全く魅力がない。 ところで好きな女のためには地球をぐるぐる周るほどの飛行能力を示すスーパーマンは、育ての母親に送金はしても会いにも行かないのは何故だろう。 その気になれば昼休みの間にでも行けそうなのに。 これが公開する感想の2000本目だが、期待外れというかある意味で期待通りの低い質感の作品であった。 ネタバレ! クリックして本文を読む 小学生の頃 観て以来の視聴になります。 「スーパーマンこそがスーパーヒーローの頂点!」 だと改めて認識しました。 ぼくなりにクラーク・ケント=スーパーマンの魅力を分析しました。 (A)普段は一般人に成りすましている。 (自分のパワー(実力)をひけらかさない。 ) (B)生まれつき強い。 (特別なスーツを付けなくても強い。 特訓をしなくても強い。 ) (C)紳士である。 (礼儀正しい。 汚い言葉を使わない。 嘘をつかない。 分け隔てなく他人(ひと)を助ける。 殺しはやらない。 ) (D)善なる精神。 奉仕の精神。 (人助け(ひとだすけ)をしても見返りを求めない。 ) (E)地球にいる唯一人(ただひとり)の超人(クリプトン人)。 (他に代わりがいない。 ) といった所。 「人徳の高い人物に凄いパワーが備わったら、素晴らしいだろうな~」 といった空想をよく体現している。 ハイライトは、 死んだロイス(意中の女性)を助けるために、フルパワーで時間を巻き戻すシーン。 「ロイスを救いたい」 その想いのパワーが奇跡を起こす(時間を逆行させる。 Powered by• 2016年• 2013年• 2006年• 1987年• 1983年• 1981年• 1978年 スーパーマン• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー•

次の

スーパーマン リターンズ

スーパーマン 動画

本編を視聴したい方 ネタバレあらすじを見ないで、 本編を視聴したい方はこれら 動画サービスで『バットマンVSスーパーマン』が視聴できます!• 長期的に動画サービス利用におすすめ• 日本のテレビ番組・アニメや洋楽マニアにおすすめ• 短期的に安く動画サービス利用におすすめ• レンタル利用簡単!Prime会員限定見放題もある 【ネタバレ有】物語のあらすじ スーパーマンという「偽りの神」 『マン・オブ・スティール』でスーパーマンはクリプトン人のゾット将軍からの地球侵略を阻止した。 しかし、スーパーマンの戦いは市街地に大規模な被害をもたらし、それによって亡くなる人や怪我をする人が多くいた。 バットマン(ブルース・ウェイン)は自身が保有するビルが破壊され、また自社の社員を多く失わせたスーパーマンに警戒する。 世論は地球外生命体であるスーパーマンを追い出す動きが強まっていく。 ルーサーJr. の思惑 宇宙船を研究するルーサーJr. ブルースは、武器密売人のアナトリと、レックス社の社長ルーサーJr. が接触していることを知る。 ルーサーJr. は、スーパーマンの力に対抗すべくゾッド将軍の体を調べ、「クリプトナイト」(緑色の鉱石)がクリプト人の対抗する武器になると見つける。 ルーサーJr. は独自でスーパーマンに対抗すべく、クリプトン人の宇宙船、ゾッド将軍の遺体、クリプトナイトの研究を進める。 ルーサーJr. を止めるバットマン 機密情報を見つけるバットマン ブルースは、レックス社のパーティに忍び込み、コンピュータから機密情報を盗み出す。 そこでダイアナ(ワンダーウーマン)と出会うが、気に留めなかった。 機密情報を解析してる際に、一眠りするブルース。 夢で何者かから「スーパーマンが危険である」ことを告げられる。 解析を終えたデータから、ルーサーJr. の研究を発見し、「メタヒューマン」という不思議な力を持った人類の存在を突き止める。 メタヒューマンの調査に、ダイアナも含まれていた。 ブルースは、執事のアルフレッドにクリプトナイトを盗む計画を告げる。 スーパーマンは姿を隠す 議会が爆発 スーパーマンは自身が被った被害により、議会から審問が行われる。 しかし、その現場にで大規模な爆発事件が起き、スーパーマン以外は亡くなってしまう。 スーパーマンは自らの存在が大きな人の怪我・死に関わってしまうので、人里離れた場所に身を隠す。 一方、バットマンはレックス社を襲撃し、クリプトナイトを盗み出した。 クリプトナイトを盗み出されたルーサーJr. は、クラーク(スーパーマン)の育ての親マーサを誘拐し、スーパーマンをおびき寄せる。 マーサの命と引き換えにクリプトナイトを盗み出したバットマンの殺害を要求する。 バットマンVSスーパーマン バットマンとスーパーマン バットマンは、スーパーマンの危険性に備えてクリプトナイトで耐スーパーマン用の装備を作る。 スーパーマンはバットマンのもとに訪れ、事情を話そうとするも、バットマンから攻撃を仕掛ける。 バットマンとスーパーマンは戦い、スーパーマンが「マーサを救ってほしい」という一言で、バットマンの手が止まる。 クラークの恋人であるロイスが2人のもとに駆けつけ、事情を説明し、ルーサーJr. を止める方向で動き出す。 怪物VSジャスティスの戦い|スーパーマン死す 怪物 スーパーマンとバットマンに追い詰められるルーサーJr. だったが、ゾッド将軍の遺体と自らの地を掛け合わせて怪物を誕生させた。 怪物と大規模な戦いを行うスーパーマンとバットマン。 その被害の深刻さからワンダーマン(ダイアナ)も駆けつけ、怪物に対抗する。 スーパーマンは、怪物に捕らえられながらバットマンがクリプトナイトを混ぜた槍で攻撃する。 槍が刺さったスーパーマンと怪物の両者が亡くなって、戦いは終結する。 ジャスティスを結集させる ブルースとダイアナ ルーサーJr. は逮捕されるも、スーパーマンの死によって再び世界は悪に傾くと懸念したバットマン。 スーパーマンの追悼式の後、育った地にてクラーク(スーパーマン)の墓が作られる。 ブルースは、ダイアナにスーパーマン亡き後の世界を守るべく、メタヒューマンを集めてチームを結成することを告げる。 『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』が見れる動画サービス.

次の

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生 のフル動画を無料で見る!【あらすじと、見どころもご紹介!】

スーパーマン 動画

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 キャッチコピーは「You'll Believe a Man Can Fly. 」、日本でのキャッチコピーは「あなたも空を翔べる! 」 1999年に再公開が企画され、ドナー監督が1978年公開時にカットしたシーンを追加・再編集し、となって2000年に公開された。 概要 [ ] 主演シリーズ4作品の第1作。 度全米年間ランキングでは『』に次いで2位 、世界的にヒットし、続編も3作製作された。 しかし、日本では宣伝費に史上最高の6億円を掛け 、興行成績が28億円で度洋画1位となったものの 、諸外国の興行成績と比較すると予想を下回る期待外れに終わった。 の作曲した「スーパーマンのテーマ」は、現在ではスーパーマンの代名詞的な存在になるほど有名である。 ストーリー [ ] から遠く離れたクリプトンは優れた科学文明を持っていたが、クリプトンの太陽は恒星としての寿命が近づきつつあった。 クリプトンの科学者ジョー=エルは、クリプトン星に危機が迫っていることを警告するものの、全く相手にされなかったばかりか、警報はおろか、混乱防止のためジョー=エルの家族が惑星外へ外出することも禁じられてしまう。 仕方なく彼は息子であるカル=エルだけでも迫りくる悲劇から救い出そうと宇宙船に乗せ、遥か彼方の惑星、地球へ向け脱出させた。 その直後、クリプトンの太陽がついに寿命を迎えて大爆発、惑星クリプトンは崩壊してしまった。 カル=エルを乗せた宇宙船は超高速で飛行し、彼が三歳になった頃に地球へ到達し、着陸する。 そこを通りかかったケント夫妻が彼を見つけ、幼児ながら人間離れした能力を持つことに驚きつつも、我が子として育てることに決め、カル=エルにクラークという地球人の名前をつける。 夫妻の愛情を受けて育ったクラークは高校生に成長するが、超人的な能力を隠さなければならない故に友達に恵まれず、彼は孤独だった。 養父ジョナサンは特殊な能力には「何か目的があるはず」と、悩むクラークを慰める。 しかしジョナサンを突然の心不全で失ってしまい、悲しみに打ちひしがれるクラークは、納屋の地下から宇宙船の残骸と、緑に輝く不思議なクリスタルを見つける。 そのクリスタルに導かれ、彼は家を出ることを決意した。 北極へ向かったクラークがクリスタルを投げると「孤独の要塞」が現れ、そこでジョー=エルのデータから自分の正体や様々なことを学ぶ。 ジョー=エルはクリプトン人が地球では超人的な能力を持つことを予見し、クラークことカル=エルが正義の使者となるよう導くのであった。 やがて12年が経過、クラークはメトロポリスに向かい、デイリー・プラネット新聞社の社員となる。 平凡な新聞記者クラーク・ケントと、超人的な力を持ち正義のために戦うスーパーマン、二つの顔を持つ生活が始まった。 そのころ、世紀の天才犯罪者を自称する悪人は、を利用した巨大な悪事を企んでいた。 スーパーマン活躍の記事から彼が宇宙人であることをつきとめていたルーサーは、計画の邪魔者としてスーパーマンの排除を画策するのであった。 テレビ朝日旧版:劇場公開版を吹替えた物、日曜洋画劇場-歴代第1位の32. 1% を獲得している。 ただし、初回放送の猫を救出するシーンや、クラークがロイスをデートに誘うシーン等の音源が欠落しているに同枠で放送された再放送短縮版(正味113分)となっている。 WOWOW吹替補完版:ディレクターズ・カット版を吹き替えた物(オリジナル音声113分+追加収録音声39分)。 テレビ朝日新版:ディレクターズ・カット版を吹替えた物。 スタッフ [ ]• 製作総指揮:• 製作:ピエール・スペングラー• 監督:• 脚本:&&&• 編集:• 撮影:ジョフリー・アンスワース• 美術:ジョン・バリー• 特殊効果:コリン・チルバーズ• 音楽: 作品解説 [ ] 配役・演出 [ ] トップクレジットであり、ジョー役のは冒頭十数分の出演であったにも関わらず、ギャラは主役のリーヴの10倍である400万ドルであった。 また、ブランドは下を向いているシーンが多かったが、これはいつものようにブランドが台本を覚えてこなかったため、スタッフがそこかしこのセットに、ブランド専用のカンニングペーパーをセットしていた。 その上セットだけではなく、赤ちゃんだった頃のカル=エルのにも台詞が書かれていたという。 クラークの学生時代を演じたのはジェフ・イーストだが、台詞は全てによって吹き替えられており、鼻にも特殊メイクが施されている。 汽車に乗った幼いロイスの両親を演じているのは、1948年の劇場作品でスーパーマンを演じたカーク・アレンと、同じくロイスを演じたノエル・ニール。 ノエル・ニールは50年代の主演のTVシリーズにもロイス役で出演し、2006年公開の『』ではルーサーに財産を騙し取られる富豪役としてカメオ出演している。 本作ラストにおけるスーパーマンがロイスのためにとった行動は、本来は続編である『』のラスト用に考えられたものであり、当初の予定では宇宙に打ち上げられた核ミサイルが爆発し、ファントム・ゾーンに閉じ込められていたゾッド将軍らが解放されるというものだった。 本作は企画段階で監督、オーティス役にを予定していたが、何れも降板した。 ディレクターズ・カット [ ] 2000年にディレクターズ・カット版が公開された。 その際フィルムの修復が行われたが、映像より音声の劣化が著しく、音響効果は一新されている。 続編 [ ] 本作製作の時点で次作『』の製作が決定しており、冒頭で次作の敵であるゾッド将軍らが登場している。 2006年の『』は本作および『』の続編となっており、2004年に死去した演ずるジョー=エルをCGで再現している。 受賞 [ ]• 1978年度(視覚効果)• 1979年度最優秀映像作品賞• 1979年度、特殊効果賞、プロダクションデザイン賞、音楽賞、主演女優賞 書籍 [ ]• 『原作 スーパーマン』 エリオット・マッギン著、訳 (1979年6月12日) ASIN B000J8GFPW 映画のではなく、70年代当時の原作コミックの設定に基づいたオリジナルストーリー。 その他 [ ]• ロイスとクラークがデイリー・プラネット社出入り口の回転ドアを通過する場面で、ドアのガラスに監督のリチャード・ドナーの姿が反射して写っている。 「孤独の要塞」では無数のクリスタルがクリプトン星と共に散ったスーパーマンの両親のメッセージを伝えるほか、教育用ビデオとしての役割も果たす。 2019年社は現実にクリスタルに映像と音声を記録/再生する事に成功した。 縦横75mm・厚さ2mmの石英ガラス板の分子を赤外線レーザーで変成させ、摩耗部品が無い75. 6GBの固体ストレージとして利用する"Project Sillica"の一環で、その際映画の入出力の実験で用いられたのが本作であった。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の